ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧



b0325317_16134609.jpeg


= 2016/05/22付 西日本新聞朝刊 =

熊本地震後、災害拠点病院になっている国立病院熊本医療センターで、

肺炎による入院患者数が前年同期と比べて倍増していることが

西日本新聞の取材で分かった。熊本赤十字病院でも2割近く増加。

地震による関連死疑い20人のうち、熊本県外に転院後に死亡した男性は


誤嚥(ごえん)性肺炎 だったと確認された。

避難生活が長期化する中、歯磨きなどの口の中のケアが不十分になると、


特に高齢者は口の中の細菌が気管に入って引き起こす

誤嚥性肺炎の危険性が高まるとされ、専門家は注意を呼び掛けている。



口腔ケアを怠れば 様々な疾病を引き起こす 特に高齢者のリスクは高い

という記事を読んでから 歯磨き時間が 2、3分 延びたのでした


唾液の中には 500以上の細菌が うじゃうじゃ いるそうです

代表的なのが 虫歯菌 や 歯周病菌 といわれています

私は 56歳まで 歯石除去以外の歯科治療を受けた事がありませんでした

いわゆる 虫歯が一本も無い 歯の痛みを知らない

歯に関しては幸せな男でした

その 慢心がいつの間にか 口腔ケアを ないがしろにしたようです

その後 2年間の中で 2本の歯を失いました 原因は虫歯ではなく

歯槽膿漏(歯周病)という奴です



先日 高校時代の友人 4人が集まり 食事をしました

一人は 1年ぶり 一人は 20年ぶり 一人は 米国からの帰省中で 45年ぶり

積もる話で 楽しい時間は過ぎていきました

20年ぶりの N君 が 『 去年こんな本を書いたから 読んで 』と言って

一冊の本をくれました 彼は 歯科医師です


b0325317_16061496.jpeg



この本の出版挨拶に こんな文を載せていました


『 神経を抜いた歯、あるいは 虫歯や外力により神経が死んだ歯が

様々な全身の病気を作り出すという、古くて新しい大変衝撃的な情報を

全国に周知させたいという思いで執筆しました。

虫歯を作らない、歯の神経は抜かないとの強い気持ちを持って

毎日の口腔ケアを実践していけば、

未曾有の高齢社会先進国に突入している日本に於いて、

一人一人健康長寿の支えになり、限りなく増大し続ける

医療費の削減にもつながっていきます 』



『 歯 原 病 』初めて聞く言葉でした

彼は 本の中で 歯原病とは何か その治療法について そして

2010年から2015年までの 治療を行い終了した 全ての症例を

経過も含めて 書き連ねていました


本の 最後には


『 歯原病は今はほとんど知られていませんが、アメリカでは徐々に

認知度がたかまっています。日本でも 今後歯科医療で脚光をあびる

大きなテーマになると考えられます。

歯原病に興味を持ち、ともに歯原病の治療で患者様の苦しみ・

悩みを和らげ、解消できる歯科医を増やしたいー。

私の希望です。』


と書いています


私は 59歳の時 脳梗塞を 病みました

〈ストレス〉〈少し高めの血圧〉そして 〈高コレステロール〉

原因は そんなところだったのだろうと思っていましたが


彼は本の中で


『 歯周病は 歯を支えている骨(歯槽骨)が破壊される病気として

一般によく知られています。動脈硬化を誘発して 脳梗塞 心筋梗塞を

起こしやすくします 』


と書いていました


〈歯周病〉と 〈脳梗塞〉

私の中で この二つの病気の因果関係は 全く考えてもいなかった事でした

60年近く大きな病気もせず 入院などした事もなかった私にとって

ある日突然やってきた 予兆なしの 大地震だったのですが

実は 歯周病という 地震雲が 大空に たなびいていたのを

見落としていたのでした

彼は 今回 この本で 私に教えてくれたのでした



歯がゆい思いをする前に 今日もしっかり 歯を磨きましょう

6月4日 は 虫歯予防の日です





中島歯科 のホームページ です
http://www.ndental.jp/



by nonkei7332 | 2016-05-28 16:35 | 日記 | Comments(0)


