ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

タグ:万葉集 ( 34 ) タグの人気記事



b0325317_10162057.jpg
御島神社鳥居 と 立花山




御島 とは 神がいた 神の島でした



〈香椎潟〉と呼ばれる 海岸線があって



万葉集に 三首 詠われています




いざ子ども 香椎の潟に 白袴の袖さへ濡れて 朝菜摘みてむ


6956 大伴旅人(おおとものたびと)




時津風 吹くべくなりぬ 香椎潟 干の浦に玉藻刈りてな


6957 小野 老(おののおゆ)




行き帰り 常に我が見し香椎潟 明日ゆ後には 見むよしもなし


6958 宇努 男人(うぬのおひと)





太宰府の官人達は



香椎宮に詣る ことが 日常であったみたいです



その帰りに 香椎の浜まで来て



遊んだ思い出を詠んだ歌なのでしょう





その 香椎潟 御島 がありました



今は 島の姿はなく そこに鎮座していたであろう



神社の 鳥居 海の中に ぽつんと立っています



その 神社とは 〈御島神社〉です 香椎宮の末社 です



祭神は 綿津見神 です




この神社の由緒が 『八幡本記』には こう書かれています




香椎宮の西、浜男と云ふ所の浜、是即ち橿日浦なり。



ここより八、九町ばかり沖に大岩あり。是を御島と云ふ。



則ち、皇后のいたり給ひて、御髪をすすがせ給ひし処なり。



岩島にて其の上に御島神社の社あり。」




b0325317_10212439.jpg
御島グリーンベイウオーク 全景




香椎潟は 埋め立てや 都市開発で 綺麗になりました



今や 私の お気に入りの ウォーキングコース なのです



最近 名前がつきました 御島グリーンベイウォーク



新緑の 立花連山 眺めながら 2900M のコース






b0325317_10221443.jpg


b0325317_10224403.jpg



〈香椎浜北公園〉をスタートして 〈片男佐橋〉を渡り



〈香椎海岸遊歩道〉を歩きます






b0325317_10232851.jpg


海上の人道橋と日本最大級を誇る 〈あいたか橋〉を渡ると



〈アイランドシティ外周緑地〉最後に



〈御島かたらい橋〉を渡ってゴールです




b0325317_10240335.jpg





海岸の欄干に シロツメクサ 作った



髪飾りが掛けてありました




b0325317_10245297.jpg




神功皇后は ここで 髪を洗い 髪を結い上げて



男の髪型にしたという



伝説が残っています 三韓征伐の出発地なのです



女から 男に変わった場所なのです



頭に飾ってあった かずらを外して ここに 掛けたのでしょうか





b0325317_10252806.jpg


今日は 子供の日



戦さなどない



いつまでも 平和な国であって欲しいですね







by nonkei7332 | 2017-05-06 11:20 | 日記 | Comments(0)

b0325317_11134545.jpeg
やまぼうし




山法師(やまぼうし) という 花です


中央の花穂が 丸坊主の頭みたいなので

比叡山延暦寺の法師になぞえ


山法師と名ずけられたといいます

別名で 山桑(やまぐわ)・柘(つみ) といいます

万葉集では 柘の枝(つみのえ)という 名前で 三首詠まれています



《 この夕 柘のさ枝の流れ来ば 梁(やな) 打たずて取らずかもあらむ 》

万葉集3ー386


【 註釈 】

夕暮れになって もし 仙女に化身するという柘の小枝が流れてきたならば

簗は打たないで 柘の枝を取らずしまいになりはしないだろうか

(簗とは 魚をとるための 仕掛け)



