ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

タグ:独り言 ( 148 ) タグの人気記事


b0325317_13470967.jpg





『 歌は世に連れ 世は歌に連れ 』




といいます



神世の昔から 歌は唄われてきたのでした



〈歌垣〉と呼ばれる 掛けあい唄が



祭りにおいて なされています



男方 と女方 とに 分かれ 男方が即興で 歌い



女方が後をつけていく



歌のかけあいなのです 当然 男と女の歌ですから



艶っぽい 歌詞だったんでしょう






江戸の末期から 明治 大正と 三味線の普及に連れて



座敷歌から生まれた 俗曲があります



「都々逸」(どどいつ) と呼ばれた 唄です



長唄 とは違い どちらかと言えば



小唄 端唄 に 入るのでしょうが



七七七五の26文字でさえあれば 自由な節回しでよかったので



多くの シンガーソングライター 生まれたみたいです



歌詞は ほとんどが 艶っぽい 情歌 です



今みたいに カラオケ などありませんので



一気に 庶民の中にひろがり 大流行したみたいです



たくさんある中で 選んでみました



(かなり 際どい唄もありましたが 省きました)






博多に来たときゃ 一人で来たが 帰りは人形と二人ずれ





恋に焦がれて鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす





腹の立つときゃこの子を見やれ 仲のよいとき出来た子じゃ





惚れた数からふられた数を 引けば女房が残るだけ





戀(こい)という字を分析すれば 糸し糸しと言う心





泣いた拍子に覚めたが悔しい 夢と知ったら泣かぬのに





あなたに探してもらえるように 私の心は 隠したの





夢で見るよじゃ惚れよが足りぬ 真に惚れたら 眠られぬ





雨の降るほど噂はあれど ただの一度も 濡れはせ





女房に言えない 仏があって 秋の彼岸は 回り道






最近は 唄を忘れた カナリヤ 状態です



カラオケ 卒業して



〈都々逸〉でも始めてみましょうか





b0325317_14005051.jpg
白い トケイソウ










by nonkei7332 | 2017-05-29 15:45 | 日記 | Comments(0)



b0325317_01461552.jpg



母の日に


子どもたちと いっしょに


フラワーペーパー で カーネーション を作りました





b0325317_02114903.jpg





《 ありがとう 》




ありがとう


今日も 私の上にいてくれて


曇っていても分かるよ


宇宙へと 青くひろがっているのが




ありがとう


今日も 咲いてくれて


明日は散ってしまうかもしれない


でも 匂いも色も もう私の一部




お母さん ありがとう


私を 生んでくれて


口に出すのは照れくさいから


一度っきりしか言わないけれど




でも誰だろう 何だろう


私に私をくれたのは?


限りない世界に向かって私は呟く


ありがとう





谷川俊太郎 『子どもたちの遺言』より









by nonkei7332 | 2017-05-14 02:44 | 日記 | Comments(0)


b0325317_12180915.jpg
興福寺 阿修羅像




1922年(大正10年) 48


詩人は 浅い春の北の大地を とぼとぼと 歩きながら


自らの 心模様を 言葉に変えました





心象の はいいろはがねから


あけびのつるは くもにからまり


のばらのやぶ や 腐植の濕地


いちめんのいちめんの 諂曲(てんごく)模様


(正午の管楽(くわんがく)よりもしげく


 琥珀のかけらがそそぐとき)


いかりの にがさ また青さ


四月の気層のひかりの底を唾(つばき)し


はぎしり ゆききする


おれは ひとりの修羅 なのだ


・・・・





もう 何度も読んだ


宮澤賢治 『春と修羅』の詩です



ひとりの修羅として この世に立ち向かう時


憤り 怒り 口惜しさ 反芻しながら


唾を吐き 歯ぎしりをしながら 歩くしかない


そんな 心象が描かれています





冬は必ず春となります しかし 来る春は



いつも 明るい希望に満ちた春ばかり とはいえません


5年前 4


私は リハビリ病棟の窓の外から


桜の散りそめる風の姿を追っていました


テレビでは 連日 311 悲しみが伝えられていました


慣れない車椅子を右手で引きずりながら


まがりなりにも 生きている自分と


大切な人を失くし 哀切の日々を送る人達のはざまで


私も ひとりの修羅だったのでした





b0325317_12205115.jpg




遅い桜が 満開となりましたが


福岡は 連日の雨です



見る人に 花も昔を思ひ出てて 恋しかるべし 雨にしをるる



西行の歌です


桜目線で この歌を解釈すると こうなります



今年も また 私に会いに来てくれたのですね


私も あの頃のことを 想い出しています


雨に濡れているのではありません


これは 私の涙です








by nonkei7332 | 2017-04-07 13:12 | 日記 | Comments(0)


b0325317_04561769.jpg
春雷





『雷乃発声』(かみなりすなわちこえをはっす)

