ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

太宰府 の 秋



b0325317_02075622.jpg



秋の一日

姉の誘いで 九州国立博物館の 故宮展 に出かけた
姉も 家族で 旅行した時 寄ったというし 実は 私も
25年前 台湾の 故宮博物院を 訪れていたのだが 記憶が あまりない
何か 海馬に 触れるものが在るかと 期待したが 残念ながら
扁桃体は ほとんど 反応してくれなかったようだ
期待 外れだった



b0325317_02093358.jpg




〈 霜 降 〉は 過ぎたが 紅葉には まだ 早いようだ

秋の空には やはり 白い雲 が 似合う



b0325317_02083028.jpg



白い雲といえば

九州国立博物館の庭には、( 大伴旅人の歌碑 ) がある
かつては 九州歴史資料館の前庭にあったものだが 今は
九州国立博物館西側 アクセス入り口 に 建っている



b0325317_02143414.jpg



『 ここにありて 筑紫や何処 白雲の たなびく山の 方にあるらし 』
          (巻4・574・大伴旅人)

詳しくは 〈旅人の恋〉 を http://hisamitsu.exblog.jp/23099658/



b0325317_02262853.jpg


天満宮 に戻り

修学旅行の子供たち と 中国旅行者 の間を 手水所 楼門 を抜け

本殿 裏に回ると 二つの石碑が 建っている




b0325317_02271227.jpg



楠(くす)の古木の前に 俳人 荻原井泉水 の句碑 がある

《 くすの木 千年 さらに 今年の若葉なり 》



b0325317_02282926.jpg




野見宿祢公碑 が 建っている

野見宿祢は 菅原道真公の祖先に あたるということは

菅公は 私の祖先でも あるのかな? …

詳しくは 〈ルーツの旅〉を http://hisamitsu.exblog.jp/22508540/



b0325317_02292813.jpg



参道にもどり 昼食は 《 蕎麦 の やま武 》

蕎麦ではなく 知る人ぞ知る 隠れメニュー 《 雑煮 》を 食べる

六十年 博多雑煮 を食べ尽くしてきた二人の コメントは

「 まぁ まぁ やね 」。



b0325317_02301448.jpg



戻りの参道で カマキリ に出会った

カマキリが獲物をねらうとき
胸の前でカマをそろえて静止する 独特のポーズは “祈り” を連想させるというので
日本ではカマキリを「おがみ虫」という方言で呼ぶ所もあるらしい

京都祇園祭の山鉾「蟷螂山(とうろうやま)」を 思い出す
蟷螂山は「かまきり山」とも呼ばれ かまきりが羽を広げ
御所車の車輪が回転する など 祇園祭の山鉾では唯一の「からくり」
何かが 繋がってるのか 不思議な 出逢い もあるものだ



b0325317_02305861.jpg



帰りに 宝満宮竈門神社 に 久し振りに寄ってみた

最近 リニュアル されて 随分 変わったと 聞いてはいたが
あまりにも 世俗化した その様相には 正直 がっかりさせられた

あの 神功皇后を 心で支えた 玉依姫命 ゆかりの 社であるというのに



b0325317_09433204.jpg


b0325317_02313727.jpg
綺麗すぎる 社務所





鳥居のそばにある 民家の垣根に 〈 花 梨 の 実 〉

秋 の 空に 揺れていた




b0325317_02321411.jpg







by nonkei7332 | 2014-10-24 02:41 | 菅公・太宰府 | Comments(2)
Commented by chie_1952 at 2014-10-24 17:33
秋の心地よい季節になりました。
お姉様と 九州博物館 へ行かれましたね。
故宮博物館 にはもっとスゴイ作品が目白押しでしたから、やや物足りなかったのでしょう?
実は同じ感想を持ちました。
西大后 の装飾品などをもう一度見れるかとおもったのですが・・・・無かったし例の 翡翠の白菜 も来なかったから拍子抜けです。
あまり重要なものは外国に出したくなかったのでしょうかね?
Commented by nonkei7332 at 2014-10-24 21:20
こんばんは
実は 会期中に展示替えがあることを知らずに
「肉形石」は何処にと 姉が係員に聞いたら
「あれは終わりました」と言われてました
「あれ見たかったのにね」と 残念そうでした
結論は リピーター狙いなのかと思いましたが ちょっと セコイ ですね
常設の 宮地嶽古墳に 眠っていた 3mにもおよぶ
国宝 「金銅装頭椎大刀」(こんどうそう かぶつち たち)
改めて 凄かったですね。