ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

カテゴリ:古代史( 87 )




b0325317_16002564.jpeg
厳島神社 客神社




お客様 神様です



歌手の〈三波春夫〉が 1961 舞台から客席に向かって



感謝の意で 放った 言葉です



それ以降 この言葉は サービス業の新人教育に使われたり



悪質なクレーマーの常套句として使われたり



今や 一人歩きしているのですが




さて 日本の神社 には



》という名前で呼ばれる神の存在があります



〈まろうどの神〉とか 〈渡来神〉とか言われている神です




太古より 世界中の至る所で 民族の違いによる 紛争は今も絶えません



東アジア では 大陸においても半島においても



国家間の覇権争いが 古来より 絶え間なく行われ



殺戮の繰り返しの歴史だったようです



特に 敗者の運命は悲惨なもので 王家の親族はもとより



軍人 住民に至るまで 将来の報復を恐れて 根絶やしといって



何万人という人たちが殺されていったのでした



死を怖れて 追い詰められた人々 山の奥深く逃げたり



死を覚悟して 荒海に 身を任せ 海の向こうに 夢を繋いだのでした



この列島に 海を越え 渡来して 移り住んだ 人々の多くは



こういった 戦争遺民 だったといわれています



渡来人達は 先住民 との 多少の軋轢はあったものの



概ね 同化 していったのでしょう



渡来人は 多くの恵みをもたらしました それは 水稲 であり でした



こうして 縄文 から 弥生へと 人々の暮らしは 変わっていきます



各地に 小国が林立し 小国同士の争い(倭国大乱)が起きましたが



卑弥呼によって統一 。卑弥呼死後に(狗奴国の乱)などの



内乱はあったものの 卑弥呼の宗女 台与に再び 倭国は統一。



弥生時代 倭国での内乱では 統治者は変わるものの



根耐えしみたいに 民衆を殺めることなどはありませんでした



渡来人の記憶のなかに 悲惨な戦火の連鎖を繰り返さないという



魂の叫びが 残されていたのでしょうか




唯一 敗者に強いられた事といえば 勝者の祀る神への 従属です



しかし 勝者は 敗者への配慮も忘れてはなく



勝者の祀る神社の中に 敗者の祀っていた 神を 残したのでした



《 客 神 》と呼ばれる神 がこれです



末社 とか 摂社 の中に 祀られていることが多いみたいです




神社の祭神の多くは 王朝の変遷や 国体の移り変わり



欲に駆られた神主の横暴などによって



書き変えられたり 消されたりしています





百嶋神社考古学研究会



百嶋由一郎氏 (19282013)という稀有の神社考古学者が遺した



神代系譜 肉声テープ 手書き資料などをもとに



神社の祭神や伝承を追いかけながら 北部九州古代史の真実を



探求する 研究会です



研究会の末席を汚している私ですが



昨年は 何度か神社探求のトレッキングに参加させていただきました



〈神社の位置する地形〉〈鳥居〉〈扁額〉〈社殿建築様式〉〈社紋〉



〈摂社・末社〉〈本殿の千木〉〈地元に残る祭り・伝承〉など



由緒書きにはかかれてない 謎解きは 楽しい作業でした



多くは 朽ち果てた 神社ではありますが



かつてそこに鎮座した 地主神 と村人達の 祈りと豊穣の歌声が



木々の間から 聞こえてくるようでした





〈客神〉は 時を超えて



私達に 何を望んでいるのでしょうか





by nonkei7332 | 2018-02-08 16:54 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_18181787.jpeg

