ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

<   2017年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧



b0325317_10374229.png
養老改元1300年祭 公式ホームページ より
《 元正天皇 》





日本には 女帝は 8人おられます

皇后や皇太子妃 だった 女人が 天皇になっておられるのですが

歴史上 稀に見る 独身(未婚)の女帝が ひとりだけおられます

44代 天皇 元正天皇 (680~748) がその人です

在位は 715年から 724年 までの 9年でした


今 とっても気になる 女帝 (女神) です

元正天皇の目から 歴史を追ってみます


母は 43代 〈元明天皇〉この方も女帝です

女帝から 女帝への 母から 娘への 譲位だったのですね

このお母さん 天智天皇の娘です

父は 〈草壁皇子〉天武天皇 と 持統天皇 に 生まれた

血統強き 皇太子 だったのですが 皇位を継ぐこともなく

28歳という歳で 夭折します


父と母には 三人の 子供がいました


弟 ・軽皇子(かるのみこ)(のちの文武天皇)

私 ・氷高皇女(ひたかのひめみこ)(のちの元正天皇)

妹 ・吉備内親王(きびのないしんのう)(のちの長屋王の妃)


祖母 持統 は 祖父天武亡き後 父 草壁皇子 を 皇位につけるために

ライバルであった 大津皇子 を 亡き者にします

ところが 皮肉にも 草壁皇子 の 突然の死です

持統は 孫の 軽皇子(文武天皇) をと画策しますが 弟はまだ7歳です

持統は 自ら 41代を即位し 夫 天武天皇の治世の後を継ぎます

弟 軽皇子が15歳になると 42代文武天皇として 即位しますが

持統は上皇として 文武を補佐したのでした

5年後 (703年) 祖母持統上皇は 波乱の人生を閉じます 58歳でした

弟 文武天皇は 藤原不比等の娘 宮子を妃とします

首皇子(おびとのおおじ) が 生まれていましたが

弟文武 も 父(草壁皇子)のDNA を引き継いだのか 25歳で崩御

首皇子 またしても 7歳でした 宮子が心的障害を持っていたため

母 元明天皇 が 弟文武の後を継ぎ 43代天皇に即位します 47歳でした

皇后でない女帝の誕生でした

首皇子(のちの聖武天皇) が14歳になりました

譲位をして 年少天皇という選択もあったのですが

皇太子としての基盤作りを 最優先とした 藤原不比等 と 母元明天皇の

強い要望もあって 私に白羽の矢が立ち

聖武天皇 即位までの 中継として 44代 女帝として 即位したのでした

続日本紀の中には もっとも美しい 未婚の女帝 だと書かれています

氷高皇女(ひたかのひめみこ) 35歳の時でした


なぜ 未婚だったのかって ?


それは 謎ということにしておきましょう






by nonkei7332 | 2017-02-26 11:00 | 古代史 | Comments(2)


白い花束 を あなたに贈ります

散歩をしながら 写した 白い花達を

YouTube にまとめてみました

BGM は 私の 大好きな歌


マイクロジャクソン の 《SMILE》です








《 SMILE 》


Smile though your heart is aching

Smile even though it’s breaking

When there are clouds in the sky, you’ll get by

If you smile through your fear and sorrow

Smile and maybe tomorrow

You’ll see the sun come shining through for you


Light up your face with gladness

Hide every trace of sadness

Although a tear may be ever so near

That’s the time you must keep on trying


Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile



微笑んでごらん たとえ 心が 病んでも

微笑んでごらん たとえ 心が ひきさかれても

たとえ 空が雲に覆われていても

大丈夫 きみなら越えられる

微笑んでごらん 悲しくても 怖くても

微笑んでごらん 明日にはきっと

君のために また太陽が輝きだすから

 
今ある喜びで 笑顔を 輝かせてごらん

全ての 悲しみの跡も 消えてしまうから

涙が 近くに 迫ってきたら

そんな時こそ がんばるんだよ


微笑んでごらん 涙にくれそうな時でも

人生 まだまだ 捨てたもんじゃないと わかるから

君が微笑みを忘れないなら






by nonkei7332 | 2017-02-24 10:30 | | Comments(2)