暦の七十二候(3月30日頃)

春の訪れを告げる雷が鳴り始める頃

「春雷」(しゅんらい)は「虫出しの雷」とも呼ばれています



深夜 目が覚めました

外は 春雷 が 鳴っています

記憶をたどって ノートから 一遍の詩をみつけだしました

『きけ わだつみの声』『日本戦没学生の手記』

田邉利宏さんの 「従軍詩集」より

田邊さんは 日本大学卒

昭和16年8月 中国華中にて戦死26歳とありました




《 夜 の 春雷 》


 はげしい夜の春雷である。

 鐵板を打つ青白い雷光の中に

 俺がひとり石像のように立ってゐる。


 永い戦ひを終へて

 いま俺達は三月の長江を下ってゐる。

 しかし荒涼たる冬の豫南平野に

 十名にあまる戦友を埋めてしまったのだ。

 彼等はよく戦ひ抜き

 天皇陛下満歳を叫んで息絶えた。

 つめたい黄塵の吹きすさぶ中に

 彼等を運ぶ俺達も疲れはててゐた。

 新しく堀りかへされた土の上に

 俺達の捧げる最後の敬禮は悲しかった。



 共に氷りついた飯を食ひ

 氷片の流れる川をわたり

 吹雪の山脈を越えて頑敵と戦ひ

 今日まで前進しつづけた友を


今敵中の土の上に埋めてしまったのだ。

        
はげしい夜の春雷である。

 ごうごうたる雷鳴の中から

 今俺は彼等の聲を聞いてゐる。

 荒天の日々

 俺はよくあの掘り返された土のことを考へた。

 敵中にのこしてきた彼等のことを思ひ出した。

 空間に人の声とは思へない

 流血にこもった喘ぐ言葉を

 俺はもう幾度きいただらう。



 悲しい護国の鬼たちよ!

 すさまじい夜の春雷の中に

 君達はまた銃剣をとり

 遠ざかる俺達を呼んでゐるのだらうか。

 ある者は脳髄を射ち割られ

 ある者は胸部を射ち抜かれて

 よろめき叫ぶ君達の聲は

 どろどろと俺の胸を打ち

 びたびたと冷たいものを額に通はせる。

 黒い夜の貨物船上に

 かなしい歴史は空から降る。

 明るい三月の曙のまだ来ぬ中に

 夜の春雷よ、遠くへかえれ。

 友を拉して遠くへかえれ。
                              



by nonkei7332 | 2017-03-27 05:15 | 日記 | Comments(0)




アイヌ 文化財団




なにを ないているの


この はなしが ききたくて

ないて いるのなら

きかせて あげましょう


それはね


くものそらを

とおりぬけて

ほしのそらを

とおりぬけて


その むこうの

ほんとうのそらを

とおりぬけて


きれいな おがわが

ながれる けしきが

ずうっと ひろがって


かわを のぼれば


かたほうには

ぎんの カシワのはやし

ぎんの ヨモギのはら

ぎんの いしが

あるのです


かたほうには

きんの ナラのはやし

きんの ヨモギのはら

きんの いしが

あるのです


あたり いちめんが

ぴかぴかと ひかっていて


かわを さかのぼって

もっと ずうっと いく と


きんの いえ

おおきな いえが たっている


いえの かたほうには

あれた そらの えが

かかれて いて


いえの かたほうには

はれた そらの えが

かかれていて


その いえに

いのちを つくる かみさまが


60の ゆりかごを

かみざに つるし

60の ゆりかごを

しもざに つるし


かみざの ほうに

ふりむいては

60の ゆりかごを

いっせいに ゆらす


しもざの ほうに

ふりむいては

60の ゆりかごを

いっせいに ゆらす


そうすると

その あかちゃんたちが

なく こえが


この せかいに

せかいの うえに

ふってきて

そこから うまれるのが

ねむり というもの なのです


あなたは それを ききたくて

ないて いるのだから


わたしが きかせて あげるのですよ





アイヌの 『 60のゆりかご 』という 子守唄です

ゆりかごを揺らしていた 天空の女神は

ラマッカラカムイ(魂を司る神) といいます

〈ラマッ〉とは 霊魂のことです

この世界に誕生する前の人間の霊魂は

天界のラマッカラカムイ の元にあって

そこで諸々の活動に必要な霊魂をそろえて

成形された後に地上に降りてくるとされます


ラマッカラカムイ は

白山菊理媛 (水天宮) みたいです

目をつぶって聴いていると

母の子守唄

遠い記憶が蘇ってきます










by nonkei7332 | 2017-02-23 13:05 | 日記 | Comments(0)