青森県西津軽郡深浦金ヶ沢 の 日本最古と言われる 大銀杏

樹齢 1000年 樹高 40メートル 幹回 20メートル





この漢字 《公孫樹》を 〈いちょう〉と読める人は少ないでしょうね



普通は 〈銀杏〉と書きます



食用にされている は(ぎんなん〉誰もが知っています



各地にある 銀杏並木 晩秋の街並みには 欠かせない風景です



一般には この 成長するのに長い時間がかかります



祖父が植えると その樹に実がなるのは



孫の世代になってからという事で



《公孫樹》と言う字が つけられたといいます





b0325317_17521085.jpeg
銀杏並木




30年前位でしょうか



散歩がてらに自転車に乗って 那珂川町の中ノ島公園まで行きました



那珂川の砂地になった中洲で 三枚葉の銀杏の若芽を見つけました



10センチくらいの苗木でした



上流の銀杏の樹になった実が 流されてきて根ずいたのでしょう



まるで 私に見つけて欲しかったのような 思いにかられ



うちに帰って 小さな鉢に植えた置いたのです




b0325317_17531426.jpeg
イチョウの苗木



b0325317_18192798.jpeg
あの苗木が 成長しました

2015年 の イチョウの苗木



b0325317_18203269.jpeg
こんなにも 大きくなった

今年 正月 の イチョウの 苗木






銀杏は 中国原産の樹木です



ではいつ頃日本に渡ってきたのでしょう



通説では 銀杏の木は仏教伝来とともに日本にきたといわれています



仏教公伝 538年ですが 本当のことは誰もわかりません



418年に 仏教は九州王朝に伝来した』という説もあります



実は 中国の魏呉蜀の三国時代に 漢族の公孫氏という豪族がいて



公孫氏三代(度(たく)・康(こう)・淵(えん))が 50年にわたって



遼東半島以北を治めていました 〈公孫康〉の 時期には



倭国を内属していた時期もあり その後 〈公孫淵〉は 燕王を名乗り



魏から自立しますが 238 魏の反撃で 滅亡してしまいます



魏志倭人伝に拠れば



公孫氏滅亡の翌年 239 倭国の使節が 魏から



《親魏倭王の金印》(別名 卑弥呼の金印) を授かっているのです



(志賀島で見つかった 金印 とは 別の金印です)



ということは 公孫氏 と 倭国は



それなりの繋がりがあったとしても おかしくありません



〈晋書〉には 倭の女王卑弥呼の事が書かれており



出自は公孫氏だったという 解釈もあるくらいです



さて 話を 公孫樹 に戻します



公孫樹 公孫氏の名前からそう呼ばれるようになった



そんな説は どこにもありません



文献に ないからだけで 誰も知らないだけかも知れません




これから 全て根拠のない 私の妄想です



公孫樹 を日本に 根付かせたのは 実は 卑弥呼だった』



卑弥呼 滅亡した 先祖を偲んで 背振山麓に 公孫樹を植えた



卑弥呼の墓は 背振山麓にあり 「親魏倭王の金印」も そこに眠っている』




1800年まえの 誰も知らない 公孫樹 の謎。



30年前に 私が 見つけた 背振山麓 那珂川で見つけた 公孫樹 の苗木



私の 海馬(脳) の中で 過去と未来が 繋がったみたいです



眼を閉じれば



1000年後 私の子孫の 子供達が



大樹と育った あの苗木の 公孫樹の 楽しそうに 遊んでいる


そんな声が聞こえてきます





b0325317_17563274.jpeg
中国陝西省の西安の南東にある終南山の仏教寺にある

樹齢1400年 の 公孫樹の大木








by nonkei7332 | 2018-01-09 18:41 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_11415347.jpeg



