ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

タグ:独り言 ( 152 ) タグの人気記事




《 美は 乱調にあり 》

私の 記憶の淵に 苛酷な運命に翻弄されながらも
人生を生き抜いた 三人の女性がいる


柳 原 白 蓮

中 島 歌 子

伊 藤 野 枝

今は亡き 女神達 なのです



NHK朝ドラ 「花子とアン」が終わった
村岡花子の生涯の友になる 蓮子 こと


柳 原 白 蓮 (1885年~1967年) その人である


b0325317_10123410.jpg


華族の妾の子として生まれ
華族の娘と育つが 14歳で結婚 15歳で出産
20歳で子供を渡す条件で離婚をし
出戻りの肩身の狭い日々を送る
25歳の時 52歳の九州の炭鉱王の元に再婚し
世間の注目を浴びながら 歌人として名声を得るが
7歳年下の社会運動家の学生と恋に堕ち
離婚 そして 三度目の結婚
やがて 戦争で長男をなくし 失意の日々を送るも
晩年は平和運動の活動をしながら
昭和36年 81歳の生涯を
最愛の主人に看取られながら閉じている
深き恋に生きた 美しい人だった


《 ひるの夢 あかつきの夢 夜の夢 さめての夢に 命細りぬ 》
白蓮 の歌


去年の直木賞 受賞作品
朝井まかて著 『 恋歌 』(れんか) には
明治の歌人
中 島 歌 子 (1845年~1903年)b0325317_19435178.jpg
激しい恋と 壮絶な半生が綴られている
江戸の大店の娘として何不自由なく育った
歌子は やがて 若い武士と恋におちる
相手は水戸藩士 天狗党の志士であった
武家の妻として 懸命に生きるが
時は動乱の世であった
「天狗党の乱」で夫は自害し
歌子も 賊徒の家族として 投獄される
やがて 世の中が変わり
夫への恋慕も復讐も隠して
歌人としていきる 歌子
和歌と書を教える私塾「萩の舎」を立ち上げ
明治時代の上流 中級階級の子女を多く集め
成功する
樋口一葉 は 15歳で 歌子に入門し
歌と古典を学ぶ 歌子は後進を
一葉に 託すつもりであったが
一葉 26歳の時に 肺結核に冒され
亡くなったために それも 叶わず におわる
日本女子大の和歌の教授に請われるが 病気のために辞退
歌子 61歳にて 死去
家族には 恵まれはしなかったが
多くの門弟に見守れながら
波乱の生涯を終えたという

『 君にこそ 恋しきふしは 習いつれ さらば 忘るることも おしえよ 』


(訳)
人を恋することを 私はあなたから習った
だったら 恋心を断ち切り忘れることも あなたが教えてよ

中島歌子の辞世の句だと言われている




瀬戸内寂聴の 小説
『美は乱調にあり』の主人公
伊 藤 野 枝 (1895年~1923年)b0325317_19423241.jpg
福岡の西区今宿で生まれた。
七人兄弟の三番目 長女である
貧しい暮らしながらも 東京へのあこがれを募らせ
東京にいる叔父に
「ひとかどの人物となって必ず恩返しをする」と
手紙を再三 送りつけ 叔父の元での生活がはじまる
猛勉強の結果 上野高等女学校に一年飛び級で合格
優秀な成績で卒業する
一度 帰郷して親の決めた形だけの結婚はするが
八日で逃げ出し すぐに上京し
前より 想いを寄せて居た
英語教師 辻 潤 と同棲する
そのことで
辻は教職を追われることとなってうしまうが
野枝と辻の結婚生活が始まる
辻 潤のもと、野枝は社会問題に感心を深め、
平塚らいてふの主宰する 青鞜社 にも顔を出すようになる。
当時の“新しい女”といわれた人物たちに刺激を受け、
野枝自身、堕胎、売買春、貞操などの問題に取り組み
多くの小説や評論、翻訳を発表していくようになる
この間 二人の男の子を出産している
その後 辻潤と離別。
家族と仕事を捨て、
アナキズム運動の中心人物であった 大杉栄 と同棲する
大杉には内妻の堀保子のほかに
東京日々新聞記者・神近市子という愛人もおり
ここに野枝が参入して奇妙な四角関係がはじまる
市子が葉山の日蔭茶屋という旅館で 大杉を刺すという
「日蔭茶屋事件」が起こったり 内妻の堀もが 大杉が別れると
多角関係の勝利者となった 野枝は
長女を出産 「魔子」となずける
官憲に監視される 生活ながら
大杉との生活は充実し『労働運動』を二人で創刊
その後 女の子を三人 男の子を一人 五人の子供を産んだ
野枝は 関東大震災後 大杉栄とともに、憲兵大尉の甘粕正彦に連れ去られ
憲兵隊構内で扼殺される
野枝の遺体は 畳表で巻かれ 古井戸に投げ捨てられたという
「甘粕事件」である
このとき野枝、28歳

