ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

カテゴリ:花( 73 )




b0325317_13484071.jpeg

芍薬(しゃくやく)



(花の王〉と呼ばれる 牡丹 が終わると



バトンタッチしたかのように 芍薬 が花を開げています



〈花の宰相 〉と言われています



とは 味のいいという意味だそうで



文字どうり その根 を乾燥して 鎮痛剤 として



重宝されたようです。



前にも書きましたが



牡丹は です 芍薬は です



美しい女性のいでたちを



『立てば芍薬、坐れば牡丹、歩く姿は百合の花』



と言われていますね





b0325317_13491903.jpeg
石楠花(しゃくなげ)




芍薬とよく似ていますね



でも 石楠花 ツツジ科の花です







by nonkei7332 | 2018-04-28 14:45 | | Comments(0)

b0325317_09030284.jpeg


b0325317_09033419.jpeg


〈牡丹〉色んな牡丹がありますが



やっぱり白牡丹 でしょうか



白い仔犬が 並んでいるみたいですね




b0325317_09043477.jpeg



〈姫空木〉虚ろぎな想いが 空木(うつき) となって



兎月(四月)になったのですね




b0325317_09051247.jpeg




〈高砂唐松〉台湾の花だそうです



高砂とは 台湾の高砂族の名前とか




b0325317_09055049.jpeg



b0325317_09062081.jpeg
1917年5月16日



〈花筏〉(ハナイカダ)去年出逢いました



去年は 葉の上に実がなっていました



念願の花との出逢いです 可愛いですね




b0325317_09073715.jpeg




名前を知らない 花との出逢いは ドキドキするものです



〈浦島草〉といいます 一本だけ伸びた蔓は



浦島太郎の 釣りざおみたいだと この名がつきました




b0325317_09094414.jpeg


〈篝火花〉(かがりびばな)



篝火をたいているような 花の形だからそう呼ばれたそうです



この花 もっと ポピュラーな別名を持っています



そうです 〈シクラメン〉です




b0325317_09102095.jpeg




〈トキワマンサク〉葉も花も 紅いので 大好きな花です




b0325317_09155039.jpeg




〈コデマリ〉の花です



白くて小さな花 大好きですね




b0325317_09113975.jpeg





この季節 主役は 間違いなく この花でしょう



〈ツツジ〉紅い久留米ツツジです。







by nonkei7332 | 2018-04-20 10:01 | | Comments(0)

b0325317_12480541.jpeg



b0325317_12483347.jpeg



花をつかさどる神のことを



《 花 神 》と言うそうです



寒かった冬でしたけど



どうやら 花神が この町にも降りてきてくれたようです



色とりどりの花達に囲まれて



たっぷりと 神の仕業(しわざ)に 酔いしれています





b0325317_12492008.jpeg




b0325317_12494149.jpeg





色見えで うつろふものは世の中の 人の心の花にぞありける


古今和歌集 巻第15恋歌5 小野小町



〈私訳〉


花の色があせていくのは 目には見えるのに



恋心の移ろいは 見えないものなんですね




b0325317_12503960.jpeg





b0325317_12510128.jpeg



花神 生涯 身を委ねた 偉人 がいます



一人は 世阿弥 』です



彼は 600年前 申楽に音曲・作曲面で改革を行い



能楽の基礎を確立した 〈観阿弥〉の 子供で 父からは



能役者としての英才教育を そして 将軍足利義満の庇護を受け



今日の 舞台芸術としての 大成した人物です



彼は 能楽 の奥義を 『風姿花伝』として 後世に遺しました



秘すれば 花なり



https://hisamitsu.exblog.jp/24422486/ 「 風姿花伝」について ①






b0325317_12515229.jpeg





b0325317_12521509.jpeg





もう一人の 偉人 西行 』です



生涯を 桜の精 に翻弄され 死に逝く 時も 桜の下でと願った



〈桜人〉でした。




https://hisamitsu.exblog.jp/25511934/ 生得の歌人 (西行法師)






