ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて



b0325317_13324614.jpg
木賊




おそらく

この字 〈 木賊 〉を ( とくさ ) と読める人は

少ないだろうと思う


私も その一人だった


常緑シダ植物 で 茎が直立して長く節が多い

茎の先端には (つくし) そっくりの 胞子をつける

よく 観賞用として栽培されているが

硬い茎 で 物を磨いたりしたので

〈 砥草 〉とぎぐさ とも呼ばれ

〈 歯磨き草 〉とも呼ばれている

「木賊刈る」とは 秋の季語 だ



三年ほど前の事になるが

知人である 九大大学院の S教授 に連れられて

中央区 警固 にある

「小料理屋 木賊」というお店に行ったことがある

戸口の前に 木賊 が並んで植えてあった

中に入ると 7~8 人しか 座れない

カウンターの狭いお店だった

みんなが 「木賊のママ」と呼ぶ

年配の女主人が 一人で切り盛りされていた

私達が来るというので

前もって 魚を捌いて 小料理も何品か作って頂いていたが

どの料理も マイウ と 言える程の 一品だった

どこか 昭和の匂いのする店で

なぜか 日本酒 が飲みたくなる

博多をすべて わかっておられるような

凛とした ママの横顔に

母の顔が かぶって 見えた


話の中で

かつて この店に通われていた 常連客のお一人に

ドイツ文学者 の 高橋義孝 先生 が

おられたと聞いて 驚いてしまった



私にとって 日本の ドイツ文学者 の 双璧 と いえば

高橋健二さん (1902〜1998) と

高橋義孝さん (1913〜1995〉だった


b0325317_13363175.jpg
高橋義孝 氏




ヘッセの訳で有名な

中央大学の教授であった 高橋健二先生 は

私が ヘッセにのめり込み 大学まで 追いかけた 恩師である


かたや 高橋義孝教授 は

トーマス・マン や ゲーテ の 権威で

晩年は 相撲の 横綱審議委員長をされていた方でもある

ヨシタカ先生 は 1950年から 1970年まで

九大の教授をされていたので

そのころ この店に通われていたみたいだ

木賊のママ に ヨシタカ先生は どんな方でしたか聞くと

『もう ずいぶん 昔の話やからね」

といって

にこり とされた

それ以上 何も聞けない 沈黙に

私は ぐい呑 を開け

木賊のことに 話題を変えたのだった



b0325317_13381025.jpg
祇園会 の 山鉾 『木賊山』


真鍋大覚さん の 『儺の国の星拾遺』104P には

こんな 一説があった


「 いたとり の水田は 年によっては 赤潮が発生する。

十九年に 一度と よく いわれてきた

畦には 「木賊」が生える土地柄であって

十九歳 を とくさ と訓じた 所以がここにあった 」




筑紫 の 歳時


木賊 を見るたびに


農民達には


19年ごとに おしよせる


賊 に 思いをはせたのだろうか







by nonkei7332 | 2015-07-22 13:49 | 日記 | Comments(0)


b0325317_11233443.jpg


『 半夏生 』( はんげしょう )

別名 を 『 半化粧 』 とも
片白草 』( かたしろぐさ ) とも いいます
ドクダミ科 の 植物で
この時期 白い 紐状の 花が咲かせます
葉っぱ の半分が ペンキを塗ったように 白くなりますが
夏の盛りを過ぎると
また 元の 緑の葉に もどっていくという
ファンタスティック な 変身をするので 有名です


b0325317_11250464.jpg
田植え が 終わった 三連水車



今年も 早くも 半分過ぎてしまいました

夏至から 数えて 十一日が過ぎると
七十二侯 (しちじゅうにこう)

・・・ 二十四節気(にじゅうしせっき)は
半月毎の季節の変化を示しますが
これをさらに約五日おきに分けて
気象の動きや動植物の変化を知らせる
日本独自の暦です ・・・

の ひとつ
半夏生 ( はんげしょう) と なります

今年は 7月 2日 がその日 に当たります
満月 の日です
昔から 農家では この日までに 田植えを終えて
七夕までの 五日間を休みを取ると されています
ちなみに 気候 という漢字がありますが
〈二十四節気 〉と 〈七十二侯 〉の
最後の漢字を 合わせた 言葉だといいます
日本人の自然と共存する 生活文化 がよく表れています