『 吹けよ、ふけよ、嵐よ、あらしよ 』
野枝の言葉より


三人三様の人生でした
身震いがするほど かつて 感動したのを思い出しました


b0325317_18025198.jpg



最近の歌人の中では 何と言っても 俵 万智 さんが好きですね


「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ


抱かれるきっかけ ずるき我にして「あなたが決めてください」と言う


おしまいにするはずだった恋なのに しりきれとんぼに しっぽがはえる





by nonkei7332 | 2014-10-02 18:04 | 日記 | Comments(2)


b0325317_10414497.jpg




朝陽の中で微笑んで

金のヴェールのむこうから

夜明けの霧が溶けはじめ

ざわめく街が 夢をさます

( 荒井由美 / 朝陽の中で微笑んで ) より



b0325317_10440859.jpg


b0325317_10444081.jpg


b0325317_10454559.jpg


神よ

変えることのできるものについて

それを変えるだけの 勇気を われらに与えたまえ

変えることのできないものについては

それを受けいれるだけの 冷静さを 与えたまえ

そして

変えることのできるものと

変えることのできないものとを

識別する知恵を与えたまえ

( ニーバーの祈り ) より







by nonkei7332 | 2014-09-29 10:55 | 日記 | Comments(0)


秋の風に誘われるように


二年ぶりに 香椎宮を 歩いた


b0325317_20523539.jpg




御神木「綾杉」のそばの立て札に 歌が二首


b0325317_20534054.jpg


『 ちはやふる 香椎の宮の 綾杉は 神の みそぎに たてるなりけり 』


「新古今和歌集」詠み人知らず


『 秋立や 千早ぶる 世の杉ありて 』


(明治29年 夏目漱石が松山から熊本五高へ赴任途中 香椎宮に寄った時に 詠んだ歌)


b0325317_20590662.jpg



「ちはやふる」「千早ぶる」とは


「神」に続けるための枕詞である


千早(ちはや・襅)とは


日本において古来より神事の際に用いられた衣装で、


主に女性が着た(Wikipediaより)





b0325317_06464836.jpg

香椎かもめ大橋 から 博多湾をみる



帰り道 なぜか 宮沢賢治の詩を口ずさんでいた


みんな むかしから の きやうだい なのだから


けつして ひとりを いのつてはいけない


(青森挽歌)より







by nonkei7332 | 2014-09-20 21:16 | 古代史 | Comments(2)

b0325317_17195542.jpg



次の季節の予感もなく

長い梅雨のあとに 夏を通り越して

秋が来てしまいました

スサノオ の 荒ぶる魂 〈荒魂 : あらたま〉

は いつになったら 収まるのやら

〈そのくらいで よかろうもん〉と 祈るしかないようだ

箱崎の八幡さんの 〈幸魂 : さきたま〉でも

お櫛田さんの 〈奇魂 : くしたま〉 でも ダメなら

もう あの方に 頼むしかない

今年は 月見団子のほかに 「とおりもん」 もお供えしますから

なにとぞ 月読命(つきよみのみこと)の 〈和魂 : にぎたま〉のお力を

十五夜は 明後日 晴れてくれればいいのだが


私にできることといえば

薄(ススキ)のかわりに 秋の花をと思っていたら

ベランダに 待望の秋の花が 一輪 咲きました



b0325317_14592049.jpg


〈上 撫子(なでしこ)の花 〉

〈下 芙蓉(ふよう)の花 〉


b0325317_15010049.jpg




撫子の花 が 咲きました

芙蓉の花 は 枯れたのに

あなたが とても 無口になった 秋に


(さだまさし : 追伸 )より


旧暦の 八月十五日が 「十五夜」

旧暦の 九月十三日が 「十三夜」

「十三夜」は 後の月とよばれ 十五夜のつぎに美しいといわれている

(今年は 十月六日)

