ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

カテゴリ:日記( 133 )



b0325317_10174578.jpg



朱き夏 毎年 辛い日々が続いています


去年は 肋骨を骨折して 入院


今年は 長期の 夏風邪 です


ブログ 夏休み ですみません




昨日は 地域の 〉でした


夕方の雨に 多少人出は少なかったのですが


多くの人たちが 先祖の霊を 送りに来られました



三世代 の親子が 送り火のあと


花火を楽しんでいました


何千年も続く この国の 平和な 夏の 記憶なのです






b0325317_10184483.jpg




おべべ



母さま


裏の木のかげに


蝉のおべべが


ありました



蝉も暑くて


脱いだのよ


脱いで 忘れて


行ったのよ



晩になったら


さむかろに


どこへ届けて


やりましょか




〈金子みすゞ詩集より〉




b0325317_10190926.jpg




by nonkei7332 | 2017-08-16 11:13 | 日記 | Comments(0)


b0325317_09330838.jpg
入道雲




週が明けるという はや 》なのですね



朝の 蝉時雨 いつものように 騒がしいのです



雲ひとつない 夏空には 何か 予感が 漂っています



今年の 秋は 》を連れてきたようです



野分 (のわき) といえば 二百十日 (立春から数えて210日)ころの



台風 だと 相場は決まっているのですが



今年の この 猛暑 時候を狂わす事など



全く 意に介せず といわんばかりです



時速10キロという 非常に強い台風5 北部九州に来るのが



立秋の7日だと予報は告げています



8日が 大潮(満月) です



被害が 大きくならなければいいのですが





春は 天の気が上がる時 なり 秋は 天の気が 入る時なり 』と



古人は いったそうです



昔の人は 土に 鍬を入れ その乾湿の手触りで 種を蒔く頃を決め



それでも 不安な時は 空を眺め 流れ行く雲映 秋を読んだといいます



まさしく 運を 天に任したのでしょうか




稲の花が咲く頃 人々が 怖れたのが 野を分ける でした



旧暦の 8月朔日 二百十日 そして 二百二十日



この三日が 最も怖い日 だったのです



人々は 風神鎮魂 の祈りを 三日三晩 踊りに託します





美しい日本の祭りです



越中八尾「おわら風の盆」









by nonkei7332 | 2017-08-04 10:28 | 日記 | Comments(0)



b0325317_08440883.jpg
ソラリアプラザ 正面




博多んもんが 〈テンプラ〉といえば



食べ物の 〈天麩羅〉ではなく



訳もなく 天神界隈を ウロウロすることをいいます



50年前に タイムスリップ してみましょう



天神は 岩田屋(デパート)と 新天町 が中心の 店舗街で



西鉄大牟田線の終点と繋がって いて 多くの人が集まる



福博一番の 繁華街でした



明治通り 渡辺通り には 路面電車 も走っていて



明治通り 中洲 (玉屋) 呉服町 (大丸) という デパートもあり



人の流れは 天神に集まり 四方に流れていくといった風でした



南区(井尻) に住んでいた私達にとっては



電車に乗って 遊びに行くという



数少ない娯楽地の場所だったのです



当時 私も小学生高学年 。一年に何度かは 友達と連れ立って



〈テンプラ〉したものでした



所持金は 150円位でした 大牟田線の電車賃が 往復50



味のタウン 因幡うどんの丸天うどん(25円) を食べて



残ったお金で スポーツセンター スケートするか



センターシネマ 映画を観るか コースは ほぼ決まっていたようです



当時 福岡には



大きなイベント会場が スポーツセンター しかなかったので



コンサートや大相撲の九州場所も ここで行われていました



50年の月日は この国を 考えられない世界へと変えてしまいました



この街も 変わってしまいました



スポーツセンター センターシネマも無くなりました



路面電車 いなくなり 玉屋デパートも無くなりました



大丸が 呉服町から 移ってきて パルコ 三越 出店しました





b0325317_08453281.jpg
味のタウン 因幡うどん




と同じ コースをと思い まず因幡うどん〉 を探しました


ありました ありました お昼時だったので 満席5人待ち


待つのが嫌でしたので 元スポーツセンター



ソラリアプラザ に行ってみました


ホテル・ 専門店 が入った 商業ビルへと 変身しています


7階には トーホーシネマが 入っていますが



昔の センターシネマ の 面影は ありません


観たい映画まで 時間があったので



同じフロアの レストランで 食事をする事にしました





b0325317_08462327.jpg
ソラリア 7階 たから





和食の店 たから



美味しそうだったので 『和食ランチ御膳』を注文しました



九種類の お番菜 (左上から 玉子焼き・糖みつ煮・さばの塩焼



しろなのおしたし・えびの大葉天ぷら・茄子のあげびたし



赤こんにゃく・鰹のねぎまぶし・燻製ポテトサラダ)



