ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

カテゴリ:花( 66 )




b0325317_20380641.jpg
ハナシュクシャ




私 は 今 〈白〉に囲まれています

すっかり 白くなった 頭髪の事ではありません




b0325317_20394465.jpg
雪柳




拙ブログで 日々 出会う 花を 追いかけてきました
改めて もう一度みてみると
何故か 白い花 が多い事に 驚いています
半数近くが 白い花 でした
その中から 幾つか 選んでみました




b0325317_20403425.jpg
牡丹



辛夷 ( コブシ )

朝鮮朝顔 ( チョウセンアサガオ )

梔 ( クチナシ )

百日紅 ( サルスベリ )

花縮紗(ハナシュクシャ)

風船唐綿 ( フウセントウワタ )

牡丹 ( ボタン )

花簪 ( ハナカンザシ )

大文字草 ( だいもんじそう )

雪柳 ( ユキヤナギ )

小手毬 ( コデマリ )

海芋 ( カイウ ) 別名 カラー



b0325317_20412056.jpg
百日紅



《 色見えで 移ろふものは世の中の 人の心の 花にぞありける 》
古今和歌集 小野小町

【 私 訳 】
目に見える 花の色は いつかは 色褪せていくのに
目には見えない 心の中 花の色は
いつのまに 褪せてしまうのですね




b0325317_20421431.jpg
小手毬




《 遠方の 白き花の名 知りたくて 近づけば枇杷の実をくるむ紙 》
俵万智 『風の手のひら』より



b0325317_20424733.jpg







by nonkei7332 | 2015-04-24 01:00 | | Comments(0)



網膜に映る すべての 物には 色がついています

〈空の青〉〈白い雲〉〈黄昏の夕日の紅〉〈黄色い月〉

そして 花々の色 となると まさしく 色の競演 なのです


b0325317_09590535.jpg


〈 花壇での 世話人さんとの 会話 〉

「 この 白い花 は なんと言う 名前ですか 」

『 それ からー というの 』

「 エッ 〈それから〉という 名前ですか 」

『 ちがう ちがう その花は カラー という名前 なの 』

「 すみません 聞きちがえちゃった ですね 」

「 それにしても 白い色 なのに カラー ( color ) というのも 面白いですね 」

『 それも 違うの カラー というのは
色の カラー (color) ではなくて
襟 の カラー ( collar ) の こと
修道院の女性 の 白い襟 によく似てるから ついた名前だって 』

「 ヘェ〜 面白いですね 」


楽しい 会話 でした

ちなみに カラーの花は

和名では 《 海 芋 》(かいう) と いいます




b0325317_10002422.jpg


色には 『 色彩心理 』というのがあって
確かに 修道女 の イメージ は 「神聖」 「純粋」 「無垢」
白い色 の イメージ と重なってくる
赤い襟 だったら 修道女の イメージは 完璧に 崩れてしまう

桜 の花が 赤い花だったとしたり
菜の花が 青い花だったとすると
春の季節感は
ちょっと 違うものになっていたのかもしれない

バラの花 の色 は と 聞かれたら 赤 や 白 と答えます
最近 青いバラ を 誰かが 造った といいますが
勝手に作るな というのが 私の本音 です
バラのイメージ が 変わってしまう からです



話は 変わりますが

日本には なかった
〈 色 〉の商標登録が 最近話題になっています
企業イメージ である 商標を
〈色〉にも 〈音〉にも 認める という
商標法 が 今月 改正 されたようです
すでに 多くの国では 実施されているようで
日本企業も 欧米で 商標登録しているといいます
各社とも 自社の商品の色を おそらく 登録してくるでしょう
その中で ソフトバンク が 〈白〉の登録をするという
そんな 話が 話題になっています
はたして どういう 結果になるのか 気になります



b0325317_10033220.jpg


花壇は 春の色で にぎやかです

冬の間の 色の消えた 花壇を知っているがゆえに

心の中まで 華やかに なるのです

ダッチアイリスの花 も 綺麗に咲きました








by nonkei7332 | 2015-04-18 10:09 | | Comments(0)


b0325317_14561898.jpg



ユキヤナギの花 が 終わり

桜の花 も 散ってしまうと

小手毬 (コデマリ) の 花 が咲きます



b0325317_15150564.jpg


ユキヤナギより 少し 大きいですが

寄り添うように 咲く 小さな 白い花 は とても 愛くるしい




博多弁で言えば

『 なんで こげん あいらしかとかいな 』


古くは 中国東南部から 渡来した花で

別名は スズカケ ( 鈴掛け )

