ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて



b0325317_14281873.jpg


安 田 勝 竜 (やすだ しょうりゅう)


1980年生まれ 福岡県直方市出身

3歳の頃より 祖母に 民謡 と 三味線を習う

17歳で 津軽三味線 と出会い

その後 澤田流 家元 澤田勝秋氏 に 師事

神技ともいえる太棹三味線 の ばちさばき と

澄んだ声で 歌う 民謡とで 福岡 を 中心に 多くの ファンをもつ

現在は 作曲で 独自の曲作りにも挑戦

ピアノ や バイオリン などの 和洋混合の ユニットグループ

《 95 strings 》を 立ち上げ その 演奏は 必見で

新たな 音楽シーン の 創作者 として

近年 注目を浴びている 若手音楽家の一人です





b0325317_13535081.jpg




95 strings (キュウゴストリングス)


離島の小中学生に楽しい音楽に触れてもらいたいとの想いから

企画された離島公演で出会った 3人の演奏家

太棹三味線 の 安田勝竜

ヴァイオリン の 藤松純子

ピアノ の 夏川由紀乃

によって結成されました

その名の由来は、三味線の弦の数の 3 ヴァイオリンの弦の数の 4

ピアノの鍵盤の数の 88 これを合わせた数の『95』

『95』を『キュウゴ(救護)』と読むことで、

人の心の支えになりうる音楽を共に目指しているそうです

力強さと繊細さを兼ね備えた三味線の音色、

華やかさと憂いとをあわせもつヴァイオリン、

そして優しく時に大胆なピアノとで、

独自の世界を自由に歌いあげています

クラシックからポピュラーまでジャンルを問わず、

現在、ライブ ディナーショー コンサート の他に

九州各地の学校公演にも力を入れています


b0325317_14431213.jpg



行きつけの 居酒屋 で よく会う 若者がいました

カウンターの隣に座って 何度か話を聞くうちに

彼が 私の息子と同じ歳の 1980年生まれであること

お店では みんなから 師匠 と呼ばれていた理由が

三味線演奏を生業とする 音楽家 だという事を知りました

程なくして お店の常連客だけを 対象にした

ミニコンサートが お店のはからいで おこなわれました

三味線演奏は テレビなんかで 聞いた事はあるのですが

生演奏は 初めてですし それも 狭いお店です

彼と私の距離は 2メートル という近さでした

彼のジャンルは いわゆる 津軽三味線 といわれる 太棹三味線です

有名な 津軽三味線の定番曲 である

『津軽じょんから節』『津軽よされ節』を 続けて弾いてくれました

震えがくるほどの迫力で しばらくの間 興奮状態でした

それから その興奮を 癒すように 弾き語りで

博多民謡『黒田節』を歌ってくれました

透き通った それでいて 深みのある 綺麗な声でした

アンコール で 熊本 の 『田原坂』


みんなで 〈シャカホイ シャカホイ〉の合いの手を入れました



b0325317_14051244.jpg



昨年6月に完成した 東区千早の 〈なみきスクエア〉の

オープンセレモニー を始め 地域行事などにも 95strings として

積極的に参加 しています

3月11日 には 大野城市まどかぴあ での ティータイムコンサートです

後わずか チケット あるみたいです お好きな方は 急いで下さい


そんな中 私の住む町の公民館での 高齢者サロンにも

3月 勝竜君 は 来てくれます

小さな会場ですが おばあちゃん大好きな 勝竜君

3strings ですが どんな パフォーマンスを見せてくれるのか

今から 楽しみにしています


b0325317_13574976.jpg
北九州の イベントにて







安田勝竜 及び 95strings のイベント情報は
定期的に 記事にして 紹介していきます









# by nonkei7332 | 2017-02-06 14:45 | 日記 | Comments(0)

b0325317_10203190.jpg



唐津の 『久里双水古墳』に行きました

全長 108.5メートル 後円部径 62.2メートル 前方部幅 42.8メートル


の 前方後円墳 です

私が去年見てきた 百舌古墳群などは 5世紀から7世紀のものですが

この古墳は 3世紀に造られたもので

国内でも 最も古い古墳のひとつです



b0325317_10211462.jpg



b0325317_10463744.jpg




副葬品 は 後漢時代の「盤龍鏡(ばんりゅうきょう)」

「管玉(くがたま)」「刀子(とうす)」

被葬者は 末盧国 の王族 でしょうか



b0325317_10222258.jpg


墳丘に登りました

