人気ブログランキング |
ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

タグ:動画あり ( 27 ) タグの人気記事


b0325317_23310933.jpeg




ユネスコ(国連教育科学文化機関)世界遺産委員会が



日本最大の前方後円墳



「仁徳天皇陵古墳」(大山古墳 堺市)を含む



大阪府南部の「百舌鳥・古市古墳群」を



世界文化遺産に登録したとの発表が 6行われ



テレビでは 地元の喜びを伝える様子が映し出されていました



喜びの主体は 地元の 商業観光業者でしょうか



『これで多くの観光客を呼び込める』と感想を述べていました



そんな地元の反応を見ながら



世界遺産って何なんだ



何か違うんじゃないの思ったのは



私だけでしょうか




国内の世界遺産登録候補三度も外された理由があったのですが



その理由を覆すような 何か新たな発見でもあったのでしょうか



答えはです



去年の10宮内庁が大山陵古墳の一部調査を解禁したのですが



あれあれ 何か始まるぞと思っていた予感が 見事に的中しました




今回の登録を推し進めた 文化庁 文部科学省 そして



長い間 蓋を閉めていた 宮内庁に 物申します




文化庁この歴史資産はについて



《土製建造物のたぐいまれな技術的到達点を表し



墳墓によって権力を象徴した日本列島の人々の歴史を物語る



顕著な物証である》と発表したものの



この墳墓が 仁徳天皇陵 だとは確定していないのです





b0325317_23013011.jpeg


私の世代は『世界最大の墳墓仁徳天皇陵』と教科書で習いました



ところが昭和51から 「仁徳天皇陵」の名前が教科書から消えます



教科書には「大山陵古墳」と載せられたそうです



被葬者を仁徳天皇とは特定できないと言うのがその理由です



特に考古学者



天皇陵の築造された年代に大きな矛盾があるとともに



陵墓だという考古学資料は見つからないとの結論を出します



宮内庁は反論せず ひたすら だんまり



何故でしょうか 隠す理由は何なのか



まさか 嘘がバレるからなんでしょうか



発掘を認めてこの場所こそが仁徳天皇陵だとの証拠を



何年かけてでも 国民の前に示すべきでしょう



それあっての世界遺産登録であれば



誰もが認める 世界遺産なのです




令和改元 オリンピックこの時期こそしかない



まさしくこの国の腐れきった 文化行政の陰謀 です



この陰謀を影で支えるNHK はじめとする多くのメディア



「言ったもん勝ち」が通るほど国民は馬鹿じゃないのです





九州王朝の 最後の天皇 仁徳天皇の足跡 を



かってに畿内に持ち込んだ 藤原氏の陰謀



知りつつも 真実を語ろうとしない



あなた達の罪は大きい。





もうこれ以上 勝手に



歴史をつくり直してはならない。












百舌枯木で サトーハチロー




百舌が 枯木でないている



おいらは ワラをたたいてる




わたびき車は おばあさん



コットン水車も まわってる




みんな去年と同じだよ



けれども 足にねえ もんがある




兄さんのまきわる 音がねえ



バッサリまきわる 音がねえ




兄さんは満州へ行っただよ



鉄砲が 涙で光っただ




百舌よ 寒いとなくがよい



兄さんはもっと寒いだろう




百舌よ 寒いとなくがよい



兄さんは もっと寒いだろ









by nonkei7332 | 2019-07-09 08:10 | 日記 | Comments(0)