註釈だけでは 何のことなのかは さっぱり解りませんが

《 柘枝仙女伝説 》という話をバックにした歌だそうです


昔々 吉野の里の美稲(うましね)という若者がいました

吉野川に簗(やな)を打って アユをとっていました

ある日の事 上流から 柘の枝 が流れてきて簗にかかったので

家に持ち帰っておいたら 柘の枝 が美しい女性になりました

美稲はびっくりしましたが その女性を妻に迎えて

毎日幸せに暮らしました




美稲(うましね)という 皇子と柘媛 の物語なんでしょうか

いったい誰の事なんでしょうね

開化天皇 と 神功皇后 かも しれませんね

それにしても 川で遊んでいて 柘の枝が流れてきたら

男は ドキドキしますよね 美女に変わるかもしれないですから



まったく 罪(つみ) つくりな 話でした



b0325317_11144000.jpeg






by nonkei7332 | 2016-06-18 11:05 | | Comments(0)


b0325317_17430880.jpeg


この 国 では 初夏になると 雨が多く降ります

六月 のことを (水の月)(水無月) (みなずき)といいます

木々 は 若葉に染まり 春の花 が実をつけるころ

人々は 田 に水を張り 稲を植えますので

この月のことを 田無月(たのつき) とも いいます



水の〈女神〉は 水の端の女 (みずはのめ) です

人々は 川の淵に 祠をつくり

躰 と 心 を 浄め 一日の始まりを祈りました

この国の人たちは 今でも 朝起きると まず顔を洗います

水で 穢れを 祓う 禊(みそぎ)の儀式が

今も 魂の記憶として 残っているからでしょうか



〈雨〉という語源は〈天〉だといわれています

〈天水〉(あまみず) は 神の振る舞い でした


雨が 幾月も降らなければ

ひとびとは 水の女神(龍神)に 雨乞いをしました

雨が 幾月も降り続くと

ひとびとは 太陽の神(アマテラス) に 祈りました

また 古代より この国の人たちは 多く恵みをもたらしてくれた

祖先達 を 神として 祀ってきました


祖人 は 遠い 海原を 渡ってきた 海人達です

男達を 〈海士〉といい 女達を 〈海女〉と言って

〈アマ〉とよんだのでした



今日 は 衣更え

いよいよ 暑い夏が やってきます

季節が またひとつ 終わりました




b0325317_17435201.jpeg


《 ひさかたの 雨も降らぬか 蓮葉に 溜まれる水の玉に 似たる見む 》

万葉集 16ー3837


〈 私訳 〉

雨が降ってこないでしょうか 蓮の葉に溜まる水を見たいのに





《 鳴る神の 少し響みてさし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ 》

万葉集 11ー2513 柿本人麻呂


〈 私訳 〉

雷が少し鳴って 曇ってきたわ 雨も降らないかな

そうすれば あなたも もう少しここに いてくれるのに



柿本人麻呂 の この歌 をテーマにしたのが


お気に入りの アニメ『 言の葉の庭 』です

去年 4月『 孤悲(こひ) は 片恋 』という 記事にしました

( 2015 / 4 / 15 http://hisamitsu.exblog.jp/24363195/ )





アニメの エンディングで 秦 基博 が 歌った

『 Rain 』という歌です








by nonkei7332 | 2016-06-01 18:39 | 日記 | Comments(0)

b0325317_22190811.jpeg
甘い香りの 車輪梅 (しゃりんばい)