一つ松 幾代か 経ぬる吹く風の音の清きは 年深みかも


万葉集 61042 市原王



私訳〉


一本の老松よ あなた いったい どの位の歳月を見て来たのですか



吹く風の音が 清らかなのは 長い歳月を見て来たからなのでしょうね




千木の長 と呼ばれる〈松〉の木です



日本人の魂が宿る 神木 なのでしょう



年の始めには 多くの 神事が行われますが



そこでは はいつも 神の使いとしての存在があります



年男 やる重要な仕事として《 御松迎え 》がありました



山に入って松の木の枝を伐ってくることでした



歳神を迎える 門松 をつくるためでしたが 地方の家々では



門松を作る前にはこの松を 納屋や馬屋の入口や 台所に棚をつくり



神酒などを供えました



ところによっては そのものを 神棚に 祀り 御松様 として



供え物を並べたようです そのものが 歳神 だったのです



その松の姿は 《 三 階 松 》です





b0325317_11440584.jpeg
鏡板の松





能舞台の 鏡板の松 〈三階松〉です



橋掛かりの白洲には



一ノ松、ニノ松、三ノ松 と三本の松が植わっています



能舞台に 描かれた 松の姿。



世阿弥の魂の中には 何が視えていたのでしょうか





b0325317_11444458.jpeg
今宮神社 の社紋



三階松 社紋とする 神社が 各地にあります



その中でも 私が 印象に残る 神社は



高良下宮社



宮地嶽神社



今宮神社(京都紫野)




b0325317_12032254.jpeg
三階松紋




三階松紋 は九州皇統王朝の紋 だといわれています



故百嶋由一郎先生も 三階松 については



『 九州王朝でも 第7代孝霊、第8代孝元、第9代開化として



表現された 紀氏系の正統皇統九州王朝の大王の流れである 』



といわれています




この三代の天皇の御名には 〈日本根子彦〉という



同じ名前がつけられているのです




孝霊天皇=日本根子彦太瓊尊(おおやまとねこひこふとにのみこと)




孝元天皇=日本根子彦国牽尊(おおやまとねこひこくにくるのみこと)




開化天皇=日本根子彦大日日尊(わかやまとねこひこおおひひのみこと)






b0325317_11495007.jpeg
国東 奈多八幡宮 の 松





隠された 真実の歴史を 〈松〉は教えてくれています










by nonkei7332 | 2018-01-03 12:30 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_14291535.jpeg
鬼の面


いよいよ 今年も カウントダウン です



正月 といえば 古代から 行われて来た 祭事があります



》(ついな) と呼ばれています



追儺とは 大晦日(旧暦1230日)の宮中の年中行事であり



平安時代の初期ごろから行われている 鬼払いの儀式



「鬼やらい」「儺やらい」と呼ばれている とあります




もともと 正月 とは 村人 歳神 を迎えるための祭事だったようです



民俗学者 「折口信夫」よると



歳神と言ふのは 毎年春の初めに 空か 山の上から 来る神で



年の暮れに 村人が歳神を 迎へに行く』と書いています



大晦日に 山に登って 日の出を見る 〈御来光〉もこれが起源でしょう



正月の門松も 歳神が 家を間違えないようにと作られた 目印でした



それでは お迎えした とは なんだったのか



折口は 〈まれびと〉とか 〈常世神〉と言っていますが



それは 海を渡って来た 先祖神 だったのです



一年の豊作と幸せを 村人にもたらす 先祖を祀り



厄災を祓う 神事こそが 正月だったのです



追儺》とは 本来 儺=鬼 を追慕する神事 〉だったのですが



いつの頃か 儺=鬼 を追い払う神事 〉へと変わっていったのです



ここに 古代歴史の 隠された 真実 があるようです



とは 〈儺の国〉きらびやかな かつての九州王朝 です



畿内藤原王朝にとっては 歴史から消さなくてはならない



復活させてはならない 恐るべき 存在だったのです



全ての厄災は 九州王朝 の祟りだと決めつけ



その存在を 〈鬼〉にしてしまったのでした



藤原広嗣の乱 菅原道真 に対する 異常なまでの 報復や修正は



それを 物語っています



追儺 の神事は 後世 節分祭 に同化されました



今でも 「鬼は外」と 言って 鬼を祓う 行事として残っていますが



古代の 村人は 「鬼は内」と言って 先祖を迎えたのです



この 矛盾 に気がつかせないほど 畿内王朝の 見事なほどの



歴史隠蔽 現代も引きずっているのです




明日は 冬至 です



かぼちゃ (南瓜) 食べて 柚子湯 に浸かって



〈一陽来復〉に 感謝しましょう



http://hisamitsu.exblog.jp/25202634/ 一陽来復については クリックして下さい




by nonkei7332 | 2017-12-21 15:15 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_06390489.jpeg
志賀海神社 左奥に見えるのが 摂社 今宮神社