アイヌ 文化財団




なにを ないているの


この はなしが ききたくて

ないて いるのなら

きかせて あげましょう


それはね


くものそらを

とおりぬけて

ほしのそらを

とおりぬけて


その むこうの

ほんとうのそらを

とおりぬけて


きれいな おがわが

ながれる けしきが

ずうっと ひろがって


かわを のぼれば


かたほうには

ぎんの カシワのはやし

ぎんの ヨモギのはら

ぎんの いしが

あるのです


かたほうには

きんの ナラのはやし

きんの ヨモギのはら

きんの いしが

あるのです


あたり いちめんが

ぴかぴかと ひかっていて


かわを さかのぼって

もっと ずうっと いく と


きんの いえ

おおきな いえが たっている


いえの かたほうには

あれた そらの えが

かかれて いて


いえの かたほうには

はれた そらの えが

かかれていて


その いえに

いのちを つくる かみさまが


60の ゆりかごを

かみざに つるし

60の ゆりかごを

しもざに つるし


かみざの ほうに

ふりむいては

60の ゆりかごを

いっせいに ゆらす


しもざの ほうに

ふりむいては

60の ゆりかごを

いっせいに ゆらす


そうすると

その あかちゃんたちが

なく こえが


この せかいに

せかいの うえに

ふってきて

そこから うまれるのが

ねむり というもの なのです


あなたは それを ききたくて

ないて いるのだから


わたしが きかせて あげるのですよ





アイヌの 『 60のゆりかご 』という 子守唄です

ゆりかごを揺らしていた 天空の女神は

ラマッカラカムイ(魂を司る神) といいます

〈ラマッ〉とは 霊魂のことです

この世界に誕生する前の人間の霊魂は

天界のラマッカラカムイ の元にあって

そこで諸々の活動に必要な霊魂をそろえて

成形された後に地上に降りてくるとされます


ラマッカラカムイ は

白山菊理媛 (水天宮) みたいです

目をつぶって聴いていると

母の子守唄

遠い記憶が蘇ってきます










by nonkei7332 | 2017-02-23 13:05 | 日記 | Comments(0)


