ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて




大国主命と少彦名命については 前回触れてみましたが

もう一人 どうしても 触れなくてはならない 神様がいました


事代主命 (ことしろぬしのみこと)

〈 別名 恵比寿様 〉



b0325317_18453416.jpg
大黒様




大国主命の子供であって

少彦名命が 常世の国に帰った後を託され

少彦名命の意志を継いだ「託宣の神」といわれた為に

少彦名命=事代主神 のイメージが強い神様です


後世 〈七福神信仰〉の中で「 エビス様 」といわれ

大国主命の「 ダイコク様 」と一緒に 多くの神社の祭神となっています


さて この エビス様 いろんな話がありますが

えびす宮総本社の西宮神社で「十日えびす」を前にした正月五日

人形遣い達の祖神、百太夫神を祭る境内末社

百太夫神社(ひゃくだゆう じんじゃ)で

百太夫神社祭という祭りがおこなわれる といいます


その由来については 西宮市の産所町に 史跡がありました


b0325317_18502689.jpg


〈 傀儡師故跡 〉 

                          
この附近は昔〈産所〉といわれた所で

1690年頃には


40軒程の傀儡師(人形操を業とする者)が住んでいた。 
     

傀儡師(くぐつし) は遠く平安末期に現れ


傀儡師、木偶まわし、人形まわしなどと呼ばれ


諸地方を巡廻興業していたが 室町時代にはいると


その一部がこの産所の地に住みつき


西宮神社の雑役奉仕のかたわら 神社のお札を持って諸国を巡り


お得意の人形を踊らせながらご神徳をひろめた。
    
    
1590年頃には


その人形芸が「えびすかき」又は「えびすまわし」といわれて


全国的に知られるようになり


たびたび京都の宮廷で天覧を受けるまでになった。


さらにその後発展して



淡路の人形屋や文楽人形浄瑠璃芝居へと成長していった。

 
 
しかし1850年頃から


彼らはおいおいこの地からなぜか姿を消してしまった


おそらくは世相の変遷や好みの変化によるものと思われる。

   
   傀儡師らは永らくこの産所の地に住み


祖神を信ずる 百大夫 を崇拝して神社にまつり


守護神としたが


その社は産所の地が1840年頃に衰微するに至った時



すぐ近くの西宮神社の境内に移されて現存している。 

       

   昭和63年3月31日

b0325317_10481821.jpg

                     

傀儡子(人形遣い達)の祖神 百太夫については

平安時代の文人 大江匡房の『 傀儡子記 』には


《 男は馬に乗り弓を持ち、狩猟で生計を立てる。

長剣を持って跳躍し、短剣をもてあそぶ類の者たちである

・・・石を魔術で金銭に変じ、

草木を鳥獣に変え、よく人目を惑わす》


面白いのは 〈石を魔術で金銭に変える〉ということだが

これは 鉄の鋳造技術を持った 鉄の民 であったということであり

そして 〈草木を鳥獣に変えよく人目を惑わす〉とは

からくり人形 を使って 人びとを驚かせたということだろう

また


《 夜は百神を祀りて 鼓を打ち 舞い 喧嘩し

もって福助を祈る》


百神とは 百太夫のことであり

その舞は 傀儡子舞( 細男舞)と呼ばれていることから

傀儡子が祀った神こそ

阿曇磯良 (あづみいそら) にまちがいないようです

傀儡子の魂の在処は、志賀島のようです


少彦名命(海神)の託宣した 事代主命(エビス)を

全国に拡めた 傀儡子(クグツ)

その 傀儡子 が祀る 守護神(祖神)は 安曇磯良(海神) だった

いにしえの魂が繋がったみたいですね (^_^)


次回は からくり人形 について








# by nonkei7332 | 2014-09-11 18:55 | 古代史 | Comments(0)

b0325317_14195460.jpg


今日(8日)は 中秋の名月 である
名月だから まんまるお月さん と 思いきや
実は 今日の月は まんまるではない
何故かというと
旧暦の1ヶ月は 月の満ち欠けの周期で 平均すると29.4日となる
しかし、暦は1日単位で数えるから そこに 誤差ができ
満月と暦の上での「中秋の名月」に1〜2日のずれが生じてしまう
まんまるお月さん(満月)は 明日(9日)なのだ