私が大好きな 神社 ナンバーワン



志賀海神社 》です



志賀海神社 の創建 は明らかではありません



祭神は 綿津見三神 となっていますが 伝承によれば



もともと 勝馬 に鎮座していた 沖津宮 仲津宮 表津宮



1800年前に 勝山の麓(現在の地)に遷座したとされています



志賀海神社 には 〈摂社〉が 四社 ・〈末社〉が 十九社 あります



摂社 沖津宮(勝馬)・今宮神社・弘天神社(弘)・大嶽神社 (大嶽)です



この中で 今宮神社 だけが 何故か 志賀海神社 の境内 にあります



これは 想像ですが 現在地に遷座される前には



ひょっとすると 現在社殿のある場所には



今宮神社が すでに 鎮座していたのではないかと思えます





b0325317_06432517.jpeg
今宮神社




今日は 《今宮神社》について 考えてみます



由緒書きによれば



祭神は 宇都志日金折命 : (うつしひかねおりのみこと)



住吉三神 : 安曇磯良丸をはじめ神孫安曇諸神



となっています






b0325317_06423250.jpeg


さて 主祭神の 《宇都志日金折命》とは 誰のことでしょう



安曇磯良をはじめとする 安曇族の祖神 とされている 神です



宇都志日金折命 とは 奴国王大幡主 の皇子



〈豊玉彦〉のことなのです




豊玉彦 と 櫛稲田姫 とに生まれたのが 鴨玉依姫



鴨玉依姫 彦火火出見尊(ウガヤフキアエズ) こと 山幸彦



間に生まれたのが 安曇磯良 だと いわれています



豊玉彦の孫 が安曇磯良 なんです ( 百嶋系図参照 )





b0325317_06442790.jpeg







さて 今宮 とはなんでしょうか (辞書には)


新たに生まれた皇子。


本宮から神霊を分けて 新しく祭った神社(別宮)


若宮・新宮(しんぐう)。



とすると 現社殿のある 場所には


今宮神社こと 豊玉彦を祀った 別宮があったのではないか


豊玉彦の 海の活動拠点として 志賀島の 存在が浮かび上がります


陸の拠点といえば そういえば


海の中道の根っこには 安曇郷 と呼ばれた 新宮町 ありますね



安曇磯良 を始めとする 安曇の故郷 志賀島


実は 祖父 奴国の皇子 神武天皇を支えた


豊玉彦(ヤタガラス)の 一大拠点 だったのです








by nonkei7332 | 2017-12-12 08:40 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_21573262.jpeg
三隈川



