ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

タグ:古代史 ( 91 ) タグの人気記事



b0325317_13160268.jpg
七草粥




年末年始 には 多くの しきたり と言われる

日本古来の 風習が 残っています

注連縄・門松 ・おせち・屠蘇・鏡餅・七草 などなど

しかし 悲しいかな 人々の 生活様式の変化によって

そんな しきたり が ひとつずつ なくなって来ているのも事実なのです

お節料理 や 雑煮が終わると 七草粥を食べたものでしたが

「おせちもいいけどカレーもね」という たった一つのTVCM で

七草のしきたりは 消え去りつつあります



七草の起源を たどると

日本では 古来から年の初めに


野に出て芽を出し始めた草を摘み取る「若菜摘み」が行われていました


この風習に 中国から伝わった「七種菜羹」(ななしゅのさいかん)

旧暦1月7日の日に七種類の野菜を入れた


羹(あつもの)(熱く煮た吸い物)を食べて

無病を祈る習慣が結び付き


「七草粥」を食べて邪気を祓い

一年の無病息災と五穀豊穣を祈るとされる

「七草」の風習ができたと言われています



春の七草 は

芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)

仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)ですが



b0325317_13171271.jpg
芹の花




今日は 芹(せり) の話をしましょう


《 なにとなく 芹ときくこそ あわれなれ 摘みけん人の心知られて 》

《 西 行 》の 「山家集」にある 歌です



芹を摘んだ人の気持ちがわかるから 芹と聞いただけで 哀しくなる

という 歌なんですが 現代人には 何のことかよくわかりません

この歌を理解するには ひとつの 物語の存在を知らなければなりません


平安時代後期の 官人であり 歌人でもあった

「 源 俊 頼 」の歌論集 『俊頼髄脳』に書かれている故事です


昔。宮廷に庭の清掃を役目とする身分の低い男がいました。

ある日、宮廷の奥御殿の庭で仕事をしていたら 突然つむじ風が吹いて

御殿に掛けられていた御簾(みす)を吹き上げました。

御殿の中では皇后様がお食事をなさっていて

芹などの野菜を食べておられるところでした。

御簾の吹き上げられていた時間はほんのわずかでしたが

男は皇后様のお顔お姿をはじめて見て その輝くばかりの美しさ

神々しさに魅了されてしまいました。

その後 男はなんとかもう一度皇后様のお顔を見たいと思いましたが

御簾が吹き上げられることもなく お顔は見られませんでした。

それで 皇后様がセリを食べておられたことを思い出して

毎日セリを摘んできて御殿の御簾の近くに置きました。

しかし何年たっても望みの叶う日は来ませんでした。

皇后様への思慕の情が募って男はとうとう病気になりました。

男は 苦しい息の下から 娘を呼んでいうには

『私の病は 皇后様への思いが募り 物思いが高じて死ぬのだ

不憫に思うのであれば 功徳のために 芹を摘んで 欲しい』

と言い残して亡くなりました。

娘は芹を摘んでは仏前に供え 僧たちにも食べさせていました。

その後 この男の娘は身分の低い女官として宮仕えをしました。

この話を同僚たちにしたのが皇后様のお耳に入り

皇后様は哀れに思われてこの女官を召し出し

『私も 芹を食べている時 御簾が舞い上がって 庭の者に見られた事を

覚えていますよ』と話され

その後も娘を常に側に召されて目をかけられるようになりました。


《芹を摘む》の話は

後世「枕草子」や 世阿弥の「綾太鼓」にも書かれ

いつの間にか 物事が叶わぬ 悲恋の話になっていったようです




b0325317_13201066.jpg
待賢門院璋子
(たいけんもんいんたまこ)






さて 話を戻しますと

西行 が どんな想いでこの歌を歌ったのか なのですが

この庭掃きが 恋した相手は 皇后という 好きになってはいけない

やんごとなき相手だったということ です そして

西行 が 生涯想いを寄せた相手も 17歳も年上の 白河法皇の寵妃であり

鳥羽天皇の中宮 で 崇徳・後白河両天皇の母であった

藤原璋子 こと 《待賢門院璋子》という

やんごとなき 相手だったからです

西行 が 出家した理由が 璋子との 一夜の契りを

『あこぎの浦ぞ』と戒められた 失恋であったとの説があります

芹を摘む人の心を 自分の心象として 告白した歌だったのでしょうか



暖かな 穏やかな 正月三が日も過ぎ

七日は 七草 太宰府では 鬼すべの神事 です

この暖かさに 飛梅が 大晦日に20年ぶりに 開花したといいます

今年の春は 早いのでしょうか


《 春ごとの 花に心をなぐさめて 六十路 あまりの年を経にける 》

西行








by nonkei7332 | 2017-01-04 13:57 | 日記 | Comments(2)


b0325317_14240288.jpg
白山連峰




NHKBSプレミアム

『 八百万の神がすむ山河~村治佳織・白洲正子祈りの道を往く』

(初回放送:2011年)の再放送を見ました


b0325317_13415693.png
白洲正子



白洲正子 (しらすまさこ)

