ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

「養生訓」に 学ぶ



b0325317_19532038.jpg
貝原益軒



福岡藩の儒学者 『 貝 原 益 軒 』

《 筑前国続風土記 》などの 歴史書 の 他に
健康(養生)についての指南書
養 生 訓 』(ようじょうくん)を 残した
正徳2年(1712年) 益軒 83歳 の 著作である


第8巻 「 老いを養う 」 (中村学園大学 貝原益軒アーカイブ) より


老ての後は、一日を以て十日として日々に楽しむべし。

常に日をおしみて、一日もあだにくらすべからず。

世のなかの人のありさま、わが心にかなはずとも、凡人なれば、
さこそあらめ、と思ひて、わが子弟をはじめ、
人の過悪を、なだめ、ゆるして、とがむべからず。

いかり、うらむべからず。

又、わが身不幸にして福うすく、人われに対して横逆なるも、
うき世のならひ、かくこそあらめ、と思いひ、
天命をやすんじて、うれふべからず。

つねに楽しみて日を送るべし。

人をうらみ、いかり、身をうれひなげきて、心をくるしめ、
楽しまずして、むなしく過ぬるは、愚かなりと云べし。

たとひ家まどしく、幸(さいわい)なくしても、うへて死ぬとも、
死ぬる時までは、
楽しみて過すべし。

貧しきとて、人にむさぼりもとめ、不義にして命をおしむべからず。

年老ては、わが心の楽(たのしみ)の外、
万端、心にさしはさむべからず。

時にしたがひ、自楽しむべし。

自楽むは世俗の楽に非(あら)ず。

只、心にもとよりある楽を楽しみ、
胸中に一物一事のわづらひなく、
天地四時、
山川の好景、
草木の欣栄(きんえい)、
是又、楽しむべし。



b0325317_19544051.jpg
益軒 の墓がある 金龍寺 (福岡市中央区)







by nonkei7332 | 2015-06-29 19:56 | 日記 | Comments(0)