ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

雑草



b0325317_09054888.jpg



去年の秋
私が勝手に作った 道端の花壇がありました
ナデシコの花は 私だけでなく
散歩をしている たくさんの人を
愉しませてくれました
花を落として 冷たい 冬には すっかり 枯れかけていたのですが
春になると 小さな 緑の葉が 芽吹いていました
ナデシコ は もう 雑草になったんだと 思い
『 生きてくれていればいいよ 雑草でもいいんだから 』
と話しかけていました
雑草という言葉が 気に入らなかったのでしょうか
五月になって たくさんの 花芽が出して
たくさんの 花をつけてくれました



b0325317_09063140.jpg


金子みすゞ の 詩 です

《 草の名 》

人の知ってる 草の名は
私は ちっとも知らないの

人の知らない 草の名を
私は いくつも 知ってるの

それは 私がつけたのよ
好きな草には 好きな名を

人の知ってる 草の名も
どうせ 誰かが つけたのよ

ほんとの 名まへを 知ってるは
空の おひさま ばかりなの

だから 私は よんでるの
私ばかりで よんでるの




b0325317_09070733.jpg
カタバミ



毎日 の日課の中に
草取り が 入って もう 半月になる

道端には たくさんの 名前も知らない草が生えていて
人は それを 雑草と呼んでいる
役に立たない草だから 雑草と呼んでいるのだろうが
それは 勝手に人間が 決めた理由であって
草にとってしたら 理不尽な話 であろう
毎日 草をむしっていると
『 ちゃんと生きているんだから 勝手に 抜くなよ 』
そんな 声が 聞こえてきたりもする

そういえば
〈 世界にひとつだけの 花 〉なんていう 歌があったが
〈 世界にひとつだけの 草 〉という 歌 は ない
もともと 特別な ONLY ONE の 草には 違いないのに

せめてもの 償いとして
名前だけでも 知っておいてあげようと思い
図鑑を 調べては
あれかな これかな と迷う 毎日が続いている



b0325317_09084261.jpg
スズメノカタビラ




b0325317_09102464.jpg









by nonkei7332 | 2015-05-09 09:10 | 日記 | Comments(0)