小春日和の週末 日田に行きました



バスが 朝倉付近に通る時



車窓から 災害地の 削り取られた 山肌や



流木が覆われた 傷だらけの町の景色が 目に入ってきます



朝倉 杷木 を通り 右手に 夜明ダム を見ながら



バスは 盆地である 日田の町に入って行きます



日田は 林業の町で 天領であった古い町並みが残る 豆田地区には



多くの観光客であふれていました



町の主役は 町の真ん中を流れる 鵜飼で有名な



九州一の大河 筑後川の 上流です



日田の人々は この川を 《 三 隈 川 》(みくまがわ)と呼び



郷土の川として 誇りを持っていて 決して 筑後川とは言わないのです




b0325317_21584955.jpeg



日田 と三隈 の地名は 「豊日記」「豊後国志」に 記述されている



『日と鷹の伝説』に隠されています




日田盆地が 大きな 湖だった頃



ある日 東から 大きな鷹が飛んできて 羽根を水面につけると



大きな波が起こり 夜明(夜明けダムの地名)が決壊して



湖水は 筑後川に流れていってしまいました 鷹は北へ 飛んでいきます



後に残った干潟には 日隈 ・月隈・ 星隈 という



三つの丘だけが残ったのでした




日田郡 の以前の名前は 日高郡 といっていたそうです



日高 日鷹 ヒダカ 日田 に訛ったという説があります



残った三つの丘 を三隈といって 三隈川 の名前になったのでしょう



この昔話は 古代史ファンには とっても 魅力ある お話です



まず 地名の 〈隈〉について



百嶋先生 はこんなふうに話されています




隈とは集落という意味です この隈を使う人々が



九州王朝の招きでこちらのこの地区に異動してきた人々で



この地区とは筑後川流域を連想し てください



日の隈 なんなんの隈が沢山ある 小郡市にも



なんなんの隈が沢山ある・・・』




〈隈〉と言われる種族が 東から(南からという説もある)やってきて



筑後川流域に住み着いた やがて その勢力は 北へ向かう



福岡にも 月隈 ・干隈 ・雑餉隈 など 隈の地名はあります



〈東から飛んできた鷹〉いったい どんな種族だったのでしょう



考えられるのが 秦氏 ですね



はた 日田 ひた になったという説もあります



秦氏 新羅系の渡来人で 豊前 を拠点にした人々です



秦氏の頭領 金山彦 その血を受け継いだのが 新羅の王子



天日鉾(アメノホヒ) こと 素戔嗚(スサノウ) だったのです



これらの 隈の種族が 神武九州王朝 を支えていきます





日田の人々の あらゆる苦難にも耐え抜いてきた



古代の血の誇りが 三隈川に残っているのです



b0325317_21544444.jpeg



帰りの 「駅の道」で 日田の 南部中学校の子供達が



災害支援の募金活動を行なっていました



カメラに写った 子供達の 一人一人の顔を見てください



なんと 素晴らしい いい顔をしているのでしょうか



日田の町の 最高の御土産をいただいたようでした








by nonkei7332 | 2017-12-01 22:44 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_11262984.jpeg




真鍋大覚さん 「灘の國の星 拾遺」



記事の中で 何度か 引用させて頂いていましたが



今回 絶版 となっていた 「灘の國の星」が 再版されました



初版が 昭和57331 となっています



「灘の國の星 拾遺」の方は 昭和60330 が初版です



欲しかった 本でしたので こうやって 二冊並べてみると



嬉しさがこみ上げて来ます




読みこなすには かなり 難解な 本ではありますが



処処に エッと思うような 初めて知る 知識が散りばめられています



それは まるで 夜空を 埋め尽くした 星の中から



ひと光の 自分の星を見つけたような 喜びでもあります




この本との出会いは



ブログ『ひもろぎ逍遥』の 綾杉るな さん との出会いでした



真鍋大覚の世界を ブログの中で 勉強会の中で



数多く 教えていただきました



実は 「灘の國の星 拾遺」を 手にしたのも 綾杉さんから



那珂川町の図書館に まだ 在庫があるかもしれませんよ と



入手の仕方まで 教えていただいたからです



しかし 「灘の國の星」は何処にもありませんでした



那珂川町 に 再販を 強くお願いしておられたのも 綾杉さんでした



真鍋大覚研究の第一人者である 彼女が



「真鍋ノート」という 項目別の ファイルを作っておられるのを



知っておりましたが 最近 ブログ「ひもろぎ逍遥」の中で



「真鍋ノート」を 公開されているの知りました



愛読者として 嬉しい限りです





秋の夜長 ジャスミン茶 飲みながら



遠く 古代の人々の 星に託した 祈りの世界に 想いを馳せる



私の 至福の刻 でもあります





b0325317_11274469.jpeg
真鍋大覚 氏 の プロフィール






by nonkei7332 | 2017-11-04 12:23 | 古代史 | Comments(0)


