ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

ちはやふる 香椎宮



秋の風に誘われるように
二年ぶりに 香椎宮を 歩いた

b0325317_20523539.jpg



御神木「綾杉」のそばの立て札に 歌が二首

b0325317_20534054.jpg

『 ちはやふる 香椎の宮の 綾杉は 神の みそぎに たてるなりけり 』
「新古今和歌集」詠み人知らず

『 秋立や 千早ぶる 世の杉ありて 』
(明治29年 夏目漱石が松山から熊本五高へ赴任途中 香椎宮に寄った時に 詠んだ歌)

b0325317_20590662.jpg
「ちはやふる」「千早ぶる」とは 「神」に続けるための枕詞である
千早(ちはや・襅)とは、日本において古来より神事の際に用いられた衣装で、主に女性が着た(Wikipediaより)





b0325317_06464836.jpg
香椎かもめ大橋 から 博多湾をみる



帰り道 なぜか 宮沢賢治の詩を口ずさんでいた

みんな むかしから の きやうだい なのだから

けつして ひとりを いのつてはいけない

(青森挽歌)より







by nonkei7332 | 2014-09-20 21:16 | 古代史 | Comments(2)
Commented by chie_1952 at 2014-09-22 19:14
香椎宮、とても綺麗ですね。
手入れが行き届いているのでしょう。
御神木の綾杉、機会があれば一度見に行こうかしら?
綾杉 と聞くと、つい駐車場を思い浮かべてしまいそうな自分がお恥ずかしいです。
香椎宮 と云えば  水 も有名ですよね?
Commented by nonkei7332 at 2014-09-22 20:19
そういえば 天神に綾杉駐車場がありましたね あそこには 昔 綾杉酒造 という 酒蔵があって 御主人が香椎の出身だったので 不老水と御神木の名前にあやかって 綾杉 にしたらしいですね 今は 綾杉酒蔵は 南区の塩原の 那珂川沿いに移っています