ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて



b0325317_13281465.jpg



夏の花といえば 木槿(むくげ)ですね

『 槿花一朝(きんかいっちょう)の夢 』(人の世ははかないの意)

といわれるように 朝咲いて 夕方にはしぼんでしまう「一日花」です
とはいっても ほんとうは 二三日は咲いています

b0325317_13105762.jpg


《 萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 をみなへし また藤袴 朝顔の花 》
(万葉集第八巻 : 1538)

山上憶良(やまのうえのおくら)の詠んだ「秋の七草」の歌です
木槿の花は 秋の花 だったようです
万葉集に登場する「朝顔の花」は 私たちが良く知っている
あのヒルガオ科のアサガオとは違って
当時は 朝に咲くきれいな花を「朝顔(あさがほ)」と呼んでいました
木槿だけではなく 桔梗の花も 朝顔と呼ばれていたようです

b0325317_13122289.jpg


源氏物語の二十帖『 朝 顔 』の話。
朝顔の姫は 源氏が若い頃から熱をあげていた女君の一人ですね
姫君自身も源氏に好意を寄せていましたが
源氏の恋愛遍歴と彼と女君たちの顛末を知るにつけ
妻になろうとまでは思わず 源氏の求愛を拒み続けてプラトニックな関係を保ち
折に触れて便りを交わす風流な友情に終始したとあります 辛い片恋の物語です。
まれに「槿(あさがお)」と表記されることがあるので
この「朝顔」は木槿のことですね。

b0325317_13135719.jpg

韓国では 国の繁栄を意味する花として 国花になっています
そういわれれば 大統領の名前は 『 朴 槿 恵 』
〈槿〉の字が有りますね
 
b0325317_13150471.jpg


 『 それがしも 其(そ)の日暮らしぞ 花木槿 』

   私を慰めるように 一茶が 一句詠んでくれました。



b0325317_13161359.jpg







# by nonkei7332 | 2014-07-22 13:24 | | Comments(0)

b0325317_15400361.jpg

花には表情がありますね
私には この花はいつも 笑っているように 見えるのですが

その笑顔の裏には
『 ギリシャ神話 』 の こんなにも悲しい物語が隠されていました

海の精 クリュティエ は 太陽神アポロンに愛されていました
やがて アポロンは ペルシア王女 レウコトエ に夢中になってしまいます
それを知った クリュティエ。
嫉妬に狂い ペルシャ王に娘の恋を密告してしまうのです
驚き怒った王は娘を捕まえると生き埋めにして殺してしまいます
アポロンは密告した犯人が クリュティエ だと知って
彼女のもとを完全に去ってしまいます
哀れな クリュティエ。
届かぬ恋の思いに すっかり やつれてしまい
9日間も 空の下 夜も昼も地面に立ちつくしました
食べることも忘れ 雨露と自分の流す涙を飲み干すだけでした
やせ細った クリュティエ はただ空を仰ぎ そこを通るアポロンの顔を見つめて
そちらへ自分の顔を向けるだけ
やがて 彼女の足は地面に根付き 美しい顔は花に変わってしまったのです
その花は今でも 太陽を追いかけるように咲いています
その花が ひまわり です

b0325317_15501774.jpg


ひまわりの花言葉を知っていますか ?

『 私は あなただけを 見つめたい 』

ひまわり って 悲しい花でしたね。


b0325317_15414877.jpg
b0325317_15422426.jpg

何度見ても 泣いてしまう映画がある

『 ひ ま わ り 』

舞台は 第二次世界大戦終結後のイタリア
出征したきり行方不明の夫の消息を求めて ロシアの大地を探しまわる
ジョバンナ が やっとの思いで 出会えた夫 アントニオ のそばには
美しい妻と子供がいた
その場を逃げるように去る 帰りの列車の中で
号泣する ジョバンナ(涙)
やがて イタリアに戻って 新しい生活を始めた 彼女のもとに
アントニオが訪ねてくる 再出発を促すアントニオに揺れ動く ジョバンナ
その時 二人の現実を諭すように ジョバンナの子供の泣き声 が(涙)
そして アントニオがロシアに帰る ミラノ駅のラストシーン
そのホームは 数年前彼女が戦場へ行く若き夫を見送った 同じホームだった
静かに走り出す列車の窓からじっと ジョバンナ を見つめる アントニオ
戦争が引き裂いた悲し過ぎる愛の物語でした
ひまわり畑をバックに流れる ヘンリー・マンシーニの主題歌も 哀しすぎたですね。


