ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

いと をかし



b0325317_19581941.jpg
能古島 と 落陽



秋は夕暮れ。

夕日のさして山の端いと近うなりたるに、

烏の、寝どころへ行くとて、

三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへ あはれなり。

まいて、雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、

いとをかし。

日入り果てて、風の音、虫の音など、

はた言ふべきにあらず。


〈 いと をかし 〉 = とても 趣き(風情) がある


《現代語訳》


秋は夕暮れが一番だ。

夕陽がさして山の端がとても近くなると

カラスが ねぐらに行こうとして三羽四羽 二羽三羽が

飛び急ぐのさえしみじみとした情感がある

まして 雁などの列が とても小さく見えるのはとても趣きがある

日が落ちて聞こえてくる 風の音 虫の音などは

いうまでもない程 良いものだ



b0325317_20051224.png
博多湾 アイランドシティ に沈む夕陽




『 枕 草 子 』(まくらのそうし)

冒頭四季の情景の中から 秋は夕暮れ・・・の部分を抜き出しました

(「枕草子」・・平安中期 清少納言 作「方丈記」鴨長明・

「徒然草」吉田兼好 とともに 日本三大随筆と云われています)


清少納言 が 「いとをかし」と語った 夕暮れの景色とは

いったい どこの 夕暮れ だったのでしょうか



b0325317_20073037.jpg
カモメ香椎大橋 と みなと100年公園




なにしろ 謎多き 清少納言


俗説が 巷に 満ちあふれています

実は 父親の 清原元輔 が 周防守 や 肥後守を歴任しており

太宰府に居た足跡があることが 歌 にも 残っています


《 春はもえ 秋はこかるる かまと山 かすみも霧もけふりとそ見る 》

清原元輔 の宝満山を歌った歌

(宝満山の竈門神社境内に歌碑あり)


世阿弥の謡曲 『 檜 垣 』に描かれた

太宰府の白拍子(遊女) 〈檜垣伝説〉があります

*( 拙ブログ 2014/12/27 『想いも深き 思い川』参照 )



〈清原元輔〉と 大宰府の白拍子 〈檜垣〉の間に生まれた 子供が

清少納言であるということが


鎌倉初期の 随筆集「無明草子」に

「檜垣の子 清少納言」と書かれています



さて ここから 私の妄想は 舞い上がります

とすると 清少納言 は 太宰府に住んでいたことがあったのではないか

清少納言という 女人の記憶に残る いとをかし 夕暮れの風景とは

博多の海 に沈む 秋の夕暮れの景色だったのでは・・・



b0325317_20214144.jpg
磯良の海(博多湾)
右 志賀島 左 能古島



万葉集 も 源氏物語 も 枕草子 も そこに描かれた

宮廷王朝の 原風景 は 九州ではなかったのか・・・




『 いと をかし 』事を 言うな

そんな声 が 聞こえてきます



私が その 美しさに 魅せられて

何百枚も写した 秋の夕暮れの 写真の中から

大好きな 四枚の写真を選んでみました








by nonkei7332 | 2016-10-13 20:53 | 古代史 | Comments(0)

by ヒサミツ