b0325317_12524961.jpeg




b0325317_12531562.jpeg






春よこい 早くこいと願った


つかのまの 春 です







by nonkei7332 | 2018-03-29 14:13 | | Comments(0)



b0325317_14511509.jpeg




冬を耐えるということは 春を待つというなんですね



〈耐冬花〉(たいとうか) 椿 (つばき)の別名です



痛みにも似た 冷たさ にじっと耐えています





連日の寒波に 街は 凍りつき



積もることはないにしても



晴れた空の 間から 何処からともなく



小雪 落ちてきます



この雪のことを 〈風花〉(かざはな) 詠んだのは誰なんでしょうか




b0325317_14514934.jpeg



今年の〈梅〉は まだ咲いていません



寒さのせいでしょう 去年は 二月になると満開だったのに



ひたすら 蕾のままで 冬を耐えているのでしょうか




梅の花振り覆ふ雪を包み持ち君に見せむと取れば消につつ


万葉集101833 作者不明



〈私訳〉


雪のつもった梅の花を あなたにお持ちしようとするのですが



いつも 雪は溶けてしまいます はかないものですね




b0325317_14521358.jpeg




紅い 冬牡丹が 真っ白な雪の中で 鮮やかですね



冬牡丹の姿は 耐えているというより



毅然と微動だにもせずに そこに咲いているという



存在感があります




そのあたり ほのとぬくしや 寒ぼたん


高浜虚子





《 冬牡丹 》


http://hisamitsu.exblog.jp/24099745/






by nonkei7332 | 2018-01-27 15:47 | | Comments(2)



b0325317_13290355.jpeg
台風一過 今朝の青空




台風一過 福岡に青空が戻ってきました



秋天とは 秋の空のことです



男心とか 女心とか そんなことはどうでもいいのです



澄み切った 青い空 バックに 似合うのは



やっぱり 花でしょうか





b0325317_13302899.jpeg

b0325317_13465467.jpeg


木立ちダリア 〈み空色〉の青空に 楽しそうに咲いています



〈み空色〉は 明るく澄んだ 薄い青色のことです



天色 (あまいろ) とも言うそうです





b0325317_13310449.jpeg


b0325317_13472734.jpeg


紅いブーゲンビリア 〈紺碧〉の青空に嬉しそうに咲いています



紺碧 (こんぺき) 深く濃い 青色のことです



紺碧の空 って こんな のことでしょうか





b0325317_13313469.jpeg





寒椿 秋の空 誇らしげに 咲いていました



京都東山 鳥辺野 を歩いた時の ショットです





b0325317_13320610.jpeg





紅葉 (もみじ) 秋の空に 鮮やかに 輝いていましたw



奈良 信貴山 での ショットです





b0325317_13330423.jpeg


b0325317_13482913.jpeg




青の色にはいろんな 青があって



いろんな 名前が付けられています



〈勿忘草色〉(わすれなぐさいろ) 染まる 夜明けの空です





b0325317_13343722.jpeg



紫色を帯びた 暗い青色を 〈花紺青〉(はなこんじょう)といいます



プルシアンブルー ともいいます



安全地帯 の「プルシアンブルーの肖像」という歌を知ってますが



こんな だったんですね





b0325317_13350901.jpeg



少し緑がかった 鮮やかな 青色は 〈花浅葱〉(はなあさぎ)といいます



さだまさしの 「精霊流し」の 中に こんな詩があります



「あなたの愛した母さんの 今夜の着物は浅葱色(あさぎいろ)」



こんな だったんですね




b0325317_14302545.jpeg




深まるごとに 色づいていきます







by nonkei7332 | 2017-10-24 14:25 | | Comments(0)


b0325317_00052782.jpeg





深まる 午後のひととき



大好きな 筥崎宮花庭園 歩きました



この季節は 牡丹 紫陽花 などの 派手な 花々はありませんが



ひっそりと咲く 可愛い 草花に



わたしの 足は すっかり くぎずけ にされてしまいました




b0325317_00063825.jpeg


b0325317_00070557.jpeg



ホトトギス (杜鵑草)