b0325317_22571583.jpeg
那珂川 と 背振山





遠い記憶です



季節 は 晩秋



朝早く 起きて 庭にでると 霜柱が立っていました



民家の屋根の上から 《背振の山々》が見えます



山頂付近には 雪が降ったのでしょう 白く輝いていました



背振 白くなると 雪が近いぞと 冬支度を急いだものです



背振山 私の原風景のひとつです





b0325317_22582789.jpeg
比叡山 延暦寺



これまで 私は



〈比叡山〉〈信貴山〉〈英彦山〉〈国東〉と



神仏習合の霊山を訪ねてきました



いずれも 修験道の霊場でもあり 山の神が御座する



《なにごとのおわしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼれる》と



西行法師 が歌ったような 聖地でした



年内 には 白山 (石川県) 行く予定にしています



これらの地を訪れるたびに思うことは



仏教伝来 神仏習合 以前には これらの地には どんな神が



祀られていたのかという 素朴な疑問でした



そんな中でも とても気になる 存在が 在ります



それは 白山 です





b0325317_22593977.jpeg
白山市 から見た 白山の山並み




遠い昔 この国の住む人々の前に



南の海を越えて渡来してきた がいました



人々は それらの民を客人(客神) と呼びました



幾たびとなく 訪れる海人達 船を操り わずかな平地で稲を植え



海岸線伝えに 多くの村を作っていったのでした



多くの海の幸をもたらした 《海の神》です



やがて 北の海を渡って 鉄を作る 客人(客神)たちもやってきました



山に入り 鉄をつくり 里に降りてきては 鍬や鎌の農具を



そして 山の幸をもたらした 《山の神》です





b0325317_23141684.jpeg
百嶋 系図




白山 とは 白き神の住む山 です



白き神 《菊理姫》(くくりひめ) 《白山姫》(はくさんひめ)と



呼ばれる 女神でした



百嶋説 》は 菊理姫 天御中主神 (アメノミナカヌシノカミ) だとします



古事記 には まだ 天地も定まらず 混沌とした時に



最初に現れた 宇宙根源の神だと書かれています



造化三神 と呼ばれる もっとも最初に出てくる中心神です



それに 続く 二神は



高皇産霊神 (たかみむすひのかみ)



神皇産霊神 (かみむすひのかみ) です



《百嶋説》では 高皇産霊 高麗 大伽耶国の王 高木大神 とします



神皇産霊 倭の奴国王 櫛田の神 大幡主神 とします




系図を見るとわかるように



天御中主 大幡主 の伯母にあたります



主(ぬし)の神々 白族 と呼ばれ



豊玉彦(豊玉主) 大国主 事代主 なども 博多を中心に展開した



あの 奴国 (春日市 那珂川町) の神々 なのです




百嶋研究家 の中には 天御中主 〈中〉は 那珂川の那珂 ではないか



という説を言われる方もいます そうだとすると



天御中主・菊理姫・白山姫 の坐した山とは



那珂川 の水源の 背振山 なのかもしれません





真鍋大覚 さんは 『儺の国の星 拾遺』の中で



〈儺〉或いは 〈奴〉は 夏を知らぬ残雪の形容であり



花の白さの形容である また



倭人伝に出る 奴国、日本書紀に出る 儺縣(なかのあがた)の



“ぬ“ “なか” 韓語 nun(ヌン) 即ち 〈雪〉或いは



霧雲の過冷却状態 即ち 〈霧氷〉のことである



と書かれていて



かつての 背振山 かなり雪深き 白き山であったようです



古い記録によれば 背振の雪が 6月まで残っていたともいいます





石川県の白山連山 朝鮮半島の北にある 長白山(白頭山)