b0325317_15353489.jpeg
杏の実




今年も ジャムの季節 がやってきました

去年の 私の中で 大好評だった 杏(あんず)ジャムが今年は作れません

何故なら 去年あんなに満開に咲いていた 杏の花が

今年はほとんどと言っていいほど 咲かなかったからです

今年は何かおかしいなと思っていたら 4月の熊本地震

杏の木は 何かを 報せていたのでしょうか



『無いものねだりはしない』が座右の銘 の私は

すぐに あるものを探します

探し出したのが『山桃』と『梅』そして 『桜の実』でした



b0325317_15362543.jpeg
山桃




小学生の頃の 私は学校から帰ると

『10円ちょうだい』と母にねだっては 10円玉を握りしめて

近くの駄菓子屋に 駆け込んでいました

( 当時の10円は (かけそば) が 20円でしたので 今で言えば150円位 )

それでも 母が機嫌が悪いと もらえず 仕方なく

裏の林にあった 山桃の木に登っては

山桃の実を 口の中が 腫れるくらい 食べていたのを憶えています

近くの公園にある 山桃の実が 少し 色づいてきました

あと 10日もすれば 大丈夫でしょう



b0325317_15370751.jpeg
梅の実




梅の実を見つけました

ジャムの材料は マーケットでは買わない主義を貫くために

公園の海辺の 梅の木 と 狙いをつけていたのでしたが

去年より 実りが少なく思えます でも なんとかなりそうです

ただし 杏ジャムと同じように 一度 梅酒を作って 浸かった梅の実を

ジャムにしますので ジャム作りは 来年 でしょうか



b0325317_15375201.jpeg
大島桜 の実




最後に見つけたのが 『桜の実』です

桜の実と言っても 高級果実の 桜桃(さくらんぼ) ではありません

《大島桜》という 桜の木に に実が付いていました 可愛い赤と黒の実です

恐る恐る 熟した 黒い実を ひとつ 食べてみました

ちょっと 酸っぱいですが 卑しい 私の味覚は 合格点を出したようです

問題なのは 小さい実なので かなりの量がいる事でしょうか

あとは 小鳥達が 食べてしまう前に どれだけ確保できるかですね



b0325317_15491430.jpeg
大島桜 の 実






by nonkei7332 | 2016-05-26 16:31 | 日記 | Comments(0)

b0325317_18353611.jpeg
居酒屋 みなみ




昭和40年代 高度経済成長期と呼ばれる頃

博多の街には 歓楽街中洲を中心に多くの飲食店が

ひしめき合っていました その中でも ひときわ 際立っていたのが

「キャバレー」というビッグバンドを背景に 歌謡ショウや

ダンスも踊れる 大人の 社交場でした

当時は 中洲を中心に20店舗くらいはあったそうですが

その中でも BIC3 といわれたのが 赤坂門にあった 『キャバレー赤坂』

清川にあった『キャバレー月世界』そして 南天神にあった

『キャバレーミナミ』だったといわれています

十代後半の青き少年だった 私には 近くて 遠い存在の 歓楽街でしたが

そんな妖艶な世界を ある種の 大人への憧れとして 見ていたのでした


今では マンションや ビジネスホテルが立ち並ぶ

南天神(渡辺通り5丁目)にあったのが『キャバレーミナミ』です

常時150人近くの従業員のための 専属食堂があったそうです

やがて いつしか キャバレー も 取り壊され 食堂が 居酒屋となって

「ミナミ」の名前を残しています


前置きが長くなりましたが 私の 二軒目の行きつけが この

『 居酒屋 み な み 』さん です

お付き合いは もう 10年くらいになりますでしょうか

暖簾をくぐると 12.3人が座れるカウンターがあり

奥には 小座敷と 20人はゆっくり座れる 大座敷があります

ほぼ 毎日来られる 常連さんで一杯ですが

その多くが 市役所や 九電や 九電関連の 企業の方が多いようです

厨房は みんなから 「おかあさん」と呼ばれる 女将さん(年齢不詳)