宮中では、古くから月見の宴が催される

八月の十五夜を芋名月(芋を供える)に対し

九月の十三夜は枝豆や栗を供えるので

豆名月 や 栗名月 とも呼ばれる

ひねくれ者の私は

「十五夜」より「十三夜」のほうに 愛着をかんじるのだが

何故だかは わからない



人恋しと 泣けば 十三夜

月は おぼろ 淡い 色具合

雲は 月を隠さぬ様に やさしく 流れ

丸い月には 流れる雲が

ちぎれた雲が よくにあう

風がさわぐ 今 や 冬隣り

逃げる様に 渡り鳥がゆく

列に ついてゆけない者に また来る春が

あるかどうかは 誰もしらない

ただひたすらの 風まかせ


(井上陽水 : 神無月にかこまれて)より



b0325317_15105248.jpg


〈 見わたせば 向ひの野辺の なでしこの 散らまく惜しも 雨な降りそね 〉

万葉集10巻1570


訳 : 見わたすと 向こうの野辺に なでしこが咲いています

散ってしまったら 悲しいですね

雨よ 降らないで ‼︎






by nonkei7332 | 2014-09-06 15:55 | | Comments(0)


b0325317_13240318.jpg


〈 白き秋 微睡(まどろみ)のなか 法師蝉 〉 ヒサミツ



今年 初めて ツクツクボウシが鳴いている
送り火のあとも 例年になく 雨が続く
広島では 爆雨で山が崩れ
多くの人が亡くなっているという
この街でも 去年は 暑かった
8月の20日間 晴れの日が 18日
35度以上の猛暑日が 17日もあった
今年はというと この 20日間 なんと 雨の日が 12日
35度以上の猛暑日は 一日もないのだ

去年も異常だったが
今年もまた 異常な天気なのだ

この星(地球)は何かが 狂っている
この国(日本)は意味も無く 隣国といがみ合い
中東の戦火は 多くの子供達の生命を奪っている
西アフリカでは エボラ熱の恐怖に 怯えている

この星は 限りなく美しく 優しさに満ちあふれている
その星で 全ての生き物達は 限りある生を活きていて
太陽も 月も 星たちも 雨も 土も
何億年も 変わること無く そこに 在る
なのに 人間達は 驕り高ぶり
我が物顔で この星に君臨しようとしている
全ては その祟りなのだ
決して 越してはならぬ 結界を
土足で ふみこえてきた 祟りなのだ

この星の 総ての生きるもの達に 感謝の 祈りを
総ての 神に 感謝と懺悔の 祈りを
総ての 父と母に 感謝の 祈りを

これから この星で生きていく
総ての 子供達のために !


b0325317_13251159.jpg



by nonkei7332 | 2014-08-21 13:25 | 日記 | Comments(2)

b0325317_10212872.jpg



送り火の朝

去年の暑さが 嘘のような日々

窓から入り込んでくる風は

涼しさではなく もはや 冷たさなのだ


訣れたいすべての魂に

あの 白い秋が紛れ込んできている




b0325317_10595476.jpg



兄は 母の夢を三日も見たと言って

不孝を嘆き 痛めた腰をさすっている

姉は 軽鴨の子供達が 親の元から飛び立っていったよと

残された親鴨の行く末を案じている

私はというと

綴られた 夢のノオトを眺めながら

管公が呪ったのは 陥れた俗人の魂ではなく

自らの血に流れる 墓守の血統だったのだ などと

そんな 事を 飽きもせず 考えている

白い秋への準備は終わった

蒼い春を思い出すほど

私の海馬は鍛えられてはいないし

あとは 朱い夏 の記憶をいかにして 失うかだ



b0325317_11052291.jpg



海辺を歩く 子供達の後ろ姿が 私の全て


私の祈りは これ以上 何を死ねばいいのか

苛酷に耐えた肉体も 極限を超えた孤独も

底までみせた優しさも

この世の生贄としてすべてを捧げてきたではないか


海神(わたつみ)よ

供に 幾世も 竹籠に揺られながら

母の歌を聴いてきた 私達ではなかったのか

怨霊でも 霊神でもない

私の 笹やかな 祈りを わかってはくれないか


送り火の朝

波の音は 父の鼻歌のように 快く

母の寝息のように

海は凪いでいる



b0325317_11042080.jpg






by nonkei7332 | 2014-08-16 11:07 | 日記 | Comments(2)

b0325317_08231589.jpg


目覚めは おおよそ6時と決まっている
この季節の日の出は 5時30分 前後なので
蝉の 合唱が始まる時間だ
合唱なのか 合掌なのかは 蝉に聞いてくれ

目が覚めてまず最初にすることは
さっきまで見ていた 夢 を思い出す作業だ
もういちど 眠りの中へ戻り
見ていた夢を頭の中で整理する
脳の中の 海馬 の扉はなかなか開いてくれない時もあるが
強引に その結界をこじ開けるのだ
小学生の作文みたいな ストーリーが組み上がると
それを IPAD に 打ち込む
あらかじめ 私の IPAD には 夢日記 のアプリがあり
私の全ての時間と空間を超えた
記憶と記録が この日記につまっていて
門外不出 の 機密文書 である