明日から 七月 です
博多では 祇園山笠の行事が スタートします
各流 では 早朝 から 笹竹や竹串御幣を立てて 注連縄を張り
櫛田神社の神職が 祝詞を奏上し お祓いをする
『 注連下ろし』の神事 が行われます
また 『 ご神入れ 』といって
飾り山笠が この日 一般に公開されますが
櫛田神社 の 飾り山だけは
一日早い 今日 神職がお祓いをして 公開されます
夕方には 今年の当番町が 各流れに 先立ち
筥崎浜で 『 当番町お汐井とり 』をします
全流れの お汐井とり は 9日です
ちなみに 今年の当番町は『 大黒流 』だそうです


b0325317_11294453.jpg


《 締め込み 》に 《 法被 》姿の 男達が

町ん中を そうつきあるきだすと

博多の町は 祭り本番です







by nonkei7332 | 2015-06-30 11:31 | 日記 | Comments(0)



b0325317_11065521.jpg


クチナシの花 が咲きました

合歓 (ネム) の木にも 綿毛のような 花が咲きました



b0325317_11073648.jpg



人類が初めて 暦というのを 使い出したのは 10000年前
スコットランドの アバディーンシャー州 の 遺跡で
一年間の月の満ち欠けが 石に彫られていたといいます
日を見て 月を見て 星を見て 人は暦を作りました
時間を測るという行為は 歴史を知ることであり
来たるべき 未来を予測する 人類の知恵だったのです
私は カレンダーの他に もう一つ 私なりの 暦 を持っています
それは 『 花 暦 』 です 〈朝鮮朝顔〉も 咲きました
もうすぐ 向日葵 (ヒマワリ) 木槿 (ムクゲ) の季節です


b0325317_11105426.jpg

夏至が過ぎ 梅雨の晴れ間に 夏の予感がします
月初めに 校長先生から
『 夏休みの プールの監視員をして頂けませんか 』との依頼があり
先日 その救命講習の研修を受けてきました
「胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせによる 心肺蘇生法」については
今まで 何となく頭の中にあった 知識が一掃させられた内容でした
『 A E D 』Automated External Defibrillator ( 自動体外式除細動器 )
の使い方についても 理解することができました
プール監視員としての心得から 水質管理まで 簡単に考えていましたが
休憩をはさんで 6時間の実技も含めた かなり ハードな講習でした
あとは 暑い中での 自己管理ですね
来月からは ご無沙汰している プールにも 通う予定を入れました
何分にも 水にも 慣れておかないと いけませんからね

お隣で 講習を受けさせていただいた
西区姪浜 の 明るい お母さん
頑張って下さいね (^o^)/



b0325317_11114829.jpg






by nonkei7332 | 2015-06-25 11:12 | 日記 | Comments(0)


b0325317_06264324.jpg

早咲き のコスモス



疲れた時 めげそうになった時

自分を励ます 呪文 です


・・・ 焦るな ( あせるな )
・・・ 怒るな ( おこるな )
・・・ 威張るな ( いばるな )
・・・ 腐るな ( くさるな )
・・・ 負けるな ( まけるな )


「青い熊」と覚えましょう




今週 は チョット 充電中です
雨の合間を縫って 花散策 。


b0325317_06285388.jpg


大輪の紫陽花 白いアナベル


b0325317_06304008.jpg


日本アジサイをヨーロッパで品種改良した

ハイドランジアと呼ばれる アジサイです

その名も

「 ダンスパーティ 」


b0325317_06343764.jpg


日日草 ( にちにちそう ) が 清楚に咲いています



b0325317_06354745.jpg

見事な 白百合 です

何という 品種何でしょうか?


b0325317_06372459.jpg


海紅豆 の 散り花 です

赤い絨毯 のようですね






by nonkei7332 | 2015-06-18 06:53 | | Comments(0)


b0325317_01075363.jpg



『紫陽花園』の帰りに

『花庭園 』にも寄ってみました

お目当ては 〈七夕百合〉こと 〈姥百合〉

やっぱり ありませんでした (~_~;)



b0325317_01091293.jpg


百合の花は 品種が多く

後で調べても なかなか 名前が見つかりません

幾つかは 判りますが 一つでも判らないと

気に入らない 困った 性格です

あえて 花の名は 書かないことにしました

図鑑を見て びっくり!(◎_◎;)

