ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて


b0325317_11472542.jpg



台風は逸れた それでも 野を分ける風は強く

咲く花も散ってしまったかなと思いながら

雨上がりを 外に出た

鈍色の空を背に 白い 百日紅(さるすべり)が

雨に濡れながらも 凛々しく 咲いていた



b0325317_11492249.jpg



百日紅(さるすべり)


中国南部を原産とする夏を代表する花木の一つで 冬は落葉する

春に伸びた枝の先端に夏から秋にかけて花がさく

花色は白、ピンク、紅、紅紫花びらは6枚でフチが強く波打ち

満開時期の姿はよく目立つ 花後には球形や楕円形の果実をつけ

熟すとはじけてタネを散らす

樹皮は褐色で所々はがれて白い肌があらわれ 縞模様になる

樹皮のはがれた部分はつるつるしているところから

「猿も滑って落ちる→猿滑り」というのが 名前の由来とされている

漢字では「百日紅」という漢字を当てるが

これは開花期間が長いところからきている


b0325317_11511339.jpg



あなたの瞳に映る 真白な百日紅

遙かな青空の 遠くに白い雲

去ってゆく季節に 取り残されるより

いっそ季節ごと 消してしまえたら

心の色も 想い出色も

咲いては散ってゆく 風が吹く

百日紅の花


(百日紅(ひゃくじつこう)さだまさし) より


b0325317_11525219.jpg




『 散れば咲き 散れば咲きして 百日紅 』(加賀千代女)



b0325317_11552151.jpg



今日から 夏の甲子園 大会が始まった

今年は 96回大会だという

46年前 私もユニフォームを着て 開会式の行進に参加していた

場所は 残念ながら 甲子園ではない 今はもう無くなったが

福岡の 平和台球場

ちょうど 50回記念大会だった

もう 半世紀も前の話なのに

よく 憶えている 暑い日だった








by nonkei7332 | 2014-08-11 11:59 | さだまさし | Comments(0)


b0325317_13281465.jpg



夏の花といえば 木槿(むくげ)ですね

『 槿花一朝(きんかいっちょう)の夢 』(人の世ははかないの意)

といわれるように 朝咲いて 夕方にはしぼんでしまう「一日花」です
とはいっても ほんとうは 二三日は咲いています

b0325317_13105762.jpg


《 萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 をみなへし また藤袴 朝顔の花 》
(万葉集第八巻 : 1538)

山上憶良(やまのうえのおくら)の詠んだ「秋の七草」の歌です
木槿の花は 秋の花 だったようです
万葉集に登場する「朝顔の花」は 私たちが良く知っている
あのヒルガオ科のアサガオとは違って
当時は 朝に咲くきれいな花を「朝顔(あさがほ)」と呼んでいました
木槿だけではなく 桔梗の花も 朝顔と呼ばれていたようです

b0325317_13122289.jpg


源氏物語の二十帖『 朝 顔 』の話。
朝顔の姫は 源氏が若い頃から熱をあげていた女君の一人ですね
姫君自身も源氏に好意を寄せていましたが
源氏の恋愛遍歴と彼と女君たちの顛末を知るにつけ
妻になろうとまでは思わず 源氏の求愛を拒み続けてプラトニックな関係を保ち
折に触れて便りを交わす風流な友情に終始したとあります 辛い片恋の物語です。
まれに「槿(あさがお)」と表記されることがあるので
この「朝顔」は木槿のことですね。

b0325317_13135719.jpg

韓国では 国の繁栄を意味する花として 国花になっています
そういわれれば 大統領の名前は 『 朴 槿 恵 』
〈槿〉の字が有りますね
 
b0325317_13150471.jpg


 『 それがしも 其(そ)の日暮らしぞ 花木槿 』

   私を慰めるように 一茶が 一句詠んでくれました。



b0325317_13161359.jpg







by nonkei7332 | 2014-07-22 13:24 | | Comments(0)