人々が ゴールデンウイーク で 若葉の季節を楽しむ頃

去年から 私の日々は 野草と向き合う 草摘みの日々となりました

一日一時間 という草摘みは

私にとっては 大切な 時間になったのです

私に 『草摘みの呪術』という

こんな 私にもできる 願事成就の方法を教えてくれたのは

文字学者の 白川 静 先生 です

白川さんは 哲学者の梅原猛さんとの対談

『 呪の思想 ー 神と人との間 』


の中でこう話されています




わが国でも 草を摘む時に

そこらを囲ってね 標(しめ)を結うてしますでしょ。


《 明日よりは春菜採まむと標めし野に昨日も今日も雪はふりつつ 》
万葉集巻8-1447


などというのはね、

春の野で草を摘むのに、わざわざこの場所というて区切るわけですね。

草摘むのに区切る必要は何もないんだけどもね、

「昨日も今日も雪は降りつつ」、少々雪が降っても、

野草ぐらい摘めるはずなのにね、なぜ草を摘まんのかおかしいですね。

それは その草摘みがね、この特定の場所の、この草を一時間の内に

この籠にいっぱいきちんと摘みますよという、

神さまに誓いを立ててね

野草摘みをやるんです。それは「誓約」(うけい)です。

だから それに成功すれば、自分の願い事がかなう訳です。

そういう神さまとの約束事をした上で草摘みをする。

だから 草摘みというのは、単にそこらで野遊びをするのではなく

願い事があって、これをやりますから やり遂げたら

願い事聞いて下さいというような、

そういう意味で草摘みをやるんです。



b0325317_22260012.jpeg


私の願い事とは 子供達の交通安全 と 無事故です

近所の草摘みと 子供達の登校路の 草摘みは

環境美化だけが 目的ではなく

私と神との 〈誓約〉 願事成就の仕草なのです



今日は 「こどもの日」

明日は雨が降るというから

一袋 多めに 草を摘みました

遠くに住む 我が息子と 孫のために

そして もうひとつ

熊本の地震が 一日も早く

治りますようにと祈りを込めて



b0325317_22151779.jpeg

b0325317_22154523.jpeg


著者の 《 白川 静 》(1910~2006)さん は
中国最古の文字資料である殷・周の甲骨文や金文に対して
体系的な研究を行い 中国および日本の古代文化について
「白川文字学」と呼ばれる 独創的な研究を築き上げられた
立命館大学の名誉教授でした





by nonkei7332 | 2016-05-05 22:45 | 日記 | Comments(0)



花曇りの中 桜が満開になりました


b0325317_08553487.jpeg



b0325317_08561173.jpeg



b0325317_08563731.jpeg



b0325317_08570836.jpeg



b0325317_08574275.jpeg



b0325317_08585053.jpeg




b0325317_19395256.jpeg




b0325317_19402301.jpeg





《 やどにある 桜の花は 今もかも 松風早み 地に散るらむ 》

万葉集 8ー1458 厚見王(あつみのおおきみ)


【 通解 】

あなたの庭に咲いている 桜の花は

松風が強いので 散ってしまうのではないかと心配です








by nonkei7332 | 2016-04-01 20:34 | | Comments(0)


b0325317_09573987.jpeg



〈 寒の戻り 〉なのでしょうか

福岡は 19日に 開花宣言したのに

一週間 たったのに まだ ほとんど こんな状態が続いています


万葉集に詠まれた 桜 は 44首しかありません

それに比べて 梅 は 120首近くあります

おそらく 万葉の頃 それ以前の 鑑賞用の春の花と言えば

梅だったようです


それでは 桜 は いったい どんな 花 だったのでしょうか


この頃の 桜と言えば 山桜 だったと言われています

柊(ヒイラギ) や 椿(ツバキ) と同じように 山に咲く 花でした

山の神が 里人に もたらした 神花 だったのかもしれません

春の〈祭り〉においては その年の 稲の豊作かどうかを占いました

〈鎮花祭〉や 京都今宮神社の 〈やすらい祭〉も 旧い起源をたどれば

稲の花を 桜の花に見立てた 農村行事だったようです

一日でも桜の花が 散らずに 咲き続ける事を 良し としたのでした


《 此花の 一節のうちに 百種の言ぞ隠れる おほろかにすな 》

万葉集 8ー1456 藤原広嗣

【 意味 】

桜の花の咲く この枝には 沢山の言葉が込められているから

けっして 粗末にしてはいけません

【 解説 】

《 桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿 》といいます

古くから 剪定の常識として 聞いてきた言葉ですが

この言葉の奥義は 桜花をおろそかにするなという

この句の想いが 見えてきます



先日 『 伊都国の女神達 』で

大山祇の二人の娘 〈木花咲耶姫 〉と〈磐長姫〉の 話を 記事にしました

磐長姫 の事を 《木花知流姫》(このはなちるひめ) ともいいます

農民達の 「桜花よいつまでも散らないで」の祈りの対象は

咲耶姫 よりも むしろ 知流姫 だったのかもしれません


《 桜花 今ぞ盛りと人は言へど 我れは寂しも君としあらねば 》

万葉集 18ー4074 大伴池主


【 意味 】

桜が満開に咲いたよと みんな喜んでいます

でも 私は あなたと 一緒に見れない 桜を見ても

寂しさが つのるばかりなのですよ

b0325317_10060946.jpeg
2014年 4月7日
桜 は 満開でした



b0325317_09593265.jpeg
2015年 4月7日
桜 は 散った後でした





by nonkei7332 | 2016-03-26 10:30 | | Comments(0)