《 博多百合 》とか 《 イソラ 》とかも あるんですよ ‼️



b0325317_01101686.jpg


梅雨の晴れ間 は 日差しも強く

今日の博多は 最高気温 30.9度

『筥カフェ』で 一服 アイスコーヒー を 注文



b0325317_01111417.jpg



な な なんと 今日の 『筥カフェ』カップル だらけ

話には 聞いていたが ここは 知る人ぞ 知る

博多の有名な

《 シニア カップル デートスポット 》

何組かの 微笑ましい カップル を 横目で見ながら

CAP をかぶった 場違いな 白髪のおっさん は

淡々と 喉を潤します




b0325317_01125581.jpg



それは そうと 6月12日 は 『恋人の日』

ひょとして この人達 まさか

その事を知っていて ここにいるの ⁉️

そんな事を 妄想しながら

汗が引くのを 待ちました




b0325317_01134246.jpg



《 夏の野の 茂みに咲ける 姫百合の 知らえぬ恋は 苦しきものぞ 》

万葉集8巻1500 坂上郎女


《私訳》

誰も知らない 夏の野原の茂みに咲く 姫百合のように

私の 片恋 は どうして こんなに 悲しいのでしょう



b0325317_01144448.jpg






by nonkei7332 | 2015-06-13 08:00 | | Comments(0)


b0325317_22284678.jpg

『 筥崎宮 紫陽花園 』

毎年 水無月 (みずのつき) 六月になると 必ず 訪れる場所です

去年までは 雨の降る日を わざわざ選んで 出掛けていました

何故そこまで こだわったのか

私だけの 理由が そこにはありました

《 紫陽花には 雨がいちばん 似あう 》

と 思っていたからでしょう

いつから そう思っていたのか 薄れた記憶 を辿ってみると

ザーッ という 雨音 以外 何も聞こえない 静けさの中で

傘をさして ただぼんやりと 雨に濡れる 紫陽花 を みている

そんな 私の景色が 見えてきます

《 こだわり や 執着 は捨てるために有る 》

去年までの 生き方を 変えるべく

今年の〈紫陽花詣で〉は 梅雨の晴れ間 を選びました



b0325317_22292498.jpg

花をみる あどけない 子供達の 驚きの表情

この 一枚が 今日の BEST SHOT です

( 雨の日だったら この子達に逢えなかったかも)




b0325317_22294579.jpg
柏葉紫陽花


b0325317_22300547.jpg
スカイブルー


b0325317_22303066.jpg
ホワイトキララ


b0325317_22305346.jpg
コンペイトウ


b0325317_22314078.jpg
ハワイアンジュピター








by nonkei7332 | 2015-06-12 22:41 | | Comments(0)


今年の 4月2日 に 撮った 満開の 杏 (あんず) の花 です


b0325317_13551481.jpg


『 アンズの実が たくさん 実ってるから 取りに行ったらいいよ』
散歩仲間 の おばちゃんが 教えてくれました



b0325317_13564237.jpg

杏(あんず) は 『果物ナビ』によると

アンズの原産地は中国北部、中央アジア、ヒマラヤ西北部といわれています。
中国では2000年も前から種の中にある
「杏仁(きょうにん)」を収穫するために栽培されていたようです
取り出された杏仁はおもに漢方薬として利用されていました。
その後、中国からヨーロッパ、中東、アフリカへと渡り、
18世紀頃にアメリカに渡ったとされています。
日本に渡ってきた時期は定かではありませんが、
平安時代の書物に「カラモモ」という和名で登場していることから その頃には栽培が行われていたと考えられます。
ただし、当時は中国と同じように 杏仁 を収穫するための栽培であり
日本でアンズの果実を食べるようになったのは、
明治時代になってからのことで 本格的な栽培が行われたのは、
ヨーロッパ品種が積極的に導入された 大正時代だといわれています