1910-1998 昭和・平成時代の随筆家

明治43年1月7日生まれ。伯爵樺山愛輔の次女。

夫は 吉田茂の側近で活躍した 白洲次郎。

女人禁制の能舞台に演者としてはじめてたつ。

昭和18年「お能」を刊行し

「能面」「かくれ里」で 読売文学賞を二度受賞

古美術 古典文学 紀行 など 幅広い分野で活躍。

平成10年12月26日死去。88歳。東京出身。



この一年 多くの書籍を読みましたが

誰の本が一番多かったかといえば

〈白洲正子〉の本 だったかもしれません

絞って選んだというより いく先々で 白洲正子に 出くわした

というのが 正しい答えなんです

テーマでいえば 最初は〈能・謡曲〉で出逢いました

それから〈西行〉〈明恵上人〉〈河合隼雄〉〈神仏習合〉

と 続きました


肌触りがいい文章を書かれる方です




この番組は 白洲さんが 歩いた

神の宿る日本の山河 〈美濃〉・〈越前〉・〈吉野〉・〈河内〉を

ギターリスト《村治佳織》さんが 辿る旅でした


白山とは 一つの山の名前ではないのです

加賀・越前・美濃 にまたがる

最高峰の 御前峰(2,702m)・剣ヶ峰(2,677m) ・大汝峰 (2,684m) の

「白山三峰」を中心とした 連峰を 白山と呼びます

白洲さんは 『かくれ里』『十一面観音巡礼』で

白山信仰を開いた 泰澄上人 の跡をたどりました


『 泰澄大師 は 山岳信仰の創始者で

神仏習合の元祖であるといっていい

私は この思想が 日本のすべての文化にわたる 母体だと思っている

明日には 白山の日の出を拝み

夕べには 落日に染まる日本海を眺めたに違いない

十一面観音が現れたのは そういった 瞬間ではなかったか 』




緑 : 越知山
赤 : 平泉白山神社
黒 : 白山




泰澄 は 越智山で 修行を積み ここで 十一面観音を夢見

早く来るべしと お告げを受けたといいます

途中 〈平泉寺白山神社〉により 真東に鎮座する

白山山頂をめざしたのが 泰澄36歳の春でした

御前峰の池のほとりで

十一面観音に化身した 白山の神に出会うのでした


白洲さんは 本の中で こう書かれています


『 周知のとおり 〈本地垂迹〉とは

仏が 仮に神の姿に現じて 衆生を済度するという考え方だが

それは仏教の方からいうことで、日本人の本来の心情からいえば、

逆に神が仏にのりうつって影向したと解すべきであろう。

その方が自然であるし、実際にもそういう過程を経て発達した。

泰澄の場合でいえば、

白山信仰の長い伝統があったから、仏教が無理なく吸収され、

神仏は極めて自然に合体することを得たのである 』


そして


『 神仏混淆の思想では、天竺の仏が衆生を済度するために、

かりに神の形に現じて、垂迹したことになっているが、

事実はそれと反対で、仏教を広めるには、

神の助けを必要としたのではないだろうか。

その差は紙一重でも、意味は大いに違う。

言葉をかえていうなら、

日本の神を経糸に、仏教を横糸にして織りあげたのが、

いわゆる本地垂迹説であった。

ただ相手が黙して語らぬ木や石であったため、


証明することは不可能だが、

日本の自然が私に、そういうことを物語る 』



神仏習合について 私自身 今ひとつ解りにくかったことを

すっきりと 解決してくれたのでした




b0325317_14141453.png
百嶋神社系図 一部



白山神社は 日本各地に 2,700社余り鎮座しています

ほとんどの祭神は 菊理媛神(白山比咩大神)・

伊邪那美尊(イザナギ)・伊邪那美尊(イザナミ) の三柱です


主祭神の 菊理媛(白山姫) は くぐり姫 ともいわれます

《百嶋神社考古学》では この白山姫 は

造化三神のひとり 天御中主(アメノナカヌシ)とします

水天宮の神 でもあります

主(ぬし)の神の母であり 大幡主・豊玉彦(ヤタガラス)・大国主・事代主

と続く 白族の祖でもあります

そして 白山姫の 婿は 金海伽耶の 〈金越智〉です

記紀では 〈ウマシアシカビヒコチ〉と呼ばれている神で

越智族の頭領です

越智族の男と 白族の姫の 恋物語が ここにはあります

越智山 と 白山神社 そして 白山頂上を 地図で結ぶと

東西一直線に 繋がっているといいます




b0325317_14260326.jpg
村治佳織さん




村治佳織 (むらじかおり)

1978年4月14日日本のギターリスト 東京都出身

3歳から ギターを習い


1994年に 日本フィルハーモニー交響楽団と共演し


1995年イタリア国立放送交響楽団の日本ツアーにソリストとして同行

翌年には村松賞を受賞

第19回日本ゴールドディスク大賞

クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)を受賞

女性ギタリスト 日本ギタリストとして

世界で活躍する一流ギタープレイヤーと名高い





番組の中で 白山の麓での
ギター演奏 です










by nonkei7332 | 2016-12-20 14:49 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_11230802.jpg
古墳時代の高低差地図に現在地図を重ねたものです
赤色 : 住吉大社
青色 : 高津宮




「 大坂 は 凡そ 日本一の境地なり 」

織田信長 は そう いったそうです

境地とは 何処だといえば それは 上山台地 だと言われています

その言葉を 引き継いだ 秀吉が


その 北端に 大阪城を 築城しました


それ以降の商都としての 大阪の繁栄は 歴史の示すとうり


難波宮(なにわのみや) が台地の北部に造られたのが

652年 孝徳天皇 の頃 その後 天皇一人残されて

飛鳥に遷都されるなど 出たり入ったりの 存在感のうすい都です

発掘されたのも 戦後になってからです

最近はおもむろに 公園などを整備しているようです


《 難波津に 咲くやこの花冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花 》


百人一首の序歌とされるこの歌

仁徳天皇の即位を祝った 王仁の作だといわれています

出典は 万葉集ではなく 古今和歌集の仮名序です

謎が多いこの歌

最大の謎は 難波津 は はたして 何処だったのかです


その謎を求めて この台地の 南端に 鎮座する


『住吉大社』

そして 仁徳天皇ゆかりの宮と言われる


『高津宮』を訪ねました



b0325317_11263204.jpg
住吉大社 正面 鳥居




博多に住む者にとって 住吉は馴染みの深い宮です

全国に 2129社 ある 住吉神社の中で

大阪の住吉大社 下関にある 住吉神社 そして 博多にある 住吉神社が

三大住吉といわれています



b0325317_11270071.jpg


住吉大社 は 摂津国一の宮 です

創建は 神功皇后に絡めた話になっていますが

何故か 説得力に欠ける話になっています

(神功皇后に絡む話に 違和感を持つようになったのは何故でしょうか)