鏡山 の向こうに 浮嶽 が見えました

西には 松浦川が流れています 川が二つに別れている地点なので

双水 という地名みたいです

ズカズカと 登っていったので 墓に眠る王様が怒ったみたいです

突然の 驟雨

ビッショリ 濡れてしまいました



b0325317_10225820.jpg



《 おまえが墳丘にのぼれば 》

吉本 隆明




おまえが墳丘にのぼれば

そこは誄(るい)をひく長びいた音吐と幡旗(はた)の

しめやかな殯(あらき)の場にかわる

時間のないものが夢をみている

この首長の葬礼が長びくとして

たった三年くらいのあいだに

葬られた死者は 白鳥に

尾長は ふくろうに

風景は 廃市に

語り部は 乞食に

幡旗(はた)は 雲に

かたつむりは 死魚に

かわるといえる



  
それから疾風のように 夢は

とおい海を襲う

おまえが一瞬眠っているうち

この世界が革まるとしても

死にきれなかった下丁が

高句麗の軍歌などうたって

喜捨を乞う

その道に

千年も前のあせびの白い花が垂れている




けっきょくこれは風景

ほんの小さな安息日

無際限にふりそそぐ夏の炎から

おまえの渇きに送られた訴状だ

それから挨拶だ

かすれた咽喉がありったけ時間を呑みこむとしてわ

とうていおまえに耐えられない この

時間を失った夢を

殺りくの山陽(やまなみひなた)の道の岸べから

まっさおな空と

ひきつった雲に投げかけることは

愛の死を意味している


 

丹(に)の土の層 それらしい土器のかけら

あけび色の蔓から第五号墳丘の土面に昇ってくる

さらば 夏の日の

迅速な憩い  








# by nonkei7332 | 2017-02-04 11:07 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_16540359.jpg



先週 の 土曜日 1月28日 が 旧暦の 正月でした


太陽暦 を使い始めたのが 明治6年からですから

今の暦は まだ 150年しか たってないんですね

立春(2月4日) を 新年の始まりという 暦の読み方もあります

一年を24に分けた 二十四節季 の 一番目です

季節の始まり〈立春〉〈立夏〉〈立秋〉〈立冬〉があって

その前日を 暦では 節分といいます

本来節分は 年に 4回あるものなんですが

今は 立春の前日だけが 節分とされています




b0325317_17240514.jpg


さて 今年は 酉年 です

日本では

十干 (甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と

十二支 (子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥) を

組み合わせた 《干支》(かんし) という こよみの読み方があります

今年は 丁(ひのと) と 酉(とり) の組み合わせで


丁酉 (ひのと・とり) といいます

干支 は 60年サイクルですので 前回の丁酉の年は 60年前


過去の 丁酉(ひのととり) の 出来事を


私のルーツ を 絡めて 追いかけて見ました





《 1957年 昭和32年 》

私が 5才 の時です

日本で初めて コカコーラ が売られた年です


この頃 うどんが 一杯 20円でした




《 1897年 明治30年(120年前) 》

赤痢が大流行し 東京での死者が2000人を越えた

博多の町では 聖福寺境内で県下初の活動写真が公開された

博多電灯会社が開業し 福岡市内に電灯がともる



小堀家 12代 小堀甚三

この頃 姪浜住吉神社の絵馬 山笠図を描く



《 1837年 天保8年 (180年前) 》

江戸時代 12代将軍 徳川家慶 の頃

元大坂東町奉行所与力の大塩平八郎らが幕政に抗議して

〈大塩平八郎の乱〉を起こす


小堀家 10代 小堀甚次

博多津中からの願い出により

黒田藩から 山笠人形 永代を仰せつけらる


《 1597年 慶長2年 (420年前) 》

安土桃山時代 豊臣秀吉 慶長の役 (二度目の朝鮮出兵) を おこす

翌年秀吉が逝去 すると 戦乱は一気に 収束する

時代は 1600年の関ヶ原の戦い に向けて動きだす




《 1477年 文明8年 (540年前) 》

室町時代 応仁の乱が 終わる

11年に及ぶ大乱の幕を降ろしたが 京都は灰塵と化し 廃墟となった


小堀家 襲名2代 小堀善左衛門

博多の町 戦火により 焼け出され 唐津に居を移す

その後 大内家 (24代政弘) の 招きに応じ 再び博多に戻る



《 1417年 応永24年 (600年前) 》

室町幕府 5代将軍 足利義持 の時代


小堀家 初代小堀善左衛門正直(博多山笠人形始祖)