が仕切ってあり 接客は もっぱら 博多美人の娘さんが対応しています

母娘とも 豪放磊落 そのもので 店内は 笑い声が絶えません

最近 ちょっと遠のいている 私ですが 行った日には 奥から おかあさんが

『 ◯◯◯っち~!。どげんしとったと!。元気しとったね!』と

博多弁丸出しの 大きな声が 飛んできます

驚くのは この店のメニューの多さです

柳橋連合市場直の 旬の魚 野菜が カウンターに並んでいます

メニューに無くても 「なんば食べたかね」と言って

おかあさんが すぐに 奥で 作ってくれます

5年前 私が病に倒れた時 真っ先に 病院に駆けつけてくれたのが

お二人でした リハビリ中も 何度も 病院を訪ねてくれて

激励をしていただきました


b0325317_18365444.jpeg


2012年5月 お店にとって 大変な一ヶ月 がありました

福岡市長が 市職員に対して 「禁酒令」を出した時でした

飲酒に絡む職員の不祥事が続いたという理由でしたが

お客さん に 市職員の多い お店は 大打撃だったようです



この「禁酒令」のさなか 西日本新聞の6月6日の朝刊のコラムで

九州大学名誉教授の関先生が こんな記事を書かれています


市長の談話を読んで その真摯さは 正義でも

なにか こう 野暮なのは これにかかわる

子供に夢を与えるのは 年長者たちの 粋なかっこうよさだから

野暮 は すでに 罪の一歩手前でもある。


けれど それが けっして

市長ひとりのものではないところに 根の深さがある

この町全体が どこかに 大切なものを置き忘れて

えらく 野暮な町になろうとしている 虞(おそれ)を感じる

それは 先人たちの 有言無言の教えに背くものではないか

酒をないがしろにすると


天罰ならぬ 酒神の逆襲を受けるだろう

大丈夫か この町 しらふで 千鳥足だが。

【 ( 福岡市「禁酒令」)より一部抜粋】


市長の家庭外禁酒の 激が飛ぼうが


周りの風景が いかように変わろうが

博多の戦後の大衆酒場の流れを


肌で感じてきた 母娘 の 顔には

微塵の ためらい もないようです


『居酒屋 みなみ』に 今日も 暖簾がさがります

いつものように


豪快な おかあさんの 笑い声が 轟いています







私がいつも呑む焼酎の 大好きなTVCMです







by nonkei7332 | 2016-05-20 19:27 | 日記 | Comments(0)