小さな花が丸く集まり

小さな 手毬 のように見えるので

小手毬 とよばれました



b0325317_14572819.jpg
手毬






花言葉 は 『友情 』









by nonkei7332 | 2015-04-17 15:17 | | Comments(0)




プロポーズをされた 女性の話です

それも 一度に 何人もの 男性からのプロポーズを受けたら

どうしたらいいのでしょうか

そんな にまつわる お話です




b0325317_21483350.jpg



《 桜子伝説 》

時は 万葉の頃
桜子(さくらこ) という 美しい 娘 がいました
二人の 若者が 求愛をしたのですが
そのうちに 二人は 桜子を巡って
命をかけた 死闘を始めてしまいます
桜子は 二人に向かって言いました

「 争いはやめてください
私は二人の男の人に 嫁ぐことはできません
これ以上 私の為に 争いをやめないのであれば
私が 死ぬ事でしか 争いを止める事はできないのですね 」

そう言って 林の中で 首を吊って 死んでしまいました
それを知った 二人は 嘆き 悲しみ 血の涙の中で
想いを 歌に 詠みました


《 春さらば かざしにせむと 我が思ひし 桜の花は 散りにけるかも 》

万葉集16巻–3786

訳 : 春になったら 頭に飾ろうと思っていた 桜の花が 散ってしまいました
〈かざしにせむ〉とは 妻にする という意味でもあります


《 妹が名に 懸けたる桜 花咲かば 常にや恋ひむ いや年のはに 》

万葉集16巻−3787

訳 : 桜子という あの人の名前の桜の花が 咲くたびに 私は 永遠に 来る年も来る年も
あの人の事を思い続けるでしょう



b0325317_21455635.jpg


儚い 生死の苦しみ を桜にうつした 《 桜子伝説 》

死を選ぶことで 桜子は 〈神〉になったのでしょうか

日本の国花でもある 桜 の花言葉は 『 優美・純潔 』です

潔さ(いさぎよさ) 儚さ(はかなさ) が由来 なんでしょうね





b0325317_21441391.jpg



《 チューリップのオランダ伝説 》

昔 美しい少女がいました。
この少女に 三人の騎士が プロポーズ したのです
三人は それぞれの家宝である〈王冠〉〈剣〉〈黄金〉を贈りました。
美しく優しい少女は 大切なものをくれた彼らの気持ちを思うと
断れず 結婚相手 を 選ぶことが できませんでした
悩んだ 少女は 花の女神 フローラ に
《 私を花に変えて下さい 》と お願いしました
女神は 少女の 願い通り
「王冠」のような 花びら と
「剣」のような 葉と
「黄金」の球根をもった
美しい花に変えてあげたのでした
そして その花の 名前を チューリップ となずけました
三人の 騎士達は 生涯 その チューリップ の花を 大切に 育てたのでした



b0325317_21510818.jpg



《 オランダの伝説 》は 女神が 少女を 美しい花に 変身させることで

人々に 思いやりの 在り方を教えたのでしょうか

オランダの 国花 である チューリップ

チューリップの花言葉は 『博愛・思いやり』です



同じような 伝説ですが

〈花 〉を どのように みているのかで

その国 の 美意識 生死観 の 違い を感じます






b0325317_21501769.jpg




by nonkei7332 | 2015-04-07 21:54 | | Comments(0)


b0325317_12314634.jpg




《 願はくは花の下にて春死なむその如月の望月のころ 》

825年前 の 旧暦の2月16日 西行 のなくなった日です


如月の紅い天満月が みえないのです
志那都彦( シナツヒコ) よ
あの 昏く覆う雲を払うだけの風と
繚乱の花を散らすだけの風を
一刻の間だけ 私にくれないだろうか
西方の彼岸の旅にでかけた
漂白の歌人を 弔うために
今夜は 花の香 に吸い取られように
共に 酔いたいと願っているのです