古代 倭人 移り住んだ 土地から見えた だったのかもしれません



故郷 奴国 にそびえる 白き山 背振山 を偲んで



つけた 名前ではなかったのか





b0325317_23020707.jpeg
東山魁夷 『 白い朝 』





私の 海馬の奥深く眠る 記憶は



幼き頃の 背振の景色 と 古代 白き神の住む山を



繋いでしまったようです




菊理姫 の里 》それは 背振の山々 だったのです











by nonkei7332 | 2017-10-19 23:46 | 古代史 | Comments(0)

b0325317_20424989.jpg
筥崎宮 の境外末社となっています

b0325317_20431687.jpg
沖浜恵比須神社 正面から




大きな神社には 頓宮 (とんぐう)とか 御旅所 (おたびしょ)



とか言われる場所があります



年に一度の御神幸の時に 神輿はここで休みます



なぜそういった場所に 決めるかと云えば



そこが


伝承上ゆかりの深い場所であるとか



祭神に近い神が鎮座される場所であるとかだからです



筥崎八幡宮 の頓宮は 浜宮 と呼ばれ 大鳥居 高燈籠のある 側にあります



黒田四代藩主 綱政 が寄進したものです



それまでの頓宮はと云えば



博多大浜の沖浜恵比須神社でした



毎年 盛大な神幸渡りだったようです 毎回 博多の課役として



新船三艘を造り それに三神を乗せ 衣冠の装いをした神官達が



音楽を響かせながら 海を渡っていったといいます




b0325317_20440998.jpg
社殿 正面


b0325317_21091860.jpg

本殿に掛けられた 吊り灯籠
社紋は 〈三つ蔓柏〉
恵比寿紋 です




貝原益軒 筑前国続風土記 の中で



沖浜恵比須神社 のことをこう書いていました




・夷社


博多の北の海辺濱口に在。沖浜の夷の社是なり。



この社も 昔は 今の社地より東南の方に在しならん



今は海辺もはるかに築出したれば



今の社のある所は昔の海中なるべし



昔は 箱崎八幡宮の御旅所にして八月十四日に此所まで



神輿渡りたまひしという。



櫛田祇園の神輿も六月七日此所に渡御ありて



十三日に本社かへり奉りしと云。





筥崎宮 櫛田宮 二つの大社の頓宮 であった



〈 浜沖恵比須神社 〉



今は 朽ちかけ 鉄格子に囲まれた 神社になっていますが



博多の夷 の本家本元は



この 沖浜宮 だったのです



b0325317_21065544.jpg
右上に 浜夷 と書かれているのが 沖浜宮です
江戸時代の 博多古図 です


そもそも 筥崎宮も 八幡宮の元宮 〈大分宮〉の頓宮であったのです



延喜二十年(921年)託宣がおり お汐井とりの場所として



ここに新宮を建てたといわれています



百嶋神社考古学では 正八幡 櫛田の 大幡主神 だとします



大幡主 事代主 深いところで 繋がっていたのでしょう




かたや 近年(昭和27年)出雲大社から 大国主 勧請し



神社庁の看板神社となった 〈十日恵比須神社〉



なんでも揃えれば 良いというものではないでしょうに



かたや 誰も訪れる人も無く 朽ち果てた 〈沖浜恵比須神社〉



時代の流れといえばそれまでですが



何か 間違っているように思えるのは 私だけでしょうか。



櫛田宮も 筥崎宮も どんな風に 考えているのでしょうか










by nonkei7332 | 2017-09-09 21:37 | 古代史 | Comments(0)