b0325317_10332595.jpg
「人生フルーツ」公式サイト より





ブログ仲間の ぬのきち さんが

『人生フルーツ』という


話題の映画の記事を書かれていました

私は 始めて聞いた映画だったので ネットで調べてみると

素敵な 老夫婦のドキュメンタリー映画でした

テレビ用に作られた番組だったようですが 劇場版に変えたそうで

全国のミニシアターを中心に 静かなブームになっているそうです


津端修一さん90歳、英子さん87歳

〈 風と雑木林と建築家夫婦の物語 〉と題されていました








修一さんは

2015年6月2日 畑の草むしりをされた後

昼寝に行かれたまま起きられることはなかったそうです

残念なことに 予告編しか見てませんので

うまく 感想を記事にできませんが

英子さんの 可愛い笑顔と 修一さんの言葉が印象的でした

『 彼女は 僕にとって 最高のガールフレンド 』

必ず 見てみたい映画ですね



b0325317_10360905.jpg


こんな 私にも ガールフレンド がいます

もう 何年になるのでしょうか はっきりとした 期間はわかりません

毎朝 いつもの 時刻に 赤い自転車に乗って その娘はあらわれます

『おはよう いい天気だね 今日も仕事 頑張ってね』と僕が言うと

『はーい 頑張りまーす』と 大きな元気な声が返ってきます

雨の日も 暑い日も 雪の日も 彼女との 短い会話は 続いています

『近くに住んでいるの』と 聞いたことがありました

『 最近 一人住まい始めたんです たいへんです 』返事が返ってきました

彼女に関して 僕が知っていることといえば その事だけ

どんな仕事をしているのかも いくつになるのかも 知りません

ましてや 名前も 知りません

ただ はっきりしていることは

彼女が 朝起きて 最初に声をかける相手が 私だということ

(ひょとすると 違うかもしれないけど) です

2、3日 顔を見ないと 風邪でも引いたかなと心配している 私がいます

私が 怪我して入院した時などは かなり 心配してくれたようでした

14日の朝 『これ 食べてください』と言って

僕の手に チョコレート を置いてくれました

彼女の背中に ありがとうね と 声をかけました

僕の 名前も知らない かわいい ガールフレンドの話でした。







by nonkei7332 | 2017-02-16 10:50 | 日記 | Comments(2)


b0325317_13081227.jpg
霊峰白山





白山には 女神がすんでいます

なまえを 菊理姫 (くくりひめ)といいます 白山比咩ともいいます


古事記の神話には 《造化の三神》(ぞうかのさんじん) といって

天と地が出来たとき 高天原に成られた三柱の神様がおられました


〈天之御中主神〉(あめのみなかぬしのかみ)

〈高御産巣日神〉(たかみむすひのかみ)

〈神産巣日神〉(かみむすひのかみ)


一番初めに出てくる 最高神だといわれるのが

《 天之御中主神 》

この神様 アマテラス みたいに 有名な神様ではないのですが

みなかのぬし (真ん中におられる 中心におられる 主の神) なのです

主の神 といえば

大幡主命(オクシダサン)・豊国主命(ヤタガラス)

大国主命(ダイコクサマ)・事代主命(エビスサマ) などがおられます

博多から 出雲 越前に至る 領域を治めておたれました

〈主(ぬし)のつく神様 の頂上におられる神様です〉



それから 天(あま)の神様 といえば

天照大神(アマテラス)・天日槍(スサノオ)・天忍穂耳(ウミサチ)

天穂日(トヨタマヒコ)・天鈿女(アメノウズメ・オイナリサン)

などの神様がおられますが

いずれも 海を渡ってきた 神 なんですが

〈天(あま)のつく神様の頂上におられる神様でもあるのです〉



白山の女神 の 正体こそが 実は

《 天之御中主神 》だったのです



b0325317_13084882.jpg
白山平泉寺





今年になって

白山平泉寺 に住む 方と 不思議な縁で知り合えました

昨日 その方から 写真が届きました

2月10日 朝起きて 外を見た時の 雪景色だそうです

雪に埋もれた 霊峰白山

遠い 久遠の記憶を辿る 魂の旅 が

私の中で 始まったようです


b0325317_13095364.jpg






by nonkei7332 | 2017-02-15 13:19 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_23592463.jpg