文献として残るものからして 8世紀になってからの創建でしょう

綺麗な神社ですが なぜか 魂を揺さぶるような 霊験を感じませんでした



b0325317_11273623.jpg
第一本宮






路面電車に乗って 北へ


途中 谷町線に乗り換え 9丁目で降りて 坂を下ると


『高津宮』の 一の鳥居です


b0325317_11282240.jpg


北に向かって参道を下ると 注連柱(しめばしら)が建っています


文字が刻まれていました


「仁風敷宇宙」「徳化洽乾坤」


仁徳天皇の 治世を表しているのでしょうか



b0325317_11285051.jpg


b0325317_11293423.jpg


b0325317_11295885.jpg




階段を登ると 本殿に出ます 思ってたよりも小さく


こじんまりとした お宮さんです



b0325317_11302911.jpg



お目当の一つ 狛犬 です


尻尾の数に 意味があるそうですが

どんな意味があるのかは 聞きそびれました



b0325317_11310632.jpg


創建は 866年 です 勅命だそうです


直感で 前が あるなと思いました

摂社 の前で 足が止まります 「これか」思わず声をあげました

比売古曽神社(ひめこそじんじゃ)


〈比売古曽神〉別名 〈阿加流比売神〉(あかるひめ)といいます



〈アカルヒメ〉と 〈スサノオ〉の話は こんな 話です

倭国の主の王 《大幡主》は 新羅の王子でもある

天日穂(アメノヒボコ)こと スサノオ に手を焼いていました

そこで 自分の娘 阿加流比売神(アカルヒメ)を 新羅に嫁がせたのですが

スサノオのヤンチャは収まりません アカル姫 も とうとう

「私はあなたの妻となるべき女ではない 祖国へ帰ります」と言って

小舟を操り 倭国に戻ってきました

大幡主は アカル姫を 豊後の姫島に隠し アカル姫 はそこで

スサノオとの間の娘 市杵島姫を産みます

スサノオは 形相を変え アカル姫を追って 大幡主のもとにやってきました

大幡主は 妹の 埴安姫と 金山彦との娘 櫛稲田姫(クシイナダヒメ)に

スサノオ の 悪行を 治めるようにと 一緒にさせます(出雲神話)

悪行の DNAは 間に生まれた 長髄彦(ナガスネヒコ)が 引き継ぎ

大きな 問題を起こすのでした (神武への謀叛)


大幡主 は 妹の埴安姫の 二番めの旦那 伽倻国大山祇(月読尊)

との間の長女の 神大市姫(かみおちひめ) に スサノオ を託します

神大市姫こと ミズハノメ の霊力により とうとう スサノオ の悪霊は

静めることができたのでした。


b0325317_11334924.jpg
高津宮 灯篭





河内 大阪 を回って 見たいものを 見てきましたが

感じたものは ここは 〈商都〉だということでした

少なくとも 歴史の都 では ないようです

私には アカルヒメ も 仁徳天皇 も 難波津 も 九州筑前倭国の話が

後世 畿内に飛び火しているように思えます

まるで 後出しじゃんけんに 勝った 場所のようだといえば

怒られますでしょうね

古代史の真実は 未だに ふたをされたままのようです




by nonkei7332 | 2016-12-12 12:16 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_13574780.jpg
信貴山から 大和盆地




信 貴 山 (しぎさん)


奈良県生駒郡平群町にある 山です

紅葉が 美しい境内を 多くの参拝者が訪れていました


b0325317_14044723.jpg



神仏習合 の 霊場です

去年訪ねた 比叡山 と 同じなのでしょうが

なぜか 空気の重さが違います

信貴山は 古くは 神の山 だったのでしょうか



b0325317_14052702.jpg



ここの地名は 平群(へぐり) です

平安時代の辞書 『和名類聚抄』によると

《大和国平群郡》には 六ヶ所の 郷名 が 記されています

那珂 ・飽波(あくなみ)・平群(へくり)・夜麻・坂門・額田(ぬかた)

福岡に住んでいる者は 『あれれ これ 福岡だ』 と思っちゃいますね

ちなみに 《筑前国早良郡》の 郷名 には

毘伊(ひい)・能解(のけ)・額田(ぬかだ)・早良(さわら)・

平群(へぐり)・田部(たべ)・曽我(蘇我)

七郷があったと記されています。

新撰姓氏録 (平安初期に書かれた 氏族の出自録) によると

平群氏とは

「河内国 皇別 早良臣 平群朝臣同祖 武内宿禰男平群都久宿禰之後也」

と 記されています

早良 と 平群 は 同祖 みたいですね

早良(福岡)から 平群 (奈良) へ 移動してきたと考えるのが 自然ですよね

そういえば 筑紫の賢人 真鍋大覚 は

『 背振(せふり)の語源は 平群(へぐり)にあった』とも 言っていました



b0325317_14061025.jpg




古事記には

武内宿禰の第四子「平群都久宿禰」(へぐりのつくのすくね)


についての 面白い 話があります

仁徳天皇が生まれた時 仁徳天皇の産屋には

「木菟(ヅク=ミミヅク)」が飛び込んできました

同じ日に生まれた ヅクノスクネの産屋には

「鷦鷯(サザキ=ミソサザイ)」が飛び込んできました

それで飛び込んだ鳥の名を交換して お互いの 本名としたという話です


仁徳天皇=大鷦鷯尊(おほさざきのみこと)

