「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

ヨヘホ の 里 ②




b0325317_09111286.jpg
千田川土手の 鶏頭




山鹿の里が 加茂の浦 という 湖 だったとすると

その出口 あたりに ある集落が 志々岐 です

その丘の上に鎮座する

『 志々岐阿蘇神社 』に 行きました




b0325317_10161000.jpg



丘の上からは 菊池川をはさんで 大宮神社の杜が見えます

おそらく 同じ 位の 標高でしょうか

ここもまた 大宮神社 と同じように 猿田彦の石碑 が ずらりでした

江戸時代 庚申信仰が 拡まるにつれて 全国では かなりの数の

庚申塚 や 猿田彦の石碑 が 建てられたのでしょう

山鹿では どんな目的があって 一箇所に集めたのでしょうか

阿蘇神社となっていますが


境内には 〈諏訪神社〉 〈八坂神社〉 の社殿が

横並びで鎮座されています その間の奥には 鳥居があって

社殿はありませんが 野ざらしの 〈大国主大神〉の石碑が 建っています

「一宮」の扁額 が 横に置かれているので

おそらく かつてはここに 大きな社殿が あったのでしょう



b0325317_09143088.jpg


出雲の神々の勢揃いみたいな 神社でした




b0325317_09150327.jpg


菊池川 の 支流 千田川沿いにある 古社

『 千田聖母八幡宮 』を 訪ねました

聖母宮(しょうもぐう) なので 神功皇后 が祭神です

後に 八幡が合祀され 応神天皇 仲哀天皇 がそばに 祀られています


b0325317_09154968.jpg


楼門の 扁額は 「霊廟」になっています

「霊廟」といえば 「香椎廟」を思い起こしますが

ここは いったい 誰の「霊廟」なのでしょうか

摂社には 厳島之大神、住吉之大神、

末社には 武内神社、安倍神社、諏訪神社、吉田神社、若宮神社、

赤腹天満宮、亥ミ子嶋、虎御前、天満宮、八嶋八柱神社、日吉神社

解説は省きます


というより よくわかりません




b0325317_09165058.jpg

ただ 拝殿の神紋は 五七桐 でした


b0325317_09171787.jpg


面白いと言ったら 罰当たりますが


末社 のひとつ

赤腹(ひらくち) の神様 には 初めて出会いました

〈ヒラクチ〉とは 蝮(マムシ)のことです 毒を持っています

ちなみに 毒を持っていない 蛇 を 〈クチナワ〉といいます

蛇 は 不思議な霊力を持っています

旺盛な繁殖力、脱皮しては 蘇る 生命力 は 驚異です

やがて その力は 龍 となり 水を操る 水神は 龍神 海神 として

人々に 崇められてきたのでした

『やっぱり 山鹿 は 蛇 なんだ』 と 独り呟いてしまいました


b0325317_09184861.jpg

飛び地末社 「八嶋八柱神社」


千田川を渡ったところにあります

池の中に 八つの嶋があって 橋 で繋がっています

説明文には 雨乞いの神 と書かれています


b0325317_09191346.jpg

まさしく ここは 八岐大蛇 (龍神) を祀った 水神 でした

真ん中の嶋に 祠が ひとつ あります


祠の中には

この神社の 隠された 神 が


青い神像となって 祀られていると聞きましたが



b0325317_09194199.jpg


私の意識は 異次元の 夢の中をさまよっていました

川を渡って吹いてきた一陣の白い風が 緑の水面を揺らします

白い風は 白い道となって 祠まで伸びていきました

祠の扉が開きます


祠からは 乳白色の光が あたり 一面に拡がり

扉の中で 神像が 蒼く輝いていました

そして その足元には 一匹の 紅き眼をした白き蛇が

絡みついていたのでした

『 ギャー 』 誰かが 叫びました

その瞬間 白き道は 白き蛇の脱け殻に変わってしまいました

神像を護っていたのは 白い蛇だったのでしょうか それとも

白い蛇を護っていたのが 神像だったのでしょうか




ヨヘホ の 里 は 龍神の里でした






赤・・・志々岐阿蘇神社
青・・・千田聖母八幡宮









by nonkei7332 | 2016-11-06 11:20 | 古代史 | Comments(0)