b0325317_10332595.jpg
「人生フルーツ」公式サイト より





ブログ仲間の ぬのきち さんが

『人生フルーツ』という


話題の映画の記事を書かれていました

私は 始めて聞いた映画だったので ネットで調べてみると

素敵な 老夫婦のドキュメンタリー映画でした

テレビ用に作られた番組だったようですが 劇場版に変えたそうで

全国のミニシアターを中心に 静かなブームになっているそうです


津端修一さん90歳、英子さん87歳

〈 風と雑木林と建築家夫婦の物語 〉と題されていました








修一さんは

2015年6月2日 畑の草むしりをされた後

昼寝に行かれたまま起きられることはなかったそうです

残念なことに 予告編しか見てませんので

うまく 感想を記事にできませんが

英子さんの 可愛い笑顔と 修一さんの言葉が印象的でした

『 彼女は 僕にとって 最高のガールフレンド 』

必ず 見てみたい映画ですね



b0325317_10360905.jpg


こんな 私にも ガールフレンド がいます

もう 何年になるのでしょうか はっきりとした 期間はわかりません

毎朝 いつもの 時刻に 赤い自転車に乗って その娘はあらわれます

『おはよう いい天気だね 今日も仕事 頑張ってね』と僕が言うと

『はーい 頑張りまーす』と 大きな元気な声が返ってきます

雨の日も 暑い日も 雪の日も 彼女との 短い会話は 続いています

『近くに住んでいるの』と 聞いたことがありました

『 最近 一人住まい始めたんです たいへんです 』返事が返ってきました

彼女に関して 僕が知っていることといえば その事だけ

どんな仕事をしているのかも いくつになるのかも 知りません

ましてや 名前も 知りません

ただ はっきりしていることは

彼女が 朝起きて 最初に声をかける相手が 私だということ

(ひょとすると 違うかもしれないけど) です

2、3日 顔を見ないと 風邪でも引いたかなと心配している 私がいます

私が 怪我して入院した時などは かなり 心配してくれたようでした

14日の朝 『これ 食べてください』と言って

僕の手に チョコレート を置いてくれました

彼女の背中に ありがとうね と 声をかけました

僕の 名前も知らない かわいい ガールフレンドの話でした。







by nonkei7332 | 2017-02-16 10:50 | 日記 | Comments(2)


b0325317_14281873.jpg


安 田 勝 竜 (やすだ しょうりゅう)


1980年生まれ 福岡県直方市出身

3歳の頃より 祖母に 民謡 と 三味線を習う

17歳で 津軽三味線 と出会い

その後 澤田流 家元 澤田勝秋氏 に 師事

神技ともいえる太棹三味線 の ばちさばき と

澄んだ声で 歌う 民謡とで 福岡 を 中心に 多くの ファンをもつ

現在は 作曲で 独自の曲作りにも挑戦

ピアノ や バイオリン などの 和洋混合の ユニットグループ

《 95 strings 》を 立ち上げ その 演奏は 必見で

新たな 音楽シーン の 創作者 として

近年 注目を浴びている 若手音楽家の一人です





b0325317_13535081.jpg




95 strings (キュウゴストリングス)