b0325317_15400361.jpg

花には表情がありますね
私には この花はいつも 笑っているように 見えるのですが

その笑顔の裏には
『 ギリシャ神話 』 の こんなにも悲しい物語が隠されていました

海の精 クリュティエ は 太陽神アポロンに愛されていました
やがて アポロンは ペルシア王女 レウコトエ に夢中になってしまいます
それを知った クリュティエ。
嫉妬に狂い ペルシャ王に娘の恋を密告してしまうのです
驚き怒った王は娘を捕まえると生き埋めにして殺してしまいます
アポロンは密告した犯人が クリュティエ だと知って
彼女のもとを完全に去ってしまいます
哀れな クリュティエ。
届かぬ恋の思いに すっかり やつれてしまい
9日間も 空の下 夜も昼も地面に立ちつくしました
食べることも忘れ 雨露と自分の流す涙を飲み干すだけでした
やせ細った クリュティエ はただ空を仰ぎ そこを通るアポロンの顔を見つめて
そちらへ自分の顔を向けるだけ
やがて 彼女の足は地面に根付き 美しい顔は花に変わってしまったのです
その花は今でも 太陽を追いかけるように咲いています
その花が ひまわり です

b0325317_15501774.jpg


ひまわりの花言葉を知っていますか ?

『 私は あなただけを 見つめたい 』

ひまわり って 悲しい花でしたね。


b0325317_15414877.jpg
b0325317_15422426.jpg

何度見ても 泣いてしまう映画がある

『 ひ ま わ り 』

舞台は 第二次世界大戦終結後のイタリア
出征したきり行方不明の夫の消息を求めて ロシアの大地を探しまわる
ジョバンナ が やっとの思いで 出会えた夫 アントニオ のそばには
美しい妻と子供がいた
その場を逃げるように去る 帰りの列車の中で
号泣する ジョバンナ(涙)
やがて イタリアに戻って 新しい生活を始めた 彼女のもとに
アントニオが訪ねてくる 再出発を促すアントニオに揺れ動く ジョバンナ
その時 二人の現実を諭すように ジョバンナの子供の泣き声 が(涙)
そして アントニオがロシアに帰る ミラノ駅のラストシーン
そのホームは 数年前彼女が戦場へ行く若き夫を見送った 同じホームだった
静かに走り出す列車の窓からじっと ジョバンナ を見つめる アントニオ
戦争が引き裂いた悲し過ぎる愛の物語でした
ひまわり畑をバックに流れる ヘンリー・マンシーニの主題歌も 哀しすぎたですね。


もう二度と あんな 戦争はやめようと誓った映画だった
なのに 現実(いま)も
あの 愚かな戦争が ひまわり の咲く
あの ウクライナの地で 続いているという
今朝の悲しい ニュース だった








by nonkei7332 | 2014-07-19 15:46 | | Comments(2)
b0325317_18151135.jpg


雨が降りそうだったから
傘を持っての散歩でした
そこまでして とお思いでしょうが
傷めた腰をかばって 歩かなくなると
いつまでも痛みは 遠のいてくれないから
ましてや 連日の雨
傘をステッキのように持ってでかけました
別れの予感にしても 恋の予感にしても
私の予感はどんな予感でも 当たるみたいで
雨の予感も的中しました
傘を広げようとしたその時
ピカッと 空が割れ ゴリゴリと〈鳴る神〉の音に紛れて
『 私を連れていって』
とちいさな声が 聞こえたのでした
周りを見渡してみたけど 人の気配はないし
ただ 足許の垣根の中に 一輪の 梔子(くちなし)の花
『お前か?』
『濡れたくないのか?』
もう一度 周りを見渡して
人の気配がないのを確認してから
そっと 手を伸ばして 手折ってあげました
いけない事とはわかっていました
それを 〈鳴る神〉の仕業にしてしまいました

