ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

最後 の 夢



b0325317_11165491.jpg



ニ週間前 夜半を 過ぎた頃 電話が鳴りました



I さんと連絡とれないんですけど どうしましょうか』



I さんとは 同じ町内に住む 一人住まいの93歳のおばあちゃんのことです



I さんの おとなりの K さんからの電話でした



鍵が閉まっていて 電話にも出なくて この暑さなので心配です



すぐ行きます



とりあえず I さんの緊急連絡先をメモして 現場に駆けつけました



〈落ち着いて〉と自分に言い聞かせて 緊急連絡先である



長崎の娘さんに連絡しました



お友達のところに行ってあるのかもしれませんが 確認が取れません』



『もしものことを考えて 救急車を呼んでもいいでしょうか・・・』



しばし 沈黙の後



『 明日の朝一番で 行きますので』



『 ・・・・はい わかりました 』



明朝 娘さんの指示で 救急車を手配



居間で倒れてあった I さん を見つけて 病院へ



そして そのまま入院 大事には至らなくて ホッとするも



心のどこかで あれで良かったのかと こだわりが残っていました





昨日の 昼に 民生委員さんから I さんの病状を聞いて



近いうちに お見舞いに行きましょうと言ってから



1時間後 もう一度 民生委員さんから 電話でした



『 実は I さんが 今朝亡くなられました 今夜7時からお通夜です』




・・・・』




身内だけの 静かな 通夜 でした I さんに最後の お別れ をしました



和かな 微笑んでおられるような I さん のお顔に




『 ごめんね おばあちゃん あの時 私が・・・・』



おばあちゃん 最後にみた夢は どんな だったの』




私は 心の中で 呟いていました





b0325317_11185942.jpg





最 後 の 夢 さだまさし




めくるめく 恋に 夢中だったあの頃



生きることで 必死だったそんな頃



悲しくて 恥ずかしい日々も



いつかゆるやかに 黄昏れてゆく





人は 過去を哀しむべきなのだろうか



それとも 忘れ去るべきなのだろうか



しあわせや 不幸せなんて



自分で決めたら良いものなのに




やがて時が来て もしも



この人生の最期に



たった一つだけ望みの



夢を見させてくれるというなら





私は どんな夢が見たいと



願うのだろうか



もしもその夢で私の生きた



意味が解るとしたら





本当に大事なものは 目に見えないから



大切な人も 失ってから気づくもの



甘くて美しい季節が



気づいたら過ぎ去っているように





やがて時が来て もしも



この人生の最期に



たった一つだけ過ちを



償わせてくれるというなら





私はなにを償いたいと



願うのだろうか



もしもその事で誰かの心が



救われるとしたら





やがて時が来て もしも



この人生の最期に



たった一つだけ望みの



夢を見させてくれるというなら






あなたの夢が見たいと思う



きっとあなたに会いたいと思う





あなたの夢が見たいと思う



きっとあなたに会いたいと思う





b0325317_12112644.jpg





by nonkei7332 | 2017-07-26 13:09 | さだまさし | Comments(0)

by ヒサミツ