b0325317_16113047.jpeg
「味秀」さん




私は 酒飲みではありません

晩酌などもしないし 家の中には お酒と名のつくものは

どこを探しても 一つもありません


それじゃあ 下戸(げこ) なのかというと そうではなく

いわゆる 呑める口は もっているからです

いまでも 月に一度は 行きつけの店に行っては

古くからの友人と話したり 焼酎のお湯割りを 四、五杯 呑んでは

カラオケで 好きな歌を 二、三曲 歌っては 楽しい時間を過ごします

行きつけの店は 二軒だけです よほどの事がない限り

他の店には 行く事がありません




一軒目は 東区松香台 (香椎駅近く九州高校前のバス停そば)にある

『 味 秀 』(あじひで) さんです

店を出したのが 平成3年だそうなので 今年で 25年周年です

私は もう 20年近く通っているので 客の中ではかなりの古株でしょう

このお店のお気に入りは なんといっても 料理の美味しさと

ママさんの 家族的な 人柄でしょう

付け出しの小鉢一品も日替わりですが どれもが 満足できる味です

人気は「ロールキャベツ」「ホウレンソウのおひたし」などですが

私のお気に入りは なんといっても 「ポテトサラダ」

刺身も ヒラアジ か カンパチ と 決まっています

近くの九産大のイケメン男子学生のアルバイトも 好評なんです

嬉しいことに 毎年 正月の二日は 二人の息子と

「味秀」さんで 酒を飲むのが 恒例になっていて

いい酒と 息子達の歌を聴きながら 一年のスタートをするのが

私の 至上の喜びでもあるのです


b0325317_16132928.jpeg


『新修 福岡市史 民俗編ニ』(2015年発行) の第四部「歳月」の中で

「味秀」さんの記事が出ていました

日々のお店の様子を 日記みたいに ママさんが 綴ってありました


某月某日

今日の一番目のお客さんは Cさん。はじめての来店が二年ほど前。

脳梗塞で右半身にかなりの麻痺が残り、杖をついての来店。

不自由ながら会話もふえて、月一の来店が週一になり、

一回の時間も長くなり、楽しんで下さっている様子です。

そこへ Dさんが来ました。彼も 同じ病気を二年前に経験しました。

もともと 歌が好きな方で、リハビリ中は「店で歌うぞ !」が

目標だったそうです。病後にはじめて来店された時には

大変だったろうと思いをめぐらすと、涙が出てきました。

すばらしい回復ぶりでした。

合わせたかのように リハビリの仕事をしている E君 来店。

お互いの立場が理解しあえるので 話がはずみます。



ママさんの 暖かな人柄を偲ばせる 記事でした

この中に出てくる Dさん という客は どうやら 私のようです



私がいつも飲む 焼酎の 大好きな TVCM です










by nonkei7332 | 2016-05-19 17:06 | 日記 | Comments(0)


《 たのしみは 妻子むつまじくうちつどひ 頭ならべて物をくふ時 》



b0325317_13460068.jpeg

橘 曙覧 (たちばなのあけみ)

(1812~1868)


幕末の歌人です 福井の商家の長男に生まれますが

幼くして 父母を失い 家督も 弟に譲り 隠遁生活をおくります

妻子五人の極貧の中で 日々の生活の〈たのしみ〉を52首の歌で綴った

『 独 楽 吟 』(どくらくぎん) が特に有名です

どれも「たのしみは」で始まる一連の歌を集めたものです


52首の中から 私自身の「たのしみ」を10首 探してみました



たのしみは 草のいほりの筵敷き ひとりこころを静めるとき

たのしみは 空暖かにうち晴れし 春秋の日に 出であるく時

たのしみは 朝おきいでて 昨日まで無かりし花の 咲ける時

たのしみは 心にうかぶ はかなごと思い続けて煙草すうとき

たのしみは 物識人に稀にあひて 古しへ今を 語りあうとき

たのしみは 心をおかぬ友どちと 笑ひかたりて 腹をよるとき

たのしみは 昼寝せしまに庭ぬらし降りたる雨を 覚めてしる時

たのしみは 常に見なれぬ鳥の来て 軒遠からぬ樹に鳴きしとき

たのしみは 庭にうえたる春秋の 花のさかりにあへる時々

たのしみは 神の御国の民として 神の教えを ふかくおもうとき




b0325317_13481391.jpeg




《 若葉さす ころはいづこの山見ても 何の木見ても麗しきかな 》

橘 曙覧(春明艸524)


若葉が萌え出ずる季節は どの山を見ても どの木を見ても 美しい








by nonkei7332 | 2016-05-11 14:42 | 日記 | Comments(0)


b0325317_11091053.jpeg
白秋詩碑 (柳川市矢留本町)





北原 白秋 (1885~1842)