鳥の ホトトギス の胸の模様が 似ていることから



この名前がつけられました



庭園の中で 三種類の 杜鵑草 を見つけました



白い 杜鵑草 初めての出逢いです





b0325317_00074329.jpeg


大文字草 (だいもんじそう)




花の形が の文字に似ているんです



それにしても なんと 可憐な花 なんでしょう







b0325317_00085686.jpeg




紫式部 (むらさきしきぶ)




紫色の実をびっしり付けることで



「紫敷き実」と呼ばれていたのですが



いつの間にか 『紫式部』と呼ばれたそうですね





b0325317_00093876.jpeg




雪晃木 (せっこうぼく)




別名を 白玉瓢箪木 (しらたまひょうたんぼく〉といいます



白玉のような です



どんな だったんでしょうか





b0325317_00100675.jpeg



霜柱 (しもばしら)




別名を 雪寄草 (ゆきよせそう) いいます




不思議な 名前 の 白い花 です







by nonkei7332 | 2017-10-12 08:00 | | Comments(0)


b0325317_00052830.jpg



》(はげいとう)



別名



』(がんこうらい) とも



』(かまつか) ともいます



が飛んで来る頃 (秋) 葉が 紅く色ずくからです





貝原益軒 『大和本草』の中で



『 老 少 年 』という 草 を 紹介しています



《雁来紅なり》と書かれているので



葉鶏頭 のことです





さて 益軒 〈葉鶏頭〉を なぜ 「老少年」と 名づけたのでしょうか




〈ハゲイトウ〉というのを うっかり



〈禿げとう〉と言ってしまったのかもしれませんね (笑)




b0325317_00075240.jpg


元来 〈葉鶏頭〉は 秋が深まっても



いつまでも その紅の色を 落とさないといいます



それどころか ますます 色ずく といいます




白秋(あき) になれば



朱夏(なつ)のように 生きてはいけない



とでも言っているのでしょうか




貝原益軒 『養生訓』の中で こんな事を言っていました



心をしづかにして さはがしくせず



ゆるやかにして せまらず



気を和にして あらくせず



言をすくなくして 声を高くせず 高くわらはず



つねに心をよろこばしめて みだりにいからず



悲をすくなくし かへらざる事をくやまず



過あらば 一たびはわが身をせめて 二度悔ず



天命をやすんじて うれへず



心気をやしなふ道なり



養生の士 かくのごとくなるべし





なるほど 確かに 長生きする為には



あらゆる 欲を遠ざけないといけないと



養生訓 の中で 度々 益軒 は言っていますが



なかなか 簡単ではありません



私には そのまま 乾涸びていくようで



そんなにしてまで 長生きもしたくないと 思ってしまいます



むしろ 葉鶏頭 のように 秋になっても 色を失わず



恋もしたいし 美味しいものも食べたいし ・・・・





〈老少年〉って どんな 意味 何でしょうね





b0325317_00105321.jpg
槍けいとう






by nonkei7332 | 2017-09-01 01:00 | | Comments(0)


b0325317_17115727.jpg
桔梗 の 花




朝顔は 朝露負いて咲くといへど 夕影にこそ 咲きまさりけり



万葉集 102104 作者不明




朝顔は 朝露を浴びて 咲くといいますが



本当は 夕暮れの中の方が 輝いてみえます




万葉の頃は 朝に開く花を 朝貌の花といいました



木槿(むくげ) や 桔梗 (ききょう) のことをいいました




山上憶良 秋の七草 を歌った歌です




萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 おみなへし また 藤袴 朝顔の花


万葉集81538



ここでいう 朝顔は桔梗の事なのです



貝原益軒 などは 朝顔は 木槿 (むくげ) だというふうに言っています



しかし 木槿は 朝咲いて 夕に萎むといわれているので



夕方綺麗に咲くのなら 桔梗なのでしょう




b0325317_17023197.jpg
グロリオサ




グロリオサ 〉という ユリ科の花を見つけました



別名を 百合車 といいます





b0325317_17122968.jpg

ハイビスカス



〈ハイビスカス〉は 木槿 芙蓉 とよく似ています



熱帯の花ですね ハワイの州花 です




b0325317_17125867.jpg
芙蓉 の花



暑い というより 熱い という 毎日です



高温熱射病情報 なるものが 発表され



外出は控えるようにと 予報は伝えています



くれぐれも ご自愛を








by nonkei7332 | 2017-07-22 17:54 | | Comments(0)