b0325317_11545828.jpeg



新海の 最新作「天気の子」の公開がもうすぐです



新開アニメ 映像は美しい



特に私は 彼の「雨」と「空」の 描写が好きです



『言の葉の庭』の 雨。



https://hisamitsu.exblog.jp/24363195/ 「孤悲は片恋」



『君の名は』の 空。



https://hisamitsu.exblog.jp/26296872/ 「鳥獣戯画」と「新開誠」





『天気の子』の〈あらすじ〉です



帆高は 高校1年生の時、



ある思いを抱いて半ば家出同然の形で上京してきた。



しかし、都会での生活は間もなくままならなくなり、



苦労の果てに見つけた職業は望むも望まざるも



曰くありげなオカルト雑誌の記事を書く仕事だった。



そんな彼の淋しい心を表現するかのように雨が降り止まない



ある日のこと、切れ間のない人々の渦の中に、



帆高はある1人の少女と遭遇する。



陽菜と名乗ったその少女はとても明るい性格で、



弟とこの都会という渦の中でともに暮らしているという。



しかも、彼女には到底他の人間には理解し難い



ある能力が備わっていたのだ。



彼女が帆高の目の前で見せたその特異な能力とは……



祈る動作をするだけで、それまで低く垂れこめていた雲から



降り続いていた雨を瞬く間に終わらせ、



一瞬にして紺碧の青空を見せるというものであった。







新開アニメには 底に流れるテーマが在ります



それは人の力が遠く及ばない 自然の力です



言い換えれば 神の仕業 と言ってもいいでしょうか



A I(人工知能)が 世の中を変えるといっても



地震や津波 明日の天気さえ 多少は予報できたとしても



それを止める事できないのです



農耕が営まれた古代より ほんの200年前までは



人々の生活を左右した もっともの関心事は



天気であり災害だったのです



人々は雨(水)を 日照り(太陽) を



「神」と呼び



ひたすら祈る事しかできなかったのでした



人々は天災の原因自分たちの「穢れ」だとして



その穢れを祓う「禊」の神事として



「まつり」を おこなってきたのでした



今や「まつり」は観光事業と名を変え



それどころか



触れてはいけなかった〈原子の火〉をビジネスに変え



崩してはいけなかった 宅地にしてしまった



そのツケが現代(今)の私たちが背負う



恐怖(祟り)となっていることに



どれだけの人がきづいているのでしょうか




新海 の 新作の主人公は



雨を止ませ天気にできる能力を持った少女です



美しい映像だけでなく怖れを忘れた私達に



何を訴えてくるのかが 今から 楽しみでもあります





ベランダの外からは 激しい 雨音が聴こえてきます



九州は線状降水帯による大雨で被害が出ています



今年は最も遅かった梅雨入りでした



ほんの一週間前のことです



雨が降らず 田んぼに水が引けないと



恨めしく空を見上げていた農家の老人が



大雨で 流されていった 田んぼの中で



降り止まぬ雨に 濡れながら



空を見上げて言った言葉は



・・・・』




b0325317_12272130.jpeg


博多の町の神事山笠は 「お汐井とり」から始まります



参加するすべての男達が 締め込み法被姿で



箱崎浜 に集まり 身を浄める 禊の真砂を



テボ(竹籠)に 入れて 持ち帰り



玄関先に吊します








by nonkei7332 | 2019-07-03 12:48 | 日記 | Comments(0)