b0325317_23053451.jpeg
柿の葉




暦 は 立冬

そろそろ 冬支度 でしょうか

頂いた 柿を 剥きながら

夕方から降り出した 激しい雨音に

季節の移ろいを 感じながら 万葉集をひろげています

そもそも 万葉 とはどういう 意味なのか

『よろずの言の葉』とか言われていますが

いまひとつ しっくり こない

〈萬葉〉〈言葉〉〈葉書〉

〈葉〉の意味が解ればと 思いながら 調べてみると



タラヨウ(多羅葉) という 木がありました

日本では この木の葉の裏面に経文を書いたり

葉をあぶって占いに使用したりしていたといいます

そのために 多くは寺社に植樹されているそうです

葉の裏面に傷をつけるとその部分のみが黒く変色し

長期にわたって残るため 字を書いておくことができるらしく

別名を〈ジカキシバ〉又は〈エカキシバ〉ともいうそうです

葉っぱ が 紙 の代用だったのですね

葉書 の 語源なのでしょうか


もうひとつ 面白い話がありました

《今昔物語集》の 第10巻-8 にある こんな話です

今は昔 中国での話

帝からの 召しがなく 後宮で空しく日を送る女がいました

女は 柿の葉に詩を書き 宮中の川に流しました

葉は 宮中から流れ出て 川下にいた 呉の招孝(しょうこう)という

男が この葉を拾いました

紹孝は 別の葉に 返詩を書いて 川上まで持って行って 流しました

葉は 後宮に流れ着いて 女の手許に届いたのです

その後 不思議な巡り合わせが あって 二人は 夫婦になりました



「曲水の宴」の原形みたいな 話でした


b0325317_23063085.jpeg
寒椿 と 山茶花



暦 の 七十二候 で言えば

『 山茶始めて開く』とあります

山茶花(さざんか) もしくは 椿(つばき) が 咲き始める頃です


《 あしひきの 山椿咲く 八つ峰越え 鹿待つ君が妻かも 》

万葉集7ー1262

〈語訳〉

山椿が咲いている 山々を越えて あなたが鹿を捕らえに行っています

そんな あなたが 帰ってくるのを 私は 忍んで待っていますよ

( 浮気をする 夫への 怨恨歌 なのでしょうか )



去年の11月26日 の拙ブログ

『 侘助(わびすけ)椿 と 寒椿 』

山茶花 と 椿 の違いを 記事にしています




by nonkei7332 | 2015-11-08 23:07 | 万葉集 | Comments(0)


b0325317_23254897.jpg
こおろぎ






《 こほろぎの 待ち喜ぶる 秋の夜を 寝る験なし 枕と我は 》

万葉集10巻2264 作者不詳



( 私訳 )

コオロギが 待ちわびた 秋の夜なのに

枕としか寝れない私には

寂しい 秋の夜です




夜もふけて 窓を開けると


冷ややかな 風が入り込んできます


季節 は まぎれもなく 秋 なのです


虫の鳴く音がします


何種類かの 虫の音 が交互に また 重なって聴こえてきます


悲しいかな 虫の音から 虫の名が わからない 私にとって


唯一の 助けは 子供の頃に聞いた 唱歌です



《 虫のこえ 》


あれ まつむし が ないている
チンチロチンチロ チンチロリン
あれ すずむし も なきだして
リンリンリンリン リインリン
あきのよながを なきとおす
ああおもしろい むしのこえ

キリキリキリキリ こおろぎや
ガチャガチャガチャガチャ くつわむし
あとから うまおい おいついて
チョンチョンチョンチョン スイッチョン
あきのよながを なきとおす
ああおもしろい むしのこえ




