ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

相撲 の 神様


b0325317_13254047.jpeg
野見宿禰



八百万の神 と言われるように

アマテラス から トイレの神様 まで

この国には たくさんの神様がおられるようです

ここに 二つの神の称号を持った神様がいます

《 野 見 宿 禰 》(のみのすくね) という神様です

〈相撲の神様〉だと言われ 〈埴輪の神様〉といわれました


記紀によると 野見宿禰 は

垂仁天皇のころ

天穂日命(アメノホヒノミコト) の13代目の子孫であり

当麻蹴速(タイマノケハヤ) と力を争って勝ったので

相撲取りの祖とされています

また 皇后の死に際し 殉死の代わりに

陵墓に 埴輪(はにわ)を立てる事を進言して 天皇に大いに喜ばれ

土師臣(はじのおみ) を 拝して 子孫は その後

天皇家の葬儀をつかさどり 古墳造営などにたずさわったあります



百島神社考古学 の説によると

〈天穂日命〉は 博多の櫛田の神様〈大幡主の神〉だとされています

大幡主は 北九州から 出雲に至るまでを 統治していた

先住民だったという説です

同じ主(ぬし)の尊称を持つ 大国主(大黒様)も 事代主(恵比寿様)も

大幡主の配下だったのでしょう だとすれば 当然

野見宿禰 は 大幡主の一族の将として活躍した人物になります

土師氏の遠祖として また 菅原道真の遠祖でもあります

そういえば 太宰府天満宮の 本殿脇には

天穂日命 と 野見宿禰 を祀る分社がありますね



b0325317_13311003.jpeg
小堀家略系図 (福岡市博物館所蔵)



野見宿禰 は 私自身の遠祖にもなるのです

( 我が家の先祖 小堀家の系図に 野見宿禰後胤 と書かれています)

1437年 京都から 櫛田神社に招聘された 小堀善左衛門 は

そこが 自分の始祖である 大幡主を祀る 神社であることを

知っていたが故に 博多まで きたのだと 私は思っています



b0325317_13334304.jpeg
佐敷諏訪神社



先日 百島神社考古学研究会の 古川さんと話しをした時

熊本の芦北に 佐敷諏訪神社 があるという話を聞きました

行ってきました なるほど 立派な土俵がありました

階段脇 の 段段 は まさしく 桟敷席です

佐敷の地名が 桟敷からきたものだとする 古川説までは

辿り着けませんでしたが 古代ここで

野見宿禰 と 当麻蹶速 が 国を賭けた 死闘を繰り広げたのであれば

その国と国は どこだったのでしょうか


b0325317_13354041.jpeg
佐敷神社土俵




土俵は まん丸ですが 古代は 人垣だったそうです

その起源は 〈歌垣〉だったとされます 掛け合いの歌で

男と女の相聞歌がはじまりだったそうです


〈 はないちもんめ 〉の童謡には 歌垣の 面影が残っています




勝ってうれしい はないちもんめ


負けてくやしい はないちもんめ


あの子がほしい あの子じゃわからん


この子がほしい この子じゃわからん


相談しましょ


そうしましょ




そのうち 一人の女をめぐっての 男同士の掛け合いにかわり

男同士の勝負が 相撲にかわっていったのでしょうか

大きな神社には 必ず 土俵があります

特に 熊本の神社には 立派な土俵が多く残っていました





佐敷諏訪神社





by nonkei7332 | 2016-06-28 14:30 | Comments(0)