「神仙伝」という 古代中国 の 古書のなかに

「杏林」(きょうりん) という 故事があります


呉の国に 菫奉(トウホウ)という仙人がいました

病気を治しても 謝礼はうけとらず そのかわりに

軽い病気の人には 一株

重い病気の人には 五株 の

あんずの木を植えさせました

やがて 家の周りには あんずの林ができ

それ以来 菫奉(とうほう) は 自分のことを

「菫奉杏林」と名乗りました

それから 人々は お医者さん の ことを

「杏林」というようになったのでした


そういえば 「杏林薬品」とか 「杏林大学」という 会社 や 大学 も ありますね


b0325317_14021955.jpg


杏(あんず) と 李(すもも) はよく似ていますが

よく見るとちがいます

杏(あんず)には 表面に細かい 産毛がありますが

李(すもも)にはありません

色 も 食感 も 違います

最近 は 李 (plum) と 杏 (apricot) を 掛け合わせた

プラムコット という 品種がもてはやされているようです


さてさて この実 をどうしたものかで 迷っていました

〈杏酒〉 を作ろうか それとも 〈杏ジャム〉 にしようか

いろんな レシピを覗いて 結論がでました

まずは 梅酒を作る要領で 杏酒を造ります

そして 出来上がった 杏酒 に浸かったあんずの実 で ジャムを作る


《 一粒 で 二度 美味しい 》これが 出した 結論です





by nonkei7332 | 2015-06-04 14:03 | | Comments(0)


b0325317_21500561.jpg
三連水車




水無月 の 朔日

園児たちの 制服と帽子の色が 水色に変わりました

去年も 訪ねた 思い出 深き 朝 倉 に行ってきました
きっかけは 老人会のバスツアーの 世話
迷いましたが 行き先が 朝倉と聞いて 引き受ける事にしました f^_^;)

三笠川 ~ 水城 ~ 針摺 ~ 宝満川 ~ 甘木 ~ 筑後川 ~ 朝倉

この行路は 天空を流れる 天の川 に例えて 『 あいなれ川 』と呼ばれました
古代 筑紫を ふたつの嶋に分ける 海路だったのでした
阿曇の舟人は 上げ潮に乗って 海峡を遡り
葦の葉陰の中を 帆を張って 南へと向かって行ったのでしょう



b0325317_21531922.jpg


バスは 太刀洗の 「キリン花園」へ
最盛期には 1000万本の ポピーの花が 咲くという フェスタも 最終日
わずかに残った 花が 迎えてくれました
梅雨入りを 前にして 陽射しは 肌を焦がします
日陰のベンチで ほっと一息つきました




b0325317_22195263.jpg


朝倉の地名の由来はというと 観光協会の説明には

『 「朝倉」という地名は、この地方一帯を示す古い言葉ですが、
その記録をたどると 遠く飛鳥時代までさかのぼります。西暦661年 斉明天皇は
朝鮮半島の百済からの要請に応じて出兵を決意し 現在の朝倉地区に
「橘廣庭(たちばなのひろにわ)」と呼ばれる仮宮殿を設けました。
この折に斉明天皇が言った「朝(あさ)なお闇(くら)き」が
朝倉市の「朝倉」という地名の由来と言われています。』

真鍋大覚さんの 「儺の国の星拾遺」241P には こう書かれています

『 〈あさくら〉とは 〈 あしたのいわくら 〉
即ち 太陽が昇り立つ 黄道に先だつ 星座のことであって
古人はこれをよく 天空上に心得ていて
分日至日(春分秋分夏至冬至) の暦を匡したのであった。
暁の明星がここに出るから、やがて朝倉の名が音写されたのであるが、
昔は 上座(あさくら)と書した。
座とは 言うまでもなく 星宿 のことである。(中略)
朝倉郡は 明治23年(1980) に 上座郡 と下座郡を合併して出来た名である。
もし 上座郡が 暁星(あけのほし) に正応するならば、下座は 昏星(くれのほし)
に正応すべきことになる。』

