ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

安曇野 の 民話




b0325317_09462434.jpg
マンガ日本昔話の『龍の子太郎』



信州長野の安曇野の里に 『龍の子太郎』という 民話があります

『龍の子太郎』 松谷みよ子作

むかし、むかしある山里に
おばあさんと太郎という子供が住んでいました。
ある日、太郎は おばあさんにたずねました。

『おばあさん、僕のお母さんはどこにいるのか
教えて下さい』

『もう少し大きくなったら教えてあげる。
それまで我慢しなさい 』

ある夏の日、太郎は村の子供たちと一緒に
山の中の湖に泳ぎに行きました。
湖の中に飛び込んだ太郎は
まるで魚のように自由に泳ぐことができました。

『太郎、お前のお母さんは竜だってぞ。
速く泳げるのは当たり前だ。お前は竜の子だ 』

子供の一人が言いました。
その言葉がいつも頭から離れませんでした。
ある日、太郎が畑で働いていると、
村人が湖を指差し言いました。

『 太郎、あの湖の水を流して 広いたんぼを作ってくれ
そうすれば米が取れる 』

太郎はいつかそうする決心をしました。
数年が経ち、太郎は立派な少年になりました。
おばあさんは太郎に本当のことをいう日がきました。

『 太郎 驚かないでくれ
お前の父は山に住んでいる白竜で
お前の母は湖に住んでいる犀竜だ
だからお前は神の子だ
お前の母は、お前を産んだとき、私に神の子ではなく
人間の子として育てて欲しいとあずけた。
お前は、力があるばかりでなく
人の気持ちがわかり、知恵も勇気もある。
あの湖の水を流して、広いたんぼを作ってくれ 』

『本当のことを言ってくれてありがとう。
友達に竜の子だと言われてきているから、
覚悟はできていました。
お母さんと力を合わせて、湖の水を流して
広いたんぼをきっと作る』

と 太郎は言いました。
次の朝、太郎は湖のほとりで母親を呼びました。
突然、湖が大きくゆれて、竜が姿をあらわしました。

『 太郎、私がお前が立派に育ったのを
湖の中から見ていました。
1日でもお前のことを忘れたことはありませんでした』

母親が言いました。

『 お母さん、どんなにお母さんに会いたかったことか
僕はお母さんと力を合わせて 湖の水を流して
広いたんぼを作って 村人にお礼をしたい 』

そう言うやいなや、太郎は湖に飛び込み、
お母さんの背中に飛び乗りました。

『 いいとも、お前と一緒ならどんなことでもできるよ
お母さんは岩にぶつかって穴をあける
そのため目が潰れるかも知れないから、
お前は背中の上でしっかりかじをとっておくれ 』

背中に太郎を乗せた竜は湖の中に潜ると、
あらん限りの力をこめて岩にぶつかりました。
その音は数日続き、母竜の目は潰れ、
湖は血で赤く染まりました。
とうとう岩は大きな音と共に砕け、
湖の水が滝のように流れ出しました

そして太郎を乗せた母竜は天に上っていきました




この民話の由来は 各地に残る
『泉小太郎伝説』だといわれています
江戸時代に書かれた仁科濫觴記』(にしならんしょうき)には
泉小太郎 の名前は「白水光郎」(あまひかるこ)の名が
書き誤られたものだとされています
《「白」・「水」の2文字を「泉」の1文字に、
「光」の1文字を「小」・「太」の2文字に》

志賀島の 『安曇族』がやがて全国にちらばり
信州を拠点としたのが 安曇野 だとされています
『イズミ』は 『アズミ』の訛りとされ
志賀島の海人のことを『白水郎』と書いて アマと呼びますが
《白水郎》→《白水光郎》→《泉小太郎》
と伝わっていったのでしょう
「目が潰れる」「湖が赤く染まる」などという話は
「鉄の民」を連想します

長野といえば 『御柱祭』で有名な 『諏訪神社」を思い出しますが
〈古事記〉に書かれた 国譲り物語の 大国主命の子である
建御名方神(たけみなかたのかみ)が祀ってある神社なのですが
(みなかた) → (むなかた) (宗像) とも読めるし
安曇族との関わりが ここにもみられるようですね

私は この民話を読んで 龍の子太郎 の姿に

どうしても

少彦名神」をダブらせてしまいます

筑紫の神 である 「少彦名神」(スクナヒコナ) こと

「事代主神」(コトシロヌシ)

「龍の都」と 呼ばれている 志賀海神社

古代筑紫神話 は 信州の安曇野にも 生きていました。






by nonkei7332 | 2015-06-24 09:27 | 古代史 | Comments(0)