ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

孤悲(こひ) は 片恋



b0325317_06534109.jpeg





万葉 の 頃

男 が 女 の 許へ 通いました

女 は 通ってくる 男 を待つしかなかったのです

待つ日 が 重なると 想いは 乱れます

女 は 想いを 筆にのせ 歌を詠み

ひとずてに 送ることしか できなかったのです

『 あなた が いない日々は こんなにも 寂しいのです 』

とは

心の上に 糸しい(愛しい) 糸しい(愛しい) 言葉をのせた 想いでした

だから 女たちは 万葉仮名 で 戀 は 孤悲 (こひ) と書いたのでした

孤独な 悲しい 想い だったのです


b0325317_06541949.jpeg




歌聖 (柿本人麻呂) が 孤悲(こひ) のうたを 詠みました

《 鳴る神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めらむ 》

万葉集11巻2513


【 私訳 】 : 雷が 少しだけ鳴って 曇ってきて 雨が 降らないでしょうか
そうしたら あなたを 帰さずにできるのに

この歌に 返歌を 詠みました

《 鳴る神の 光響みて降らずとも 我は止らむ 妹し止めてば 》

万葉集11巻2514


【私訳】: 雷が鳴らなくても 雨が降らなくても 私はここにいます
あなたが 一言 「ここに居て」 と 言ってくれるのであれば




b0325317_06553675.jpeg




『 言の葉の庭 』(ことのは の にわ)

人麻呂 のこの歌を テーマにした

アニメの 美しい作品 があります

甘く せつない 片恋の物語です


《 始めの あらすじ 》

靴職人を目指す 高校一年生の 〈タカオ〉は 15歳

雨の日 授業をさぼっては 庭園で靴のデザインを考えていた。

ある日 タカオは 庭園で 昼間から ビールを飲んでいる

不思議な女性 27歳の 〈ユキノ〉に出会う

どこかで 会ったかと タカオ が尋ねると ユキノ は否定し

「鳴る神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」

の 万葉集の歌を 言い残して 去っていった



b0325317_06560637.jpeg



万葉集では

戀 は 「孤悲」のほかに 「古悲」と書かれた 歌もあります

サントリーオールド の CM 憶えています

《 恋は 遠い日の花火 ではない 》

恋は 何時かは 冷めるもの と 誰かが言いました

でも 永遠に 冷めない 恋が あるとすれば

それは 『 片 恋 』 なのかもしれませんね










by nonkei7332 | 2015-04-15 09:14 | 万葉集 | Comments(0)