ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧




b0325317_11401558.jpeg



』という



中学校の行事に 初めて 参加しました



いつ頃から始まった学校行事なのでしょうか



少なくとも 私の時代にはありませんでした



14 中学2年生 を対象とした式典です



一人一人が 将来の志(夢) を発表するという 行事でした



14歳といえば 奈良時代から 始まったとされる 〈元服〉が



大人となる儀式が あったのですが その 現代版なのでしょうか



学校行事の中には 小学校では 12 成人式〉や 中学校での



立志式 〉など 将来の夢を語ること を通して 大人へなる事への



意識を 子供たちへ 持たせようと試みているようなのですが



子供たちの 本音 は果たして どうなんでしょうか




白洲正子さんの エッセイにこんな 文章がありました



『昔は元服という儀式があって、前髪を切り落とした。



これは 首を斬ることの 象徴的な行為なのであり、



その時子供は死に、大人へ再生し、子供の名は捨てられて、



大人の名前がつけられる。牛若丸が義経に生まれ変わるのである。



現代にも成人式というものがあるが、選挙権のおみやげ付きで



成人になっても、元服の感動は得られまい。



それは 儀式ではなくて おまつり騒ぎの一種にすぎないからである。(中略)



人生の節目節目で行われた儀式を失って以来、



人間は不幸になったのではあるまいか。現代の大人たちが、



いつまでも子供の殻をひきずっているのは、



早くに親離れをする けだもの にも劣るし、



会社に入れば会社が親がわりになって面倒をみてくれる。



一生ほんとうの名前を知らない 名無しの権兵衛 で終るのは



当然のことといえよう。』




式典は厳かに進み クライマックスは 「志」表明



子供たちのが一人一人 壇上に上り 自分の将来の夢 を語ります



かつて ランドセルを背負っていた 懐かしい 子供達ばかりです



もう 何年も会ってない子もいましたが



不思議と 名前は覚えていました




「将来こんな仕事をしたい その為に こんな努力をしていきます」



話す 子供が大半なのですが



「今の僕には 夢などありません」



とはっきり 言い切る男の子もいました





私の 14歳の頃 〈夢〉〈志〉



そんなものはありませんでしたね



いつまでも子供でした ずっとずっと 子供でした



考えてみれば 社会人となり 結婚し 子供が生まれ ても



私はいくつになっても 少年だったような気がします



私の大人になる〈儀式〉は 親との死別 だったような気がします



親が生きている以上 私は いつまでも 子供でしたから




最近 やっと この歳になって 〈志〉というものを



持つ事ができたような気がします



地域での 子供達 高齢者の 見守り活動



もう 日常の多くを占める 私の生活が ここにあります



最近 お気に入りの 都々逸 があります



《 そんなに 子供を叱るなよ 通った 道ではないか



そんなに 年寄り 嫌うなよ これから 通る 道ではないか




〈志〉の先に いくつもの 見えてきました



そこには 子供達 お年寄りの 楽しそうな笑い声と



やっと 大人になれた 私 がいました








by nonkei7332 | 2018-02-25 12:34 | 日記 | Comments(0)

b0325317_19552639.jpeg



夜半から 降り出した雨が 雪に変わり



朝には 一面の 雪景色



じっとしていられず 外に出ました



天の下 すでに覆ひて降る雪の 光を見れば貴くもあるか


万葉集17-3923 紀清人


私訳


あたりいちめん 雪に覆われていて なおも雪が降っています



光に輝く その景色は 神々しくもあります




b0325317_19564435.jpeg




曇天の雲間から 一瞬ですが 陽が射し込みました



海が光り 雪が輝き



まるで 神が舞い降りてきたかのようです




b0325317_19572374.jpeg





赤い頬 の子供達の声が 白いグランド に拡がっていました



知っている子がいたので 思わず



『頑張れよ』と声をかけると



『ハイ』という 元気な 返事が 帰ってきました



何故か ウキウキしながら 私も 童心に帰っていたのでした




b0325317_19575927.jpeg
タブノキ






雪の中 椋(タブ)の老木 に会いに行きました



小雪が舞う中 今にも朽ちて倒れそうな 椋の木なんですが



まだまだ と 言わんばかりに 若枝を伸ばしているのです



よく見ると 木の周りに 危険注意 のロープが張られていました



そのまま そっとして欲しいのに



もうすぐ 切られてしまうのでしょうか



悲しくなりますね




http://hisamitsu.exblog.jp/24198481/

《 タブノキ 》




by nonkei7332 | 2018-02-12 20:50 | 日記 | Comments(0)



