ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて



b0325317_06010538.jpg
十姉妹 (ジュウシマツ)




父親は 鳥が好きだったので



我が家には 十姉妹(ジュウシマツ) セキセイインコ



今では 飼育禁止になっている メジロ なども 飼っていました



私が 10歳の頃には コロ という名前の 雑種犬 がいましたが



2年ほどで 死んでしまいました



二歳年上の姉が 文鳥 を飼ったのもその頃でしたでしょうか



白い 手乗り文鳥 でした ある日のこと



可愛がっていた 文鳥が 死んでしまいました



それも うっかり 姉が 踏んずけてしまったのでした



姉 の 哀しむ様は 尋常ではなく



側で見ていられない 記憶だけが 深く残っています



それ以来でしょうか



私が ペット を飼うことはありませんでした





高齢化社会 今では ペットを飼う人が 増えています



近くの イオンモールの ペットショップの周りは いつも人だかり



調査によると



ペットを飼っていない人は 50%


ペットを飼いたい人は 35%


ペットを飼っている人は 15% だそうです



飼いたくても 飼えない人の理由は



〈集合住宅で飼育禁止だから〉


〈充分に世話ができない〉


〈死別が辛いから〉



上位を占めている 理由 だそうです




そんな中 私の住む 地域では



野良猫の増加と 餌やりの問題で トラブルが絶えません



餌やりの人たちは 餌をやらなことは 虐待につながると言って



こんなポスターを 貼られます




b0325317_06032495.jpg




かたや 猫の糞尿の始末に苦労してある 人達は



『 餌やりは もう やめてくれ 』と



こんなポスター を貼られます




b0325317_06041003.jpg




夏休みに入ってから



近所の五年生の女の子 Sちゃんが



遊びに来ました




あのね お願いがあるんやけど



どうしたの ?



家で飼っていた メダカ にね 子供が たくさん産まれたの


貰ってくれる人 いないですか



メダカの里親 探しか ?



何人か 友達に話したけど 誰も 貰ってくれないの




女の子の頼みには めっきり 弱い 私の事ですから



じゃあ 何匹 貰ってあげるね 』と承諾したのでした




b0325317_06050912.jpg

2ミリ位の 産まれたばかりの メダカ が 5匹



我が家に到着しました





ちょっと カッコつけて 綺麗な水槽を準備してあげました



b0325317_06060836.jpg


探すのが大変なほど 五匹のメダカ達



遊びまわっています



こうして 個人では やっと この歳になって 初めての



〈 ペットのいる生活 〉が始まりました



一日 二回 の 餌やり



メダカッチ 可愛い ですよ







# by nonkei7332 | 2017-08-21 08:55 | 日記 | Comments(0)


b0325317_12094901.jpg


この浮世絵の作者 》です



広重 江戸時代後期



あの 有名な 東海道五拾三次 』を描いた 浮世絵師 です



ゴッホ セザンヌ にも 影響を与えたと言われています



さて この浮世絵画 広重 描いたとされる



六十余州名所図会 』と言われる 連作のひとつです



全国の名所 描いたものですが



場所は 筑前 筥崎海中の道 〉と書かれています




いくつか があります



おそらく 広重 全国六十余州 を旅して 描いたものとは違って



いろんな人から聞いたり 書物を題材にして描いたものでしょう



航空写真 ドローン がなかった時代ですので



この絵は 志賀島の展望台(潮見公園) りから



海の中道を見て描いた 風景が 原画なのでしょうか



b0325317_12104281.jpg



とすると 手前の鳥居の神社は



〈志賀海神社〉か 西戸崎の〈大岳神社〉ということになります



題名は 筥崎 になっていますが



この絵の中には 筥崎 どこにも見当たりません



実際の 筥崎八幡宮 はこの絵でいうと



上部の 松原のもっと 右側になります



ひょっとすると 広重 手前にある 鳥居を



筥崎宮 勘違いしていたんじゃないかという



憶測をしてしまいます



憶測ついでに この絵は 筑前博多の名所を描いたものです



海の中道 誰もが認める 博多の名所ですが



この絵には もう一つの 名所が隠されています





b0325317_12111332.jpg



上部に 描かれた 小山と その沖に浮かぶ小島です



ここは 名島弁財天社 が 鎮座する



〈名島山〉と 〈妙見島〉ではないかと 推測します



時は 江戸時代 博多の町に 弁財天信仰が 拡がってました



六月の祭日には 町人は こぞって 博多の港から 船に乗って



名島の浜に上り 神社に押し寄せたと いいます



絵に描かれた 帆掛船 名島を目指しているように見えます



貝原益軒 「筑前国続風土記」の中で



『名島弁財天社』のことを



むかしは 大社なり、参詣の人多し 》と書いています



『妙見島』は 豊臣秀吉 朝鮮出兵の時に



淀君 を連れて 茶会を 催したとされる として 有名です




私の 憶測なのか 妄想なのか



タイムマシーン 江戸時代に戻って



広重 聞いてみたいものです




b0325317_12122335.gif



『原安三郎コレクション 広重ビビッド』



日本財閥の重鎮として活躍した原安三郎氏の



秘蔵の浮世絵コレクション 北九州美術館 初公開されます



歌川広重晩年の代表作を中心に



葛飾北斎や歌川国芳まで約250点を展示されるそうです



916日(土)~ 1029日(日)