九州国立博物館に行きました

特別展という ふれこみにしては 来館者はまばらでした

宗像と沖ノ島 その祭祀と大和朝廷 のかかわり を主張した展示ですが

今ひとつ 焦点のぼけた 展示構成でした

沖ノ島の祭祀 については

4世紀後半から 9世紀末まで 出土した奉献品の数は

約8万点にも及び ほとんどが 国宝になっていて

「海の正倉院」とよばれていますが

大陸や半島との 対外交流によって もたらされた 多くの奉献品は

国家祭祀だったといわれています

そして その 国家というのが 大和朝廷(畿内王朝)だという

前提での 展示には 多くの疑問が残りました

そもそも「謎の4世紀」といわれるくらいです

沖ノ島の祭祀の主体が 最初から 宗像氏だったという事自体も 謎なのです

500年の間には 祭祀の形態も何度も変わっているわけで

宗像氏と大和朝廷が ずっと関わっていた祭祀だと言い切る理由は

どこにも見当たりませんでした

2017年の 世界遺産登録 のための

デモンストレーションなんでしょうか

世界遺産ってなんなのでしょうね

九州唯一の 国立博物館 こんなんでいいんでしょうか




b0325317_23442323.jpg
沖ノ島





出雲の沖にも 隠岐の島があります

宗像の沖にも 沖ノ島があります

字は違っても 同じ〈おきのしま〉です

列島と半島を繋ぐ 中継島 です 海人たちの 辿ったルートです

もうひとつ 中継島が あります 名前はよく似ています

おそらく 最も多くの 海人たちが 通ったであろう 中継島です

その島とは 壱岐の島 です

魏志倭人伝 に出てくる 一大国(壱岐) と 末盧国(唐津)へのルートです



b0325317_23450695.jpg
上の陸地が 九州 です



〈半島〉〜〈おきのしま・いきのしま〉〜〈出雲・宗像・唐津〉



b0325317_23470756.jpg
呼子町 加部島 の 田島神社



b0325317_23575954.jpg



b0325317_23473056.jpg



先日 唐津 に 行きました

宗像と出雲の 原風景は 唐津に有りという

大それた真説を求めての 神社巡りです

唐津市湊町の 湊疫神社 と 呼子町加部島の 田島神社 を訪ねました

肥前の古書には 宗像大社の元宮は 田島神社 であると書かれています

宗像大社も田島神社も祭神は 三女神 なのですが

二つの神社の 千木は 男神です

大国主命(おおくにぬしのみこと) が隠れておられます



b0325317_23482145.jpg
風の見える丘公園 からの 展望




加部島 には〈風の見える丘公園〉があります

展望台にあがって 風を見ると

遠く 海の向こうから オモニ の歌が聞こえてきます






by nonkei7332 | 2017-02-12 23:55 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_14281873.jpg


安 田 勝 竜 (やすだ しょうりゅう)


1980年生まれ 福岡県直方市出身

3歳の頃より 祖母に 民謡 と 三味線を習う

17歳で 津軽三味線 と出会い

その後 澤田流 家元 澤田勝秋氏 に 師事

神技ともいえる太棹三味線 の ばちさばき と

澄んだ声で 歌う 民謡とで 福岡 を 中心に 多くの ファンをもつ

現在は 作曲で 独自の曲作りにも挑戦

ピアノ や バイオリン などの 和洋混合の ユニットグループ

《 95 strings 》を 立ち上げ その 演奏は 必見で

新たな 音楽シーン の 創作者 として

近年 注目を浴びている 若手音楽家の一人です





b0325317_13535081.jpg




95 strings (キュウゴストリングス)