離島の小中学生に楽しい音楽に触れてもらいたいとの想いから

企画された離島公演で出会った 3人の演奏家

太棹三味線 の 安田勝竜

ヴァイオリン の 藤松純子

ピアノ の 夏川由紀乃

によって結成されました

その名の由来は、三味線の弦の数の 3 ヴァイオリンの弦の数の 4

ピアノの鍵盤の数の 88 これを合わせた数の『95』

『95』を『キュウゴ(救護)』と読むことで、

人の心の支えになりうる音楽を共に目指しているそうです

力強さと繊細さを兼ね備えた三味線の音色、

華やかさと憂いとをあわせもつヴァイオリン、

そして優しく時に大胆なピアノとで、

独自の世界を自由に歌いあげています

クラシックからポピュラーまでジャンルを問わず、

現在、ライブ ディナーショー コンサート の他に

九州各地の学校公演にも力を入れています


b0325317_14431213.jpg



行きつけの 居酒屋 で よく会う 若者がいました

カウンターの隣に座って 何度か話を聞くうちに

彼が 私の息子と同じ歳の 1980年生まれであること

お店では みんなから 師匠 と呼ばれていた理由が

三味線演奏を生業とする 音楽家 だという事を知りました

程なくして お店の常連客だけを 対象にした

ミニコンサートが お店のはからいで おこなわれました

三味線演奏は テレビなんかで 聞いた事はあるのですが

生演奏は 初めてですし それも 狭いお店です

彼と私の距離は 2メートル という近さでした

彼のジャンルは いわゆる 津軽三味線 といわれる 太棹三味線です

有名な 津軽三味線の定番曲 である

『津軽じょんから節』『津軽よされ節』を 続けて弾いてくれました

震えがくるほどの迫力で しばらくの間 興奮状態でした

それから その興奮を 癒すように 弾き語りで

博多民謡『黒田節』を歌ってくれました

透き通った それでいて 深みのある 綺麗な声でした

アンコール で 熊本 の 『田原坂』


みんなで 〈シャカホイ シャカホイ〉の合いの手を入れました



b0325317_14051244.jpg



昨年6月に完成した 東区千早の 〈なみきスクエア〉の

オープンセレモニー を始め 地域行事などにも 95strings として

積極的に参加 しています

3月11日 には 大野城市まどかぴあ での ティータイムコンサートです

後わずか チケット あるみたいです お好きな方は 急いで下さい


そんな中 私の住む町の公民館での 高齢者サロンにも

3月 勝竜君 は 来てくれます

小さな会場ですが おばあちゃん大好きな 勝竜君

3strings ですが どんな パフォーマンスを見せてくれるのか

今から 楽しみにしています


b0325317_13574976.jpg
北九州の イベントにて







安田勝竜 及び 95strings のイベント情報は
定期的に 記事にして 紹介していきます









by nonkei7332 | 2017-02-06 14:45 | 日記 | Comments(0)


b0325317_16540359.jpg



先週 の 土曜日 1月28日 が 旧暦の 正月でした


太陽暦 を使い始めたのが 明治6年からですから

今の暦は まだ 150年しか たってないんですね

立春(2月4日) を 新年の始まりという 暦の読み方もあります

一年を24に分けた 二十四節季 の 一番目です

季節の始まり〈立春〉〈立夏〉〈立秋〉〈立冬〉があって

その前日を 暦では 節分といいます

本来節分は 年に 4回あるものなんですが

今は 立春の前日だけが 節分とされています




b0325317_17240514.jpg


さて 今年は 酉年 です

日本では

十干 (甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と

十二支 (子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥) を

組み合わせた 《干支》(かんし) という こよみの読み方があります

今年は 丁(ひのと) と 酉(とり) の組み合わせで


丁酉 (ひのと・とり) といいます

干支 は 60年サイクルですので 前回の丁酉の年は 60年前


過去の 丁酉(ひのととり) の 出来事を


私のルーツ を 絡めて 追いかけて見ました





《 1957年 昭和32年 》

私が 5才 の時です

日本で初めて コカコーラ が売られた年です


この頃 うどんが 一杯 20円でした




《 1897年 明治30年(120年前) 》

赤痢が大流行し 東京での死者が2000人を越えた

博多の町では 聖福寺境内で県下初の活動写真が公開された

博多電灯会社が開業し 福岡市内に電灯がともる



小堀家 12代 小堀甚三

この頃 姪浜住吉神社の絵馬 山笠図を描く



《 1837年 天保8年 (180年前) 》

江戸時代 12代将軍 徳川家慶 の頃

元大坂東町奉行所与力の大塩平八郎らが幕政に抗議して

〈大塩平八郎の乱〉を起こす


小堀家 10代 小堀甚次

博多津中からの願い出により

黒田藩から 山笠人形 永代を仰せつけらる


《 1597年 慶長2年 (420年前) 》

安土桃山時代 豊臣秀吉 慶長の役 (二度目の朝鮮出兵) を おこす

翌年秀吉が逝去 すると 戦乱は一気に 収束する

時代は 1600年の関ヶ原の戦い に向けて動きだす




《 1477年 文明8年 (540年前) 》

室町時代 応仁の乱が 終わる

11年に及ぶ大乱の幕を降ろしたが 京都は灰塵と化し 廃墟となった


小堀家 襲名2代 小堀善左衛門

博多の町 戦火により 焼け出され 唐津に居を移す

その後 大内家 (24代政弘) の 招きに応じ 再び博多に戻る



《 1417年 応永24年 (600年前) 》

室町幕府 5代将軍 足利義持 の時代


小堀家 初代小堀善左衛門正直(博多山笠人形始祖)

