ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

<   2017年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧




b0325317_01152057.jpg
九州国立博物館 の 蓮




どんよりとし 鉛色した 空から



ポツリポツリ と雨が落ちてきます



傘を開くまでもなく コンビニで買った ビニール傘を引きずりながら



三笠川の土手沿いに 五条に向けて歩いていきました



三笠川 六つの名前を持つ川です



正確には 私が歩いている土手の 川 は



思川 (おもいがわ)ということになります



初めは 愛染川といい 出逢って 思川という



さだまさし 〈都府楼〉と云う 曲の冒頭の詩にある あの川です



運よくば 翡翠(かわせみ) に逢えるかもしれない



二年前に 翡翠をみたのもこの場所でした



緊張しながら 川面から目が離せません



そんな私の想いをあざ笑うかのように



目の前を 白鷺が 飛んで行きました



b0325317_01160325.jpg



川沿いに 天満宮を目指して歩きます



b0325317_01163762.jpg

田の畦には 彼岸花



b0325317_01170573.jpg



土手の茂みには 赤と白の 萩が 秋に揺られています



b0325317_01174011.jpg




山法師 紅く色ずいていました



b0325317_01180771.jpg


参道は 全てが チャイナ 私の方が 異国に来た 旅行者のようです



b0325317_01184613.jpg




それにしても 今年は 1300年を祝う 各地の行事が目白押しです



「白山開山1300年」



「養老改元1300年」



「大山開山1300年」



「六郷満山開山1300年」



1300年前と云えば 717年養老元年



元明天皇 娘の氷高皇女(ひたかのひめみこ)に



母から 娘への 譲位 がなされ



元正天皇 即位した年です



神仏習合の 流れが 各地で起こります



いったい 何が起こり 何が始まった なのでしょうか




九州国立博物館 久しぶりです



六郷満山開山1300年記念特別展示『六郷満山展』が お目当です



国東半島へは 春に訪れました



神の系譜 神社をたどった トレッキング でしたが



今回の 展示会のコピーは



神と仏と鬼の郷 1300年の祈り 』です



展示物は もっぱら 仏像が中心でしたが



驚いたことに 国東 の 奈多八幡宮 小さな 宝殿で



特別に 見せていただいた



八体の 神像 中央に 展示してあったのです



場所が違えば こうも 神々しく見えるものでしょうか



b0325317_01193065.jpg
国東 奈多八幡宮


b0325317_01202331.jpg
奈多八幡宮 宝殿 の坐像



b0325317_01204951.jpg




また お会いしましたね



坐像達に 私が 無言で 話しかけると



ここまで来たら 高良まで 連れて行ってくれないか



坐像達 の そんな声が 聞こえたようでした








by nonkei7332 | 2017-09-21 01:35 | 日記 | Comments(2)

b0325317_20424989.jpg
筥崎宮 の境外末社となっています

b0325317_20431687.jpg
沖浜恵比須神社 正面から




大きな神社には 頓宮 (とんぐう)とか 御旅所 (おたびしょ)



