ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

少彦名命(すくなひこなのみこと)



神話には たくさんの 神がいて

それにまつわる 多くの話がある

記紀のなかにも 神社の伝承にも…

まだまだ ビギナーの私ですが

神話を追いかける 日々は楽しいものです (^O^)


その中で 最近 私の前に しきりに 行ったり来たりする

神様がいます その方の名前が


少彦名命(すくなひこなのみこと)


なんと あの 『一寸法師』のモデルになった 小さな 神様なんです


b0325317_13245090.jpg

少彦名命 が 活躍する場所は 「出雲」

相方はなんとあの 「大国主命」(おおくにぬしのみこと)


父親は 「 高産巣日神 」(たかみむすびのみこと)

アマテラスとともに 天孫族の長であり

いわば 日本神話のレジェンド

あの 高良大社の主であった 高木神 のことである

その御曹子だから 天孫族のエリートなのである

(古事記では 神産巣日神の子供になっている)


どんな お話かというと

大国主命が出雲の御大(ミホ)の岬にいるとき、

波頭を伝わって天の羅摩船(ガガイモの殻でできた船)に乗り

鵝(ヒムシ=蛾)の皮を着て現れた。

不思議に思った 大国主命 が家来の神に尋ねたが 誰もその正体を知らなかった。

そのときそばにいた蟇蛙(ガマガエル)が

「クエビコ(山田のかかしのこと)なら知っているでしょう」

というのでクエビコに聞くと、

「 高産巣日神 の 御子で 少彦名神 です」と答えた。

そこで大国主命が 高産巣日神 に伝えると、神は

「これは私の掌の股からこぼれた子である。

これからは兄弟の契りを結び、国を造り固めるがよい」 と二神に申し渡した。

こうして少彦名神は、大国主命とコンビを組んで全国を巡り歩き、国造りを行い、

その任務を果たしたのちに再び 常世の国 に帰っていったという話


かんたんにいうと

天孫族の 小さな 少彦名命 が 常世 の国から 出雲にきて

出雲族の 大きな 大国主命 と一緒に 国づくりをする

少彦名 は 農業技術 や 医薬(薬や酒や温泉)を伝えたとあります

異界から訪れ 人々に幸いをもたらして そして 帰っていく 神 といわれる

来訪神 のひとりでした


常世の国って どこなんだという疑問 ?

少彦名命 は 海からやって来た 海神なので

わかりやすく 海の底の 龍宮城 でいいのでしょうか?

海神といえば わたつみの神 志賀島の安曇族ですね

日本書紀では わたつみの神 を 少童命 と書かれています

この 少童命 と書いてわたつみと読ませていますが

この 少童命 と 少彦名命 どう見ても 同じにみえますね

ということは 少彦名命 は 安曇族 だったのでしょうか?

いまひとり 天孫族で 来訪神の先輩といえば

素戔嗚尊(スサノオ)もそうですね 祇園神社の神様です


少彦名命 を 祖神として 祀っている一族といえば 秦氏 です

全国にある 秦氏 に関わる 多くの神社の祭神には

大国主命=大己貴命(おほなむち)と少彦名命 のセットが多いですね

福津市の 楯崎(たてざき)神社 をはじめ 津屋崎 や 遠賀から 飯塚にかけて

まるで ここが 出雲であるかのように 数多く セットで祭祀されています

秦氏発祥のこの地域は「鉄の民」の伝承も多いところですね


話を 少彦名命に戻しますが

少彦名命が 高産巣日神 の手の間から産まれたので 手間天神 といいますが

この 手間天神が 天満天神となり 天満宮と呼ばれるようになったという話があります

天満宮の元祭神は 少彦名命 であったという話なんですが

その後 少彦名命 と 菅公 の すり替えが行われていったという話も面白いですね



まとめると

① 少彦名命は 安曇族だった

② 北九州の 玄界灘沿岸から 遠賀川沿岸にかけてが 出雲だった

③ 天満宮はもとは 少彦名命がまつられていて いつのまにか 菅公にすり替わっていった


今日のところは 妄想は ここまでとします

切りが無いですからね




何も知らなかった時から比べると いろんな事が解りました

古代史は 永遠です!








by nonkei7332 | 2014-08-25 13:36 | 古代史 | Comments(0)