ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

アイヌ の 子守歌





アイヌ 文化財団




なにを ないているの


この はなしが ききたくて

ないて いるのなら

きかせて あげましょう


それはね


くものそらを

とおりぬけて

ほしのそらを

とおりぬけて


その むこうの

ほんとうのそらを

とおりぬけて


きれいな おがわが

ながれる けしきが

ずうっと ひろがって


かわを のぼれば


かたほうには

ぎんの カシワのはやし

ぎんの ヨモギのはら

ぎんの いしが

あるのです


かたほうには

きんの ナラのはやし

きんの ヨモギのはら

きんの いしが

あるのです


あたり いちめんが

ぴかぴかと ひかっていて


かわを さかのぼって

もっと ずうっと いく と


きんの いえ

おおきな いえが たっている


いえの かたほうには

あれた そらの えが

かかれて いて


いえの かたほうには

はれた そらの えが

かかれていて


その いえに

いのちを つくる かみさまが


60の ゆりかごを

かみざに つるし

60の ゆりかごを

しもざに つるし


かみざの ほうに

ふりむいては

60の ゆりかごを

いっせいに ゆらす


しもざの ほうに

ふりむいては

60の ゆりかごを

いっせいに ゆらす


そうすると

その あかちゃんたちが

なく こえが


この せかいに

せかいの うえに

ふってきて

そこから うまれるのが

ねむり というもの なのです


あなたは それを ききたくて

ないて いるのだから


わたしが きかせて あげるのですよ





アイヌの 『 60のゆりかご 』という 子守唄です

ゆりかごを揺らしていた 天空の女神は

ラマッカラカムイ(魂を司る神) といいます

〈ラマッ〉とは 霊魂のことです

この世界に誕生する前の人間の霊魂は

天界のラマッカラカムイ の元にあって

そこで諸々の活動に必要な霊魂をそろえて

成形された後に地上に降りてくるとされます


ラマッカラカムイ は

白山菊理媛 (水天宮) みたいです

目をつぶって聴いていると

母の子守唄

遠い記憶が蘇ってきます










by nonkei7332 | 2017-02-23 13:05 | 日記 | Comments(0)

by ヒサミツ