とか言われる場所があります



年に一度の御神幸の時に 神輿はここで休みます



なぜそういった場所に 決めるかと云えば



そこが


伝承上ゆかりの深い場所であるとか



祭神に近い神が鎮座される場所であるとかだからです



筥崎八幡宮 の頓宮は 浜宮 と呼ばれ 大鳥居 高燈籠のある 側にあります



黒田四代藩主 綱政 が寄進したものです



それまでの頓宮はと云えば



博多大浜の沖浜恵比須神社でした



毎年 盛大な神幸渡りだったようです 毎回 博多の課役として



新船三艘を造り それに三神を乗せ 衣冠の装いをした神官達が



音楽を響かせながら 海を渡っていったといいます




b0325317_20440998.jpg
社殿 正面


b0325317_21091860.jpg

本殿に掛けられた 吊り灯籠
社紋は 〈三つ蔓柏〉
恵比寿紋 です




貝原益軒 筑前国続風土記 の中で



沖浜恵比須神社 のことをこう書いていました




・夷社


博多の北の海辺濱口に在。沖浜の夷の社是なり。



この社も 昔は 今の社地より東南の方に在しならん



今は海辺もはるかに築出したれば



今の社のある所は昔の海中なるべし



昔は 箱崎八幡宮の御旅所にして八月十四日に此所まで



神輿渡りたまひしという。



櫛田祇園の神輿も六月七日此所に渡御ありて



十三日に本社かへり奉りしと云。





筥崎宮 櫛田宮 二つの大社の頓宮 であった



〈 浜沖恵比須神社 〉



今は 朽ちかけ 鉄格子に囲まれた 神社になっていますが



博多の夷 の本家本元は



この 沖浜宮 だったのです



b0325317_21065544.jpg
右上に 浜夷 と書かれているのが 沖浜宮です
江戸時代の 博多古図 です


そもそも 筥崎宮も 八幡宮の元宮 〈大分宮〉の頓宮であったのです



延喜二十年(921年)託宣がおり お汐井とりの場所として



ここに新宮を建てたといわれています



百嶋神社考古学では 正八幡 櫛田の 大幡主神 だとします



大幡主 事代主 深いところで 繋がっていたのでしょう




かたや 近年(昭和27年)出雲大社から 大国主 勧請し



神社庁の看板神社となった 〈十日恵比須神社〉



なんでも揃えれば 良いというものではないでしょうに



かたや 誰も訪れる人も無く 朽ち果てた 〈沖浜恵比須神社〉



時代の流れといえばそれまでですが



何か 間違っているように思えるのは 私だけでしょうか。



櫛田宮も 筥崎宮も どんな風に 考えているのでしょうか










by nonkei7332 | 2017-09-09 21:37 | 古代史 | Comments(0)