1437年 永享9年 京都より 博多に下向し

櫛田宮 境内に居を構え 山笠人形を作る

正直については 古文書によれば 若き人形師 と書かれているだけで

幾つであったという記述はない

もしも 博多に来たのが 20歳 の時であれば

1417年 の 生まれとなる

とすれば 今年は

《 小堀善左衛門正直 生誕600年 》

生誕祭 を やらなくては !?







# by nonkei7332 | 2017-01-30 17:39 | 日記 | Comments(0)


b0325317_06231127.jpg
福寿草




遊ぶものは神である。

神のみが、遊ぶことができた。

遊は絶対の自由と、ゆたかな想像の世界である。

それは神の世界に外ならない。

この神の世界にかかわるとき、人もともに遊ぶことができた。

神とともにというよりも、神によりてというべきかもしれない。

祝祭においてのみ許される荘厳の虚偽と、秩序をこえた狂気とは、

神に近づき、神とともにあることの証しであり、

またその限られた場における祭祀者の特権である


遊とは動くことである。

常には 動かざるものが 動くときに、

はじめて遊は意味的な行為となる。

動かざるものは神である。


白川静著『文字逍遙』より




久しぶりの 雨の朝になった

遊び心を 雪にまで 凍らせてくれるのなら

子供達の目覚めは もっと 神に近づいただろうに

微睡みの中で 香り強き 蕗の芽は 土に潜り

時雨の 浜では 男達の 千垢離 の白装束に

祈りは 熱く凍りついていく

〈動かざるものは 神 なのか〉

今朝の儀式に


一月の空は あまりにも 闇すぎるのだ

昨日までの あの 煌びやかな

〈かそのあかとき〉も 〈たそのくれとき〉も

白き神 の降臨を 寿ぐ 予感だと信じていたのは

私一人 だけだったのだろうか

睦月 の 空に

《動かざるものは 神なのか》










一月に写した空を (You Tube) に 集めてみました
Music
〈The Shadow of Your Smile〉
By : Kenny・G







# by nonkei7332 | 2017-01-20 10:18 | 日記 | Comments(0)


b0325317_19221912.jpg


この冬 一番の寒気だといいます

穏やかな 年明けだったんですけどね

毎朝 子供達の 交通誘導 のボランティアを始めて

四度目の冬を迎えています

夏の暑さと 冬の寒さ どちらが辛いかといえば やはり 冬です

風の強い 氷点下の路上に 一時間も立ち尽くすと 骨の髄まで 凍ります

そんな日は 戻ってから 沸かしておいた 風呂にユックリ 浸かります


辛い事もありますが

ここまで 続けてこれた訳は 150人の笑顔です

毎朝 およそ150名の人達に

「おはようございます」と 大きな声で 朝の挨拶をします

小学生 幼稚園児 が 120人 あとは 通勤でお会いする 地域の人たち30人

最初は 返事なしの一方通行も多かったのですが

今では 笑顔付きの 返事が返ってきます

子供達も 4年間も 毎朝みているので

その変化や 成長ぶりがよくわかります

気がついたことは 先生達とも情報は共有します

子供達の名前を ほぼ 全員知っている事は

私の 微かな 誇りでもあります



b0325317_19272454.jpg


嬉しいことに 去年の夏に立ち上げた

子供達の居場所作りの ボランティアも

半年経って 地域の皆さんの協力で 軌道に乗りました



今朝 校長先生から

『 26日は 4年生の 《1/2 成人式》なので 』


と 誘いをうけました

今の 4年生は 1年生の頃から知っている子供達なので

私 にとっても 思い入れも 強い子供達ばかりです

どんな 顔をして この日を迎えるのか 今から楽しみです

この子達 が いてくれたから


今の元気な私がいると言っても 過言ではありません

10歳 の この子達が 20歳の成人式を迎えるまでは

私も この場所に立っていたいと 密かに 思っています



《1/2の成人式》その日 10才になった 君たちに

私は 心の中で こう 伝えます


『 65歳 の ありがとう 』











# by nonkei7332 | 2017-01-11 20:17 | 日記 | Comments(2)