日本を代表する 詩人・歌人・童謡作家 として

多くの人に 愛された 白秋は

生涯 故郷 柳川 のことを忘れる事はありませんでした



『 帰去来 』


山門は 我が産土

雲謄る 南風のまほら

飛ばまし 今一度


筑紫よ かく呼ばへば

恋ほしよ 潮の落差

火照り沁む夕日の潟


盲ふるに 早やもこの眼

見ざらむ また葦かび

籠飼 や 水かげろう


帰らなむ いざ 鵲

かの空や櫨のたむろ

待つらむぞ 今一度


故郷やそのかの子ら

皆老いて遠きに

何ぞ寄る童ごころ







詩碑苑 の中に「帰去来」の解説文があります



山門(やまと)は自分の生まれ故郷である。

雲は湧き騰り南風(はえ)は常に吹き通う明るい土地柄である。

かって自分は飛行機で訪問したことがあったが、

ああもう一度、あの空を飛びたいものだ。


筑紫よ、国の名を呼び掛けると、もうそれだけで、

落差激しい潟海が思い出のなかに見えてくる。

夕日の反射を受けて光っているあの海が恋しくてならぬ。


だが、今の自分の両眼は早や盲いて、

二度とそれらをうつつに見ることはできないであろう。

あの水辺の葦(あし)の芽だちも、籠飼(ろうげ)も、

水かげろうも・・・


それにしても帰ろう。鵲(かささぎ)よ、

さあ、お前と一緒に帰ろう。

あの空、あの群れ立つ櫨(はぜ)の木が今一度、待っているであろうよ。


ああ、故郷。昔馴染みの誰彼もみな年老いてしまったし、

それに海山を遠くへだてて年ごろ疎遠になっているというのに、

どうしてこうも子供のように頑是なく、

故郷に心ひかれる自分なのであろう。


(解説-藪田義雄氏)


(註) 籠飼(魚などを捕るカゴ)



b0325317_11131800.jpeg
北原白秋





白秋 52歳のころ 糖尿病 腎臓病により眼底出血のため視力を失います

「帰去来」は 薄明の中 故郷柳川への激しい憧憬を歌った詩です

母校 矢留小学校に隣接する詩碑は

同郷で 芥川賞作家の 長谷 健(1904~1957) が建設委員長をつとめました

長谷健と古くからの友人だった 作家 宮崎康平 は 夫人と共に

白秋詩碑に訪れた時のことを こんな風に綴っていました




からたちの若葉は バルサムのような香気を発散していた。

私は犬のように鼻をクンクン鳴らして あたりの葉先を

行きつ戻りつ しばらく嗅いでまわった。

雨上がりの空は底知れず澄んでいるらしく 雲雀が何羽もさえずっている。

詩碑の周囲に植えられた からたちの幹は

思ったよりがっしりと育っていた。

程よく剪定された枝の棘を気にしながら 私があちこちを触っていると

背後で妻が 碑面の朗読をはじめた。・・・(中略)・・・

「盲ふるに早やもこの眼、見ざるむまた葦かび、籠飼や水かげろう」

と、私も思わず 妻の声に和していた。

「盲ふるに早もこの眼」という言葉が

棘のようにグサリと喉に突き刺さる。

こらえようとしたが われ知らず、熱いものがこみ上げてきて、

どうする事もできなかった。





視えないものを 必死に 観ようとした

三人の作家 の 想いのむこうに

古代国 邪馬臺 が 横たわっています












by nonkei7332 | 2016-05-10 12:01 | 日記 | Comments(0)

b0325317_22190811.jpeg
甘い香りの 車輪梅 (しゃりんばい)