平群都久宿禰=木菟宿禰(つくのすくね)


謎が多いこの 鳥達の話 何が隠されているんでしょうね



b0325317_14070186.jpg




もう一つ 地名でいえば


前回 大阪古代地図に 「河内湖」がありました

この 河内湖 4世紀から 5世紀頃には「草香江」と呼ばれていたのです

「草香江」といえば 博多古図 には 同じ名前の入り海があります


b0325317_14204087.jpg
博多古図



この入り海に注ぎ込む 川を 樋井川 (ひいがわ)といいます

早良郡の郷に 毘伊(ひい) とあったのがこれでしょう

この川の上流に 柏原 という 地区が今も残っています

《 草香江 に 注ぎ込む川 の 上流に 柏原という里がある 》

これは 河内国 の話ではありません 筑前博多 の話なのです。


百舌鳥から 始まった


《 鳥 づくし の 旅 》は まだ 続きます




b0325317_14074353.jpg
信貴山 から 大和を望む









by nonkei7332 | 2016-12-06 15:45 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_10021207.jpg



古代の 大阪平野 河内平野の地形はこうなっていました


二つの川のデルタ地帯からできた 湿地帯でした 二つの川とは


琵琶湖を水源とする 〈淀川水系〉


奈良盆地の全域から幾つかの支流が集まり 香芝辺りで本流となり


生駒山地と金剛山脈の間を 潜り抜け


河内平野から河内湖へと注いでいた 〈大和川水系〉です


青いラインは現在の大和川 です 西に流れ 大阪湾に注いでいますが


古代は 北へ流れ 河内湖へと注いでいました



百舌鳥古墳群 と 古市古墳群 は 現在の大和川の南


河内台地と海沿いの台地付近に 造られているわけですが


築造に従事した 人々は 北へ流れる 大和川の川筋や


生駒山西麓 に集落をつくって いたと思われます




b0325317_09333849.jpg
手前 大和川 と 生駒山系南麓



八尾市に住む 次男が 柏原に用事があるというので


私も 連れていってもらいました


生駒の山麓を 左に見ながら 南に走ります


大和川が 山の間をぬって 河内に出たところが 柏原市です


奈良の 橿原市とよく間違えられるといいますが


私の関心は 柏原 の 地名の起源です


福岡背振山系の油山の山麓にある 柏原という地名がありますが


この二つの地名の共通性についてですが この件は次回にします





b0325317_09345541.jpg


さて 最初に行ったのが 「史跡高井田横穴公園」でした


公園内には 柏原市歴史資料館があります


山の斜面には 国内でも最大規模の 162基の横穴墓が点在します


6世紀中頃から 7世紀前半にかけて造られたものです


興味深いのが そのうちの 27基の横穴には


「人物」「鳥」「船」などの 「線刻壁画」が描かれています




b0325317_09355069.jpg


船 には二人の小さな人物が描かれていて


右側の人物は碇(いかり)を引き上げ


左側の人物はオールを漕いでいるみたいです


真ん中の人物は 正装みたいです 髪型は 耳の横で髪を束ねる


美豆良(みずら)( 日本の上古における貴族男性の髪型)でしょうか




b0325317_09372558.jpg

b0325317_09375482.jpg



山の頂上には「高井田山古墳」が あるというので



遊歩道を 息子と孫姫 と どんぐりを拾いながら 登りました




b0325317_09383623.jpg


直径22Mの円墳です


造られたのが 5世紀末 横穴群よりも 前にできています


石積みの玄室の中から 鏡 ガラスの装飾などの 副葬品が出土しています


被葬者は 古墳築造の人々の 族長 だったのかもしれませんね




b0325317_09395111.jpg


b0325317_09435725.jpg


大和川を遡り 信貴山に登る途中で 思わぬ神社に遭遇しました


青谷という集落でした


なんと 「金山彦神社」でした


生駒山の西麓や南麓 には 多くの たたら鉄製造の鍛治地があったようです


古墳築造に 欠かせないものが 鉄器でした


人々の食料を確保するための 農地開墾にも 稲作にも


鉄器による 鍬 や 鋤 は 欠かせない道具だったからです


古墳群を見下ろすように 鉱山の神 金山彦が 厳かに鎮座されていました


神紋は 五七桐 でした



b0325317_09403567.jpg
拝殿


b0325317_09410193.jpg
龍王社 と 稲荷社





金山彦神社より道なりに山上へいくと


雁多尾畑(かりんどばた)という集落があって


ここには 金山姫神社 があるということでしたが


見つけることができませんでした


もともとは 金山彦神社も 金山姫神社も 嶽山という頂上に


祀られていたものが 中世になって


今のところに移ったとされています


山道からは 大和盆地 が きれいに見えました




b0325317_09420927.jpg
奈良大和盆地






赤 : 高井田横穴群
黄色 : 金山彦神社
緑 : 金山姫神社




百舌鳥という人々を 追って 古墳群 鎮守の百舌鳥八幡宮


高井田横穴群 金山彦神社 と見てきましたが


縄文末期から 弥生時代の鉄器製造の主流は九州であったこと


鉄器や鍛治工房は 畿内には ほとんど無かった事を考えると


ある時期 九州王朝を支えてきた 金山彦を 祖神とする


鍛治工房集団が 大量に 河内に 移動してきたは間違いないようです


土師氏は 秦氏 は その後 桓武天皇の平安京遷都に


大きな役割を果たしますが 仏教が浸透するにつれ


古墳築造の時代は終わりを告げます


土師氏 秦氏 の名前は 消えて行きますが


土師氏 は 菅原氏 秋篠氏 大江氏 と名前を変えて


朝臣として 新たな時代を生きていくのでした





b0325317_09425937.jpg








by nonkei7332 | 2016-12-04 11:25 | 古代史 | Comments(0)



