ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

デュランタ の 花



b0325317_13502687.jpg


雨上がりの家の垣根に
紫色地に白い縁取りをした小さい花が咲いていた
祇園の芸妓の つまみ簪(かんざし)のように 房状に 垂れ下がり
そよ風に揺れながら 甘い香りを漂わせている

花の名は

「 デュランタ(Duranta) 」

メキシコ地方や西インド諸島が原産だ
デュランタ の名前は 16世紀のローマ法王の侍医 であり
植物学者でもある「デュランテス」の名前に由来しているという
和名は タイワンレンギョウ(台湾連翹) なぜ 台湾なのかは わからない
明治中期頃に観賞用植物として渡来したというから
まだ この国には 目新しい 花なのだ


b0325317_14143206.jpg


いくつかの品種があるらしいが
一番多いのが タカラズカ と言われる品種で
枝垂れるように伸びた枝先に
白覆輪の入った濃い青紫色の花を多数咲かせる
タカラジェンヌ の菫色の袴を思わせるからだろうか
なぜ タカラズカ なのかは 詳しい事はわからない
梅雨が始まる6月ごろから秋の10月ごろまで長い期間次々と
花を咲かせるらしいが 今年みたいな 雨ばかりの夏でも
いつまでも 可憐な可愛い花を見せてくれるのだろうか

b0325317_14152536.jpg


花言葉は 『 あなたを見守る 』


b0325317_17311196.jpg


甘い香りに誘われて
黄金虫が 羽根を休めていた





by nonkei7332 | 2014-08-27 14:05 | | Comments(0)