例えば 〈寒蝉〉 こと 〈法師蝉〉

筑紫では 「 ツクツクホウシ 」と鳴くといわれていますが

越後では 「 コチョコチョキーヨウス 」

近江では 「 チョクチョクオイシ 」

下総では 「 キタカタゴンズ 」 と鳴くそうです


筑紫の古い伝承がありました

法師蝉 の鳴き声は

遠国に 旅に出て亡くなった人の霊が 蝉 に 乗り移って

「 チクシ コイシ 」と 鳴いたからだといいます



  1. 人間の聴覚ほど いい加減なものはないようです









by nonkei7332 | 2015-09-01 23:27 | 日記 | Comments(0)


b0325317_23311004.jpg
福岡市東区 19時12分 撮影



真鍋大覚さん は 「儺の国の星拾遺」224P
〈梅雨星〉の中でこう書かれている

『 《 夏の夕焼け舟漕いで待て、秋の夕焼け鎌砥いで待て 》
筑前志摩 から 筑後三池まで、
百姓ならば誰でも知っている諺である
夏の夕映は大水、大震の前兆であり、
秋の夕映は天気の前兆であった 』



福岡市には 午後4時ごろ 雷が鳴り かなりの雨が降った
雨が止むと 青空がひろがり 夕空は 紅く染まったのだ
この大気の 落差は 普通ではない
台風9号 の余波だろうか 湿度が高く
大気はかなり不安定で いつ 大雨になるのか
定かではないと気象庁は言っている
大水の前兆でなければ いいのだが ・・・。


b0325317_23355747.jpg
福岡市東区 19時 03分 撮影


同じ頃 気になる 雲が 南の空に 広がっていた

「 豊 旗 雲 」?

《 わたつみの 豊旗雲に 入日さし 今夜の月夜 あきらけくこそ 》
万葉集1巻-15 中大兄皇子

古来 皇子の仕事といえば
天皇の代わりに 天地の暦を読む事であった
この歌は 夕焼けの美しい雲や 月夜を詠んだものではなく
天変の前兆である「 豊 旗 雲 」を見た 皇子の
民 の 生活を 憂いた歌 なのだ


〈 百姓の諺 〉などと
決して 軽んじる事はあってはならない
何百年も伝えられてきた その土地の伝承は
今の気象学的検証をはるかに 凌駕する
血と汗の染み込んだ データの積み重ねであるからだ


「 荒ぶる神 」といえば

想定外の怖さを 私達は 学んだはずなのに

哀しきかな

川内原発1号機 の 再稼働準備が

最終段階に入ったと報じられている








by nonkei7332 | 2015-07-08 23:47 | 日記 | Comments(0)


b0325317_11574818.jpg


夏の夜に ひときわ 輝く
牽牛星 ( わし座アルタイ) と 織姫星 (こと座ベガ)
そして その間に流れるように横たわる 天の川

今日は 新暦の七夕です
一年に一度の この日なのに 朝から 雨です
七夕の夜に降る雨を 催涙雨 (さいるいう) と いいます
夜には 止んでほしいものですね
旧暦で 7月7日は 今年は 8月20日になります
新暦か旧暦か というより
新暦も旧暦も 七夕 だと思へば いいのです
そうすれば 織姫 も 彦星も 一年に一度ではなく
二度会えるのですから
涙を流す確率も それだけ 少なくなるですからね

《 一年に 七日の夜のみ 逢う人の 恋も過ぎねば 夜は更けゆくも 》
万葉集10巻-2032 柿本人麻呂

〈私訳〉
一年に一度しか会えない 七日の夜なのに
恋もこれからなのに
時間だけが過ぎてしまいます
誰か時間を止めて!


《 この夕 降りゆく雨は 彦星の 早漕ぐ舟の 櫂のちりかも 》
万葉集10巻-2052 作者不明

〈私訳〉
夕方になっても 降りやまぬ雨は
彦星が 急いで 舟を漕ぐ
櫂の しずく なのでしょうか


万葉集には 七夕を詠った歌が 132首 あります
恋の歌を かくも 儚く 詠める 万葉の人々の感性に
ただ ただ 憧れるだけです

五色の短冊 が もしここにあったのなら
私は どんな 願いを かくのでしょうか?

すでに 私の感性は 錆びついているようです






by nonkei7332 | 2015-07-07 11:58 | 万葉集 | Comments(0)