それが終わると ベットの上で ストレッチ を始める
身体じゅうの関節を ひとつひとつ 時間をかけて 伸ばしていく
特に 股関節のインナーマッスルには 時間をかける
15分のストレッチが終わると 血圧を測り
常温の水をコップ一杯飲む

これで やっと ベットから 離れることができるのだ
寝室とリビングのカーテンを開ける
ベランダをのぞき 花達に おはよう とあいさつをする
台所に行き ティファールで お湯を沸かす
その間に トイレに行き 体重を測り
歯を磨き 顔を洗う
台所に戻って 沸かしたお湯でコーヒーをドリップする
ソファーに座って 熱いブラックコーヒーをのみながら
IPAD で ニュースと天気予報を確認する

ここまでが ほとんど 毎日 変わることがない
私の朝の風景である b0325317_08382867.jpg


独り住まいの 老人が 呆けないためには
「教育」と「教養」が 必要だという
・(今日行く)ところがあるか?
・(今日用)があるか?


あいにく 今日の私には 行く所も用もないから
呆けまっしぐらということなのだろうが
今日は 立秋だ
小さい秋でも見つけに
外に出ようかと考えてみた














by nonkei7332 | 2014-08-07 08:44 | 日記 | Comments(2)

b0325317_10140548.jpg


朝から やかましい程の蝉しぐれ
一陣の風が 吹き抜けたあとに そこに 一掴みの秋があった
季節の予感 ? まだ 立秋にもなってないのだけどなぁ
とはいえ 青空に浮かぶ 百日紅(さるすべり)の花は
近くて遠い 季節を 紅く染めている

b0325317_09560260.jpg


私は 昔から 自分の予感 を信じていた。

地域の夏祭り
夕涼みのつもりで
息子が何年か前に 父の日に贈ってくれた
〈甚平〉を着て 部屋を出た
予感がした 何かがおこる 予感が
祭りは いつものように いつもの演目が続く
パイプ椅子に座り 団扇で足を撫でながら
町の人々の 小さな 幸せを覗き込む
黄昏れの向こうに夜があって
風のむこうには 新月が 浮かんでいる
毎年 恒例の抽選会だ
当選者の名前が告げられるたびに
そこいらじゅうに ため息が転がる
最後の賞品が告げられる
〈自転車が三台〉歓声が起きた
そうか 自転車だったのか!
私の海馬が震えた 予感は ここからきていたのだ!
間違いなく 私の名前が呼ばれると思った
当選者の名前が呼ばれた
一度目は聞き流した もう一度 名前が呼ばれた
そして
中央の舞台に向かって 団扇で空を扇ぎながら
拍手の中を 歩いていく 私がいた


b0325317_10031068.jpg



三日前に 松林の間を 自転車が走っている 夢をみていた
麦わら帽子をかぶって 海にむかっていたのは 父だった
微睡み(まどろみ)の中で
自転車があれば 私も 父を追いかけて 海に行くのに
そんな事を考えていたのだ



我が家の玄関には
ベージュ色の 新しい 自転車が置いてある
明日は 海に行こうと思った。








by nonkei7332 | 2014-07-29 10:18 | 日記 | Comments(0)

b0325317_15400361.jpg

花には表情がありますね
私には この花はいつも 笑っているように 見えるのですが

その笑顔の裏には
『 ギリシャ神話 』 の こんなにも悲しい物語が隠されていました

海の精 クリュティエ は 太陽神アポロンに愛されていました
やがて アポロンは ペルシア王女 レウコトエ に夢中になってしまいます
それを知った クリュティエ。
嫉妬に狂い ペルシャ王に娘の恋を密告してしまうのです
驚き怒った王は娘を捕まえると生き埋めにして殺してしまいます
アポロンは密告した犯人が クリュティエ だと知って
彼女のもとを完全に去ってしまいます
哀れな クリュティエ。
届かぬ恋の思いに すっかり やつれてしまい
9日間も 空の下 夜も昼も地面に立ちつくしました
食べることも忘れ 雨露と自分の流す涙を飲み干すだけでした
やせ細った クリュティエ はただ空を仰ぎ そこを通るアポロンの顔を見つめて
そちらへ自分の顔を向けるだけ
やがて 彼女の足は地面に根付き 美しい顔は花に変わってしまったのです
その花は今でも 太陽を追いかけるように咲いています
その花が ひまわり です

b0325317_15501774.jpg


ひまわりの花言葉を知っていますか ?