人々が ゴールデンウイーク で 若葉の季節を楽しむ頃

去年から 私の日々は 野草と向き合う 草摘みの日々となりました

一日一時間 という草摘みは

私にとっては 大切な 時間になったのです

私に 『草摘みの呪術』という

こんな 私にもできる 願事成就の方法を教えてくれたのは

文字学者の 白川 静 先生 です

白川さんは 哲学者の梅原猛さんとの対談

『 呪の思想 ー 神と人との間 』


の中でこう話されています




わが国でも 草を摘む時に

そこらを囲ってね 標(しめ)を結うてしますでしょ。


《 明日よりは春菜採まむと標めし野に昨日も今日も雪はふりつつ 》
万葉集巻8-1447


などというのはね、

春の野で草を摘むのに、わざわざこの場所というて区切るわけですね。

草摘むのに区切る必要は何もないんだけどもね、

「昨日も今日も雪は降りつつ」、少々雪が降っても、

野草ぐらい摘めるはずなのにね、なぜ草を摘まんのかおかしいですね。

それは その草摘みがね、この特定の場所の、この草を一時間の内に

この籠にいっぱいきちんと摘みますよという、

神さまに誓いを立ててね

野草摘みをやるんです。それは「誓約」(うけい)です。

だから それに成功すれば、自分の願い事がかなう訳です。

そういう神さまとの約束事をした上で草摘みをする。

だから 草摘みというのは、単にそこらで野遊びをするのではなく

願い事があって、これをやりますから やり遂げたら

願い事聞いて下さいというような、

そういう意味で草摘みをやるんです。



b0325317_22260012.jpeg


私の願い事とは 子供達の交通安全 と 無事故です

近所の草摘みと 子供達の登校路の 草摘みは

環境美化だけが 目的ではなく

私と神との 〈誓約〉 願事成就の仕草なのです



今日は 「こどもの日」

明日は雨が降るというから

一袋 多めに 草を摘みました

遠くに住む 我が息子と 孫のために

そして もうひとつ

熊本の地震が 一日も早く

治りますようにと祈りを込めて



b0325317_22151779.jpeg

b0325317_22154523.jpeg


著者の 《 白川 静 》(1910~2006)さん は
中国最古の文字資料である殷・周の甲骨文や金文に対して
体系的な研究を行い 中国および日本の古代文化について
「白川文字学」と呼ばれる 独創的な研究を築き上げられた
立命館大学の名誉教授でした





by nonkei7332 | 2016-05-05 22:45 | 日記 | Comments(0)


b0325317_10181280.jpeg
18歳 の 母の写真




母さん 憶えていましたか

8日が 母の日 だってことを

母を亡くした 哀しき 息子は

一輪の 白いカーネーションを

そっと 貴女の写真の前に 置いています



母さん 知っていましたか

私が 病に 倒れ

右手の爪を 自分では 切れなくなったことを

『 母さんには 黙っておくぞ 』

兄の言葉に 無言で 頷いていたことを



母さん 知っていましたか

やっとの思いで 自分で 靴紐を結べるようになった日に

病室の 貴女を 足を引きずりながら 訪ねた日のことを

私の顔を見て 和かに 微笑んでくれたあとに

『 誰かいな 』の ひと言 で 私の心が 凍りついたことを



母さん 憶えていますか

小学校の学芸会で 私が 『裸の王様』を演じた日のことを

前の晩 遅くまで 古いカーテン生地で マントを作ってくれましたね

『嬉しかった』の ひと言を

言えなかったあの日のことを



母さん 知っていますか

母さんのことを あまり 好きにはなれなかった


と 言った 姉 が

最近 貴女に 似てきたことを

貴女が いつも歌っていた

『みかんの花が咲く丘』を この前 歌っていました

貴女と同じように 下手な歌 でした



五月の空は 雲ひとつなく

窓を開けると 柔らかな風が

近くの藤棚から 甘い香りを 運んでくれます




今から 海のそばの

おばあさんの 家の 庭の草取りに行きます

貴女に似た 可愛い人です





母さん 知っていましたか

貴女を想うとき

私はいつも この海を見に来ます

海 の 中には どんなときでも

そこに 母 がいるからです





b0325317_10190582.jpeg



今年の 母の日は 5月8日 でした

間違えて すみません。




by nonkei7332 | 2016-05-01 10:42 | 日記 | Comments(0)