b0325317_14152524.jpeg




ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー



( 1775年 1851年 )イギリスロマン主義 風景画の巨匠です




ターナー 69歳の時の この 絵画 タイトルは



雨、蒸気、速力 、グレート・ウェスタン鉄道 》と言います



通称 ターナーの 汽罐車 といわれています





20年前 この絵との 出会いのエピソードです



テレビから NISSAN SKYLINE CM が流れていました



別に 車が欲しかったわけでもなく



女優の田美智子が 好きだったわけもなかったのですが



バックに流れる 山下達郎 の歌が とても いいのです



すぐに CD SHOP 探しに行きました



『山下達郎のスカイラインのCMで流れている歌ありますか』



〈ターナーの汽罐車〉ですね ありますよ』



歌の名前を聞いて ちょっと戸惑いましたが



間違いなく聞きたかった シングルカットされた CD でした





b0325317_14162626.jpeg









山下達郎の軽快な 8ビートの曲で 歌詞の中に こんな一節が



虹色のシャンペインを



かたむける君の 見つめる絵は ターナー



おぼろげな 汽罐車が走る 音も立てず




この時 初めて ターナー という 画家の存在を知りました



そして 本屋に行って 画集の中から この絵を見つけました



おぼろげな 汽罐車



なるほど 幻想的な 雨の中を走る 汽罐車の絵



これが ターナー との出会い でした




b0325317_14170151.jpeg
21歳 『海の漁師たち』




ターナー は この絵で 画壇の地位を不動のものにします



27歳で 王立アカデミーの正会員 そして



32歳で 王立アカデミー美術学校の教授となりました





b0325317_14173345.jpeg
28歳 『カレの埠頭』 船出の準備をするフランスの漁師







b0325317_14180564.jpeg
43歳 『ドルドレヒト』 凪で止まった定期船








b0325317_14305081.jpeg
53歳 『レグルス』 レグルス将軍の歴史画






b0325317_14311149.jpeg
67歳 『 平和 – 水葬 』






ターナーは生涯「光」を捉えようとしました



後世 「光の画家」といわれます



76 亡くなりますが 彼は その最期に



太陽は神だ!』



と叫んで 息を引き取ったといわれています






b0325317_14211758.jpeg






リニューアルされた 北九州市立美術館



リニュアル・オープン記念



英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩 』



が開催されています



113 23 です





明日 ターナー の 神 会いに行ってきます







by nonkei7332 | 2018-01-05 15:10 | 日記 | Comments(0)


b0325317_02030671.jpeg





この 〈てのひら〉で つかんだもの ・・・



この 〈てのひら〉で 感じた 温もりは ・・・



この 〈てのひら〉で ぬぐった 泪 は ・・・




昨日までの 私の 昔話



そんな ページ をめくると



こんな 〈てのひら〉 出てきました



まっすぐに 伸びない指 しわだらけ ぶかっこうな



けっして きれいな 〈てのひら〉 ではありませんが



明日からの 私に 残された 季節の中で



これから 起こりうる ひとつひとつ 物語を



この 〈てのひら〉に 重ねて いこうと思います



最後のページ



子供達 「ありがとう」と 言ってもらえるような



そんな 〈てのひら〉に したいものですね





b0325317_01492149.jpeg




先日 素晴らしい お話 聴けました



高橋亜美 (mon)さん 感動 ミニコンサートでした



キレイで あったかい 高橋さんの声 は



今でも 耳に残っています。










《高橋亜美 (mon) さんの プロフィール》



糸島市に在住。 二人の子どものお母さん。



叔父の「にしきの あきら」に憧れて



幼少の頃から歌手になるコトを決意。



在日韓国人や ADHD(注意欠陥多動障害)であるがゆえの



イジメられた経験。



子を亡くした悲しみや 体外受精を体験したからこそ気付けた



「いのち」の大切さなどを 歌と語りで伝えます。



現在は小中高等学校 ホールを中心に



年間 約150箇所で コンサート活動を展開中。



「うまれてきてくれて ありがとう」をテーマに



親から子どもへの愛情や想いを届けています。











by nonkei7332 | 2017-11-07 09:10 | 日記 | Comments(0)


b0325317_22422376.jpg
尾方蝶嘉 さん




近くの 公民館で行われた

『筑前琵琶の歴史と演奏』という イベントに参加しました

講師と演者は 尾方蝶嘉 さん でした


尾方さんは

福岡県出身 福岡市在住

西南学院大学法学部卒

嶺青流筑前琵琶保存会 師範


日本琵琶楽協会会員

13歳より筑前琵琶を嶺青流流祖:嶺旭蝶、青山旭子に師事

琵琶による現代邦楽を田原順子に師事

洗足学園音楽大学現代邦楽研究所(20期)卒

2014年NHK邦楽オーディション合格

(NHKの邦楽番組に出演するのにふさわしい高度な演奏技術を有する)

(尾方さんの ホームページより)



b0325317_22565222.jpg



福岡が発祥の 筑前琵琶 です

歴史 を追いかけてみました


1200年前の話です 筑前には 琵琶を弾く 盲僧の系統があって

奈良の帝 の勅命で 佐理養 と 麻仁養 という 二人の 盲僧が

地鎮祭に呼ばれ 琵琶を弾奏したという 伝説があります

称徳女帝の頃 神護景雲2年(768)

四王寺山の麓 坂本に ひとりの男の子が生まれます

この子が17歳の時に 失明し 盲僧となって 修行を重ね

後年 九州盲僧群の中興の祖と仰がれる人となります

名前を 《 玄清法印 》といいます

筑前琵琶 の 始祖だといわれています

玄清法印 は 桓武天皇延暦4年(785)

