ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

タグ:古代史 ( 95 ) タグの人気記事



神話には たくさんの 神がいて

それにまつわる 多くの話がある

記紀のなかにも 神社の伝承にも…

まだまだ ビギナーの私ですが

神話を追いかける 日々は楽しいものです (^O^)


その中で 最近 私の前に しきりに 行ったり来たりする

神様がいます その方の名前が


少彦名命(すくなひこなのみこと)


なんと あの 『一寸法師』のモデルになった 小さな 神様なんです


b0325317_13245090.jpg


少彦名命 が 活躍する場所は 「出雲」

相方はなんとあの 「大国主命」(おおくにぬしのみこと)


父親は 「 高産巣日神 」(たかみむすびのみこと)

アマテラスとともに 天孫族の長であり

いわば 日本神話のレジェンド

あの 高良大社の主であった 高木神 のことである

その御曹子だから 天孫族のエリートなのである

(古事記では 神産巣日神の子供になっている)


どんな お話かというと

大国主命が出雲の御大(ミホ)の岬にいるとき、

波頭を伝わって天の羅摩船(ガガイモの殻でできた船)に乗り

鵝(ヒムシ=蛾)の皮を着て現れた。

不思議に思った 大国主命 が家来の神に尋ねたが


誰もその正体を知らなかった。

そのときそばにいた蟇蛙(ガマガエル)が

「クエビコ(山田のかかしのこと)なら知っているでしょう」

というのでクエビコに聞くと、

「 高産巣日神 の 御子で 少彦名神 です」と答えた。

そこで大国主命が 高産巣日神 に伝えると、神は

「これは私の掌の股からこぼれた子である。

これからは兄弟の契りを結び、国を造り固めるがよい」


と二神に申し渡した。

こうして少彦名神は、大国主命とコンビを組んで全国を巡り歩き、

国造りを行い、その任務を果たしたのちに再び


常世の国 に帰っていったという話


かんたんにいうと

天孫族の 小さな 少彦名命 が 常世 の国から 出雲にきて

出雲族の 大きな 大国主命 と一緒に 国づくりをする

少彦名 は 農業技術 や 医薬(薬や酒や温泉)を伝えたとあります

異界から訪れ 人々に幸いをもたらして


そして 帰っていく 神 といわれる

来訪神 のひとりでした


常世の国って どこなんだという疑問 ?

少彦名命 は 海からやって来た 海神なので

わかりやすく 海の底の 龍宮城 でいいのでしょうか?

海神といえば わたつみの神 志賀島の安曇族ですね

日本書紀では わたつみの神 を 少童命 と書かれています

この 少童命 と書いてわたつみと読ませていますが

この 少童命 と 少彦名命 どう見ても 同じにみえますね

ということは 少彦名命 は 安曇族 だったのでしょうか?

いまひとり 天孫族で 来訪神の先輩といえば

素戔嗚尊(スサノオ)もそうですね 祇園神社の神様です


少彦名命 を 祖神として 祀っている一族といえば 秦氏 です

全国にある 秦氏 に関わる 多くの神社の祭神には

大国主命=大己貴命(おほなむち)と少彦名命 のセットが多いですね

福津市の 楯崎(たてざき)神社 をはじめ


津屋崎 や 遠賀から 飯塚にかけて

まるで ここが 出雲であるかのように


数多く セットで祭祀されています

秦氏発祥のこの地域は「鉄の民」の伝承も多いところですね


話を 少彦名命に戻しますが

少彦名命が 高産巣日神 の手の間から産まれたので


手間天神 といいますがこの 手間天神が


天満天神となり 天満宮と呼ばれるようになったという話があります

天満宮の元祭神は 少彦名命 であったという話なんですが

その後 少彦名命 と 菅公 の すり替えが


行われていったという話も面白いですね



まとめると

① 少彦名命は 安曇族だった

② 北九州の 玄界灘沿岸から 遠賀川沿岸にかけてが 出雲だった

③ 天満宮はもとは 少彦名命がまつられていて


いつのまにか 菅公にすり替わっていった


今日のところは 妄想は ここまでとします

切りが無いですからね




何も知らなかった時から比べると いろんな事が解りました

古代史は 永遠です!








