ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

〈キレる〉と〈繋ぐ〉



b0325317_01463353.jpeg
香椎宮参道 で見つけた かたつむり





〈キレる〉の 反対語 は 〈繋ぐ〉だろう

今 子供達が キレている

最近こんなことがあった

いつもニコニコして 元気な 2年生の男の子が

二、三日 様子が変だった 挨拶はしないし 横断歩道は無視するし

思い余って 『ダメだ 危ないじゃないかと』叱りつけると

『俺に楯突くな 楯突く奴は許さん』と悪態が返ってきた

いつもの 対応ではない 明らかに キレていた

日頃から 子供達の変化には 気を配っていたが

担任の先生に 変化の報告をして

家庭と連絡をとって 対応してみますということになった

二日後 その子と母親が 私の部屋を訪ねてきた

『ゴメンナサイ』と謝る その子には 元の笑顔が戻っていた

『大丈夫だよ 心配しなくてもいいよ』とだけ 私は言ってあげた

母親から 手紙を戴いたが 何か起こさなければいいがと

子供の変化には 気が付いてはいたようだった

『ダメ』と『我慢』と『大丈夫』を

本気になって言ってやれる 親が少なくなっている

父性の欠如が キレる 子供達が増えた 原因でもあるのだろう

母子家庭という 物理的不在もあるが

父性を全く発揮できない 父親のもとでは 心理的不在も起こりうる

《大丈夫だ 決して 一人じゃないよ》の

声には出さない 声掛けを始めて もう 一年が過ぎた

ただ 《おはよう》というだけでなく

今では 《 ○○ちゃん ○○くん おはよう 》と

ひとりひとりの 名前も覚えて 呼べるようになった

朝起きて ひとりで 朝食を食べ 最初に挨拶をする相手が

私である子供も 何人か いることも知っている

そんな子供達の 代理父 いや 代理爺 として

キレかかった 子供達の 心と身体を 《繋ぐ》

私の 使命 がそこにある


怒りを覚える ニュース には

必ずといっていいほど キレてしまった 人間の姿がある

人の命を そして自分の命をも 奪うことを 悪だと思わず

神の代行などと 洗脳されてしまった テロを起こす 若者がいる

誰でもよかった と 無差別殺人を してしまった 孤独な青年もいた

とんでもない奴らだと 罵しり 非難することは誰にでもできる

ただ そんな 彼等の周りには 誰もいなかったのだろうか

見て見ぬ振りをしていた 人達が そこにはいたのかも知れない

『ダメだ』『我慢しろ』『大丈夫だ』の ひと言を

彼等は 待っていたのかもしれない

〈キレかけた〉心を キレてしまう前に

〈繋いであげる〉人に 私達は なり得たのかもしれない


人間とは 人の間(あいだ) と書く

その間を 繋ぐ事の 大事さを 忘れずにいたいものだ

間(あいだ) に生きる 人として




b0325317_01483096.jpeg






by nonkei7332 | 2015-11-22 01:49 | 日記 | Comments(0)