豚汁・麦飯・ とろろ汁 付きで 1300 でした



b0325317_08471774.jpg






センターシネマ で観た 映画 一番覚えているのが



ダスティホフマン 『卒業』でしょう



今日見たのが 話題の テレビドラマのリメイク版



上戸彩 『昼顔』でした



映画評論は 今回は やりません







久し振りの 〈テンプラ〉に 使ったお金は 3500



昔は 150円で済んだんですけどね・・・








by nonkei7332 | 2017-06-27 09:48 | 日記 | Comments(2)


b0325317_01242113.jpg



雨も降らないのに



『今日 梅雨入りしたとよ』と



バス停で おばちゃん達が教えてくれました



ほんとかよと 思っていたら



瞬く間に 吹いてきた 風に



雨の匂いが立ち込めていたのでした





この時期 壱岐の 漁師達は



梅雨を知らせる 南風(はえ) に色をつけました



黒南風 (くろばえ) 梅雨の初期に 雨を伴い



もしくは 天暗くして吹きつづく 強い南風 事です



白南風 (しろばえ) 梅雨の終わり 天気晴朗 の中 吹きつづく



強い南風 の事をいいました



〈シロバエ〉や 〈クロバエ〉が吹くと 漁に出れない日が 続きます



『シトベー ゴトベー』と 漁師達は そう言って 嘆いたと言います



米を 四斗俵 五斗俵 も食べる間



漁に出れないと いう意味だったそうです




b0325317_01251021.jpg
青磁 の 器




風の色 ?



無色 じゃないの なんて 無粋なこと言わないで



和色辞典をのぞいてみました



私が 感じる 今日 風の色は



秘色 (ひそく)です



青磁の肌の色のような浅い緑色のことで



焼き物の青磁の美しい肌色を模した色名です



青磁は釉薬に含まれる鉄分により



独特の灰みを帯びた青緑色になりますが



その色が神秘的な美しさであることから



『秘色』の色名がつきました



青磁が日本に伝わったのは平安時代です



「秘色(ひそく)」という呼び名も



いっしょに伝わってきたといわれています





b0325317_01261219.jpg




この頃から 博多の町には



山笠法被姿の 男達が うろうろし出します



博多弁で 『そうつく』といいます



そうつく といえば 雨の中 傘を差してでも 行ってみたいのが



箱崎筥崎宮 ですね



紫陽花苑 3500 アジサイ



参道の 恵光院の 菩提樹の花



花庭園 5000 百合の花



特に あじさい苑は



雨がシトシト降る日を選んで行くのがおすすめです



色とりどりの 紫陽花に 囲まれて



俗世を忘れ 至福の時を過ごせます




b0325317_01265229.jpg
紫陽花苑









by nonkei7332 | 2017-06-08 01:27 | 日記 | Comments(0)

b0325317_13470967.jpg





『 歌は世に連れ 世は歌に連れ 』




といいます



神世の昔から 歌は唄われてきたのでした



〈歌垣〉と呼ばれる 掛けあい唄が



祭りにおいて なされています



男方 と女方 とに 分かれ 男方が即興で 歌い



女方が後をつけていく



歌のかけあいなのです 当然 男と女の歌ですから



艶っぽい 歌詞だったんでしょう






江戸の末期から 明治 大正と 三味線の普及に連れて



座敷歌から生まれた 俗曲があります



「都々逸」(どどいつ) と呼ばれた 唄です



長唄 とは違い どちらかと言えば



小唄 端唄 に 入るのでしょうが



七七七五の26文字でさえあれば 自由な節回しでよかったので



多くの シンガーソングライター 生まれたみたいです



歌詞は ほとんどが 艶っぽい 情歌 です



今みたいに カラオケ などありませんので



一気に 庶民の中にひろがり 大流行したみたいです



たくさんある中で 選んでみました



(かなり 際どい唄もありましたが 省きました)






