ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

遠野 の 遠き 記憶



b0325317_10072636.jpg

遠野の里




若き頃 読んだ 『 遠 野 物 語 』を再読しました

明治43年 農商務省の若き官僚 『 柳 田 国 男 』
岩手県 遠野出身の大学生 佐々木喜善 から
故郷に残る119話にもおよぶ 民話や 神々の伝承を聞き
『 遠野物語 』という 記録集を 書きのこしました


b0325317_10083577.jpg

柳田国男




古代 遠野 は 山に囲まれた 湖だったといいます
やがて 長い時間が過ぎ 水が引き 盆地になります
縄文の頃 ここに 蝦夷 (えみし) が住んだことは 地名にのこる
アイヌ語が 教えてくれていると語られています

時は流れます
筑紫から 大和に朝廷を移した 一族は
仏教を中心とした
国造りに 奔走する中で 多くの 金 を
その権威を守る為に 必要とします
そこで 目をつけたのが 遠野 の金山 だったのでした
大道元年 ( 806年) 大和朝廷 は 蝦夷 を征服します
そして 捕虜として 大和に 連れてこられた
高度な 鉱山技術を持った 筑紫の工人達 を
その採掘の為に 遠野の地にも 送り込んだのでしょう
筑紫の 海の民 鉄の民 はこの地 に住むことになります
多くの 安曇の伝説 や 神 が この遠野にも
人々の 口から 口へと 伝承されていったのでしょう


遠野の三女神の伝説も然りです


大昔に 女神あり
三人の娘を伴いて 此の高原に来り
今の来内村の伊豆権現の社ある処に宿りし夜
今夜よき夢を見たらん娘に
よき山を与ふべしと母の神の語りて寝たりしに
夜深く天より霊華降りて姉の姫の胸の上に止りしを
末の姫眼覚めて窃に之を取り 我胸の上に載せたりしかば
終に最も美しき早地峰の山を得、
姉たちは六角牛と石神とを得たり。
若き三人の女神 各 三の山に住し
今も之を領したまふ故に
遠野の女どもは其妬を畏れて
今も此山に遊ばずと云へり

( 遠野物語 二話より)


b0325317_10163963.jpg
早池峰山


安曇族の守り神 宗像三女神 の 影 がここには見えます
中心となる 早池峰神社の祭神は
あの 瀬織津姫命 でした
朝廷に従属させられた 安曇の民は
傀儡の民として この山里で
水神を祀りながら 生きていくのですが
この地でも 賎民として 傀儡として蔑まれながらも
やがて 河童 を始め 多くの妖怪として 畏れられ
そしてまた 神として 崇められ
多くの 遠野の伝承として
人々の暮らしの中に 生き続けてきたのでしょう
歴史の中で 消されていった
安曇磯良 そして 瀬織津姫命
この国の 神の始まり が
遠く 遠野の里に 遠い記憶として
残されていたのでした



b0325317_10200365.jpg



柳田国男 は序文の中で こう語ります

『 願わくは 之を語りて 平地人を戦慄せしめよ 』

山に追われた 傀儡の民の
人 と 神(自然) とが 共存してきた
この国の 在り方を
経済至上主義 に毒された この国の 平地人よ
今こそ 思い出せと 叫んでいるようでした


明治29年に起こった 三陸大津波は
2万人の人命を奪い
平成11年の東北大震災の大津波は
1万5000人の命を奪いました


遠野の 遠い記憶の 物語は

この国の これからの 在り方を問う

警告の書 でも あったのです







by nonkei7332 | 2015-07-30 10:21 | 古代史 | Comments(0)