「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

松の風が吹いています


b0325317_19540114.jpg



謡曲を 読み込んでいくと

あちらこちらに 〈松〉 が出てきます

まるで 〈松物語〉 といってもいいくらいです



b0325317_19243009.jpg



そういえば 〈能舞台〉の正面の羽目板の事を鏡板といいますが

そこには 必ず 大きな 〈老松〉が 描かれてます

演者は 神の依り代とされる 老松の前で 神に見守られて舞をまうのです

それから 舞台をよく見ますと

〈本舞台〉と 奥の〈鏡の間〉との間に 橋のような通路があります

通路といっても ここで演技することもあるのですが

ここの場所を 〈橋掛リ〉(はしがかり) とよびます

ここには 本舞台から 鏡の間に向かって 脇には

大・中・小 の 〈若松〉 が植えてあり 順に 一の松、ニノ松、三の松 と言われています

ここにも〈松〉 です それも 三段重ね です




b0325317_19373541.jpg
三階松紋



三段重ねの松 といえば 《 三階松紋 》

この神紋は 宮地嶽神社や 高良下宮社 や 壱岐神社などの 神紋です

もともと 三つ巴の神紋は

八幡宮とか 住吉宮の神紋で 海人族の紋章だといわれていますが

九州王朝の紋章でもある 《三階松紋》 が

能舞台の中にも こっそり 残されているとすれば

世阿弥の能楽 と 九州王朝 も〈松〉で 繋がっているんですね




b0325317_19380748.jpg
木瓜紋


博多祇園山笠 の期間中には 関係者は 木瓜(きゅうり) を食べません

小学校の給食にも 木瓜 は出さないんです

それは 櫛田神社 の神紋が 木瓜 の切り口に似ているからという 俗説ですが

この 《木瓜紋》 じつは きゅうりの切り口 ではなくて

松笠 (まつぼっくり) の形からきているという説も聞いたことがあります




b0325317_19394738.jpg


松の風は

こんなところにも

吹いていました












by nonkei7332 | 2015-03-20 19:45 | | Comments(0)

by ヒサミツ