b0325317_19221018.jpg


JR阪和線の 百舌鳥駅で降りました

路をはさんで 左に大仙公園 園内に 堺市博物館があります

右手には 〈百舌鳥古墳群〉の中で 最大の大きさを誇る

前方後円墳 〈大仙陵古墳〉があります


実は 被葬者は定かではないのとされています

宮内庁は 《仁徳天皇百舌鳥耳原中陵〉として 治定しています




b0325317_19331088.jpg
拝所



5世紀前半から 築造されたといわれています

10年前までは 仁徳天皇陵として 教科書に載っていたのですが

今の教科書には 仁徳天皇の名前はありません

いつ頃 できたものなのかが 考古学的に証明できないからだそうです

調査すればいいものなのに 宮内庁が 蓋をしています

立ち入り禁止です。



b0325317_19235008.jpg




陵墓としての大きさは ピラミッドや始皇帝陵よりも大きく

世界一だそうです

全長485メートル 円形部の高さ36メートル、

方形部の高さ34メ-トル 三重の濠をめぐらし

その広さは 46万4千平方メートル

築造当時の復原形状の土量は140万5866立方メートル

10トントラック27万台分に当たるそうです

2000人の人が働いても 15年はかかっただろうと言われています



b0325317_19230698.jpg





百舌鳥(もず) と呼ばれた 陵墓築造集団は

土木技術 と 鉄製造技術 を併せ持った 渡来人達でした

この大集団を動かした 力の源は 何だったのでしょうか

何のために これほどの墳墓を作らなければいけなかったのか

謎は 消されていった 歴史の影なのでしょうか

ここに(畿内) から この国の王朝が始まったと見せかけるために

後世の権力が 描いた 強大な カモフラージュ だったとも思えます



百舌鳥と呼ばれ 土師氏 と呼ばれた 人々が

かつての 大王(おおきみ)を偲んだ


哀しみと 歓びの 叫び声が

この丘のあちらこちらに 染み付いています




b0325317_19244952.jpg
百舌鳥八幡宮





陵墓から東へ二キロ程歩いたでしょうか

樹齢800年の巨大クスノキに囲まれた 鎮守の杜を見つけました

《百舌鳥八幡宮》

一万坪の広い境内は 古来 この丘に住む 墓守の民の魂が眠っています

平安後期には 京都石清水八幡宮の別宮とされています

南北朝の頃の 新葉和歌集には この宮を歌った歌がありました


《 民安く 国治まれと祈るかな 人の世よりも わが君の為 》

探勝親王








創建は 古く 6世紀の中頃とされています

八幡宮は後の世の 合祀とみていいでしょう

三霊社という名前で 古の祭神が 隠れておられました

正面鳥居のてまえの池の中に


水天宮(天御中主)が祀られていました



b0325317_19260191.jpg


その横に 弁財天(市杵島姫)が祀られています


b0325317_19265161.jpg



鳥居の横には 稲荷社も ありました


b0325317_19272800.jpg


九州王朝を 支えた 主(ぬし)の神々 です

まぎれもなく この百舌鳥野の丘は

九州王朝 最後の天皇といわれる 仁徳天皇のそばで

主(ぬし)の神々と 主の民 (百舌鳥氏・土師氏) が

寄り添うように 生きておられた 場所だったようです






by nonkei7332 | 2016-11-30 20:18 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_17033727.jpg
百舌鳥