もう二度と あんな 戦争はやめようと誓った映画だった
なのに 現実(いま)も
あの 愚かな戦争が ひまわり の咲く
あの ウクライナの地で 続いているという
今朝の悲しい ニュース だった








# by nonkei7332 | 2014-07-19 15:46 | | Comments(2)
b0325317_18151135.jpg


雨が降りそうだったから
傘を持っての散歩でした
そこまでして とお思いでしょうが
傷めた腰をかばって 歩かなくなると
いつまでも痛みは 遠のいてくれないから
ましてや 連日の雨
傘をステッキのように持ってでかけました
別れの予感にしても 恋の予感にしても
私の予感はどんな予感でも 当たるみたいで
雨の予感も的中しました
傘を広げようとしたその時
ピカッと 空が割れ ゴリゴリと〈鳴る神〉の音に紛れて
『 私を連れていって』
とちいさな声が 聞こえたのでした
周りを見渡してみたけど 人の気配はないし
ただ 足許の垣根の中に 一輪の 梔子(くちなし)の花
『お前か?』
『濡れたくないのか?』
もう一度 周りを見渡して
人の気配がないのを確認してから
そっと 手を伸ばして 手折ってあげました
いけない事とはわかっていました
それを 〈鳴る神〉の仕業にしてしまいました

くちなしの甘い香りは
私を 《 つみびと 》にしたのです


b0325317_18250818.jpg
b0325317_18251872.jpg



アメリカの独身女性 ジェーン は38歳
イタリアのベネチアに一人旅行に出かけました。
といえば
そう 原題が 『 Summer Time 』
邦題が 『 旅 情 』
キャサリンヘップバーン主演の1955年の有名な映画ですね
この映画の主人公が
ジェーン や相手の男性の レナード ではなくて
実は 『くちなしの花』だったのを
私は 知っていました
ストーリーはどこにでもある "ひと夏の恋のアバンチュール" です
純粋な ジェーン はその心を 純白の『くちなしの花』に託しますが
哀しいかな それを運河に落としてしまうのです
実ることがない恋と知ってしまった ジェーン は
アメリカに帰る決心をします
その時の ジェーン の有名な名セリフ
「いつも パーティから 帰りそびれた私に 帰る時を教えてくれたのは レナード 貴方よ」
レナード は そんな彼女の 純白な想い を知っていました
そして あのラストシーン
ジェーンの乗る列車を追いかける レナード の手には
あの 純白の 『くちなしの花』が・・・



『くちなしの花』の甘い香りは
たくさんの人たちを
《 つみびと 》にしてきたのですね。








# by nonkei7332 | 2014-07-16 18:34 | | Comments(4)


b0325317_11451366.jpg


〈 天の海に 雲の波立ち 月の舟 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ 〉
(万葉集七巻:1068)

歌聖(柿本人麻呂)の歌です
「天を詠む」と題詞にあるので 空 を詠んだ歌です

[ 海のように 広い空に雲が波立ち、月の舟が
星の林に 見え隠れしながら 漂っているのが見えます ]


