ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

能 の 歴 史


b0325317_07054056.jpg



日本の伝統芸といえば 『 能 』である
今日では 国際的にも 高い評価を受け 世界無形遺産に指定されている

能の起源 をたどれば
古代ギリシア 古代ローマ などの大衆芸能が
シルクロード経由で徐々に 中国に持ち込まれ
「散楽」もしくは 百戯または雑技と呼ばれて拡がっていった
奈良時代になると
滑稽な物まねや 寸劇 曲芸 奇術 軽業 幻術などの 「散楽」
荘厳な舞 や 音楽を奏でる「雅楽」 とともに 日本にも伝えられ
朝廷が 散楽師の養成機関「散樂戸」を設けるなどして
これらの 芸能の保護を図った
延暦元年(782年)桓武天皇の時代に散楽戸は廃止されるが
その事で 各地に 散楽と土着の芸能が融合した
多彩な芸能が生まれていくことになる
散楽のうちの 物真似芸 を起源とする 「猿楽」 は、
後に観阿弥、世阿弥らによって「能」へと発展した
《実際に「能楽」と呼ばれるようになったのは
明治になってからのことで それまでは「猿楽」と呼ばれていました》
曲芸的な要素の一部は 後に「歌舞伎」に引き継がれた
滑稽芸は「狂言」や笑いを扱う演芸になり独自の芸能文化を築いていった。
奇術は近世初期に「手妻」となった
散楽のうち人形を使った諸芸は「傀儡(くぐつ)」となり、
やがて「人形浄瑠璃」や 「文楽」へと引き継がれていった
このように 散楽は 後世の日本の民族芸能の基盤となった



b0325317_07074007.jpg



そのなかでも「 猿楽 」は朝廷や幕府の援護もあり
これらの芸を行う役者集団の「座(ざ)」が各地で活動するようになる
座 は寺社に所属し 法会や祭礼等で集まった人々に芸を披露し

特に 大和国(奈良県)を本拠とする大和猿楽四座が 都で人気を得て
室町幕府の庇護を背景に 勢力を伸ばしていく

『 大和猿楽四座 』
外山(とび)座 《 宝生流 》
結崎(ゆうざき)座 《 観世流 》
坂戸(さかど)座《 金剛流 》
円満井(えまい)座 《 金春流 》


b0325317_07095574.jpg


『大和猿楽四座」のうち、
結崎座の「観阿弥」は、物まね芸主体の猿楽に、
中世の流行曲の曲(クセ)舞などを取り入れ、
能の演劇性を高めた
さらに観阿弥の子「世阿弥」は、
より洗練された芸を追求し、夢幻能の仕組みを確立して、
能の芸術的な進化は さらに 洗練されていった
こうして 明治以降 猿楽は「能楽」と呼ばれるようになり
現在に通じる 仮面劇・歌舞劇 の総合芸術として
大成していったのである







by nonkei7332 | 2014-11-15 07:23 | | Comments(0)