6人の盲僧の弟子を引き連れて 比叡山に登ります

最澄 が 延暦寺を 開くにあたり 玄清達に「地神陀羅尼経」を

琵琶で奏でる事を 頼んだからだといいます

そして 長年 最澄を悩まし続けていた 悪蛇を 退散させました

三年後 坂本に戻った玄清は 成就院を建立し

嵯峨天皇弘仁14年(823) 58歳で亡くなります

こうして 筑前琵琶 は 盲僧琵琶 と 呼ばれて 後世に続いていきます

明治の中程まで 博多の町 では 人家の表に 荒神を祀っていました

祭りになると 盲僧達は 家々を回って荒神の前で琵琶を弾きながら

荒神の霊を 慰めては お布施をもらっていたようです

『荒神琵琶』とも呼ばれた 筑前琵琶 は


その後 「平家物語」などの 俗曲な 歌が作られていきます

「崩れ琵琶」と呼ばれる 新しい形式の 歌曲が 歌われるようになり

明治37年頃からは 博多の町が 筑前琵琶 一色に染まっていったのでした

博多に いくつかの 家元が生まれます

一丸智定師 (後の橘旭翁) の 〈橘流〉や 鶴崎賢定師の 〈鶴崎流〉

高野観道師 の 〈高野流〉 金時という芸名を持った 芸妓 吉田竹子の

〈吉田流〉など があります

名手と呼ばれた人といえば 高野観道師の娘 高野旭嵐 ・旭芳 姉妹 や

吉田竹子の弟子で 日露戦争後 東京で名を挙げた

高峰筑風 (娘は女優で有名な高峰三枝子)など がいます



尾方蝶嘉さんは 2013年に 旗揚げした

人形浄瑠璃を筑前琵琶で語るという日本で初めての試みである

『筑前艶恋座』の 琵琶浄瑠璃演者として

ますます 活躍の舞台を 拡げておられます










by nonkei7332 | 2017-03-11 23:35 | 日記 | Comments(0)


白い花束 を あなたに贈ります

散歩をしながら 写した 白い花達を

YouTube にまとめてみました

BGM は 私の 大好きな歌


マイクロジャクソン の 《SMILE》です








《 SMILE 》


Smile though your heart is aching

Smile even though it’s breaking

When there are clouds in the sky, you’ll get by

If you smile through your fear and sorrow

Smile and maybe tomorrow

You’ll see the sun come shining through for you


Light up your face with gladness

Hide every trace of sadness

Although a tear may be ever so near

That’s the time you must keep on trying


Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile



微笑んでごらん たとえ 心が 病んでも

微笑んでごらん たとえ 心が ひきさかれても

たとえ 空が雲に覆われていても

大丈夫 きみなら越えられる

微笑んでごらん 悲しくても 怖くても

微笑んでごらん 明日にはきっと

君のために また太陽が輝きだすから

 
今ある喜びで 笑顔を 輝かせてごらん

全ての 悲しみの跡も 消えてしまうから

涙が 近くに 迫ってきたら

そんな時こそ がんばるんだよ


微笑んでごらん 涙にくれそうな時でも

人生 まだまだ 捨てたもんじゃないと わかるから

君が微笑みを忘れないなら






by nonkei7332 | 2017-02-24 10:30 | | Comments(2)