b0325317_09500053.jpg
十日恵比須神社





夷神社・戎神社・胡神社・蛭子神社・恵比須神社・恵比寿神社



恵美須神社・恵毘須神社



みんな (えびすじんじゃ) と呼びます



祀っている祭神は 事代主神 (ことしろぬしのかみ)です



いろんな 書き方が あるのは この神 出自 のせいでしょうか




b0325317_09511438.jpg
十日恵比須神社 社殿



博多で 恵比須神社と云えば



〈十日恵比須〉と誰もが 言います



毎年 18日から11 まで 正月大祭 では



かなりの人出で 賑わいを見せます



夷(えびす)と呼ばれる神が



いつの間にか 商売繁昌の神様に 成り下がってしまっています



真実の 博多の夷 とは 何なのか



まずは 十日恵比須神社の真実から 調べてみました





福岡神社参拝帳 に 由来と沿革 がこう書かれています



十日恵比須神社は、



天正十九年(1591年)正月三日、



香椎宮大宮司武内家隠居、五右衛門と申す者、



香椎宮、筥崎宮に参拝し、浜辺通り潮先において



ゆくりなく夫婦恵比須神の御尊像を拝し



恐懼奉戴して自宅に奉斎せしが、



これより武内五右衛門商売繁昌するに至り、



いよいよ御神徳をかしこみ、翌文禄元年正月十日新社殿を営み、



十日恵比須と称し祭祀を厳修す。



これより世人聞き伝え庶民の賽詣年と共に殷盛となり、



天和元年(1681年)には更に御社殿を壮麗にし、



益々社運の隆昌を見る事と相成った。



更に明治四十年(1907年)、広く崇敬者の浄財に依り御社殿の改築、



同四十三年に閑院宮御台臨の建物を買収し、開運殿と名付け



開運お座を開きしより御神徳を仰ぐ参拝者激増の一途をたどり、



ついで昭和二十七年十月、御父神、大国主大神を出雲大社より勧請。



昭和四十三年に宏大な現社殿を新築。同年七月神社本庁より



「別表に掲げる神社」に加列相成り、



現今西日本屈指のえびす祭りとして暄伝せられるに至った。




b0325317_09521872.jpg
拝殿




武内家 武内宿禰 の末裔だといわれています



香椎から 博多の橋口町に移り 古くから 漁業を営んでいました



漁の神様である 恵比須様への 信仰心が篤かったのでしょう



さて 十日恵比須神社 現在 県庁に隣接する東公園の脇にあります



沿革を読むと



あたかも 創設から この地に鎮座しているかのように書かれていますが



それは 間違いです



五右衛門が 祠を祀ったのは もっと海寄りの 筥崎の松原あたりでした



寛政年間の古書にはこう書かれています




『この 夷社は 〈松原恵比須〉と 呼ばれ 元来 博多澳の恵比須なる由。


櫛田社人が支配せし博多七社の恵比須の内の一つなり。


当村(那珂郡)神主の支配なり云々』



また 貝原益軒 筑前国続風土記 には



『崇福寺の東にあり 澳の恵比須とは事代主命を祭る小社』



と書いています


つまり 社殿は 200年近く あまり目立たない



崇福寺東の松原の中にあって 参詣するものも



一部の漁業関係者だけだったのだろうと思われます



明治9 東公園が できた頃 博多の実業者達のはからいで



松原恵比須 小社今の場所に移されました



無資格社 だったので 正月十日の祭典以外は



ほとんど 参拝者もいなかったといいます



恵比須像も 普段は 武内家に安置され 正月祭典の時だけ



運ばれていたようです その後 武内本家が潰れたりして



博多の人は 貧乏恵比須 などと 悪口を叩いたといいます



明治34年ごろ 東公園に 元冦記念碑ができたころ になって



ようやく 社務所もでき 社殿も整い



恵比須像も常時安置することができたといいます



今の賑わいは つい最近(大正以降) になってからの事なのです




b0325317_09530446.jpg
手水舎





博多の夷 の話



今度は 筥崎八幡宮もからんだ



もうひとつの 夷社の話 に進みます






by nonkei7332 | 2017-09-08 10:42 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_00052830.jpg



》(はげいとう)



別名



』(がんこうらい) とも



』(かまつか) ともいます



が飛んで来る頃 (秋) 葉が 紅く色ずくからです





貝原益軒 『大和本草』の中で



『 老 少 年 』という 草 を 紹介しています



《雁来紅なり》と書かれているので



葉鶏頭 のことです





さて 益軒 〈葉鶏頭〉を なぜ 「老少年」と 名づけたのでしょうか




〈ハゲイトウ〉というのを うっかり



〈禿げとう〉と言ってしまったのかもしれませんね (笑)




b0325317_00075240.jpg


元来 〈葉鶏頭〉は 秋が深まっても



いつまでも その紅の色を 落とさないといいます



それどころか ますます 色ずく といいます




白秋(あき) になれば



朱夏(なつ)のように 生きてはいけない



とでも言っているのでしょうか




貝原益軒 『養生訓』の中で こんな事を言っていました



心をしづかにして さはがしくせず



ゆるやかにして せまらず



気を和にして あらくせず



言をすくなくして 声を高くせず 高くわらはず



つねに心をよろこばしめて みだりにいからず



悲をすくなくし かへらざる事をくやまず



過あらば 一たびはわが身をせめて 二度悔ず



天命をやすんじて うれへず



心気をやしなふ道なり



養生の士 かくのごとくなるべし





なるほど 確かに 長生きする為には



あらゆる 欲を遠ざけないといけないと



養生訓 の中で 度々 益軒 は言っていますが



なかなか 簡単ではありません



私には そのまま 乾涸びていくようで



そんなにしてまで 長生きもしたくないと 思ってしまいます



むしろ 葉鶏頭 のように 秋になっても 色を失わず



恋もしたいし 美味しいものも食べたいし ・・・・





〈老少年〉って どんな 意味 何でしょうね





b0325317_00105321.jpg
槍けいとう






by nonkei7332 | 2017-09-01 01:00 | | Comments(0)

by ヒサミツ