b0325317_09500053.jpg
十日恵比須神社





夷神社・戎神社・胡神社・蛭子神社・恵比須神社・恵比寿神社



恵美須神社・恵毘須神社



みんな (えびすじんじゃ) と呼びます



祀っている祭神は 事代主神 (ことしろぬしのかみ)です



いろんな 書き方が あるのは この神 出自 のせいでしょうか




b0325317_09511438.jpg
十日恵比須神社 社殿



博多で 恵比須神社と云えば



〈十日恵比須〉と誰もが 言います



毎年 18日から11 まで 正月大祭 では



かなりの人出で 賑わいを見せます



夷(えびす)と呼ばれる神が



いつの間にか 商売繁昌の神様に 成り下がってしまっています



真実の 博多の夷 とは 何なのか



まずは 十日恵比須神社の真実から 調べてみました





福岡神社参拝帳 に 由来と沿革 がこう書かれています



十日恵比須神社は、



天正十九年(1591年)正月三日、



香椎宮大宮司武内家隠居、五右衛門と申す者、



香椎宮、筥崎宮に参拝し、浜辺通り潮先において



ゆくりなく夫婦恵比須神の御尊像を拝し



恐懼奉戴して自宅に奉斎せしが、



これより武内五右衛門商売繁昌するに至り、



いよいよ御神徳をかしこみ、翌文禄元年正月十日新社殿を営み、



十日恵比須と称し祭祀を厳修す。



これより世人聞き伝え庶民の賽詣年と共に殷盛となり、



天和元年(1681年)には更に御社殿を壮麗にし、



益々社運の隆昌を見る事と相成った。



更に明治四十年(1907年)、広く崇敬者の浄財に依り御社殿の改築、



同四十三年に閑院宮御台臨の建物を買収し、開運殿と名付け



開運お座を開きしより御神徳を仰ぐ参拝者激増の一途をたどり、



ついで昭和二十七年十月、御父神、大国主大神を出雲大社より勧請。



昭和四十三年に宏大な現社殿を新築。同年七月神社本庁より



「別表に掲げる神社」に加列相成り、



現今西日本屈指のえびす祭りとして暄伝せられるに至った。




b0325317_09521872.jpg
拝殿




武内家 武内宿禰 の末裔だといわれています



香椎から 博多の橋口町に移り 古くから 漁業を営んでいました



漁の神様である 恵比須様への 信仰心が篤かったのでしょう



さて 十日恵比須神社 現在 県庁に隣接する東公園の脇にあります



沿革を読むと



あたかも 創設から この地に鎮座しているかのように書かれていますが



それは 間違いです



五右衛門が 祠を祀ったのは もっと海寄りの 筥崎の松原あたりでした



寛政年間の古書にはこう書かれています




『この 夷社は 〈松原恵比須〉と 呼ばれ 元来 博多澳の恵比須なる由。


櫛田社人が支配せし博多七社の恵比須の内の一つなり。


当村(那珂郡)神主の支配なり云々』



また 貝原益軒 筑前国続風土記 には



『崇福寺の東にあり 澳の恵比須とは事代主命を祭る小社』



と書いています


つまり 社殿は 200年近く あまり目立たない



崇福寺東の松原の中にあって 参詣するものも



一部の漁業関係者だけだったのだろうと思われます



明治9 東公園が できた頃 博多の実業者達のはからいで



松原恵比須 小社今の場所に移されました



無資格社 だったので 正月十日の祭典以外は



ほとんど 参拝者もいなかったといいます



恵比須像も 普段は 武内家に安置され 正月祭典の時だけ



運ばれていたようです その後 武内本家が潰れたりして



博多の人は 貧乏恵比須 などと 悪口を叩いたといいます



明治34年ごろ 東公園に 元冦記念碑ができたころ になって



ようやく 社務所もでき 社殿も整い



恵比須像も常時安置することができたといいます



今の賑わいは つい最近(大正以降) になってからの事なのです




b0325317_09530446.jpg
手水舎





博多の夷 の話



今度は 筥崎八幡宮もからんだ



もうひとつの 夷社の話 に進みます






by nonkei7332 | 2017-09-08 10:42 | 古代史 | Comments(0)

by ヒサミツ