〈百舌鳥〉と書いて もず と読みます

『モズが枯木で鳴いている』という 唄がありましたね

あれは唱歌だったのでしょうか 反戦歌だったのでしょうか

百舌鳥は いろんな鳥の鳴き真似をするそうです

だから 百も 舌を持ってる鳥で モズ というそうです

モズ は〈はやにえ〉という習性をもっています

捕獲した昆虫などを 枝に刺して 保存します

子供の頃 近くの藪の中で 枝に刺さった 干からびたカエルを

何度も見たことがあります あれは モズの仕業だったのです

クチバシは 鷹のようです 見た目より獰猛な鳥なのでしょう

秋も深まると 縄張りを争う モズの甲高い声が聞こえて来ます

〈モズの高鳴き〉といいます








さて 古代において 百舌鳥と呼ばれた氏族がいたというのが

今回のテーマなのです

そっくり それが 地名として残っている所があります

大阪 の泉州国 堺市です 地下鉄御堂筋線の終点 〈なかもず〉でしたね

堺市には 百舌鳥○○町という町名が今も多くあります

ここは 有名な 仁徳天皇陵 をはじめ 多くの 天皇陵を抱える

百舌鳥古墳群・古市古墳群 があります いわゆる 陵墓の町なのです

ほとんどの陵墓は 畿内(山城、大和、摂津、河内、和泉)にあります

例外は 75代の崇徳天皇陵は香川県坂出市

そして 81代の安徳天皇陵の山口県下関市 だけです

全ての 陵墓は 宮内庁管轄ですので 聖域にされています

触れてはいけないものとして 蓋をされています

封建社会でもない 民主主義の 現在でも まるで

明かされると まずい事でも あるのでしょうか

まったくの 時代錯誤 です



b0325317_17045127.jpg
仁徳天皇陵



話を 古代に戻します

途轍もないも大きさの 陵墓を作った人々がいました

百舌鳥 と呼ばれた人々でした 鳥をトーテムとした氏族です

古墳造営や葬送儀礼に関わり 土木技術を持ち 鍛治の技術をも

兼ね備えた 渡来氏族だったのです

一般には 土師氏 (はじし) と呼ばれている謎の氏族です

書記の中では 土師氏の出自は 出雲です

神話に出てくる 天穂日命(アメノホヒ)の14世である 野見宿禰 が

垂仁天皇の頃に それまで行われていた 殉死の 風習に代わる

埴輪の制を案出した功績により 土師氏 と呼ばれたとされています




出雲は九州だった


大国主も事代主も 倭国王 大幡主の下で

九州王朝を支えたという 百嶋考古学 をベースに

百舌鳥 という 氏族を追って見ます



b0325317_17053469.jpg
土師老松神社



香春町の古い史跡図に 〈百舌鳥原金山跡〉という名前がありました

香春町 田川市 飯塚市 桂川町 という 遠賀川流域には

百舌鳥氏 こと 土師氏 の里があったようです

上流の桂川町に 《土師老松神社》という神社があります

古くは 桂川一帯は 土師郷 といい この宮は〈土師宮〉と呼ばれていました

その後 土師氏の子孫とされる 菅原道真を合祀して老松神社 と名を変え

土師庄十二ヶ村の 総鎮守として隆盛を極めた 古宮です

祭神は 大国主命・大物主神・事代主命・菅原道真 です

主(ぬし)の神の勢揃いです 土師氏とは 出雲繋がりでしょうか


神社の由緒をみてみると


《 人皇11代垂仁天皇の時 出雲の國の造 野見宿禰が 埴輪を造りて 

殉死の者の代わりにしたという功を賞して 土師臣の姓を賜い 

又諸国に於て鍛地(かじち)を賜うや 当庄をも其の一つに加え

宿禰に与えられた されば出雲より 土師連来たりて当庄を住み

出雲杵築の大社に鎮座の大国主命(大己貴命)を神代の時 

暫くこの地に 勧請して 土師宮と称し齊き祀る 

これ当社の始まりなりと。》




土師氏の祖である 〈野見宿禰〉を追いかけて見ます

垂仁天皇の頃 埴輪の神 相撲の神 として 称えられていますが

古事記には 天穂日命の子は 武夷鳥命(たけひなどり)だと書かれています

この 武夷鳥命(たけひなどり) こそが 野見宿禰 なのです


百嶋説では アメノホヒ は 豊玉彦(ヤタガラス) だとしますので


豊玉彦(ヤタガラス) → 野見宿禰(タケヒナドリ) → 土師氏(モズ)


よく見ると ひとつのトーテムで 繋がっているのがわかります

それは 鳥(とり) です


八咫烏(ヤタガラス) → 武夷鳥(タケヒナドリ) → 百舌鳥(モズ)


百舌鳥と呼ばれた人々は

主(ぬし)の血を引く 豊玉彦の手足となって

九州王朝を支える 技術者集団 だったのでした

やがて 九州王朝が滅び 畿内へと 権力が移っていきます

百舌鳥と呼ばれた人々の苦悩がここから始まったようです



b0325317_17061707.jpg



私 は 明日 泉州に行きます

ちょっと 寒くなってきました






by nonkei7332 | 2016-11-23 17:58 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_17124840.jpg

b0325317_16205570.jpg





九州国立博物館 の 新年のイベントです

特別展 『 宗像・沖ノ島と大和朝廷 』1月1日~3月5日


沖ノ島が「神宿る島」として


世界遺産のリストに上がっていますので


バックアップのイベントでもあるのでしょう



そもそも 世界遺産とは 三つの遺産に分類されています

〈文化遺産〉

顕著な普遍的価値を有する 記念物・建築物群・遺跡・文化的景観など

〈自然遺産〉

顕著な普遍的価値を有する 地形や地質・生態系・景観・

絶滅の恐れのある動植物の生息,生息地を含む地域

〈複合遺産〉

文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えている遺産



ちなみに 日本の世界遺産登録数は20 (文化遺産16、自然遺産4)です

(2016年7月現在)


〈沖ノ島〉の あれだけの国宝を抱えた 文化的遺産としての価値は

誰しもが認めるとこですので 素直に応援したいのですが

今回の特別展示については 開催が決まった時から

何か 引っかかる ものを感じていたのは 私だけでしょうか

引っかかる所は 案内文 にある ここです



『 沖ノ島祭祀を行ったのは古代豪族宗像氏ですが

その規模の大きさから ヤマト王権や律令国家といった

「古代国家」が深く関与した祭祀として


「国家的祭祀」と評価されています』



沖ノ島の祭祀を行なったのは 本当に 宗像氏なのか?

大和朝廷が 当初から 深く関わった国家的祭祀だったのか?


