ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

合歓の花(ねむのはな)



b0325317_16582260.jpg


今年も 公園の『 合歓の木 』に花が咲いた
雨が続いたせいか 綿毛のような淡紅色の花は
散ってはいないかと心配していたが
雨の晴れ間の青空に 艶やかに咲いていた
合歓の木は マメ科の落葉高木で
葉は羽状複葉で 互生し 小葉が数十枚並んでつく
夜になると 小葉が手を合わせたように閉じて垂れ下がる
夏になると 淡紅色の約20個からなる頭状の花をつけ
夕方開花し 紅色の長い雄しべが傘状に広がる
名前の由来は 鳥の羽に似た葉が夜には
自然に閉じて木が眠ったように見えることから
ネムノキという名がついたいう
また 漢名の合歓(ごうかん)は
夜になると葉が重なり合うように閉じることから
共寝の象徴として用いられ
万葉集をはじめ 艶っぽい 相聞歌などに
時々 使われたようである

万葉の相聞歌の中でも
合歓の木の歌で 知られるのが

「大伴家持」と「紀女郎」の相聞歌

〈 昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木の花 君のみ見めや 戯奴わけさへに見よ 〉
〈 紀女郎 万葉集 8巻 1461 〉

( 昼に咲いて 夜には恋しい想いを抱いて寝るという合歓(ねむ)の花を
私だけ見てもいいのでしょうか 貴方もここに来て見たらどうですか )

我妹子が 形見の合歓木は 花のみに 咲きてけだしく 実にならじかも 〉
〈 大伴家持 万葉集 8巻 1463 〉

(あなたからもらった形身の合歓木は、花が咲くばかりで実にはならないかもしれません・・)


なかなか 意味深な 男と女

さてさて
大伴家持(おおとものやかもち)
あの 大伴旅人(おおとものたびと)の嫡男である
旅人が太宰府に赴任していた時も十四歳まで 一緒に
太宰府にいたが その後 父と共に 奈良に戻り
翌年に 旅人が亡くなると
大伴氏の跡取りとして 高級官僚の生活が始まる
貴族の子弟として必要な学問・教養を早くから身につけ
歌人としての力量も兼ね備えていたようで
家持の歌は『万葉集』の全歌 4516首 のうち なんと 473首 を占めている
その中でも 養母の 坂上郎女(さかのうえのいらつめ)をはじめ
多くの 女性との間で 問答歌や相聞歌を残している
紀女郎 はその中の一人
かなり早熟した若者であったようだ
この歌を残した時は 家持 二十五歳 聖武天皇の恭仁京への遷都に伴って
妻を奈良に残しての単身赴任中のことである

かたや
紀女郎 (きのいらつめ)
紀朝臣鹿人の娘で 名は小鹿(をしか) といった
夫は安貴王(あきのおおきみ)といって
采女(うねめ=後宮で帝の給仕をする女官の職名)
との密通事件を起こして 都を追われたために
その後 離別したようだ
その頃の歌がある

〈 世の中の女(をみな)にしあらば 直(ただ)渡り 痛足(あなし)の川を 渡りかねめや 〉
〈 紀女郎 万葉集 4巻 643 〉

(世の常の女なら たやすく川を渡って 恋しい人の後を追うだろうに 私にはそれが出来ない)

「世の常の女」ではないと 自負する気高さとプライドを持った
女性だったようだ
家持とは 小さい頃から 接していた親族で 一回りも年上の
綺麗な 憧れのお姉さん みたいな存在だったのかもしれない
この頃は 官女として 家持よりも先に都に住んでいて
合歓の歌を交わすような間柄ではあったのだが
どちらかというと
年下の家持が 紀女郎に熱をあげていたというのが真相みたいだ
紀女郎は 惹かれながらも どこか ためらいがちに
この恋を拒んでいるようにも見える 女心
そんな歌がある

〈 神さぶと いなにはあらず はたやはた 如是して後に さぶしけむかも 〉
〈 紀女郎 万葉集 4巻 762 〉

(悟りきって 人並みの恋などしないと言っているのではありません 恋愛関係になった後で 貴方の心が離れてしまうのが辛いのです)


やがて 泡沫(うたかた)の恋にも 終わりがくる
家持の こんな歌がある

〈 撫子は 咲きて散りぬと 人は言へど 我が標めし 野の花にあらめやも 〉
〈 大伴家持 万葉集 8巻 1510 〉

( なでしこは咲いて散ったと人は言うけれど 私が標(し)めをした(自分のものと目印をつけた)野の花のことではないでしょうね )
《 他人は人の心変わりのことを色々と言うけれど あなたは心変わりはしないですよね 》





合歓の花が 匂う
水無月の 昏い夜には b0325317_17193596.jpg
〈ジャックダニエル 〉と
〈KENNY G 〉が よく似合う
















by nonkei7332 | 2014-06-26 17:03 | | Comments(0)

by ヒサミツ