『 私は あなただけを 見つめたい 』

ひまわり って 悲しい花でしたね。


b0325317_15414877.jpg
b0325317_15422426.jpg

何度見ても 泣いてしまう映画がある

『 ひ ま わ り 』

舞台は 第二次世界大戦終結後のイタリア
出征したきり行方不明の夫の消息を求めて ロシアの大地を探しまわる
ジョバンナ が やっとの思いで 出会えた夫 アントニオ のそばには
美しい妻と子供がいた
その場を逃げるように去る 帰りの列車の中で
号泣する ジョバンナ(涙)
やがて イタリアに戻って 新しい生活を始めた 彼女のもとに
アントニオが訪ねてくる 再出発を促すアントニオに揺れ動く ジョバンナ
その時 二人の現実を諭すように ジョバンナの子供の泣き声 が(涙)
そして アントニオがロシアに帰る ミラノ駅のラストシーン
そのホームは 数年前彼女が戦場へ行く若き夫を見送った 同じホームだった
静かに走り出す列車の窓からじっと ジョバンナ を見つめる アントニオ
戦争が引き裂いた悲し過ぎる愛の物語でした
ひまわり畑をバックに流れる ヘンリー・マンシーニの主題歌も 哀しすぎたですね。


もう二度と あんな 戦争はやめようと誓った映画だった
なのに 現実(いま)も
あの 愚かな戦争が ひまわり の咲く
あの ウクライナの地で 続いているという
今朝の悲しい ニュース だった








by nonkei7332 | 2014-07-19 15:46 | | Comments(2)
b0325317_18151135.jpg


雨が降りそうだったから
傘を持っての散歩でした
そこまでして とお思いでしょうが
傷めた腰をかばって 歩かなくなると
いつまでも痛みは 遠のいてくれないから
ましてや 連日の雨
傘をステッキのように持ってでかけました
別れの予感にしても 恋の予感にしても
私の予感はどんな予感でも 当たるみたいで
雨の予感も的中しました
傘を広げようとしたその時
ピカッと 空が割れ ゴリゴリと〈鳴る神〉の音に紛れて
『 私を連れていって』
とちいさな声が 聞こえたのでした
周りを見渡してみたけど 人の気配はないし
ただ 足許の垣根の中に 一輪の 梔子(くちなし)の花
『お前か?』
『濡れたくないのか?』
もう一度 周りを見渡して
人の気配がないのを確認してから
そっと 手を伸ばして 手折ってあげました
いけない事とはわかっていました
それを 〈鳴る神〉の仕業にしてしまいました

くちなしの甘い香りは
私を 《 つみびと 》にしたのです


b0325317_18250818.jpg
b0325317_18251872.jpg



アメリカの独身女性 ジェーン は38歳
イタリアのベネチアに一人旅行に出かけました。
といえば
そう 原題が 『 Summer Time 』
邦題が 『 旅 情 』
キャサリンヘップバーン主演の1955年の有名な映画ですね
この映画の主人公が
ジェーン や相手の男性の レナード ではなくて
実は 『くちなしの花』だったのを
私は 知っていました
ストーリーはどこにでもある "ひと夏の恋のアバンチュール" です
純粋な ジェーン はその心を 純白の『くちなしの花』に託しますが
哀しいかな それを運河に落としてしまうのです
実ることがない恋と知ってしまった ジェーン は
アメリカに帰る決心をします
その時の ジェーン の有名な名セリフ
「いつも パーティから 帰りそびれた私に 帰る時を教えてくれたのは レナード 貴方よ」
レナード は そんな彼女の 純白な想い を知っていました
そして あのラストシーン
ジェーンの乗る列車を追いかける レナード の手には
あの 純白の 『くちなしの花』が・・・



『くちなしの花』の甘い香りは
たくさんの人たちを
《 つみびと 》にしてきたのですね。








by nonkei7332 | 2014-07-16 18:34 | | Comments(4)

by ヒサミツ