by nonkei7332 | 2014-08-25 13:36 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_11273511.jpg


昔から博多の人々に「おくしださん」と呼ばれて親しまれている
「櫛田神社」は 謎多き 神社である

創建は 天平宝字元年だから 奈良時代の757年

祭神は 正殿(中殿)が 『大幡主大神』(おおはたぬしのみこと)
別名『大若子命』
天御中主尊十八世の孫・彦久良伊命の御子であり
倭姫(やまとひめの)命が天照大神を伊勢神宮に鎮座したとき,
南伊勢(三重県)の豪族として協力したため
神国造(かみのくにのみやつこ)と神宮の大神主に任じられた
垂仁天皇から 越の国(北陸)の賊徒阿彦を討伐することを命ぜられ
大いに旗(幡)を挙げて戦いに勝ったので大幡主と呼ばれている
『櫛田明神』とよばれることもある

左殿は 『天照皇大神』(アマテラス)
大幡主大神がその側を離れずに奉仕したことから
同じ時期に勧請されたとある

右殿は 『素戔嗚主命』(スサノオ)
藤原純友の乱 平定に際し
京都祇園の八坂神社に祈願したことから その分霊を祀ったのが
天慶四年(941年)だから 創建後 184年後のことである

さて 問題は 左右に 「アマテラス」と「スサノオ」を従えている
「大幡主大神」とは 一体 どんな神様なのかということだ

(アマテラス)( ・・・・) (スサノオ)

まん中の( )の中に神様の 名前を入れなさい との問いに
答えは 果たして ?

(イザナギ)?
〈解説〉アマテラス と スサノオを 作った神様だから

(ツキヨミ)?
〈解説〉 イザナギの作った神様が この三人組だから


話は 変わるが 博多には 社家町という町があった
今の冷泉町の 櫛田表参道の道沿いにあったようだ
社家とは神社に仕える 神職のことで
ここには 代々 櫛田神社に奉仕してきた人々が住んでいた
〈祝部家 〉〈天野家 〉〈八尋家 〉〈梅崎家 〉 この四社家だ
大幡主命に奉仕しているのが 〈祝部家 〉
天照大神に奉仕してきたのが 〈天野家〉
素戔嗚主大神に奉仕してきたのが 〈八尋家〉
巫女で奉仕してきたのが 〈梅崎家〉

この中で 祝部家の祖先は 福津市の『縫殿神社』に祀られている
応神天皇の時代に呉の国から招かれた 四人の織姫と
深い関係があると伝えられている


縫殿神社の説明によれば

応神天皇の頃に、呉の国(今の中国)から
兄媛(えひめ)、弟媛(おとひめ)、呉織(くれはとり)、穴織(あなはとり)
の四名の姫が織物、縫物の進んだ技術を日本に伝える為に招かれました。
この中の兄媛は宗像神の求めでこの地に残り、
中国の高度な染色、機織り、裁縫の技術を広めたと言われています。
この神社は日本最初の裁縫の神様であり、
この地はデザイン、ファッションの発祥の地と言えます


祝部家は 代々 男性は 櫛田明神の神主として奉仕してきて
女性は 裁縫技術に関する仕事に携わってきたという
祝部家出身の 祝部安子は 明治7年頃より
近くの女性を対象に裁縫塾をひらいていたが
明治42年には私立櫛田女学校が認可を受けこの地に校舎を置いた
その後 櫛田裁縫学校となり 多くの博多の女性達がここで裁縫を学んだ
今は その跡地に 〈博多町家ふるさと館〉ができている

「祝部家」は 秦氏の末裔にちがいないだるう
ちなみに伊勢神宮に代々神官として務めて来た
「度会氏」も秦氏の末裔なようだ

これは あくまでも 妄想だが
櫛田神社の主祭神は 「大幡主命 」
以前があって 秦氏繋がりで
それは 「月読命」であったのではないだろうか
と 私は思いたいが・・・??