さっそく 予定表に入れました



広重 に 会ってきます






# by nonkei7332 | 2017-08-20 13:12 | 日記 | Comments(0)


b0325317_10174578.jpg



朱き夏 毎年 辛い日々が続いています


去年は 肋骨を骨折して 入院


今年は 長期の 夏風邪 です


ブログ 夏休み ですみません




昨日は 地域の 〉でした


夕方の雨に 多少人出は少なかったのですが


多くの人たちが 先祖の霊を 送りに来られました



三世代 の親子が 送り火のあと


花火を楽しんでいました


何千年も続く この国の 平和な 夏の 記憶なのです






b0325317_10184483.jpg




おべべ



母さま


裏の木のかげに


蝉のおべべが


ありました



蝉も暑くて


脱いだのよ


脱いで 忘れて


行ったのよ



晩になったら


さむかろに


どこへ届けて


やりましょか




〈金子みすゞ詩集より〉




b0325317_10190926.jpg




# by nonkei7332 | 2017-08-16 11:13 | 日記 | Comments(0)


b0325317_09330838.jpg
入道雲




週が明けるという はや 》なのですね



朝の 蝉時雨 いつものように 騒がしいのです



雲ひとつない 夏空には 何か 予感が 漂っています



今年の 秋は 》を連れてきたようです



野分 (のわき) といえば 二百十日 (立春から数えて210日)ころの



台風 だと 相場は決まっているのですが



今年の この 猛暑 時候を狂わす事など



全く 意に介せず といわんばかりです



時速10キロという 非常に強い台風5 北部九州に来るのが



立秋の7日だと予報は告げています



8日が 大潮(満月) です



被害が 大きくならなければいいのですが





春は 天の気が上がる時 なり 秋は 天の気が 入る時なり 』と



古人は いったそうです



昔の人は 土に 鍬を入れ その乾湿の手触りで 種を蒔く頃を決め



それでも 不安な時は 空を眺め 流れ行く雲映 秋を読んだといいます



まさしく 運を 天に任したのでしょうか




稲の花が咲く頃 人々が 怖れたのが 野を分ける でした



旧暦の 8月朔日 二百十日 そして 二百二十日



この三日が 最も怖い日 だったのです



人々は 風神鎮魂 の祈りを 三日三晩 踊りに託します





美しい日本の祭りです



越中八尾「おわら風の盆」









# by nonkei7332 | 2017-08-04 10:28 | 日記 | Comments(0)


b0325317_11165491.jpg



ニ週間前 夜半を 過ぎた頃 電話が鳴りました



I さんと連絡とれないんですけど どうしましょうか』



I さんとは 同じ町内に住む 一人住まいの93歳のおばあちゃんのことです



I さんの おとなりの K さんからの電話でした



鍵が閉まっていて 電話にも出なくて この暑さなので心配です



すぐ行きます



とりあえず I さんの緊急連絡先をメモして 現場に駆けつけました



〈落ち着いて〉と自分に言い聞かせて 緊急連絡先である



長崎の娘さんに連絡しました



お友達のところに行ってあるのかもしれませんが 確認が取れません』



『もしものことを考えて 救急車を呼んでもいいでしょうか・・・』



しばし 沈黙の後



『 明日の朝一番で 行きますので』



『 ・・・・はい わかりました 』



明朝 娘さんの指示で 救急車を手配



居間で倒れてあった I さん を見つけて 病院へ



そして そのまま入院 大事には至らなくて ホッとするも



心のどこかで あれで良かったのかと こだわりが残っていました





昨日の 昼に 民生委員さんから I さんの病状を聞いて



近いうちに お見舞いに行きましょうと言ってから



1時間後 もう一度 民生委員さんから 電話でした



『 実は I さんが 今朝亡くなられました 今夜7時からお通夜です』




・・・・』




身内だけの 静かな 通夜 でした I さんに最後の お別れ をしました



和かな 微笑んでおられるような I さん のお顔に




『 ごめんね おばあちゃん あの時 私が・・・・』



おばあちゃん 最後にみた夢は どんな だったの』




私は 心の中で 呟いていました





b0325317_11185942.jpg





最 後 の 夢 さだまさし




めくるめく 恋に 夢中だったあの頃



生きることで 必死だったそんな頃



悲しくて 恥ずかしい日々も



いつかゆるやかに 黄昏れてゆく





人は 過去を哀しむべきなのだろうか



それとも 忘れ去るべきなのだろうか



しあわせや 不幸せなんて



自分で決めたら良いものなのに




やがて時が来て もしも



この人生の最期に



たった一つだけ望みの



夢を見させてくれるというなら





私は どんな夢が見たいと



願うのだろうか



もしもその夢で私の生きた



意味が解るとしたら





本当に大事なものは 目に見えないから



大切な人も 失ってから気づくもの



甘くて美しい季節が



気づいたら過ぎ去っているように





やがて時が来て もしも



この人生の最期に



たった一つだけ過ちを



償わせてくれるというなら





私はなにを償いたいと



願うのだろうか



もしもその事で誰かの心が



救われるとしたら





やがて時が来て もしも



この人生の最期に



たった一つだけ望みの



夢を見させてくれるというなら






あなたの夢が見たいと思う



きっとあなたに会いたいと思う





あなたの夢が見たいと思う



きっとあなたに会いたいと思う





b0325317_12112644.jpg





# by nonkei7332 | 2017-07-26 13:09 | さだまさし | Comments(0)