b0325317_20394224.jpg
菩提樹 の 花




箱崎宮 参道にある 〈恵光院〉の 菩提樹の花 です



黄色い 花の下に立つと 甘い香りに包まれます



お釈迦様 菩提樹の下で 悟りを開いたとされます



その菩提樹は インド北部原産 桑科の熱帯樹で



〈インド菩提樹〉といわれている木です



恵光院 菩提樹 中国原産 科の木(しなのき)科の菩提樹 です



どこで 間違えたかというと



日本で一番古い 禅宗のお寺は 博多の聖福寺 です



ここの開祖が栄西禅師



宋から お茶を持ってきて 背振山に植えて



日本国中に お茶を広めた 人ですが



もう一つ から持ってきたのが 中国原産の菩提樹です



どうやら インド の菩提樹だと 間違って持ってきたみたいです



日本各地の寺院にある 菩提樹 全て この菩提樹 です




b0325317_20414767.jpg

b0325317_20425770.jpg




恵光院 菩提樹 樹齢200年だそうです



恵光院 真言宗のお寺さんで



黒田第二代藩主 黒田忠之が 開基しました



本尊は 薬師如来



明治の廃仏棄釈で 筥崎宮系の寺院は



ほとんど 無くなりましたが 唯一 残ったのが 恵光院 です



境内にある 〈燈籠堂〉は もともと 筥崎宮の中に在った堂宇で



秀吉 箱崎に宿陣の折 千利休が 茶を奉ったとされる



由緒ある お堂でした




b0325317_20444199.jpg
釈迦涅槃図 (一部)




本殿 釈迦涅槃図 開帳されていました



室町時代の作だそうです 作者は不明です



15年前に 修復されたそうです



釈迦の横に 木がありますが これは 菩提樹ではありません



この木は 〈沙羅双樹〉といわれる木です



『平家物語』の 冒頭に出てくる あの木です




祗園精舎 鐘の声


諸行無常 響きあり。


〈沙羅双樹〉の 花の色


盛者必滅 理をあらはす。


おごれる人も久しからず


ただ春の夜の夢のごとし。




沙羅双樹 花の色は ?



インド原産の 沙羅双樹 淡黄色 だそうです



これまた 日本では 育たない木だそうで



日本で 沙羅双樹 といわれている木は



椿 》と呼ばれている 木だそうです



真っ白な 花が咲くそうです







by nonkei7332 | 2017-06-08 21:34 | | Comments(0)



b0325317_23010497.jpg




牡丹が終わると



待っていたように 芍薬(しゃくやく)の花が咲きます




〈肥後芍薬という 和芍薬 です




b0325317_23013439.jpg



西洋芍薬 と呼ばれる 芍薬です




牡丹 と 芍薬 の違いはですね




牡丹 は 木 です 芍薬 は 草 です







b0325317_23023508.jpg


麦仙翁 (むぎせんのう)




〈別名〉アグロステンマ といいます





b0325317_23031242.jpg




柏葉紫陽花 (かしわばあじさい)




葉が 柏の葉 に似ています





b0325317_23040271.jpg



花いかだ (花筏) といいます




葉の上に花が咲きます そして 葉の上に実がなります




なんとも 不思議な花でしょうか




可愛い実がなっています もうすぐ 黒い実に変わります




〈別名〉嫁の涙 (よめのなみだ)




凄い名前デスね












by nonkei7332 | 2017-05-16 23:57 | | Comments(0)

by ヒサミツ