くちなしの甘い香りは
私を 《 つみびと 》にしたのです


b0325317_18250818.jpg
b0325317_18251872.jpg



アメリカの独身女性 ジェーン は38歳
イタリアのベネチアに一人旅行に出かけました。
といえば
そう 原題が 『 Summer Time 』
邦題が 『 旅 情 』
キャサリンヘップバーン主演の1955年の有名な映画ですね
この映画の主人公が
ジェーン や相手の男性の レナード ではなくて
実は 『くちなしの花』だったのを
私は 知っていました
ストーリーはどこにでもある "ひと夏の恋のアバンチュール" です
純粋な ジェーン はその心を 純白の『くちなしの花』に託しますが
哀しいかな それを運河に落としてしまうのです
実ることがない恋と知ってしまった ジェーン は
アメリカに帰る決心をします
その時の ジェーン の有名な名セリフ
「いつも パーティから 帰りそびれた私に 帰る時を教えてくれたのは レナード 貴方よ」
レナード は そんな彼女の 純白な想い を知っていました
そして あのラストシーン
ジェーンの乗る列車を追いかける レナード の手には
あの 純白の 『くちなしの花』が・・・



『くちなしの花』の甘い香りは
たくさんの人たちを
《 つみびと 》にしてきたのですね。








by nonkei7332 | 2014-07-16 18:34 | | Comments(4)


b0325317_20385307.jpg


名前も知らない花でした
いつも 立ち止まって 空を見上げて 見ていました


夢の中で 子供たちに聞きました
(あの花はなんていう名前なの?)
子供たちは言いました
(あの花 ビアンカ の花 って いうんだ)
(白い花 っていう 意味さ)
(だって 夏なのにキラキラ輝いているだろう)
(みんな ビア って呼んでるよ)
私も ビア って呼んでいいのかなと聞くと
(どうかなぁ~ ビア に聞いてみたら)
そう言って 子供たちは どこかに行ってしまいました


目が覚めると 外は雨
雨音だけが聞こえる 静かな朝です
熱い コーヒーを飲みながら
ビア の事を 考えていました
雨が降っているけど 大丈夫かな
ビア の声が聞こえてきました
《 仕方ないですね 思うようにいかないのが人生です
笑いましょう 疫病神も近寄れないようにね 》


雨が 強く 降っています
Kenny.G を 聞いています
《 Over the Rainbow 》
澄み切った サックス🎷の音が 雨音を消してくれます
歌詞をみたくなりました



《 Over the Rainbow 》~虹のかなたに~

Somewhere over the rainbow
Way up high
(どこか、虹の向こうの空高くに)
There's a land that I heard of
Once in a lullaby
(昔、子守唄で聞いた国があるはず)
Somewhere over the rainbow
Skies are blue
(どこか、虹の向こうに空がとても青く)
And the dreams that you dare to dream
Really do come true
(信じてた夢がすべて叶う場所がある)
Some day I'll wish upon a star
(あたしはいつか星に願うでしょう)
And wake up where the clouds are far behind me
(そして目覚めると雲ははるかかなたに消えて晴れわたり)
Where troubles melt like lemondrops
(悩みはレモンドロップのようにとけてなくなる)
Away above the chimney tops
(煙突よりもずっと上のほうで)
That's where you'll find me
(あなたはあたしを見つけるわ)



b0325317_20412724.jpg



ビア は 大丈夫だよ
こんなに雨が降っても 笑っているし
いつまでも 白く 輝いているから
顔晴っているから

誰かの 声がした


by nonkei7332 | 2014-07-03 07:05 | | Comments(0)