古代九州王朝倭国説 を 信じる私なので


7世紀半ばに立ち上げた畿内大和朝廷 が


4世紀後半だといわれている 沖ノ島祭祀に


関わること自体がナンセンスだと思っていた 矢先のことでした


私の溜飲をさげてくれる 一冊の本に出会いました



b0325317_16232703.jpg



『 太宰府・宝満・沖ノ島 』古代祭祀線と式内社配置の謎

伊藤 まさこ 著



北九州の古代史愛好家 であれば 一度は見た事がある

伊藤さんの 祭祀ラインです

名の知れた神社 や 古墳 は 名の知れた山 と 直線で繋がっていて

それは 弥生の首長達の 太陽祭祀のラインであり

そこから あぶり出されて来たものは 古来 歴史の闇に消されて来た

古代筑紫の倭国だったというのが 伊藤さんのミステリーです


第2章〈倭国の成立〉の最後に

「沖ノ島祭祀の空白が語るもの」という 圧巻の

沖ノ島祭祀論を書かれていました

結論から言うと 沖ノ島祭祀が行われていた 4世紀後半の

岩上祭祀で見つかった 銅鏡などの奉献品 は 宗像氏のではなく

津屋崎古墳群の中の 〈勝浦峯の畑古墳〉から発見された

銅鏡と 同型鏡だった事や 津屋崎古墳群の最南端にある

宮地嶽古墳から出た 多くの 国宝の武具と同じ 首長の物と重なることから

津屋崎・宮地嶽の豪族の盟主こそが 祭祀主だったといわれています

宮地嶽神社の祭神「勝村大神・勝頼大神」の 勝 という字が

勝浦 や 勝島 地名として多く残っていることも それを物語っているし

4世紀後半から 5世紀の倭国は 「倭の五王」の時代でもあったので

その中の王こそが 沖ノ島の祭祀主であり その目的は

「海上航海の安全」というより副葬品からみても 「戦勝祈願」

だったのではないか

倭国王(五王)が 中国の 宋 や 済 に対して

半島の軍事権である 安東大将軍 という進号を常に求めたのも

この時代であったという 背景からも 説明されています


また 沖ノ島の 〈岩上祭祀〉が 〈岩陰祭祀〉にかわるまでに

100年程の 空白があるということについて

伊藤さんは その祭祀の変化の陰に この国にとって

大きな 政変があったとのではと それは

『磐井の乱』(527年) だったといわれています

その後 五王の時代は終わり 倭国は 少しづつ弱体していきます

沖ノ島祭祀 が 宗像三女神 として 祀られていくのも

これ以降の話ではないかといわれていました



という事で 沖ノ島祭祀が 大和朝廷による 国家的祭祀など というのは

後世 造られた 歴史のひとつであるという事を 一人で 納得したのでした

とすれば 国立博物館 としての 今回の展示の裏に

畿内大和朝廷ありき の 国家的洗脳の影を見つけたといえば

ちょっと 言い過ぎになりますでしょうか



博物館では 今回の見どころの一つに こんな事を書かれています


《 神代 からの神話と歴史をまとめた『古事記』『日本書紀』の

記述と 日本各地の 発掘調査の成果を照らし合わせることで

日本古来の神まつりの実像に迫ります。九州国立博物館が

『古事記』『日本書紀』の新しい読み方をご提案いたします。》


新しい読み方 どんな読み方なのか 今から 楽しみです





b0325317_16264693.jpg
三郡山系 に 日が昇ります
手前は 名島神社



話は 変わりますが 先日 の 秋日和の日

伊藤まさこ さん と イベントで ゆっくり お話しする時間がありました

ご自分のルーツの事 祭祀線の事 穏やかな 語り口で

いろんなお話しを聞かせて頂きました

今 一番 興味を持って研究されているのが 《万葉集》とのこと

柿本人麻呂が いかに 持統天皇を愛していたのかとか

私の大好きな 大伴旅人 の話など 熱くお話を聞かせて頂きました

祭祀線で 私達に 歴史のゴーストを見せてくれた伊藤さんでしたが

今度は 万葉集 に 埋もれた ゴーストも見せてくれそうですね

サプライズ が お好きな方のようで

当分は 目が離せません



伊藤さんのブログ 『地図を楽しむ』は

お気に入りのブログにあります

クリックして 伊藤ワールドを お楽しみ下さい










by nonkei7332 | 2016-11-17 17:18 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_15473645.jpg