博多に来たときゃ 一人で来たが 帰りは人形と二人ずれ





恋に焦がれて鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす





腹の立つときゃこの子を見やれ 仲のよいとき出来た子じゃ





惚れた数からふられた数を 引けば女房が残るだけ





戀(こい)という字を分析すれば 糸し糸しと言う心





泣いた拍子に覚めたが悔しい 夢と知ったら泣かぬのに





あなたに探してもらえるように 私の心は 隠したの





夢で見るよじゃ惚れよが足りぬ 真に惚れたら 眠られぬ





雨の降るほど噂はあれど ただの一度も 濡れはせ





女房に言えない 仏があって 秋の彼岸は 回り道






最近は 唄を忘れた カナリヤ 状態です



カラオケ 卒業して



〈都々逸〉でも始めてみましょうか





b0325317_14005051.jpg
白い トケイソウ










by nonkei7332 | 2017-05-29 15:45 | 日記 | Comments(0)



b0325317_01461552.jpg



母の日に


子どもたちと いっしょに


フラワーペーパー で カーネーション を作りました





b0325317_02114903.jpg





《 ありがとう 》




ありがとう


今日も 私の上にいてくれて


曇っていても分かるよ


宇宙へと 青くひろがっているのが




ありがとう


今日も 咲いてくれて


明日は散ってしまうかもしれない


でも 匂いも色も もう私の一部




お母さん ありがとう


私を 生んでくれて


口に出すのは照れくさいから


一度っきりしか言わないけれど




でも誰だろう 何だろう


私に私をくれたのは?


限りない世界に向かって私は呟く


ありがとう





谷川俊太郎 『子どもたちの遺言』より









by nonkei7332 | 2017-05-14 02:44 | 日記 | Comments(0)


b0325317_10162057.jpg
御島神社鳥居 と 立花山




御島 とは 神がいた 神の島でした



〈香椎潟〉と呼ばれる 海岸線があって



万葉集に 三首 詠われています




いざ子ども 香椎の潟に 白袴の袖さへ濡れて 朝菜摘みてむ


6956 大伴旅人(おおとものたびと)




時津風 吹くべくなりぬ 香椎潟 干の浦に玉藻刈りてな


6957 小野 老(おののおゆ)




行き帰り 常に我が見し香椎潟 明日ゆ後には 見むよしもなし


6958 宇努 男人(うぬのおひと)





太宰府の官人達は



香椎宮に詣る ことが 日常であったみたいです



その帰りに 香椎の浜まで来て



遊んだ思い出を詠んだ歌なのでしょう





その 香椎潟 御島 がありました



今は 島の姿はなく そこに鎮座していたであろう



神社の 鳥居 海の中に ぽつんと立っています



その 神社とは 〈御島神社〉です 香椎宮の末社 です



祭神は 綿津見神 です




この神社の由緒が 『八幡本記』には こう書かれています




香椎宮の西、浜男と云ふ所の浜、是即ち橿日浦なり。



ここより八、九町ばかり沖に大岩あり。是を御島と云ふ。



則ち、皇后のいたり給ひて、御髪をすすがせ給ひし処なり。



岩島にて其の上に御島神社の社あり。」




b0325317_10212439.jpg
御島グリーンベイウオーク 全景




香椎潟は 埋め立てや 都市開発で 綺麗になりました



今や 私の お気に入りの ウォーキングコース なのです



最近 名前がつきました 御島グリーンベイウォーク



新緑の 立花連山 眺めながら 2900M のコース






b0325317_10221443.jpg


b0325317_10224403.jpg



〈香椎浜北公園〉をスタートして 〈片男佐橋〉を渡り



〈香椎海岸遊歩道〉を歩きます






b0325317_10232851.jpg


海上の人道橋と日本最大級を誇る 〈あいたか橋〉を渡ると



〈アイランドシティ外周緑地〉最後に



〈御島かたらい橋〉を渡ってゴールです




b0325317_10240335.jpg





海岸の欄干に シロツメクサ 作った



髪飾りが掛けてありました




b0325317_10245297.jpg




神功皇后は ここで 髪を洗い 髪を結い上げて



男の髪型にしたという



伝説が残っています 三韓征伐の出発地なのです



女から 男に変わった場所なのです



頭に飾ってあった かずらを外して ここに 掛けたのでしょうか





b0325317_10252806.jpg


今日は 子供の日



戦さなどない



いつまでも 平和な国であって欲しいですね







by nonkei7332 | 2017-05-06 11:20 | 日記 | Comments(0)