b0325317_16582260.jpg


今年も 公園の『 合歓の木 』に花が咲いた
雨が続いたせいか 綿毛のような淡紅色の花は
散ってはいないかと心配していたが
雨の晴れ間の青空に 艶やかに咲いていた
合歓の木は マメ科の落葉高木で
葉は羽状複葉で 互生し 小葉が数十枚並んでつく
夜になると 小葉が手を合わせたように閉じて垂れ下がる
夏になると 淡紅色の約20個からなる頭状の花をつけ
夕方開花し 紅色の長い雄しべが傘状に広がる
名前の由来は 鳥の羽に似た葉が夜には
自然に閉じて木が眠ったように見えることから
ネムノキという名がついたいう
また 漢名の合歓(ごうかん)は
夜になると葉が重なり合うように閉じることから
共寝の象徴として用いられ
万葉集をはじめ 艶っぽい 相聞歌などに
時々 使われたようである

万葉の相聞歌の中でも
合歓の木の歌で 知られるのが

「大伴家持」と「紀女郎」の相聞歌

〈 昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木の花 君のみ見めや 戯奴わけさへに見よ 〉
〈 紀女郎 万葉集 8巻 1461 〉

( 昼に咲いて 夜には恋しい想いを抱いて寝るという合歓(ねむ)の花を
私だけ見てもいいのでしょうか 貴方もここに来て見たらどうですか )

我妹子が 形見の合歓木は 花のみに 咲きてけだしく 実にならじかも 〉
〈 大伴家持 万葉集 8巻 1463 〉

(あなたからもらった形身の合歓木は、花が咲くばかりで実にはならないかもしれません・・)


なかなか 意味深な 男と女

さてさて
大伴家持(おおとものやかもち)
あの 大伴旅人(おおとものたびと)の嫡男である
旅人が太宰府に赴任していた時も十四歳まで 一緒に
太宰府にいたが その後 父と共に 奈良に戻り
翌年に 旅人が亡くなると
大伴氏の跡取りとして 高級官僚の生活が始まる
貴族の子弟として必要な学問・教養を早くから身につけ
歌人としての力量も兼ね備えていたようで
家持の歌は『万葉集』の全歌 4516首 のうち なんと 473首 を占めている
その中でも 養母の 坂上郎女(さかのうえのいらつめ)をはじめ
多くの 女性との間で 問答歌や相聞歌を残している
紀女郎 はその中の一人
かなり早熟した若者であったようだ
この歌を残した時は 家持 二十五歳 聖武天皇の恭仁京への遷都に伴って
妻を奈良に残しての単身赴任中のことである

かたや
紀女郎 (きのいらつめ)
紀朝臣鹿人の娘で 名は小鹿(をしか) といった
夫は安貴王(あきのおおきみ)といって
采女(うねめ=後宮で帝の給仕をする女官の職名)
との密通事件を起こして 都を追われたために
その後 離別したようだ
その頃の歌がある

〈 世の中の女(をみな)にしあらば 直(ただ)渡り 痛足(あなし)の川を 渡りかねめや 〉
〈 紀女郎 万葉集 4巻 643 〉

(世の常の女なら たやすく川を渡って 恋しい人の後を追うだろうに 私にはそれが出来ない)

「世の常の女」ではないと 自負する気高さとプライドを持った
女性だったようだ
家持とは 小さい頃から 接していた親族で 一回りも年上の
綺麗な 憧れのお姉さん みたいな存在だったのかもしれない
この頃は 官女として 家持よりも先に都に住んでいて
合歓の歌を交わすような間柄ではあったのだが
どちらかというと
年下の家持が 紀女郎に熱をあげていたというのが真相みたいだ
紀女郎は 惹かれながらも どこか ためらいがちに
この恋を拒んでいるようにも見える 女心
そんな歌がある

〈 神さぶと いなにはあらず はたやはた 如是して後に さぶしけむかも 〉
〈 紀女郎 万葉集 4巻 762 〉

(悟りきって 人並みの恋などしないと言っているのではありません 恋愛関係になった後で 貴方の心が離れてしまうのが辛いのです)