古代 筑紫の民は 朝の一番星 を 見つけては 上座(あさくら) と呼んだのでしょう



b0325317_22522466.jpg
未央柳



昼食は 「 三連水車の里あさくら 」
農産物直売所 や 食堂があり 隣接する 水車公園には
実物大の観光用の 三連水車がありました モーターで 動いていました
本物の 三連水車は そこから 450メートル 下手に行くと
有名な 「菱野三連水車」があるのですが この時期 まだ 稼働してないはずです
「未央柳」(びょうやなぎ) 別名 「美女柳」の花が 咲いていました



b0325317_22260977.jpg



帰りは 施設を左折して 福岡方面に戻るのですが
私の 気持ちはすっかり 右折していたのでした
なぜかというと 右へ 数百メートルいくと 『 恵蘇八幡宮 』があるからです
斉明天皇の 「藁葬の地」(こうそうのち) と 云われている 宮です
長津宮(那珂川町安徳) から 橘広庭宮 に移られた 斉明天皇 は 二ヶ月すると
病で亡くなられます。皇太子であった 中大兄皇子( 後の天智天皇) は
恵蘇八幡宮の山の頂上 に 御遺骸をうつされ そこで モガリ をされます
《殯 (もがり)とは 本葬まで貴人の遺体を棺に納め仮に安置してまつること》
そして 中腹に木の堂を建てられ 12日間の喪に服されます。

《 秋の田の かりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ 》

有名な 百人一首 一番の 天智天皇の歌です
母を亡くした悲しみで 涙にくれる 皇子の歌は 朝倉で詠われたのでしょう


b0325317_22332228.jpg
筑後川



多くの 歴史を語り そして その変遷を側で 見届けた 『 筑後川 』
古くは 『 千歳川 』(ちとせがわ) と呼ばれました
また ある時は 『 一夜川 』(いちやがわ) とも呼ばれました
洪水が 豊穣な土地を 一夜で荒地に変えてしうほどの
暴れ川 だったからでしょう





梅 雨 を 前にして

静かに 流れる 『 千古川 』(ちっごがわ)

『もう 暴れなくてもいいよ』 そう 語ることしか

そう 祈ることしか 私には 出来ないみたいです。

木蓮のような 『 泰山木 』(たいざんぼく) の花が 咲いていました。


b0325317_23012294.jpg
泰山木の花










by nonkei7332 | 2015-06-02 23:10 | 古代史 | Comments(0)

b0325317_21404711.jpg
香椎宮秋季大祭での 踏歌奉納




香椎宮には 古くから
踏歌(とうか)と呼ばれる 歌と舞 が 伝承されています

この 踏歌 の起源を辿ると
中国の《詩経》における漢詩表現の六種の形態(六儀)
《「風」「賦」「比」「興」「雅」「頌」》を
紀貫之 (868〜945) (古今和歌集の撰者) が 古今和歌集仮名序において
それを転用し 和歌 の 六種の様式
「そえ歌」「かぞえ歌」「なずらえ歌」
「たとえ歌」「ただごと歌」「いわい歌」
に分けたことから始まります

この 頌歌(いわい歌) が 香椎宮踏歌 でした

頌歌 (いわい歌) については 古今和歌集仮名序 では 次のように書かれています

六つには 頌歌 (いわい歌)
《 此の宮は 宜も富みけり 草の 三つ葉四つ葉に 殿堂造りせり 》
《 このとのは むべにとみけり さきくさの みつばよつばに とのつくりせり 》
これは 世をほめて神につぐる也。



b0325317_21421581.jpg
香椎造り


この歌は 香椎宮の荘厳な造りの様を讃えた歌です
そもそも 香椎宮は 仲哀天皇 神功皇后の霊を祀る
「廟」として建てられたものですから
他の神社とは違い 「香椎造」といわれる 独特な社の造りになっています
〈三つ葉四つ葉〉とは 軒端が三つも四つも重なっている様を形容した言葉です
〈世をほめて神につぐる〉とあるように 建物だけではなく
天皇の世を讃え 神に捧げる 祝いの歌 だったのでしょう

霊廟である 香椎宮に 唯一 永く奉納されてきた 踏歌も
1586年の島津氏の侵攻を受け 香椎宮社殿が 焼失
さらにその後 秀吉に社領までも没収された為に その後永く絶えていましたが
昭和54年 木下祝夫宮司により再興され
現在では 春と秋の大祭で奉納されています


