ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

雪 の 記憶


b0325317_14090028.jpeg



昨日は 雪の日

なぜか ウキウキして

いつもは 閉めたきりの カーテンを開けて

雪の降る 様を 飽きることもなく 見ていました

みるみるうちに 真っ白になっていく 風景 を見ながら

心は いつになく 穏やかでした


私の情動は 脳の中の扁桃体を刺激して

海馬のチャンネル から

幾つかの 記憶を取り出してくれました

そう それは どこかで 見たことのある 風景でした



わたしの 10歳 の誕生日 (12月中旬)

その日は 朝から ボタン雪が降っていて

わたしは 窓枠に座って 一面 真っ白な その光景を 魅入っていました

空を見上げると 雪の色は 灰色をして ゆっくりと 落ちてきます

雪ってなんだろうね そんなことを 考えていました



わたしの 5歳頃 の元日の朝早く

一面の雪の中を 家族で 近くの 銭湯に行きました

丹前を着て 滑らないようにと 姉と手を繋いで歩いていました

『なんで 朝から お風呂屋さんに行くと』


そう 兄に聞くと

『お正月やけんたい』と 答えてくれました

(この頃 我が家は 元日の朝は銭湯に行くのが恒例でした)



b0325317_14121275.jpeg
雪国の子供達



今朝は 少し 早めに 目が覚めました

外を見ると 雪はまだ残っていて 小雪が舞っています

ウキウキした 気持ちで 完全防寒 で 旗を持って 外へ出ました

子供たちの 楽しそうな笑顔が 目に浮かんできました

その異変に気が付いたのは 校門の近くに来た時でした

先生達の駐車場に 車がないのです

教頭先生が 近寄ってきて



『 おはようございます ニュースご覧なりませんでしたか

今日は 雪の為 休校なんです 』


『 えー そうだったんですか

雪だから はしゃいでいたのは 私だけでしたか 』


そう言って 二人で 大笑い したのでした

部屋に戻り 熱いココアを飲みながら

《 この国は やっぱり 何かを まちがえている 》

そんな事を 考えていました

なぜなら 子供達の 多くが いつもと違う 雪の日だから

学校に行って みんなと遊びたいと 思っている事を

私は 知っていたからです。







by nonkei7332 | 2016-01-25 14:20 | 日記 | Comments(0)