《 思ひきや 富士の高嶺に一夜寝て 雲の上なる月を見んとは 》

阿漕の恋を 私にも話せと言うのですか
想いを 三十一文字に散らすなどとは
それは 私の流儀ではありません
秘すれば花
散った花は 酒の香に混ぜて 飲みほしてあげましょう


《 津の国の 難波の春は夢なれや 蘆の枯れ葉に 風わたるなり 》

死にゆく時を 決めた だけでなく
花の下とまでいったのだから
なぜ もう一つの希みを
いえなかったのですか

そう 津の国の 桜の下でと

ここは 津の国 桜満開の夜
シナツヒコ の風も 心地よく花を散らせ
皆既月食の 紅き 望月の下で
酒を交わしなから
その 魂と語りながら
あなたを 一人 偲んでいます

酔いを理由に 一つだけ 聞いていいですか
恋 も 革命 も 捨てた 生涯でしたよね

最期に あなたに残ったものは 何だったんですか



b0325317_12325796.jpg


《 何ごとのおわしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる 》







by nonkei7332 | 2015-04-04 07:48 | | Comments(0)

b0325317_16562127.jpg


寒風を 耐えた『 芝 桜 』派手じゃないけど とても 可愛い。



b0325317_11062906.jpg

『 チューリップ 』 もうすぐ 君達の季節だよ



b0325317_11072229.jpg

b0325317_11074359.jpg

『 辛夷の花 』 青い空に 白 が映えます



b0325317_11081685.jpg

何の花なのか 名前がわかりません


『 紅色常盤満作 』(べにいろときわまんさく) でしょうか?



b0325317_11092087.jpg

ピンクの『 桃 』 満開です




b0325317_11094803.jpg

紅白 の『 桃 』




b0325317_11101908.jpg

可憐な花 『 ユキヤナギ 』



b0325317_11104839.jpg

『 山桜 』すでに 満開ですね



b0325317_11111840.jpg

『 ヨメイヨシノ 』は これから 本番です




b0325317_11114483.jpg

今年 最初の お花見三人組 女子大生


写真を撮ってあげた お礼に一枚 撮らせてもらいました

今日見た花で 一番綺麗な花 でしたよ







by nonkei7332 | 2015-03-27 11:16 | | Comments(0)


b0325317_00013858.jpg


《 難波津に 咲くや此の花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花 》

【 通釈 】
難波津( 博多津の国 )に この花( 梅 )が 咲いたよ

冬の間はこもっていた花が いよいよ春だよと

この花( 梅 )が咲いたよ.


この歌は 「百人一首」の 始めに歌われる 序歌 です

『古今集仮名序』の古註には

難波津の歌」は 大鷦鷯(おおささぎ)帝(仁徳天皇)の御代の初めを祝う歌である

仁徳天皇が 難波( 博多津の国 )で 皇子であられた時

弟皇子と春宮の位をたがいに譲り合って即位なさらず 三年も経ってしまったので

王仁(わに) という人が気がかりに思い、詠んで奉った歌である。

この花とは 梅の花のことです

(王仁:百済から帰化した学者)




b0325317_00371188.jpg
博多人形 「木花咲耶姫」






日本神話に出てくる女神 木花咲耶姫 (このはなさくやひめ)


この歌の中にかくされています


木花咲耶姫は アマテラスの孫 ニニギノミコト(瓊瓊杵命) の妻であり


あの 海幸彦 山幸彦 の母 です


山幸彦の孫が 神武天皇 です


この歌は 古代倭王朝の事 を 詠ったものでしょう





b0325317_00073222.jpg
太宰府政庁前 (模型)