b0325317_12180915.jpg
興福寺 阿修羅像




1922年(大正10年) 48


詩人は 浅い春の北の大地を とぼとぼと 歩きながら


自らの 心模様を 言葉に変えました





心象の はいいろはがねから


あけびのつるは くもにからまり


のばらのやぶ や 腐植の濕地


いちめんのいちめんの 諂曲(てんごく)模様


(正午の管楽(くわんがく)よりもしげく


 琥珀のかけらがそそぐとき)


いかりの にがさ また青さ


四月の気層のひかりの底を唾(つばき)し


はぎしり ゆききする


おれは ひとりの修羅 なのだ


・・・・





もう 何度も読んだ


宮澤賢治 『春と修羅』の詩です



ひとりの修羅として この世に立ち向かう時


憤り 怒り 口惜しさ 反芻しながら


唾を吐き 歯ぎしりをしながら 歩くしかない


そんな 心象が描かれています





冬は必ず春となります しかし 来る春は



いつも 明るい希望に満ちた春ばかり とはいえません


5年前 4


私は リハビリ病棟の窓の外から


桜の散りそめる風の姿を追っていました


テレビでは 連日 311 悲しみが伝えられていました


慣れない車椅子を右手で引きずりながら


まがりなりにも 生きている自分と


大切な人を失くし 哀切の日々を送る人達のはざまで


私も ひとりの修羅だったのでした





b0325317_12205115.jpg




遅い桜が 満開となりましたが


福岡は 連日の雨です



見る人に 花も昔を思ひ出てて 恋しかるべし 雨にしをるる



西行の歌です


桜目線で この歌を解釈すると こうなります



今年も また 私に会いに来てくれたのですね


私も あの頃のことを 想い出しています


雨に濡れているのではありません


これは 私の涙です








by nonkei7332 | 2017-04-07 13:12 | 日記 | Comments(0)


b0325317_04561769.jpg
春雷





『雷乃発声』(かみなりすなわちこえをはっす)

暦の七十二候(3月30日頃)

春の訪れを告げる雷が鳴り始める頃

「春雷」(しゅんらい)は「虫出しの雷」とも呼ばれています



深夜 目が覚めました

外は 春雷 が 鳴っています

記憶をたどって ノートから 一遍の詩をみつけだしました

『きけ わだつみの声』『日本戦没学生の手記』

田邉利宏さんの 「従軍詩集」より

田邊さんは 日本大学卒

昭和16年8月 中国華中にて戦死26歳とありました




《 夜 の 春雷 》


 はげしい夜の春雷である。

 鐵板を打つ青白い雷光の中に

 俺がひとり石像のように立ってゐる。


 永い戦ひを終へて

 いま俺達は三月の長江を下ってゐる。

 しかし荒涼たる冬の豫南平野に

 十名にあまる戦友を埋めてしまったのだ。

 彼等はよく戦ひ抜き

 天皇陛下満歳を叫んで息絶えた。

 つめたい黄塵の吹きすさぶ中に

 彼等を運ぶ俺達も疲れはててゐた。

 新しく堀りかへされた土の上に

 俺達の捧げる最後の敬禮は悲しかった。



 共に氷りついた飯を食ひ

 氷片の流れる川をわたり

 吹雪の山脈を越えて頑敵と戦ひ

 今日まで前進しつづけた友を


今敵中の土の上に埋めてしまったのだ。

        
はげしい夜の春雷である。

 ごうごうたる雷鳴の中から

 今俺は彼等の聲を聞いてゐる。

 荒天の日々

 俺はよくあの掘り返された土のことを考へた。

 敵中にのこしてきた彼等のことを思ひ出した。

 空間に人の声とは思へない

 流血にこもった喘ぐ言葉を

 俺はもう幾度きいただらう。



 悲しい護国の鬼たちよ!