やがて 泡沫(うたかた)の恋にも 終わりがくる
家持の こんな歌がある

〈 撫子は 咲きて散りぬと 人は言へど 我が標めし 野の花にあらめやも 〉
〈 大伴家持 万葉集 8巻 1510 〉

( なでしこは咲いて散ったと人は言うけれど 私が標(し)めをした(自分のものと目印をつけた)野の花のことではないでしょうね )
《 他人は人の心変わりのことを色々と言うけれど あなたは心変わりはしないですよね 》





合歓の花が 匂う
水無月の 昏い夜には b0325317_17193596.jpg
〈ジャックダニエル 〉と
〈KENNY G 〉が よく似合う
















by nonkei7332 | 2014-06-26 17:03 | | Comments(0)

b0325317_18255804.jpg


ベランダに
トケイソウ の赤い花が一輪咲いた
〈 情熱の花 〉は 神々しく 気高く
すべての 言葉を超えて そこに在る

繋がることでしか
私には 辿りつけないことを
この花は 教えてくれた


by nonkei7332 | 2014-06-22 18:23 | | Comments(0)

b0325317_11583612.jpg
b0325317_12285735.jpg


去年の六月だった
雨上がりの明るい午後
いつものように 部屋を出て
いつものように 公園をひとまわりした
海も風もおだやかで
心地よい 散歩を楽しんでいた
足が止まった。
いつも通る道の垣根の中に
珍しい 花を見つけた
初めて見る花だった
シャッターを押すのを 忘れる程
いっときの間 その花に見入っていた
部屋にもどり
さっそく 調べてみたら
花の名前は
《 トケイソウ 》 別名 〈 passion flower 〉
トケイソウという名前はわかる
確かに時計のように見えなくもないからだ
passion flower 訳して ( 情熱の花 )
聞いたことがある名前だ そんな歌があったような気がした
思い出せない 出てこない
EXILE じゃないし・・・
そうだ ! ザッピーナツ だ ! (私の海馬はまだ捨てたものじゃない)
もう 五十年以上前の歌なのに
♪♪ ララララー ララララー・・・わたしの胸に ♪♪
まだ 歌える。
そんなことを考えながら Wikipedia をのぞいてみた

和名は「トケイソウ 」三つに分裂した雌しべが
時計の長針、短針、秒針のように見える特徴のある花を咲かせることに由来する。
英名 「キリストの受難の花」の意味で、イエズス会の宣教師らによって
ラテン語で flos passionis と呼ばれていたのを訳したものである。
16世紀、原産地である中南米に派遣された彼らは、
この花をかつてアッシジの聖フランチェスコが夢に見たという
「十字架上の花」と信じ、キリスト教の布教に利用した。
彼らによればこの植物はキリストの受難を象徴する形をしており、
花の子房柱は十字架、3つに分裂した雌しべが釘、副冠は茨の冠、
5枚の花弁と萼は合わせて10人の使徒、巻きひげはムチ、
葉は槍であるなどと言われた。
属名は造語だが、やはり上記比喩に倣ったもの。
なお、英単語 passion には「情熱」の意味もあるが、
この植物の名称での passion は「受難」の意味であって、
「情熱」の意味ではない 〉


情熱の花 ではなく 受難の花 だったとは
それから 一週間ほどは 散歩の度に この花に会えたが
いつの間にか 姿が無くなってしまった
それから この道を通るたびに トケイソウを思い出す
受難の日々が続いた

先週 あの垣根の中に トケイソウ を見つけた
私は 一年ぶりの再会をドキドキして 楽しみながら
ある決意をしていた

“ また 一年 会えない 受難の日々は もういい いつも そばにいて欲しい ”