b0325317_16002564.jpeg
厳島神社 客神社




お客様 神様です



歌手の〈三波春夫〉が 1961 舞台から客席に向かって



感謝の意で 放った 言葉です



それ以降 この言葉は サービス業の新人教育に使われたり



悪質なクレーマーの常套句として使われたり



今や 一人歩きしているのですが




さて 日本の神社 には



》という名前で呼ばれる神の存在があります



〈まろうどの神〉とか 〈渡来神〉とか言われている神です




太古より 世界中の至る所で 民族の違いによる 紛争は今も絶えません



東アジア では 大陸においても半島においても



国家間の覇権争いが 古来より 絶え間なく行われ



殺戮の繰り返しの歴史だったようです



特に 敗者の運命は悲惨なもので 王家の親族はもとより



軍人 住民に至るまで 将来の報復を恐れて 根絶やしといって



何万人という人たちが殺されていったのでした



死を怖れて 追い詰められた人々 山の奥深く逃げたり



死を覚悟して 荒海に 身を任せ 海の向こうに 夢を繋いだのでした



この列島に 海を越え 渡来して 移り住んだ 人々の多くは



こういった 戦争遺民 だったといわれています



渡来人達は 先住民 との 多少の軋轢はあったものの



概ね 同化 していったのでしょう



渡来人は 多くの恵みをもたらしました それは 水稲 であり でした



こうして 縄文 から 弥生へと 人々の暮らしは 変わっていきます



各地に 小国が林立し 小国同士の争い(倭国大乱)が起きましたが



卑弥呼によって統一 。卑弥呼死後に(狗奴国の乱)などの



内乱はあったものの 卑弥呼の宗女 台与に再び 倭国は統一。



弥生時代 倭国での内乱では 統治者は変わるものの



根耐えしみたいに 民衆を殺めることなどはありませんでした



渡来人の記憶のなかに 悲惨な戦火の連鎖を繰り返さないという



魂の叫びが 残されていたのでしょうか




唯一 敗者に強いられた事といえば 勝者の祀る神への 従属です



しかし 勝者は 敗者への配慮も忘れてはなく



勝者の祀る神社の中に 敗者の祀っていた 神を 残したのでした



《 客 神 》と呼ばれる神 がこれです



末社 とか 摂社 の中に 祀られていることが多いみたいです




神社の祭神の多くは 王朝の変遷や 国体の移り変わり



欲に駆られた神主の横暴などによって



書き変えられたり 消されたりしています





百嶋神社考古学研究会



百嶋由一郎氏 (19282013)という稀有の神社考古学者が遺した



神代系譜 肉声テープ 手書き資料などをもとに



神社の祭神や伝承を追いかけながら 北部九州古代史の真実を



探求する 研究会です



研究会の末席を汚している私ですが



昨年は 何度か神社探求のトレッキングに参加させていただきました



〈神社の位置する地形〉〈鳥居〉〈扁額〉〈社殿建築様式〉〈社紋〉



〈摂社・末社〉〈本殿の千木〉〈地元に残る祭り・伝承〉など



由緒書きにはかかれてない 謎解きは 楽しい作業でした



多くは 朽ち果てた 神社ではありますが



かつてそこに鎮座した 地主神 と村人達の 祈りと豊穣の歌声が



木々の間から 聞こえてくるようでした





〈客神〉は 時を超えて



私達に 何を望んでいるのでしょうか





by nonkei7332 | 2018-02-08 16:54 | 古代史 | Comments(0)

by ヒサミツ