ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

追儺 と 鬼



b0325317_14291535.jpeg
鬼の面


いよいよ 今年も カウントダウン です



正月 といえば 古代から 行われて来た 祭事があります



》(ついな) と呼ばれています



追儺とは 大晦日(旧暦1230日)の宮中の年中行事であり



平安時代の初期ごろから行われている 鬼払いの儀式



「鬼やらい」「儺やらい」と呼ばれている とあります




もともと 正月 とは 村人 歳神 を迎えるための祭事だったようです



民俗学者 「折口信夫」よると



歳神と言ふのは 毎年春の初めに 空か 山の上から 来る神で



年の暮れに 村人が歳神を 迎へに行く』と書いています



大晦日に 山に登って 日の出を見る 〈御来光〉もこれが起源でしょう



正月の門松も 歳神が 家を間違えないようにと作られた 目印でした



それでは お迎えした とは なんだったのか



折口は 〈まれびと〉とか 〈常世神〉と言っていますが



それは 海を渡って来た 先祖神 だったのです



一年の豊作と幸せを 村人にもたらす 先祖を祀り



厄災を祓う 神事こそが 正月だったのです



追儺》とは 本来 儺=鬼 を追慕する神事 〉だったのですが



いつの頃か 儺=鬼 を追い払う神事 〉へと変わっていったのです



ここに 古代歴史の 隠された 真実 があるようです



とは 〈儺の国〉きらびやかな かつての九州王朝 です



畿内藤原王朝にとっては 歴史から消さなくてはならない



復活させてはならない 恐るべき 存在だったのです



全ての厄災は 九州王朝 の祟りだと決めつけ



その存在を 〈鬼〉にしてしまったのでした



藤原広嗣の乱 菅原道真 に対する 異常なまでの 報復や修正は



それを 物語っています



追儺 の神事は 後世 節分祭 に同化されました



今でも 「鬼は外」と 言って 鬼を祓う 行事として残っていますが



古代の 村人は 「鬼は内」と言って 先祖を迎えたのです



この 矛盾 に気がつかせないほど 畿内王朝の 見事なほどの



歴史隠蔽 現代も引きずっているのです




明日は 冬至 です



かぼちゃ (南瓜) 食べて 柚子湯 に浸かって



〈一陽来復〉に 感謝しましょう



http://hisamitsu.exblog.jp/25202634/ 一陽来復については クリックして下さい




by nonkei7332 | 2017-12-21 15:15 | 古代史 | Comments(0)