1437年 永享9年 京都より 博多に下向し

櫛田宮 境内に居を構え 山笠人形を作る

正直については 古文書によれば 若き人形師 と書かれているだけで

幾つであったという記述はない

もしも 博多に来たのが 20歳 の時であれば

1417年 の 生まれとなる

とすれば 今年は

《 小堀善左衛門正直 生誕600年 》

生誕祭 を やらなくては !?







by nonkei7332 | 2017-01-30 17:39 | 日記 | Comments(0)


b0325317_06231127.jpg
福寿草




遊ぶものは神である。

神のみが、遊ぶことができた。

遊は絶対の自由と、ゆたかな想像の世界である。

それは神の世界に外ならない。

この神の世界にかかわるとき、人もともに遊ぶことができた。

神とともにというよりも、神によりてというべきかもしれない。

祝祭においてのみ許される荘厳の虚偽と、秩序をこえた狂気とは、

神に近づき、神とともにあることの証しであり、

またその限られた場における祭祀者の特権である


遊とは動くことである。

常には 動かざるものが 動くときに、

はじめて遊は意味的な行為となる。

動かざるものは神である。


白川静著『文字逍遙』より




久しぶりの 雨の朝になった

遊び心を 雪にまで 凍らせてくれるのなら

子供達の目覚めは もっと 神に近づいただろうに

微睡みの中で 香り強き 蕗の芽は 土に潜り

時雨の 浜では 男達の 千垢離 の白装束に

祈りは 熱く凍りついていく

〈動かざるものは 神 なのか〉

今朝の儀式に


一月の空は あまりにも 闇すぎるのだ

昨日までの あの 煌びやかな

〈かそのあかとき〉も 〈たそのくれとき〉も

白き神 の降臨を 寿ぐ 予感だと信じていたのは

私一人 だけだったのだろうか

睦月 の 空に

《動かざるものは 神なのか》










一月に写した空を (You Tube) に 集めてみました
Music
〈The Shadow of Your Smile〉
By : Kenny・G







by nonkei7332 | 2017-01-20 10:18 | 日記 | Comments(0)


b0325317_19221912.jpg


この冬 一番の寒気だといいます

穏やかな 年明けだったんですけどね

毎朝 子供達の 交通誘導 のボランティアを始めて

四度目の冬を迎えています

夏の暑さと 冬の寒さ どちらが辛いかといえば やはり 冬です

風の強い 氷点下の路上に 一時間も立ち尽くすと 骨の髄まで 凍ります

そんな日は 戻ってから 沸かしておいた 風呂にユックリ 浸かります


辛い事もありますが

ここまで 続けてこれた訳は 150人の笑顔です

毎朝 およそ150名の人達に

「おはようございます」と 大きな声で 朝の挨拶をします

小学生 幼稚園児 が 120人 あとは 通勤でお会いする 地域の人たち30人

最初は 返事なしの一方通行も多かったのですが

今では 笑顔付きの 返事が返ってきます

子供達も 4年間も 毎朝みているので

その変化や 成長ぶりがよくわかります

気がついたことは 先生達とも情報は共有します

子供達の名前を ほぼ 全員知っている事は

私の 微かな 誇りでもあります



b0325317_19272454.jpg


嬉しいことに 去年の夏に立ち上げた

子供達の居場所作りの ボランティアも

半年経って 地域の皆さんの協力で 軌道に乗りました



今朝 校長先生から

『 26日は 4年生の 《1/2 成人式》なので 』


と 誘いをうけました

今の 4年生は 1年生の頃から知っている子供達なので

私 にとっても 思い入れも 強い子供達ばかりです

どんな 顔をして この日を迎えるのか 今から楽しみです

この子達 が いてくれたから


今の元気な私がいると言っても 過言ではありません

10歳 の この子達が 20歳の成人式を迎えるまでは

私も この場所に立っていたいと 密かに 思っています



《1/2の成人式》その日 10才になった 君たちに

私は 心の中で こう 伝えます


『 65歳 の ありがとう 』











by nonkei7332 | 2017-01-11 20:17 | 日記 | Comments(2)

by ヒサミツ