ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

名月 と 撫子(なでしこ)の花


b0325317_17195542.jpg



次の季節の予感もなく

長い梅雨のあとに 夏を通り越して

秋が来てしまいました

スサノオ の 荒ぶる魂 〈荒魂 : あらたま〉

は いつになったら 収まるのやら

〈そのくらいで よかろうもん〉と 祈るしかないようだ

箱崎の八幡さんの 〈幸魂 : さきたま〉でも

お櫛田さんの 〈奇魂 : くしたま〉 でも ダメなら

もう あの方に 頼むしかない

今年は 月見団子のほかに 「とおりもん」 もお供えしますから

なにとぞ 月読命(つきよみのみこと)の 〈和魂 : にぎたま〉のお力を

十五夜は 明後日 晴れてくれればいいのだが


私にできることといえば

薄(ススキ)のかわりに 秋の花をと思っていたら

ベランダに 待望の秋の花が 一輪 咲きました



b0325317_14592049.jpg


〈上 撫子(なでしこ)の花 〉

〈下 芙蓉(ふよう)の花 〉


b0325317_15010049.jpg




撫子の花 が 咲きました

芙蓉の花 は 枯れたのに

あなたが とても 無口になった 秋に


(さだまさし : 追伸 )より


旧暦の 八月十五日が 「十五夜」

旧暦の 九月十三日が 「十三夜」

「十三夜」は 後の月とよばれ 十五夜のつぎに美しいといわれている

(今年は 十月六日)

宮中では、古くから月見の宴が催される

八月の十五夜を芋名月(芋を供える)に対し

九月の十三夜は枝豆や栗を供えるので

豆名月 や 栗名月 とも呼ばれる

ひねくれ者の私は

「十五夜」より「十三夜」のほうに 愛着をかんじるのだが

何故だかは わからない



人恋しと 泣けば 十三夜

月は おぼろ 淡い 色具合

雲は 月を隠さぬ様に やさしく 流れ

丸い月には 流れる雲が

ちぎれた雲が よくにあう

風がさわぐ 今 や 冬隣り

逃げる様に 渡り鳥がゆく

列に ついてゆけない者に また来る春が

あるかどうかは 誰もしらない

ただひたすらの 風まかせ


(井上陽水 : 神無月にかこまれて)より



b0325317_15105248.jpg


〈 見わたせば 向ひの野辺の なでしこの 散らまく惜しも 雨な降りそね 〉

万葉集10巻1570


訳 : 見わたすと 向こうの野辺に なでしこが咲いています

散ってしまったら 悲しいですね

雨よ 降らないで ‼︎






by nonkei7332 | 2014-09-06 15:55 | | Comments(0)

by ヒサミツ