話は変わるが
昔から お月さんで 『ウサギが餅をついている』と聞かされてきた
ほかにも 世界中には いくつかの 月影の伝承 があるが

宮古列島の 多良間島 には 月には
『天秤棒をかついだ 男がいる』
という話がある



太古の昔 月と太陽は夫婦だった
妻である 月の光は 夫の 太陽の光よりはるかに強く明るいものであった。
夫は羨望のあまり 夜歩む人間には目をくらますような光は不必要だという口実で
少し 光を自分に譲るよう しばしば 月に願ってみたが
しかし 妻は夫の願いを聞き入れなかった
そこで夫は 妻が外出した時に 急に後ろから忍び寄り
月を地上に突き落としてしまったのだ
盛装をしていた月はぬかるみに落ちてしまい全身 汚れてしまった。
この時 一人の農夫が水の入った二つの桶を天秤棒にさげて通りかかった
農夫は泥の中で必死にもがいている月の姿をみて 泥の中から出してやり
桶の水で綺麗に洗ってあげた
それから 月は蒼穹に上って世界を照らそうとしたが
この時以来 明るく輝ける光を失ってしまつた。
月はお礼として 農夫を月に招き この農夫は今もなお 月に留まっていて
満月の夜には 二つの天秤棒をさげて運ぶ姿が はっきりと見えるという



もうひとつ 中国から日本に伝わった 『桂男の話』という古い 伝承がある


西河出身の男は 姓は呉、名は剛といった
呉剛は 月に住む前には 天界を飛翔していたが 仙術を学んだ罪で 月にある
月宮殿という 大宮殿で 500丈(約1500メートル)もの高さの 桂木を
切り続ける 罰を受けていた
(斧をふるって桂に伐りつけると 伐るそばからその伐り口がふさがってしまう)
呉剛 を 桂男 といい 満月の夜には 桂男が斧をふるっている姿がみえるという



中国神話の桂(中国の桂は木犀のこと)は月に生えている木とされ
桂男は月の世界に住んでいる伝説上の男になっていく 日本では 物語や
歌のなかで かつらお と詠まれ やがては 神話の「月読命」と 「桂男」は
同一視 されるようになる

今日は 中秋の名月 だから 月の住人となった
〈天秤棒をかついだ農夫〉と〈桂男〉について 話をしぼってみる

京都祇園祭山鉾のひとつに月鉾 』がある(下の写真)
《 月鉾の由来 = 月鉾は、文献によりますと、応仁の乱以前よりあり、
その昔は「 桂男鉾 」と呼ばれていました、鉾頭に“新月”をいただき、
天王座には“月読尊”を祀っていることから、
その後“月鉾”と呼ばれるようになりました 》


b0325317_14113133.jpg

じつは 京都には残っていなかった 「桂男鉾」が
徳島県の 「 宍喰祇園祭の大山鉾 」
いにしえの面影を残している事を知った(下の写真)


b0325317_14122457.jpg

ちまたで言われる 美男子の桂男というより
色黒の厳めしい 海人の風貌である
天秤棒を前後に担いでいる その姿は
海神 安曇磯良が 潮盈珠・潮乾珠 の二つの珠を担いでいる姿に見えるといえば
私の妄想になるのだろうか

〈桂男〉〈秦氏〉〈月読命〉〈安曇磯良〉
この流れに 〈少彦名命〉が繋がれば かぜん 面白くなるのだが ⁉︎

いい天気です
今夜はいい月が 見れそうですね
お月見のお団子 どうしよう 😦



b0325317_14364132.jpg





# by nonkei7332 | 2014-09-08 14:23 | | Comments(0)

b0325317_17195542.jpg



次の季節の予感もなく

長い梅雨のあとに 夏を通り越して

秋が来てしまいました

スサノオ の 荒ぶる魂 〈荒魂 : あらたま〉

は いつになったら 収まるのやら

〈そのくらいで よかろうもん〉と 祈るしかないようだ

箱崎の八幡さんの 〈幸魂 : さきたま〉でも

お櫛田さんの 〈奇魂 : くしたま〉 でも ダメなら

もう あの方に 頼むしかない

今年は 月見団子のほかに 「とおりもん」 もお供えしますから

なにとぞ 月読命(つきよみのみこと)の 〈和魂 : にぎたま〉のお力を

十五夜は 明後日 晴れてくれればいいのだが


私にできることといえば

薄(ススキ)のかわりに 秋の花をと思っていたら

ベランダに 待望の秋の花が 一輪 咲きました



b0325317_14592049.jpg


〈上 撫子(なでしこ)の花 〉

〈下 芙蓉(ふよう)の花 〉


b0325317_15010049.jpg




撫子の花 が 咲きました

芙蓉の花 は 枯れたのに

あなたが とても 無口になった 秋に


(さだまさし : 追伸 )より


旧暦の 八月十五日が 「十五夜」

旧暦の 九月十三日が 「十三夜」

「十三夜」は 後の月とよばれ 十五夜のつぎに美しいといわれている

(今年は 十月六日)

