ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

柊(ひいらぎ) について


b0325317_17253336.jpeg



木偏に 冬と書いて 柊 (ひいらぎ) と読みます


冬に白い花をつけます

葉先が尖っていて 人の進入を防ぐ為でしょうか 垣根によく使われます

この 柊 は 昔から 邪気を祓うとされて 庭の北東(表鬼門)に 柊 を

南西(裏鬼門) には 南天を植えると 良いと言われています


伝承によれば 昔 山神達は 杖をついて 山から下りてきたと言います

そして 山の戻る時には その杖を 地面に突き刺して帰りました

やがて その杖から 根が生えて 花が咲くと

村 の その年は 豊年満作 になるといわれていたのでした

その杖は 〈柊の木〉だったのです

山神 は 村の土地の精霊に向かって 必ず 根を生やし 花を咲かせよと

祈っていったのでしょうか それとも

鉄の民であった 山神が 多くの木を伐って 麓の田畑を荒らした

償いだったのでしょうか


渡来の神 が 木を植えていったという故事があります

紀の国 の 起源である 佐賀の〈基山〉には

スサノオ が 高天原から追放され 子供の五十猛神 と新羅に行き

持ち帰った木の種を最初に植えたという伝承が残っています

(基山山頂には「日本植林発祥の地碑」があります)


《柊》は 《疼木》という 漢字でも使います

もともと 〈ひいらぐ〉という意味から ついた名前ですが

〈ひいらぐ〉は ヒリヒリ痛む とという意味です

やまいだれ に 冬をいれた〈疼〉の字は

〈うずく〉とか〈いたい〉と読みます

若い頃の 痛みも 疼きも いつかは 消えていきます

柊の葉も 若い頃には 棘だらけですが

必ず いつかは 丸くなっていくといいます

人も 歳を重ねるごとに 丸くなるといいですね



b0325317_17262711.jpeg




by nonkei7332 | 2016-02-17 17:40 | 古代史 | Comments(2)
Commented by chie_1952 at 2016-02-17 18:10
柊の花ですか?     初めて見ましたが 銀モクセイにも似ていますね。
香りは如何ですか?
小さな花って可憐で中々良いですね。
Commented by nonkei7332 at 2016-02-17 21:50
Chie さん こんにちは
柊 は 金木犀や銀木犀 みたいに 強くはないですが
控えめな いい 香りがしますよ
梅が咲き始めましたね そういえば 筥崎宮の花庭園の
〈冬ぼたん〉が 見頃です オススメですよ
沈丁花 の香りが 何処からともなく 町中に漂いだします
春は もうすぐ そこですね ^o^