離島の小中学生に楽しい音楽に触れてもらいたいとの想いから

企画された離島公演で出会った 3人の演奏家

太棹三味線 の 安田勝竜

ヴァイオリン の 藤松純子

ピアノ の 夏川由紀乃

によって結成されました

その名の由来は、三味線の弦の数の 3 ヴァイオリンの弦の数の 4

ピアノの鍵盤の数の 88 これを合わせた数の『95』

『95』を『キュウゴ(救護)』と読むことで、

人の心の支えになりうる音楽を共に目指しているそうです

力強さと繊細さを兼ね備えた三味線の音色、

華やかさと憂いとをあわせもつヴァイオリン、

そして優しく時に大胆なピアノとで、

独自の世界を自由に歌いあげています

クラシックからポピュラーまでジャンルを問わず、

現在、ライブ ディナーショー コンサート の他に

九州各地の学校公演にも力を入れています


b0325317_14431213.jpg



行きつけの 居酒屋 で よく会う 若者がいました

カウンターの隣に座って 何度か話を聞くうちに

彼が 私の息子と同じ歳の 1980年生まれであること

お店では みんなから 師匠 と呼ばれていた理由が

三味線演奏を生業とする 音楽家 だという事を知りました

程なくして お店の常連客だけを 対象にした

ミニコンサートが お店のはからいで おこなわれました

三味線演奏は テレビなんかで 聞いた事はあるのですが

生演奏は 初めてですし それも 狭いお店です

彼と私の距離は 2メートル という近さでした

彼のジャンルは いわゆる 津軽三味線 といわれる 太棹三味線です

有名な 津軽三味線の定番曲 である

『津軽じょんから節』『津軽よされ節』を 続けて弾いてくれました

震えがくるほどの迫力で しばらくの間 興奮状態でした

それから その興奮を 癒すように 弾き語りで

博多民謡『黒田節』を歌ってくれました

透き通った それでいて 深みのある 綺麗な声でした

アンコール で 熊本 の 『田原坂』


みんなで 〈シャカホイ シャカホイ〉の合いの手を入れました



b0325317_14051244.jpg



昨年6月に完成した 東区千早の 〈なみきスクエア〉の

オープンセレモニー を始め 地域行事などにも 95strings として

積極的に参加 しています

3月11日 には 大野城市まどかぴあ での ティータイムコンサートです

後わずか チケット あるみたいです お好きな方は 急いで下さい


そんな中 私の住む町の公民館での 高齢者サロンにも

3月 勝竜君 は 来てくれます

小さな会場ですが おばあちゃん大好きな 勝竜君

3strings ですが どんな パフォーマンスを見せてくれるのか

今から 楽しみにしています


b0325317_13574976.jpg
北九州の イベントにて







安田勝竜 及び 95strings のイベント情報は
定期的に 記事にして 紹介していきます









by nonkei7332 | 2017-02-06 14:45 | 日記 | Comments(0)

b0325317_10203190.jpg



唐津の 『久里双水古墳』に行きました

全長 108.5メートル 後円部径 62.2メートル 前方部幅 42.8メートル


の 前方後円墳 です

私が去年見てきた 百舌古墳群などは 5世紀から7世紀のものですが

この古墳は 3世紀に造られたもので

国内でも 最も古い古墳のひとつです



b0325317_10211462.jpg



b0325317_10463744.jpg




副葬品 は 後漢時代の「盤龍鏡(ばんりゅうきょう)」

「管玉(くがたま)」「刀子(とうす)」

被葬者は 末盧国 の王族 でしょうか



b0325317_10222258.jpg


墳丘に登りました

鏡山 の向こうに 浮嶽 が見えました

西には 松浦川が流れています 川が二つに別れている地点なので

双水 という地名みたいです

ズカズカと 登っていったので 墓に眠る王様が怒ったみたいです

突然の 驟雨

ビッショリ 濡れてしまいました



b0325317_10225820.jpg



《 おまえが墳丘にのぼれば 》

吉本 隆明




おまえが墳丘にのぼれば

そこは誄(るい)をひく長びいた音吐と幡旗(はた)の

しめやかな殯(あらき)の場にかわる

時間のないものが夢をみている

この首長の葬礼が長びくとして

たった三年くらいのあいだに

葬られた死者は 白鳥に

尾長は ふくろうに

風景は 廃市に

語り部は 乞食に

幡旗(はた)は 雲に

かたつむりは 死魚に

かわるといえる



  
それから疾風のように 夢は

とおい海を襲う

おまえが一瞬眠っているうち

この世界が革まるとしても

死にきれなかった下丁が

高句麗の軍歌などうたって

喜捨を乞う

その道に

千年も前のあせびの白い花が垂れている




けっきょくこれは風景

ほんの小さな安息日

無際限にふりそそぐ夏の炎から

おまえの渇きに送られた訴状だ

それから挨拶だ

かすれた咽喉がありったけ時間を呑みこむとしてわ

とうていおまえに耐えられない この

時間を失った夢を

殺りくの山陽(やまなみひなた)の道の岸べから

まっさおな空と

ひきつった雲に投げかけることは

愛の死を意味している


 

丹(に)の土の層 それらしい土器のかけら

あけび色の蔓から第五号墳丘の土面に昇ってくる

さらば 夏の日の

迅速な憩い  








by nonkei7332 | 2017-02-04 11:07 | 古代史 | Comments(0)

by ヒサミツ