ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

エビス(恵比寿) と クグツ(傀儡子}



大国主命と少彦名命については 前回触れてみましたが
もう一人 どうしても 触れなくてはならない 神様がいました

事代主命 (ことしろぬしのみこと)
別名 恵比寿様

b0325317_18453416.jpg


大国主命の子供であって 少彦名命が 常世の国に帰った後を託され
少彦名命の意志を継いだ「託宣の神」といわれた為に
少彦名命=事代主神 のイメージが強い神様です

後世 〈七福神信仰〉の中で「 エビス様 」といわれ 大国主命の「 ダイコク様 」と一緒に 多くの神社の祭神となっている

さて この エビス様 いろんな話があるが
えびす宮総本社の西宮神社で「十日えびす」を前にした正月五日
人形遣い達の祖神、百太夫神を祭る境内末社・
百太夫神社(ひゃくだゆう じんじゃ)で、百太夫神社祭という祭りがおこなわれる という

その由来については 西宮市の産所町に 史跡がありました

b0325317_18502689.jpg

〈 傀儡師故跡 〉 
                          
この附近は昔産所といわれた所で
1690年頃には40軒程の傀儡師(人形操を業とする者)が住んでいた。      

傀儡師は遠く平安末期に現れ 傀儡師、木偶まわし、人形まわしなどと呼ばれ
諸地方を巡廻興業していたが 室町時代にはいるとその一部がこの産所の地に住みつき西宮神社の雑役奉仕のかたわら 神社のお札を持って諸国を巡り、お得意の人形を踊らせながらご神徳をひろめた。        
1590年頃にはその人形芸が「えびすかき」又は「えびすまわし」といわれて全国的に知られるようになりたびたび京都の宮廷で天覧を受けるまでになった。
さらにその後発展して淡路の人形屋や文楽人形浄瑠璃芝居へと成長していった。  
しかし1850年頃から彼らはおいおいこの地からなぜか姿を消してしまった
おそらくは世相の変遷や好みの変化によるものと思われる。      
傀儡師らは永らくこの産所の地に住み祖神を信ずる百大夫を崇拝して神社にまつり
守護神としたがその社は産所の地が1840年頃に衰微するに至った時すぐ近くの
西宮神社の境内に移されて現存している。        

                       昭和63年3月31日

b0325317_10481821.jpg
                     

傀儡子(人形遣い達)の祖神 百太夫については
平安時代の文人 大江匡房の『 傀儡子記 』には

《 男は馬に乗り弓を持ち、狩猟で生計を立てる。長剣を持って跳躍し、短剣をもてあそぶ類の者たちである・・・石を魔術で金銭に変じ、草木を鳥獣に変え、よく人目を惑わす》

面白いのは 〈石を魔術で金銭に変える〉ということだが これは 鉄の鋳造技術を持った 鉄の民 であったということであり そして 〈草木を鳥獣に変えよく人目を惑わす〉とは からくり人形 を使って 人びとを驚かせたということだろう
また

《 夜は百神を祀りて 鼓を打ち、舞い、喧嘩し、もって福助を祈る》

百神とは 百太夫のことであり その舞は 傀儡子舞( 細男舞)と呼ばれていることから
傀儡子が祀った神こそ 阿曇磯良 (あづみいそら) にまちがいないようです
傀儡子の魂の在処は、志賀島のようです

少彦名命(海神)の託宣した 事代主命(エビス)を 全国に拡めた 傀儡子(クグツ)
その 傀儡子 が祀る 守護神(祖神)は 安曇磯良(海神) だった
いにしえの魂が繋がったみたいですね (^_^)

次回は からくり人形 について





by nonkei7332 | 2014-09-11 18:55 | 古代史 | Comments(0)

by ヒサミツ