b0325317_20044490.jpg




博多座の10月公演 『おたふく物語』を観ました


博多座も久し振りです



前回の 博多座は 市村正親 (篠原涼子の旦那) の ミュージカル でした



b0325317_15484375.jpg


こういった 劇場で 演劇などを観ることを 芝居を見ると言いますが


芝居 の 語源は 神社の境内で行われていた 猿楽や神楽 を見るとき


見物客が皆 芝の上で 座って見ていたからだと いわれています


広い意味では 芝居は 神事だったのかもしれません




b0325317_15501881.jpg



「おたふく物語」は



山本周五郎原作 石井ふく子演出の 江戸の人情話です



主演は 上方喜劇王 藤山寛美の娘 『藤山直美』


いわゆる 喜劇 と言われる ジャンルに入るのでしょうか


原作は おそらく 読んだと思います というのも 30歳代の 一年程


『山本周五郎』『藤沢周平』『池波正太郎』といった


人情話の小説を 読みあさった 頃があったからです


今では 内容はほとんど 覚えていません



b0325317_15504659.jpg



さてさて 今日の話題は お芝居ではなく



『 おたふく 』です


あの のっぺらとした 女性のお面で知られている あの 『お多福』です



b0325317_15515188.jpg


おたふく といえば ほっぺたが腫れる〈おたふく風邪〉とか


お好み焼きのソースの名前とかで有名なんでしょうが


本当の 〈おたふく〉を知る 鍵は あの お面 です


そもそも 「面」とは 何なのか 辞典では


顔につける かぶりもの。


多くは人物・動物などの顔をかたどったもの。


神楽・舞楽・能・狂言で使われた。 とあります



その中でも 能面 は よく知られますが 世阿弥 は 「花伝書」の中で


申楽の起源にふれ 能の起源は 神様の話 だといっています


白州正子 は 対談の中で こんな話をしています


『 古い神社では 面 が御神体になっている所がたくさんありますが


私達の祖先が 仮面というものに対して



どのような考え方をしていたかということを暗示していると思います』


どうやら 面をつけている対象は すべてが 神 だったようですね


「翁」や 「鬼」も 神様 だったということは


「おたふく」も 一緒に出てくる「ひょっとこ」も 神様だったのでしょう



b0325317_15522661.jpg


「ひょっとこ」の語源は 「ひおとこ(火男)」で


竃(かまど)の火を 竹筒で吹いている表情です


中には 片目をつぶってる面もありますが


あれは ウインクではなく 片目が潰れた 神話に出てくる


天目一箇神(あめのまひとつのかみ)を 暗示しているようです


どうやら 「ひょっとこ」は〈火の神〉〈鍛治産鉄の神〉のようです


「おたふく」は 後世「おかめ」という名前ももらっています


「おたふく」は 日本神話の 天岩戸(あめのいわと)伝説 に出てくる


天鈿女(アメノウズメ) だといわれています


岩に隠れてしまった アマテラスを 妖艶な踊りをして 誘きだそうとした


あの 踊り子の神様 です 日本の 初代の 芸能人 なんです


旦那様は 猿田彦 という説があるので


「ひょっとこ」と「おたふく」は夫婦だったのですね




神社考古学 の 百嶋説 によれば


アメノウズメ は 香春神社の主祭神 『辛國息長大姫大目命』だとします


大目 を ウズメ と読んでいるのです


スサノオ と 神大市姫(ミズハノメ)の間に 生まれた娘です


伊勢神宮の下宮様 豊受大神こと 豊受姫 であるとされ


産鉄の神でもあるので 伏見稲荷神社の祭神



宇迦之御魂神 とも 同じ神様だとされています


一方 猿田彦 は 山幸彦 =ニギハヤヒ=彦火火出見 であるという説です



こうして アメノウズメ こと 「おたふく」は


山幸彦 や 海幸彦 を 脇に抱え


アマテラス=卑弥呼 の跡を継ぎ


13歳の宗女 壱与(イヨ)へと 歴史を繋いだ


とてつもない 女神 だったのです



b0325317_20203681.png
百嶋系図 一部



(百嶋説は 通説とは異なりますが 注目度急上昇中の神社考古学説です)







by nonkei7332 | 2016-11-13 16:42 | 古代史 | Comments(0)



b0325317_09111286.jpg
千田川土手の 鶏頭




山鹿の里が 加茂の浦 という 湖 だったとすると

その出口 あたりに ある集落が 志々岐 です

その丘の上に鎮座する

『 志々岐阿蘇神社 』に 行きました




b0325317_10161000.jpg



丘の上からは 菊池川をはさんで 大宮神社の杜が見えます

おそらく 同じ 位の 標高でしょうか

ここもまた 大宮神社 と同じように 猿田彦の石碑 が ずらりでした

江戸時代 庚申信仰が 拡まるにつれて 全国では かなりの数の

庚申塚 や 猿田彦の石碑 が 建てられたのでしょう

山鹿では どんな目的があって 一箇所に集めたのでしょうか

阿蘇神社となっていますが


境内には 〈諏訪神社〉 〈八坂神社〉 の社殿が

横並びで鎮座されています その間の奥には 鳥居があって

社殿はありませんが 野ざらしの 〈大国主大神〉の石碑が 建っています

「一宮」の扁額 が 横に置かれているので

おそらく かつてはここに 大きな社殿が あったのでしょう



b0325317_09143088.jpg


出雲の神々の勢揃いみたいな 神社でした




b0325317_09150327.jpg


菊池川 の 支流 千田川沿いにある 古社

『 千田聖母八幡宮 』を 訪ねました

聖母宮(しょうもぐう) なので 神功皇后 が祭神です

後に 八幡が合祀され 応神天皇 仲哀天皇 がそばに 祀られています


b0325317_09154968.jpg


楼門の 扁額は 「霊廟」になっています

「霊廟」といえば 「香椎廟」を思い起こしますが

ここは いったい 誰の「霊廟」なのでしょうか

摂社には 厳島之大神、住吉之大神、

末社には 武内神社、安倍神社、諏訪神社、吉田神社、若宮神社、

赤腹天満宮、亥ミ子嶋、虎御前、天満宮、八嶋八柱神社、日吉神社

解説は省きます


というより よくわかりません




b0325317_09165058.jpg

ただ 拝殿の神紋は 五七桐 でした


b0325317_09171787.jpg


面白いと言ったら 罰当たりますが


末社 のひとつ

赤腹(ひらくち) の神様 には 初めて出会いました

〈ヒラクチ〉とは 蝮(マムシ)のことです 毒を持っています

ちなみに 毒を持っていない 蛇 を 〈クチナワ〉といいます

蛇 は 不思議な霊力を持っています

旺盛な繁殖力、脱皮しては 蘇る 生命力 は 驚異です

やがて その力は 龍 となり 水を操る 水神は 龍神 海神 として

人々に 崇められてきたのでした

『やっぱり 山鹿 は 蛇 なんだ』 と 独り呟いてしまいました


b0325317_09184861.jpg

飛び地末社 「八嶋八柱神社」


千田川を渡ったところにあります

池の中に 八つの嶋があって 橋 で繋がっています

説明文には 雨乞いの神 と書かれています


b0325317_09191346.jpg

まさしく ここは 八岐大蛇 (龍神) を祀った 水神 でした

真ん中の嶋に 祠が ひとつ あります


祠の中には

この神社の 隠された 神 が


青い神像となって 祀られていると聞きましたが



b0325317_09194199.jpg


私の意識は 異次元の 夢の中をさまよっていました

川を渡って吹いてきた一陣の白い風が 緑の水面を揺らします

白い風は 白い道となって 祠まで伸びていきました

祠の扉が開きます


祠からは 乳白色の光が あたり 一面に拡がり

扉の中で 神像が 蒼く輝いていました

そして その足元には 一匹の 紅き眼をした白き蛇が

絡みついていたのでした

『 ギャー 』 誰かが 叫びました

その瞬間 白き道は 白き蛇の脱け殻に変わってしまいました

神像を護っていたのは 白い蛇だったのでしょうか それとも

白い蛇を護っていたのが 神像だったのでしょうか




ヨヘホ の 里 は 龍神の里でした






赤・・・志々岐阿蘇神社
青・・・千田聖母八幡宮









by nonkei7332 | 2016-11-06 11:20 | 古代史 | Comments(0)

by ヒサミツ