ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

秋 の 万 葉 歌



《 誰そ彼と われをな問ひそ 九月の 露に濡れつつ 君待つわれそ 》
10巻2110


誰だあれはと 私のことを聞かないでください 

九月の露に濡れながらでも あなたを待っている 私です


夕暮れ時を「たそがれ」というのは
『 誰そ彼 』(たれそかれ)が語源です

b0325317_12535445.jpg



《 臥いまろび 恋ひは死ぬとも いちしろく 色には出でじ 朝顔の花 》
10巻2274


ころげまわって 恋焦がれて 死のうとも はっきりとは顔色には出しません

朝顔(桔梗) の花のようには


b0325317_12550085.jpg



《 道の辺の いちしの花の いちしろく 人皆知りぬ 我が恋妻 》
柿本人麻呂11巻2480


道端の いちしの花が 目立つように 私の恋しい人のことを

みんなに知られてしまいました


〈 いちしの花 〉とは 彼岸花のことです
〈 いちしろく 〉とは はっきりと目立つ という意味です

b0325317_12554324.jpg


《 秋風の 寒く吹くなへ 我が宿の 浅茅が本に こほろぎ鳴くも 》
巻10 ー 2158


秋風が寒く吹くにつれて 私の庭の 茅萱(ちがや)のもとで

コオロギが鳴いています


白い毛 を 密生した花穂が 一面に風にそよぐ光景は 大変美しい

若い花穂は 古くから ツバナ と呼ばれている。



b0325317_20453275.jpg





( 秋の夜の 月かも君は 雲隠り しましく見ねば ここだ恋しき )
10巻2299


あなたは雲に見え隠れする 秋の夜の月のようですね 

しばらく会わないと こんなにも恋しい


b0325317_12570459.jpg






by nonkei7332 | 2014-09-15 13:01 | 万葉集 | Comments(0)

by ヒサミツ