万葉集 には 119首もの 〈梅の歌〉が詠まれています

特に 天平二年正月の十三日

太宰府の 大伴旅人 邸にて催された 宴において

それぞれの参加者が 梅を題にして詠った 32首 の梅の歌(5巻 815~845)を 読むと

あたかも 其処に 同席している 想いにかられるほど

優美な世界に引き込まれていきます

やはり 万葉の古都とは 筑紫の古都だと 思わざるを得ないですね




b0325317_00092662.jpg






by nonkei7332 | 2015-03-17 00:10 | | Comments(0)


b0325317_15300429.jpg


《 ユキヤナギ 》

去年の春 雪が降り積もったように 満開に 咲いていました



b0325317_15304426.jpg


〈フジノピンク〉といわれる 品種の ユキヤナギ です
今年も 赤い蕾から 真っ白な 花を咲かせてくれました
遠くからみると 淡いピンクに見えます
この花は いろんな 別名をもっています
〈小米花〉〈小米桜〉〈小米柳〉〈えくぼ花〉
中国では 〈噴雪花〉(ふんせつか) と呼ばれています




b0325317_15312081.jpg



冷たい風の中 子供達の 薄紅梅の 頬っぺた のように

キラキラと 愛くるしい 小花が 輝いています




b0325317_15310065.jpg



ユキヤナギ の 花言葉 《 愛らしさ 》




b0325317_15313640.jpg


私の 花暦 によれば

〈 ユキヤナギ 〉とが咲くと

もうすぐ 〈 辛夷の花 〉が咲きます









by nonkei7332 | 2015-03-13 15:34 | | Comments(0)


b0325317_10053547.jpg



いつも 散歩する 100年公園の真ん中に
私が 《神の木》と勝手に名ずけた 一本の 古木がある
いにしえの 淡路の海 を望み 黙して語らずその風貌は
この公園の君主のようだ
この時期 春の若葉は赤みを帯びて とても 美しく
膨らんだ 蕾も 5月には 花をつける

木の名前は《 タブノキ 》

シイ・カシとともに、照葉樹林の代表樹だ
沿海地に多く 大木は30mにもなるという
古代より 舟材として使われていたという
朝鮮語の方言における トンバイ(独木舟) がなまって タブとなり
タブを作る木とする説がある


b0325317_10234865.jpg
タブノキの花



《 礒の上の 都万麻(つまま)見れば 根を述へて 年深からし 神さびにけり 》
大伴家持 万葉集19巻4159



【 通解 】
岸のほとりの つまま(タブノキ)を見ると
根を伸ばしていて 随分と年を経ている木のようだが
なんと 神々しい姿だろうか

【 解説 】
都万麻 (つまま) は タブノキの古名とされ
万葉集の中には 家持の歌の一首だけしかない



b0325317_10071415.jpg





朽ちかけた 幹にも 新芽が 輝き やがては 咲く花をまちながら

何を 夢見ているのだろうか

かつて 共に群がり 民を護った 鎮守の森の 子供達の遊び声か

それとも 遠い日の 海の向こうからきこえる 故郷の 母の子守唄か

《神の木》は 今日も


淤能碁呂島(おのごろじま) = (能古島) を 眺めながら


静かに 海神(わたつみ)の歌を聞いている





b0325317_10074797.jpg



by nonkei7332 | 2015-03-03 10:13 | | Comments(0)



一雨ごとに 暖かくなる頃の 雨を

『 木の芽おこし 』といいます

雪が 雨に 変わるころ

寒さを 耐えた 草花達 が 芽を覚まします



b0325317_21071900.jpg

古木の『 梅 』 には 春告鳥 (うぐいす) が 似合います





b0325317_21075725.jpg

『 福 寿 草 』

またの名を 「 元日草 」 「朔日草」 といいます




b0325317_21085117.jpg

『 大 文 字 草 』

花弁が開くと人が手を広げたような「大」の字に見えます




b0325317_21093157.jpg


『 ムスカリ の 花 』

別名 ブドウヒアシンス




b0325317_21100265.jpg


『 ルピナス の 花 』

藤の花 が 逆さにさいてるみたいなので

「 昇 藤 (のぼりふじ)」とも 言われています





b0325317_21110121.jpg

『 シネンシス の 花 』

中国産のサクラソウ という意味らしいです





b0325317_21113514.jpg


『 紅 侘 助 (べにわびすけ)』

といいます







by nonkei7332 | 2015-02-11 21:26 | | Comments(0)

by ヒサミツ