「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

金首露 (キムスロ) の 謎



b0325317_16165451.jpeg
「鉄の王キムスロ」で キムスロ を演じる チソン さん




古代朝鮮の国々は 倭国と密接な関係をもっていました

とくに 伽耶 は 古くは 金海伽耶 と呼ばれ

歴史書(魏志倭人伝)には 狗邪国 狗邪韓国 と書かれ

倭国の中の 一つの国家として 位置づけられています

金海金氏 の 始祖として 伽耶国を建国したのが

『 金 首 露 』です


建国神話によると 金首露は 天降った6個の金の卵の中から生まれ

一番最初に殻を破って世に出てきたので首露と名づけられた

6個の卵からそれぞれ生まれた男の子たちは

伽耶六部族国家の長となり 後にこれらの部族国家が

金首露の下に統合されて 西暦42年 伽耶国が建国されたとされています

そういえば 高句麗も新羅も伽耶も 半島国家の始祖は

神話の中で ほとんどが 卵から 生まれています

いずれも 他国から 流されてきた 王子 だったようです


韓流ドラマ に 『 鉄の王 キム・スロ 』があります

韓流歴史ドラマから 半島の歴史を学んだ 私にとっては

当然 何度も見た ドラマ です


《あらすじ》

狗邪(クヤ)国は優秀な製鉄技術によって栄えているが、

9つの村の部族長たちの合議制で成り立っていて王がいない国だった

北方から来た子が王になるというお告げを受けた祭司長イビガは

乗った船が難破して流れ着いた チョンギョン(スロの母)が

そのお告げに関係すると考え求婚する

チョンギョンも自分の子が王になると信じ

イビガを受け入れて イジンアシ(スロの異父弟)を生み

王になる教育をほどこしていく

だが お告げの主はチョンギョンの前夫との子供で

難破で死んだと思われていた キム・スロ のことであった

浜で拾われたスロは鍛冶長チョバンの子として


優秀な鍛冶職人に成長していく

スロは自分が王になるなどとは思っていない

だが 運命は彼に王への道を示し 数々の試練を乗り越えて

成長していく スロは やがて 王となり

鉄器製造技術を武器に伽耶国を海洋貿易国家へと導いていった



糸島半島 に 可也山(かやさん) という 山があります

綺麗な山で 糸島富士とも呼ばれています

伊都国は 製鉄の技術を持った 国でした

おそらく 伽耶国 と 伊都国 は 海を隔ててはいますが

同じ国だったのかもしれません

キムスロ の 王妃 はインドの豪商の娘 許黄玉(ホ・ファンオク)です

キムスロとの間に10人の子をつくります

10番目に生まれた 娘 が 《卑弥呼》だという説があります

糸島伊都国は

キムスロの娘 女王卑弥呼の治めた 国だったのでしょうか





by nonkei7332 | 2016-02-24 16:30 | 古代史 | Comments(0)