アイヌ 文化財団




なにを ないているの


この はなしが ききたくて

ないて いるのなら

きかせて あげましょう


それはね


くものそらを

とおりぬけて

ほしのそらを

とおりぬけて


その むこうの

ほんとうのそらを

とおりぬけて


きれいな おがわが

ながれる けしきが

ずうっと ひろがって


かわを のぼれば


かたほうには

ぎんの カシワのはやし

ぎんの ヨモギのはら

ぎんの いしが

あるのです


かたほうには

きんの ナラのはやし

きんの ヨモギのはら

きんの いしが

あるのです


あたり いちめんが

ぴかぴかと ひかっていて


かわを さかのぼって

もっと ずうっと いく と


きんの いえ

おおきな いえが たっている


いえの かたほうには

あれた そらの えが

かかれて いて


いえの かたほうには

はれた そらの えが

かかれていて


その いえに

いのちを つくる かみさまが


60の ゆりかごを

かみざに つるし

60の ゆりかごを

しもざに つるし


かみざの ほうに

ふりむいては

60の ゆりかごを

いっせいに ゆらす


しもざの ほうに

ふりむいては

60の ゆりかごを

いっせいに ゆらす


そうすると

その あかちゃんたちが

なく こえが


この せかいに

せかいの うえに

ふってきて

そこから うまれるのが

ねむり というもの なのです


あなたは それを ききたくて

ないて いるのだから


わたしが きかせて あげるのですよ





アイヌの 『 60のゆりかご 』という 子守唄です

ゆりかごを揺らしていた 天空の女神は

ラマッカラカムイ(魂を司る神) といいます

〈ラマッ〉とは 霊魂のことです

この世界に誕生する前の人間の霊魂は

天界のラマッカラカムイ の元にあって

そこで諸々の活動に必要な霊魂をそろえて

成形された後に地上に降りてくるとされます


ラマッカラカムイ は

白山菊理媛 (水天宮) みたいです

目をつぶって聴いていると

母の子守唄

遠い記憶が蘇ってきます










by nonkei7332 | 2017-02-23 13:05 | 日記 | Comments(0)


b0325317_10332595.jpg
「人生フルーツ」公式サイト より





ブログ仲間の ぬのきち さんが

『人生フルーツ』という


話題の映画の記事を書かれていました

私は 始めて聞いた映画だったので ネットで調べてみると

素敵な 老夫婦のドキュメンタリー映画でした

テレビ用に作られた番組だったようですが 劇場版に変えたそうで

全国のミニシアターを中心に 静かなブームになっているそうです


津端修一さん90歳、英子さん87歳

〈 風と雑木林と建築家夫婦の物語 〉と題されていました








修一さんは

2015年6月2日 畑の草むしりをされた後

昼寝に行かれたまま起きられることはなかったそうです

残念なことに 予告編しか見てませんので

うまく 感想を記事にできませんが

英子さんの 可愛い笑顔と 修一さんの言葉が印象的でした

『 彼女は 僕にとって 最高のガールフレンド 』

必ず 見てみたい映画ですね



b0325317_10360905.jpg


こんな 私にも ガールフレンド がいます

もう 何年になるのでしょうか はっきりとした 期間はわかりません

毎朝 いつもの 時刻に 赤い自転車に乗って その娘はあらわれます

『おはよう いい天気だね 今日も仕事 頑張ってね』と僕が言うと

『はーい 頑張りまーす』と 大きな元気な声が返ってきます

雨の日も 暑い日も 雪の日も 彼女との 短い会話は 続いています

『近くに住んでいるの』と 聞いたことがありました

『 最近 一人住まい始めたんです たいへんです 』返事が返ってきました

彼女に関して 僕が知っていることといえば その事だけ

どんな仕事をしているのかも いくつになるのかも 知りません

ましてや 名前も 知りません

ただ はっきりしていることは

彼女が 朝起きて 最初に声をかける相手が 私だということ

(ひょとすると 違うかもしれないけど) です

2、3日 顔を見ないと 風邪でも引いたかなと心配している 私がいます

私が 怪我して入院した時などは かなり 心配してくれたようでした

14日の朝 『これ 食べてください』と言って

僕の手に チョコレート を置いてくれました

彼女の背中に ありがとうね と 声をかけました

僕の 名前も知らない かわいい ガールフレンドの話でした。







by nonkei7332 | 2017-02-16 10:50 | 日記 | Comments(2)


b0325317_14281873.jpg


安 田 勝 竜 (やすだ しょうりゅう)


1980年生まれ 福岡県直方市出身

3歳の頃より 祖母に 民謡 と 三味線を習う

17歳で 津軽三味線 と出会い

その後 澤田流 家元 澤田勝秋氏 に 師事

神技ともいえる太棹三味線 の ばちさばき と

澄んだ声で 歌う 民謡とで 福岡 を 中心に 多くの ファンをもつ

現在は 作曲で 独自の曲作りにも挑戦

ピアノ や バイオリン などの 和洋混合の ユニットグループ

《 95 strings 》を 立ち上げ その 演奏は 必見で

新たな 音楽シーン の 創作者 として

近年 注目を浴びている 若手音楽家の一人です





b0325317_13535081.jpg




95 strings (キュウゴストリングス)