b0325317_21430193.jpg
うばゆり



この踏歌のなかに 《 さきくさ 》という 植物がでてきます

真鍋大覚さん は この草を 七夕百合 ( 姥百合 ) だと いわれ
白鳥座の中に輝く 朱卵星(みかのほし) のことだと 解釈されました

『儺の国の星拾遺』(266p) に次のように 書かれています


『 朱卵星 (みかのほし)
三伏の大暑を遣ってから、空の色は日増しに高く遠くなります。
玄天はすでに秋の深まりにはまってくる頃、
時おり 夏草の上をわたる風にも 秋の気配が感ぜられる頃
白鳥座に淀む 酸漿(ほおずき)の色の星が これでありました。
昔はもっと 色があざやかであったと語られております。
三枝星 (さきくさのほし) の名のごとく 神殿の色彩に この星を写して
人と神の相和し相睦むところと したのであります。
七夕の 雅な 幻映 でありました。』


b0325317_21434869.jpg
白鳥座の星雲



また 『香椎宮踏歌由来略記』真鍋大覚著 には

これは 天の川の中央、夏の七夕の夜を飾る 牽牛と織姫の間にある
白鳥座に輝いておりました 巨大 かつ 華麗な 変光星雲のことでありました。
今は X線だけを放射する 暗黒星雲でありまして、豪州天文台の H.Cミンネット
J.Hピッデイトン博士 両博士が昭和26年(1951年)の X線写真撮影によると
その位置は 赤緯30度52.0分、赤経20時49.75分、光度等級 10.2 であります
今から 400年程昔までは まだ時折りその光芒をみることが出来ておりました。
季節は 那珂川で 七夕百合 が白く ほのかに香る
旧暦七月七日の頃に 天頂に光っていたとききます。』



b0325317_21453116.jpg
うばゆりの実



七夕百合については

『 この歌の頃の星の色は 赤や白 、又、紅や朱や紫に 三つ四つと
花弁のごとき光の延びの美しさをよく描写しております。
七夕百合 は 牧野富太郎博士の植物図鑑に 「うばゆり」とでております。
那珂川で 「とんぼゆり」或は
「からすのぜんぜん」の名で親しまれております。
正式には 「烏幡石菖 (とばゆり)」と書いていたものと見えます。
秋 10月を過ぎると縦に長い楕円形 即ち
この星雲の形そのままの殻が三つに割れ、
各二房一対の網目の中に50〜100以上の薄い翅をつけた種子が風に乗って
長く列をなして次々に飛び散っています。
おそらく 「さきくさ」とは
実の先が裂けて分かれるところから出る名かも知れません。』



b0325317_21462093.jpg
うばゆり


香椎宮踏歌 と

「さきくさ」と 呼ばれた 「七夕百合」

そして 「朱卵星」と呼ばれる 白鳥座の変光星雲

天 と 地 と 人 が 繋がって

ひとつの 神話 がうまれたようです。






by nonkei7332 | 2015-05-30 22:01 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_19531792.jpg


図書館帰りに 久しぶりに
筥崎宮の 花庭園 に寄ってみた
《初夏の百合まつり》の旗があったが
見頃は 6月の中旬なので まだ 早い。
のんびり と 花散策 。
前に来たのが 2月の冬牡丹の頃
4月の 芍薬 ( しゃくやく ) を 見損なったが 悔やまれる



b0325317_19390953.jpg


前回 素通りした
オープンテラスの《 筥カフェ 》に 寄ってみる
喧騒 を 離れた 静かな 平日の午後
小鳥 の さえずり だけの世界
まるで 結界に
迷い込んだ 蝶 のように
しばし その 異空間 を 遊ぶ
香り深い Coffee と 係りの方の 笑顔が嬉しい


b0325317_19404483.jpg


この 庭園に来ると いつも 初めての花 に 会えるのが いい



b0325317_19412726.jpg
紅山あじさい ( べにやまあじさい )



b0325317_19421828.jpg
京鹿子 ( きょうがのこ )



b0325317_19432845.jpg
花菱草 ( はなびしそう )



b0325317_19435709.jpg
アスチルベ



b0325317_19442469.jpg
三葉下野 ( ミツバシモツケ )



b0325317_19444935.jpg
小麦仙翁 ( コムギセンノウ )



b0325317_19452734.jpg
白鳥 (はくちょう)



b0325317_19455855.jpg
八丈千鳥 ( はちじょうちどり )



b0325317_19463288.jpg
白扇 ( はくせん )




私 の 花暦 は すでに

紫 陽 花 ( あじさい )

の 季節 のようだ







by nonkei7332 | 2015-05-28 20:01 | | Comments(0)

by ヒサミツ