そんな訳で 私は ネットで 〈トケイソウ〉の花の苗を買った
明日 その苗が届く

私は 赤いトケイソウの苗を買った
なぜなら 私にとってこの花は
〈受難の花〉ではなく
いつまでも
〈情熱の花〉であって欲しいと願ったからだ。




b0325317_12113974.jpg





by nonkei7332 | 2014-05-26 12:04 | | Comments(0)


b0325317_09082177.jpg




今年も我が家のベランダを賑やかにしてくれる

《 ブーゲンビリア 》の花が咲いた

私は若い頃 沖縄や鹿児島で仕事をしたことがある
沖縄では 一年中 ハイビスカスとブーゲンビリアが競って花をつける
といっても 夏の花ではなく ピークは三月位だと思う
沖縄でも 鹿児島でも 民家の庭に見事なブーゲンビリアを見つけると
しばし 魂を抜かれたように 見入っていた
俗に 魂の花と呼ばれているが
うなずける 名前だ

我が家では 去年 鉢を手に入れて 五月と十月に二度花をつけてくれた
今年は何度 私の魂を奪ってくれるのだろうか

ブーゲンビリアの原産地は 中央アメリカ及び南アメリカの熱帯雨林。
ブーゲンビリアという名前は1768年にブラジルで木を見つけた
フランス人の探検家ブーガンヴィルに由来するという
花の色は赤から白まで変化に富み、
ピンクやマゼンタ、紫、橙、黄のものもあるように見える。
しかし、実際の花はいわゆる花の中央部にある小さな3つの白い部分である
色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)であり、
通常三枚もしくは 六枚ある

ブーゲンビリアの花言葉は いくつかあるが

あなたしか見えない

私には これが 一番 ピンとくる 花言葉みたいだ。


b0325317_11505146.jpg

去年の秋のブーゲンビリア








by nonkei7332 | 2014-05-15 11:54 | | Comments(0)

b0325317_18314489.jpg
花菖蒲(はなしょうぶ)の花




『 いずれ菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)』
菖蒲や 杜若の花がよく似ていて 区別がつかないことから
このようにいわれているが
たしかに 花菖蒲(はなしょうぶ)と菖蒲(あやめ)は違う花だし
杜若(かきつばた)も違う花だし その見分けはとてもつけにくい

今日は 五月五日の端午の節句
今は「こどもの日」になっているが
もともと 端午の節句は 奈良時代に中国から伝わった風習で
季節の変わり目である端午の日に薬草摘みをしたり
蘭を入れた湯を浴びたり 菖蒲を浸した酒を飲んだり
厄よけに菖蒲や蓬で作った人形を軒下に下げたりして
邪気を祓ったりしたという
この時使った菖蒲は
実は 綺麗な花をつける これらの花とはまた違う種類の植物なのだ
一般には菖蒲草(しょうぶぐさ)といわれている
万葉集にでてくる「アヤメグサ」もこれと同じものだ
整理すると 四種類の あやめ になる
・はなしょうぶ(花弁の元が黄色の目型模様)
・かきつばた (花弁の元が白の目型模様)
・あやめ(花弁の元が網目模様)
・しょうぶくさ(節句用、花は黄色で筒状)
かなりややこしい話だ

奈良時代に中国から渡来した女性たちが朝廷に仕えていて
漢女(あやめ)と呼ばれていた
彼女たちが端午の節供に用いた草を
「あやめ」と呼ぶようになったと言う説もある
漢女をあやめと呼んだもうひとつの理由は
花弁の元の濃い黄色の美しい目型模様からきていて
これは 彼女たちの目尻を強調したアイシャドウのような化粧が
「あやめ」の花のように見えたからだという

漢女達は 機織や養蚕 染織などの貴重な技術を
この国にもたらしてくれた恩人達なのだ

遠く故郷を離れて
荒海を越えて来た 漢女(あやめ)達の魂は
今もなお 女神となって 祀られていて
この国の子供達を護ってくれている
菖蒲(あやめ)の花を見る度に
私達は 報恩と感謝の祈りを忘れてはならない。

b0325317_19133449.jpg
菖蒲(あやめ)の花






by nonkei7332 | 2014-05-05 18:48 | | Comments(0)