ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

ぬばたま




b0325317_04245876.jpeg



ひおうぎ (檜扇) の 花です



とても 清楚な品格がある 花です



名前の由来は 扇のような 葉にあります



b0325317_04254983.jpeg



花が落ち 実がなって 実の周りの 殻が剝げ落ちると



中から 真っ黒な 光沢に包まれた 種子 現れます



これが ぬばたま (射干玉) と 呼ばれているものです




b0325317_04261675.jpeg



万葉集には 枕詞としての 〈ぬばたま〉が使われています



枕詞とは 和歌において 特定の語の前に置いて語調を整えたり



ある 種の情緒を添える言葉のことをいいます



〈ぬばたま〉は 〈夜〉〈黒〉〈髪〉などに 掛かる 言葉です



なんと その数は 80首もあります



〈夜〉を詠った歌が 52



〈黒髪〉を 詠った 歌が 15 あります





《 ぬばたばの 黒髪変わり 白けても 痛き恋には 逢う時ありけり 》


万葉集 40573 沙弥満誓(さみまんせい)



黒髪が白くなって(年をとって)も


せつない想いに出会うこともあるのですね


観世音寺の初代管長であった 沙弥満誓が


大伴旅人(おおとものたびと)が都に発った後に送った歌です


〈ぬばたま〉は 黒髪に掛かる 枕詞です




居明かして君をば待たむ ぬばたまの 我が黒髪に霜は降るとも


万葉集288 磐姫皇后(いはのひめのおほきさき)



私はここで朝まで待っています、たとえ私の黒髪が白くなっても


仁徳天皇の妻 磐姫 の歌です 嫉妬に狂う女心 です


コワイ ですね。


   



《うつせみの 人目繁げくは ぬばたまの 夜の夢にを 継ぎて見えこそ》


万葉集 12 3108 読み人知らず



世間の人目が多いと嘆かれるのなら 夜毎 私の夢の中に 見えてくださいな


〈うつせみ〉 人に掛かる枕詞


ここでの 〈ぬばたま〉は 夜に掛かる 枕詞です





b0325317_04374343.jpeg




今年も 冬の 女性の髪の流行は


「黒髪」「ロング」「ストレート」だそうです


クリスマスは ヌバタマガール 》が


街中の男達の視線を独り占め にしそうですね







by nonkei7332 | 2017-11-17 08:17 | 万葉集 | Comments(0)

by ヒサミツ