 すさまじい夜の春雷の中に

 君達はまた銃剣をとり

 遠ざかる俺達を呼んでゐるのだらうか。

 ある者は脳髄を射ち割られ

 ある者は胸部を射ち抜かれて

 よろめき叫ぶ君達の聲は

 どろどろと俺の胸を打ち

 びたびたと冷たいものを額に通はせる。

 黒い夜の貨物船上に

 かなしい歴史は空から降る。

 明るい三月の曙のまだ来ぬ中に

 夜の春雷よ、遠くへかえれ。

 友を拉して遠くへかえれ。
                              



by nonkei7332 | 2017-03-27 05:15 | 日記 | Comments(0)


b0325317_22422376.jpg
尾方蝶嘉 さん




近くの 公民館で行われた

『筑前琵琶の歴史と演奏』という イベントに参加しました

講師と演者は 尾方蝶嘉 さん でした


尾方さんは

福岡県出身 福岡市在住

西南学院大学法学部卒

嶺青流筑前琵琶保存会 師範


日本琵琶楽協会会員

13歳より筑前琵琶を嶺青流流祖:嶺旭蝶、青山旭子に師事

琵琶による現代邦楽を田原順子に師事

洗足学園音楽大学現代邦楽研究所(20期)卒

2014年NHK邦楽オーディション合格

(NHKの邦楽番組に出演するのにふさわしい高度な演奏技術を有する)

(尾方さんの ホームページより)



b0325317_22565222.jpg



福岡が発祥の 筑前琵琶 です

歴史 を追いかけてみました


1200年前の話です 筑前には 琵琶を弾く 盲僧の系統があって

奈良の帝 の勅命で 佐理養 と 麻仁養 という 二人の 盲僧が

地鎮祭に呼ばれ 琵琶を弾奏したという 伝説があります

称徳女帝の頃 神護景雲2年(768)

四王寺山の麓 坂本に ひとりの男の子が生まれます

この子が17歳の時に 失明し 盲僧となって 修行を重ね

後年 九州盲僧群の中興の祖と仰がれる人となります

名前を 《 玄清法印 》といいます

筑前琵琶 の 始祖だといわれています

玄清法印 は 桓武天皇延暦4年(785)

6人の盲僧の弟子を引き連れて 比叡山に登ります

最澄 が 延暦寺を 開くにあたり 玄清達に「地神陀羅尼経」を

琵琶で奏でる事を 頼んだからだといいます

そして 長年 最澄を悩まし続けていた 悪蛇を 退散させました

三年後 坂本に戻った玄清は 成就院を建立し

嵯峨天皇弘仁14年(823) 58歳で亡くなります

こうして 筑前琵琶 は 盲僧琵琶 と 呼ばれて 後世に続いていきます

明治の中程まで 博多の町 では 人家の表に 荒神を祀っていました

祭りになると 盲僧達は 家々を回って荒神の前で琵琶を弾きながら

荒神の霊を 慰めては お布施をもらっていたようです

『荒神琵琶』とも呼ばれた 筑前琵琶 は


その後 「平家物語」などの 俗曲な 歌が作られていきます

「崩れ琵琶」と呼ばれる 新しい形式の 歌曲が 歌われるようになり

明治37年頃からは 博多の町が 筑前琵琶 一色に染まっていったのでした

博多に いくつかの 家元が生まれます

一丸智定師 (後の橘旭翁) の 〈橘流〉や 鶴崎賢定師の 〈鶴崎流〉

高野観道師 の 〈高野流〉 金時という芸名を持った 芸妓 吉田竹子の

〈吉田流〉など があります

名手と呼ばれた人といえば 高野観道師の娘 高野旭嵐 ・旭芳 姉妹 や

吉田竹子の弟子で 日露戦争後 東京で名を挙げた

高峰筑風 (娘は女優で有名な高峰三枝子)など がいます



尾方蝶嘉さんは 2013年に 旗揚げした

人形浄瑠璃を筑前琵琶で語るという日本で初めての試みである

『筑前艶恋座』の 琵琶浄瑠璃演者として

ますます 活躍の舞台を 拡げておられます










by nonkei7332 | 2017-03-11 23:35 | 日記 | Comments(0)

by ヒサミツ