ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

百日紅(さるすべり)の花


b0325317_11472542.jpg



台風は逸れた それでも 野を分ける風は強く

咲く花も散ってしまったかなと思いながら

雨上がりを 外に出た

鈍色の空を背に 白い 百日紅(さるすべり)が

雨に濡れながらも 凛々しく 咲いていた



b0325317_11492249.jpg



百日紅(さるすべり)


中国南部を原産とする夏を代表する花木の一つで 冬は落葉する

春に伸びた枝の先端に夏から秋にかけて花がさく

花色は白、ピンク、紅、紅紫花びらは6枚でフチが強く波打ち

満開時期の姿はよく目立つ 花後には球形や楕円形の果実をつけ

熟すとはじけてタネを散らす

樹皮は褐色で所々はがれて白い肌があらわれ 縞模様になる

樹皮のはがれた部分はつるつるしているところから

「猿も滑って落ちる→猿滑り」というのが 名前の由来とされている

漢字では「百日紅」という漢字を当てるが

これは開花期間が長いところからきている


b0325317_11511339.jpg



あなたの瞳に映る 真白な百日紅

遙かな青空の 遠くに白い雲

去ってゆく季節に 取り残されるより

いっそ季節ごと 消してしまえたら

心の色も 想い出色も

咲いては散ってゆく 風が吹く

百日紅の花


(百日紅(ひゃくじつこう)さだまさし) より


b0325317_11525219.jpg




『 散れば咲き 散れば咲きして 百日紅 』(加賀千代女)



b0325317_11552151.jpg



今日から 夏の甲子園 大会が始まった

今年は 96回大会だという

46年前 私もユニフォームを着て 開会式の行進に参加していた

場所は 残念ながら 甲子園ではない 今はもう無くなったが

福岡の 平和台球場

ちょうど 50回記念大会だった

もう 半世紀も前の話なのに

よく 憶えている 暑い日だった








by nonkei7332 | 2014-08-11 11:59 | さだまさし | Comments(0)

by ヒサミツ