宮中では、古くから月見の宴が催される

八月の十五夜を芋名月(芋を供える)に対し

九月の十三夜は枝豆や栗を供えるので

豆名月 や 栗名月 とも呼ばれる

ひねくれ者の私は

「十五夜」より「十三夜」のほうに 愛着をかんじるのだが

何故だかは わからない



人恋しと 泣けば 十三夜

月は おぼろ 淡い 色具合

雲は 月を隠さぬ様に やさしく 流れ

丸い月には 流れる雲が

ちぎれた雲が よくにあう

風がさわぐ 今 や 冬隣り

逃げる様に 渡り鳥がゆく

列に ついてゆけない者に また来る春が

あるかどうかは 誰もしらない

ただひたすらの 風まかせ


(井上陽水 : 神無月にかこまれて)より



b0325317_15105248.jpg


〈 見わたせば 向ひの野辺の なでしこの 散らまく惜しも 雨な降りそね 〉

万葉集10巻1570


訳 : 見わたすと 向こうの野辺に なでしこが咲いています

散ってしまったら 悲しいですね

雨よ 降らないで ‼︎






# by nonkei7332 | 2014-09-06 15:55 | | Comments(0)


白い花 が好きだ
純白の ウェイディングドレス のように
清楚で 無垢で
触ると 壊れてしまいそうで


b0325317_11572816.jpg


ハナシュクシャ の花


b0325317_11590216.jpg




b0325317_20441821.jpg


白い花といえば 『ビアンカの花 』といって
7月に 記事にした花があった(上の花)
〈ビアンカ 〉というのは ポルトガル語で
〈白っぽい〉という意味の言葉で じつは
私が 作った 架空の花 の名前 なのだ
本当の花の名前が 後日 わかった
花の名前は 『 木立朝鮮朝顔 』(きだちちょうせんあさがお)
私的には ビアンカの花 のほうが ピッタリするし
心に残る エビソードもあったので
変えないままにしている

b0325317_12025379.jpg

b0325317_12031495.jpg


b0325317_12033422.jpg


上から

薔薇(ばら)
木槿(むくげ)
梔子(くちなし)

私には すべてが
『 ビアンカの花 』 なのだ





# by nonkei7332 | 2014-09-02 12:05 | | Comments(2)


b0325317_23470816.jpg


刻に埋もれた 鍛治師の メルヒェン を語る前に
涼風に揺れる 花の話をしよう
〈揺り籠〉の花
百合の花


b0325317_23451094.jpg



《 道の辺の 草深百合の花笑みに 笑みしがからに 妻と言ふべしや 》
(万葉集 詠み人知らず 7巻1257)

意味 : 詠み人が男か女かわからないので 解釈が分かれる歌だが
〈 男の場合 〉
「草深い中に咲く百合のように あなたは微笑みかけてくれた それだけであなたを私の恋人と思ってもいいのですか」
〈 女の場合 〉
「道端の草の茂みに咲く百合の花のように ちょつとほほえみかけたからといって 私を恋人ときめてかからないでください」



b0325317_23460279.jpg


〈 ギリシャ神話 〉
英雄ヘラクレスの誕生とユリの花の物語です
ゼウスは 王女 アルクメーネ の美貌に魅せられ 彼女の夫が旅で留守のある日
アルクメーネの夫に姿を変え 彼女の寝室に入ります
ゼウスは3日も太陽を昇らせず 何も知らないアルクメーネと過ごします
その時生まれたのが ヘラクレスです。
生まれた ヘラクレス に 嫉妬深いゼウスの妻 ヘラ の乳を飲ませなければ
不死身にすることができません そこで ゼウス は ヘラ を眠り薬で眠らせ
ヘラクレスに飲ませました
ところが 夢うつつの中で気付いた ヘラ は手で払い除けました
この時 乳首からほとばしり出た乳が天に昇り「天の川」になりました
(天の川のことを ミルキーウェイ というのは この話からだったのです)
そして 地に落ちた乳が 白いユリの花 になりました



b0325317_23433999.jpg



《 さ百合花 ゆりも逢はむと 下延ふる 心しなくは 今日も経めやも 》
(万葉集 大伴家持 18巻4115)

意味 : 百合といえば 。 ゆり(あとで)。後で逢えると期待できなければ 今日という日を過ごすことはできません
(「ゆり」とは、「あとで、後に」という意味です)







# by nonkei7332 | 2014-08-29 23:54 | | Comments(0)