ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

神奈備 の 杜



b0325317_08320127.jpg


神奈備(かんなび) とは

神籬(ひもろぎ) と 磐座(いわくら) の総称でもあります

神が「鎮座する」または「隠れ住まう」

山 や 森 や 岩 や 滝 などの 神域 のことをいいます

今年も たくさんの 神奈備を 訪ねてきましたが

最後の 杜 は 太宰府 五条 でした



伊藤まさこ著 『太宰府・宝満・沖ノ島』を読んで

ずっと 気になる場所が 記事の中にありました


第2章 倭国の成立

(6) 王宮はどこに置かれていたか~太宰府の中心ラインを復元する


太宰府の古代 王宮はどこだったのか という興味深い内容でした

山頂・王墓・神社を結ぶ 古代の祭祀ラインを手掛かりに

消された 歴史を 復元する というのが 伊藤さんの試みです

まず 太宰府の四角形の謎解きでした

〈宝満山〉の西に5km の位置にあるのが 〈大城山(四王寺山) 〉

南に 5km の位置にあるのが 〈宮地岳〉それを結び

もう一点の頂点は JR二日市駅の西側にある 〈塔ノ原〉付近

この 四つの頂点を結ぶと ほぼ正方形の聖域が出来上がるといいます

塔ノ原には 定かではないらしいのですが 何かがあったのでしょう

昔から 宝満山は太宰府の鬼門(東北)と言われているので

その中心となる 王宮の位置は 正方形の中心地点

太宰府天満宮から 南西に 500M くらいに行ったところにある

高尾山の斜面に鎮座する 《石穴稲荷神社》ではなかったかというのが

伊藤さんの 説 でした


天満宮 や 観世音寺 や 竈門神社 や 光明禅寺 に行くことがあっても

この 石穴神社を 訪れる参拝者は 極めて少ないみたいです

近くに住んでいたことがある私でも知らなかった 神社 です

伊藤さんは その由緒と 様子を 詳しく書かれていましたが

どうしても行ってみたいという 衝動には勝てません

近くにお住いの Tomさん に連絡すると 案内しますよ との返事

今年の 最後の神奈備訪問となりました


b0325317_08344821.jpg


場所は 筑紫女学園大学入口のすぐ側にありました

祭神は 宇迦之御霊大神(うかのみたまのおおかみ) 稲荷神です

由緒 は 文献や資料が消失して残ってないので

伝承によると 菅原道真が 太宰府に降られた時に

一緒に来られた神様だとされています どうやら

菅公没後に京都伏見稲荷が勧請されたようです


b0325317_08420307.jpg



本殿の横から 奥に 〈奥の院〉と呼ばれる

巨大な磐座(いわくら)がありました

まず 入口で 靴を脱ぎ 準備してある 履物を履き替えねばなりません

これだけでも エッと 身が竦みます

濡れた 石道を 転ばないように 登りました

聞こえてくるのは 鳥の鳴き声 と 耳をすますと 微かに

高尾山を水源とする せせらぎの音が聞こえます

上り詰めた処に 桃若稲荷神社 の祠があります





b0325317_08370031.jpg


b0325317_08434993.jpg




一帯は 2Mから3Mの岩が 重なるように点在する 磐座です

ここが奥の院の入り口 左奥に トタン屋根があり 奥の院 がみえます

足元が滑るので 危険なので奥には進みませんでした

ここは神社境内とは 全くの別空間といってもいいでしょう


b0325317_08424416.jpg



神迎えの 原始信仰としての 神奈備の杜 としての 〈奥の院〉 と

後世 菅公守護の元で 京都から勧請された伏見稲荷の〈本殿〉

神道の変遷が 同時に見られる 特異な聖地でもあるのです


日本書紀 神功皇后62年条に 面白い話がありました

『 新羅からの朝貢がなかったので、葛城襲津彦が新羅討伐に派遣し

新羅 を討とうと した。 『百済記』によると 沙至比跪(襲津彦)は

新羅から出された女性二人を受け取り 反逆して加羅國 を 討 った

加羅王 は百済に 逃げ込み 事の次第を伝える

この事が日本の天皇に伝わり 天皇 は 怒って兵 を送り加羅國を助ける

襲津彦は天皇が怒っているのを知って 公 には 帰らず 潜伏する。

襲津彦の妹に天皇へ仕えている者が居たので

襲津彦は 使 いを 送って 取 り次いでもらおうとする

妹が天皇に夢で襲津彦を見たと伝えてみる と

天皇 はなぜ 帰ってくる と 怒ったという

襲津彦は天皇の怒りが解けない事を知り、石穴に入っ て 自殺した 』


九州王朝説の 古田武彦さんは

『ここに 古代王朝ありき』 の中で

この「石穴」は 太宰府の石穴神社ではないかと書かれています

襲津彦の妹が気になりますが 天皇に仕えていたとなると

襲津彦の娘である 磐之媛は 仁徳天皇の妃だったので

ここにでる 天皇とは 仁徳天皇になるのでしょうか




古代の太宰府の王宮は何処か

その 王 とは

石穴 が 何かを つぶやいていましたが


Tomさん には 何かが聴こえていたみたいですが

私には まだ 聴こえなかったようです





赤 : 石穴稲荷神社
黄 : 大城山
緑 : 宝満山
青 : 宮地岳
紫 : 塔ノ原









by nonkei7332 | 2016-12-26 09:14 | 古代史 | Comments(0)

by ヒサミツ