「おくしださん」の謎は 深まるばかりだ





by nonkei7332 | 2014-07-02 11:55 | ルーツ | Comments(0)

b0325317_18314489.jpg
花菖蒲(はなしょうぶ)の花




『 いずれ菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)』
菖蒲や 杜若の花がよく似ていて 区別がつかないことから
このようにいわれているが
たしかに 花菖蒲(はなしょうぶ)と菖蒲(あやめ)は違う花だし
杜若(かきつばた)も違う花だし その見分けはとてもつけにくい

今日は 五月五日の端午の節句
今は「こどもの日」になっているが
もともと 端午の節句は 奈良時代に中国から伝わった風習で
季節の変わり目である端午の日に薬草摘みをしたり
蘭を入れた湯を浴びたり 菖蒲を浸した酒を飲んだり
厄よけに菖蒲や蓬で作った人形を軒下に下げたりして
邪気を祓ったりしたという
この時使った菖蒲は
実は 綺麗な花をつける これらの花とはまた違う種類の植物なのだ
一般には菖蒲草(しょうぶぐさ)といわれている
万葉集にでてくる「アヤメグサ」もこれと同じものだ
整理すると 四種類の あやめ になる
・はなしょうぶ(花弁の元が黄色の目型模様)
・かきつばた (花弁の元が白の目型模様)
・あやめ(花弁の元が網目模様)
・しょうぶくさ(節句用、花は黄色で筒状)
かなりややこしい話だ

奈良時代に中国から渡来した女性たちが朝廷に仕えていて
漢女(あやめ)と呼ばれていた
彼女たちが端午の節供に用いた草を
「あやめ」と呼ぶようになったと言う説もある
漢女をあやめと呼んだもうひとつの理由は
花弁の元の濃い黄色の美しい目型模様からきていて
これは 彼女たちの目尻を強調したアイシャドウのような化粧が
「あやめ」の花のように見えたからだという

漢女達は 機織や養蚕 染織などの貴重な技術を
この国にもたらしてくれた恩人達なのだ

遠く故郷を離れて
荒海を越えて来た 漢女(あやめ)達の魂は
今もなお 女神となって 祀られていて
この国の子供達を護ってくれている
菖蒲(あやめ)の花を見る度に
私達は 報恩と感謝の祈りを忘れてはならない。

b0325317_19133449.jpg
菖蒲(あやめ)の花






by nonkei7332 | 2014-05-05 18:48 | | Comments(0)

筑紫舞再興三十周年記念
国宝大神社展
「 宮地嶽 黄金伝説 」

アクロス福岡にて 開催されたイベントに参加させて頂いた。

講演は 九州国立博物館の展示課長の 赤司善彦氏の
『 よみがえった宮地嶽古墳黄金の太刀 』
そして
古代史研究家の 古田武彦氏による
『筑紫舞と九州王朝』
そして 最後に 宮地嶽神社の皆様による
筑紫舞 『笹の露』「神無月の舞』が 披露された


