ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

2016年 08月 03日 ( 1 )




b0325317_11443777.jpeg
百日紅




《 風かよふ 百日紅の花見れば 立秋のけはひ 既にうごけ 》

北原白秋


白南風 が吹いて 風鈴を揺らしています

すると どうでしょう

あれほど 騒がしかった 蝉時雨 の音が消えたのでした

百日紅の花が終わるころには

虫の音に 囲まれて 白秋 (あき) は もう しらんでいるのでしょうか

途切れた 記憶は 遠い日の花火


秋の風を 悲しい風と詠んだのは 誰だったのか



b0325317_11434906.jpeg
白い 百日紅






《 花あかき 百日紅の下にして 子が立ちとまる 影のみじかさ 》

北原白秋


『 百日も咲いてるなんて 嘘だよね 』

少女が 花の名前が書いた 名札を見て いいました

『 嘘じゃないよ 花が散っても また 次の花を咲かせるんだよ 』

白い 百日紅 の花が 返事をしました

『 白いお花なのに あなたの名前は どうして 百日紅 というの 』

少女は 不思議そうに たずねました

さるすべりの花は 答えに困ってしまいました











by nonkei7332 | 2016-08-03 12:15 | | Comments(0)