私が見た 朝の海(磯良の海)は
青空が海に映り まるで 天の海 でした
波模様が 沙漠の風紋のように拡がり
月の舟は
波の(雲の)切れ間に見え隠れしながら
どこかに 行ってしまったのでしょうか
まるで「月の沙漠」の唄が
聞こえてきそうな 景色の中を
私の魂は 「 月 読 」に 繋がっていきました



b0325317_12152856.jpg


「 月の沙漠 」
 
 月の沙漠を はるばると 旅の駱駝 (らくだ)が 行きました
 金と銀との 鞍 (くら)置いて 二つならんで 行きました

 金の鞍には 銀の甕(かめ) 銀の鞍には 金の甕(かめ)
 二つの甕は それぞれに 紐(ひも)で結んで ありました

 先の鞍には 王子さま 後の鞍には お姫さま
 乗った二人は おそろいの 白い上着を 着てました

 広い沙漠を ひとすじに 二人はどこへ 行くのでしょう
 朧(おぼろ)にけぶる 月の夜を 対の駱駝は とぼとぼと

  砂丘を 越えて 行きました
  黙って 越えて 行きました




b0325317_11595423.jpg


遠い古(いにしえ)の海を
はるばると越えてやってきた
王子と姫の物語も
「 月 読 」は 見守っていたのでしょう

明日は
満月です。








# by nonkei7332 | 2014-07-11 12:00 | | Comments(2)
b0325317_12095557.jpg



絵馬(えま)とは 神社や寺院に祈願するとき

あるいは祈願した願いが叶ってその謝礼をするときに

寺社に奉納する 絵が描かれた木の板である

天満宮なんかのように

希望する進路をかいたりする 小さなものから

神社を造営した時とか 祈願したことが叶った時などに

特別に絵師にたのんで 書かせて 奉納する

大型のものまで 多種多様の絵馬がある

神社によっては 絵馬を飾りつけるための 

絵馬堂があったりするが

大型の絵馬については 社殿に飾られる事が多い



小堀家十二代 《 小 堀 甚 三 》作 による 絵馬 が

西区の 『 姪 浜 住 吉 神 社 』に奉納されていると知ったのが

去年の夏

見てみたいという 衝動は抑えきれないもので

「絵馬を見れますか」と社務に電話してみた

「いつでもどうぞ」という返事を頂いたので すぐに 出かけた

地下鉄姪浜駅をおりて 歩いて10分

姪浜の古い町並みの中に 姪浜住吉神社は鎮座していた

イザナギの禊の地に関係のある由緒深き 神社なのだと聞く

社務所で 挨拶をすると 宮司が 出てこられ

「社殿を開けますから 自由にみてください」といって頂いた

入り口の上に 四幅の「山笠図」が掛けてあった

その中の一番右端の一枚が 甚三の描いた 絵馬だった

多少 くすんではいるが 壮麗な 山笠の絵だった


「 明治25年奉納 」 「 山笠作人 博多下土居町 小堀甚三 」 


銘板に書いてあった

甚三は 明治34年 58歳で亡くなっているから

49歳 の時の製作となる

絵馬は誰にでも 書けるものとはちがうから

小堀甚三は 世間でも 評価される

絵師の一人だったのだろう


b0325317_11490952.jpg




「博多にわか」という

博多に伝わる話芸の伝統芸能がある

〈博多弁で喋り〉〈面をかぶり〉〈話に落ちをつける〉

これだけの原則さえ守れば 誰にでも出来る 話芸だ

面を 半 面(はんめん)といって

今から350年くらい前は

提灯を半分に切って目の部分だけをくり抜いた提灯半面だったが

それが黒塗りの面に変わり 明治になり白塗りになり

明治10年代20年代になって

今のような半面になったという

井上精三 著 『にわか今昔談義』には


「 明治二十二年頃 下土居町 不思木屋事 人形師小堀甚兵衛作ル 」

とある

小堀甚兵衛 は 半面の作者でもあったようだ




b0325317_11332201.jpg



小堀甚三 小堀甚兵衛 兄弟は

山笠人形という優れた技能を持ちながらも

時代の流れには 勝つことはできなかったが

それでも

細工人形 山笠絵馬 にわか半面 といった

博多の町人文化を

支え続けてきた人でもあったようだ







# by nonkei7332 | 2014-07-07 11:57 | ルーツ | Comments(0)