まぼろしの秘舞 『 筑紫舞 』

シルクロードの文化は韓半島を経て北部九州にも伝えられました。
彫刻や工芸、そして音楽も伝えられ、幾多の舞も伝えられたと思われます。
現存する楽器や音調等、韓国にて伝承される音楽と我が国の雅楽等は
非常に 酷似しています
海を渡って伝えられた 楽 や 舞 は、時代と共に日本独自に発展していきます。
海人族、安曇一族の安曇磯良は芸能の名手とされ、細能を舞ったといわれてますが、
細能は田楽舞に変遷、後の猿楽となり、能楽へと発展していきます。
そして 筑紫地方に根ずいた舞、それを 筑紫舞 と申します。
続日本記 巻十(天平三年731年)の冒頭に筑紫舞が出てきますが、
筑紫地方で舞われていたので、九州王朝の宮廷舞とも言われています。
今日では消えかけている幻の筑紫舞、宮地嶽神社で復興、伝承しています。
昭和十一年にこの舞が当社奥の宮巨石古墳で舞われていたとの史実があり
その様な所から昭和五十七年、唯一無二の伝承者 西山村光寿斎が 当時の
宮司、故浄見 学に伝授、西山村光寿(現鵬扇流宗家) 筑紫(現鵬扇流家元代行)
両氏の指導により約三十曲が今日まで伝承されています。
筑紫舞の所作には跳躍や回転等、独自な振りがあり、
ルソン足やナバエ、ナンバと称される舞振り等各所に出てまいります。
王朝に伝わる “秘舞” や神に仕える者が舞う “神舞(かんめえ)”
正に幻の秘と言われる珍しい舞です
当宮地嶽神社では毎年十月二十二日 御遷座記念大祭にて 奉納されますが
舞の復興伝承以来 三十年が経過しました。
この 三十年を記念し 筑紫舞の会を開催させていただくものです。

宮地嶽神社


b0325317_23012226.jpg


b0325317_23020336.jpg


荘厳な趣をそなえた 九州王朝に伝わる 秘舞の前で
私は 時間と空間を超えて 安曇磯良の世界を堪能する事ができた
二千年もの間 歴史の裏世界の中を ひたすら伝承されてこられた多くの
伝承者達《筑紫傀儡子(ちくしくぐつし)》の悲壮なまでの想いは一つであった
「おやかたさま の為に」

宮地嶽古墳に 眠っていた 3mにもおよぶ 国宝 「金銅装頭椎大刀」
(こんごうそうかぶつちたち)いったい 誰が こんなにも大きな太刀を
何のために作ったのか そして それが納められた この古墳に眠る
真実の被葬者とは・・・
古代九州王朝の真実が やがて 明かされる日も近いみたいだ。

b0325317_23031732.jpg





by nonkei7332 | 2014-03-05 05:43 | 古代史 | Comments(0)
b0325317_17574212.jpg


3月3日は 桃の節句だ
息子しかいない私には
祭日でもないし 代々 家に残る
雛壇があるわけでもないし
この日は祝うという感覚がない

雛人形の歴史は
平安時代にさかのぼるのだが
そもそも 人形(にんぎょう)と
言うようになったのは
鎌倉時代に入ってからの事だといわれていて   

それまでは 〈ヒトガタ〉と呼ばれていた
古くは古墳時代の 
副葬品としての埴輪があるが
人々の生活のなかで現れる ヒトガタは
三月の節句のひな祭りの原型である
〈流し雛〉が最初だといわれている 
紙で作った人の形をした 型代(かたしろ)を作り
それで 身体を撫で 
身の穢れや災いを移し負わせて 
川や海に流したという 
人間の身代わりに 厄災を引き受けてくれる 
対象物として使われたのが ヒトガタ で
やがて 節句の神事となり
ひな祭りの 雛人形に変わっていく
江戸時代には飾り物としての古の形式と、
一生の災厄をこの人形に身代りさせるという
祭礼的意味合いが強くなり
武家子女などの身分の高い女性の
嫁入り道具のひとつに数えられるようにもなり
より豪華な贅沢なものへかわっていったという

さてさて
私には 可愛い女の子の孫が 二人もいる
何もしてやれぬ 爺様だが
いつも タブレットの写真を見ながら
顔をくずしては
甘酒ならぬ 焼酎を飲んでいる
困ったものだ
毎日が
〈ひなまつり〉なのだ

b0325317_17590194.jpg










by nonkei7332 | 2014-03-04 08:04 | 日記 | Comments(0)