ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

風 の 色



b0325317_01242113.jpg



雨も降らないのに



『今日 梅雨入りしたとよ』と



バス停で おばちゃん達が教えてくれました



ほんとかよと 思っていたら



瞬く間に 吹いてきた 風に



雨の匂いが立ち込めていたのでした





この時期 壱岐の 漁師達は



梅雨を知らせる 南風(はえ) に色をつけました



黒南風 (くろばえ) 梅雨の初期に 雨を伴い



もしくは 天暗くして吹きつづく 強い南風 事です



白南風 (しろばえ) 梅雨の終わり 天気晴朗 の中 吹きつづく



強い南風 の事をいいました



〈シロバエ〉や 〈クロバエ〉が吹くと 漁に出れない日が 続きます



『シトベー ゴトベー』と 漁師達は そう言って 嘆いたと言います



米を 四斗俵 五斗俵 も食べる間



漁に出れないと いう意味だったそうです




b0325317_01251021.jpg
青磁 の 器




風の色 ?



無色 じゃないの なんて 無粋なこと言わないで



和色辞典をのぞいてみました



私が 感じる 今日 風の色は



秘色 (ひそく)です



青磁の肌の色のような浅い緑色のことで



焼き物の青磁の美しい肌色を模した色名です



青磁は釉薬に含まれる鉄分により



独特の灰みを帯びた青緑色になりますが



その色が神秘的な美しさであることから



『秘色』の色名がつきました



青磁が日本に伝わったのは平安時代です



「秘色(ひそく)」という呼び名も



いっしょに伝わってきたといわれています





b0325317_01261219.jpg




この頃から 博多の町には



山笠法被姿の 男達が うろうろし出します



博多弁で 『そうつく』といいます



そうつく といえば 雨の中 傘を差してでも 行ってみたいのが



箱崎筥崎宮 ですね



紫陽花苑 3500 アジサイ



参道の 恵光院の 菩提樹の花



花庭園 5000 百合の花



特に あじさい苑は



雨がシトシト降る日を選んで行くのがおすすめです



色とりどりの 紫陽花に 囲まれて



俗世を忘れ 至福の時を過ごせます




b0325317_01265229.jpg
紫陽花苑









by nonkei7332 | 2017-06-08 01:27 | 日記 | Comments(0)