離島の小中学生に楽しい音楽に触れてもらいたいとの想いから

企画された離島公演で出会った 3人の演奏家

太棹三味線 の 安田勝竜

ヴァイオリン の 藤松純子

ピアノ の 夏川由紀乃

によって結成されました

その名の由来は、三味線の弦の数の 3 ヴァイオリンの弦の数の 4

ピアノの鍵盤の数の 88 これを合わせた数の『95』

『95』を『キュウゴ(救護)』と読むことで、

人の心の支えになりうる音楽を共に目指しているそうです

力強さと繊細さを兼ね備えた三味線の音色、

華やかさと憂いとをあわせもつヴァイオリン、

そして優しく時に大胆なピアノとで、

独自の世界を自由に歌いあげています

クラシックからポピュラーまでジャンルを問わず、

現在、ライブ ディナーショー コンサート の他に

九州各地の学校公演にも力を入れています


b0325317_14431213.jpg



行きつけの 居酒屋 で よく会う 若者がいました

カウンターの隣に座って 何度か話を聞くうちに

彼が 私の息子と同じ歳の 1980年生まれであること

お店では みんなから 師匠 と呼ばれていた理由が

三味線演奏を生業とする 音楽家 だという事を知りました

程なくして お店の常連客だけを 対象にした

ミニコンサートが お店のはからいで おこなわれました

三味線演奏は テレビなんかで 聞いた事はあるのですが

生演奏は 初めてですし それも 狭いお店です

彼と私の距離は 2メートル という近さでした

彼のジャンルは いわゆる 津軽三味線 といわれる 太棹三味線です

有名な 津軽三味線の定番曲 である

『津軽じょんから節』『津軽よされ節』を 続けて弾いてくれました

震えがくるほどの迫力で しばらくの間 興奮状態でした

それから その興奮を 癒すように 弾き語りで

博多民謡『黒田節』を歌ってくれました

透き通った それでいて 深みのある 綺麗な声でした

アンコール で 熊本 の 『田原坂』


みんなで 〈シャカホイ シャカホイ〉の合いの手を入れました



b0325317_14051244.jpg



昨年6月に完成した 東区千早の 〈なみきスクエア〉の

オープンセレモニー を始め 地域行事などにも 95strings として

積極的に参加 しています

3月11日 には 大野城市まどかぴあ での ティータイムコンサートです

後わずか チケット あるみたいです お好きな方は 急いで下さい


そんな中 私の住む町の公民館での 高齢者サロンにも

3月 勝竜君 は 来てくれます

小さな会場ですが おばあちゃん大好きな 勝竜君

3strings ですが どんな パフォーマンスを見せてくれるのか

今から 楽しみにしています


b0325317_13574976.jpg
北九州の イベントにて







安田勝竜 及び 95strings のイベント情報は
定期的に 記事にして 紹介していきます









by nonkei7332 | 2017-02-06 14:45 | 日記 | Comments(0)


b0325317_06231127.jpg
福寿草




遊ぶものは神である。

神のみが、遊ぶことができた。

遊は絶対の自由と、ゆたかな想像の世界である。

それは神の世界に外ならない。

この神の世界にかかわるとき、人もともに遊ぶことができた。

神とともにというよりも、神によりてというべきかもしれない。

祝祭においてのみ許される荘厳の虚偽と、秩序をこえた狂気とは、

神に近づき、神とともにあることの証しであり、

またその限られた場における祭祀者の特権である


遊とは動くことである。

常には 動かざるものが 動くときに、

はじめて遊は意味的な行為となる。

動かざるものは神である。


白川静著『文字逍遙』より




久しぶりの 雨の朝になった

遊び心を 雪にまで 凍らせてくれるのなら

子供達の目覚めは もっと 神に近づいただろうに

微睡みの中で 香り強き 蕗の芽は 土に潜り

時雨の 浜では 男達の 千垢離 の白装束に

祈りは 熱く凍りついていく

〈動かざるものは 神 なのか〉

今朝の儀式に


一月の空は あまりにも 闇すぎるのだ

昨日までの あの 煌びやかな

〈かそのあかとき〉も 〈たそのくれとき〉も

白き神 の降臨を 寿ぐ 予感だと信じていたのは

私一人 だけだったのだろうか

睦月 の 空に

《動かざるものは 神なのか》










一月に写した空を (You Tube) に 集めてみました
Music
〈The Shadow of Your Smile〉
By : Kenny・G







by nonkei7332 | 2017-01-20 10:18 | 日記 | Comments(0)